FC2ブログ

わたし貞子がかきます「事件ファイル」

 こんにちわ そろそろ桜の季節 みなさまはいかがおすごしでしょおか。

港のリクさんは 死にました。 あきらかにウソです。

リク上司は 本業の ヤミ金融のお仕事がいそがしいそうで(これもウソ ほんとうは地方へ出張ですの)
          170323aa.jpg

わたくし 部下の 「貞子」が 代理でおとどけいたします。クレームなどは 直接リクさんへどおぞ。いひいひ


 -あんなひとでも やっぱりすごいと思ったこと。ー

もうじき4月で、フレッシュマンさんが入社してきますよね。
          170323aa2.jpg

みなさん 誤解しないでね。わたしは おばかですが これでもちゃんと 入社試験受けてきたのだ えっへん。

でも リク上司がわたし 採用可とするのにかなり苦労したらしい。

今年度はうちの組 何名ふえるのかしら?なめたまねしたなら 呪ってやりましょう♬
          170323aa1.jpg

あのね 4月入社があたりまえになった うちの会社ですけど。昔はわりとあったそうな 4/1以外の日付で スポットで会社にはいってくる社員が。

わたしはどういう経緯かよくわかりません。「すまん こいつ つかってみてよ」重役さんから頼まれたりして。


この間 そういうたぐいの人がうちのチームに 入るってことを耳にしたのね。

女の人 なかなかきれいでスタイルもよい人で。わたしとしては まあ 仲良くできればそれでいいと。
          170323aa3.jpg


そうしましたらね。そのあたらしい新人さんが、「今日はごあいさつと見学です」って来社したときだったのですけどね、

リク部長が そのひとに「ちょっと。こっちの談話室で二人きりで話しましょう」と。


そうしたら 中から『きゃあ えっちい だれか助けてえ!』って声がして。すいません これもウソです あはは!


でも驚いちゃった。いきなりがばっとドアが開いて 新人の人がまっさおな顔して。それで荷物かかえて走って帰っちゃいました。
          170323aa4.jpg
    上司いうには「わしなりにいろいろと調べた」のですって

あらくれノベル顔(どんなだ?)した リク上司 シリアスっぽく「あいつはだめじゃ 採用は取り消し」と。。。

帰っちゃいました新人さんを うちのチームねねじこんだ 重役さんは、さいしょ「おれのカオつぶしたな」って怒ったのですが。

リク上司が「アンタ(重役さん)がこれ以上 恥かかないようにしたんやないか 感謝しろ。まだモンクあるならわしと表出てどつきあうか?」っていったら だまっちゃった。


あとになって リクさんにこっそり、「なにがあったんですか?ふたりきりの部屋の中で?」

リク上司がいうには「あのオナゴ、つい先日まで デリヘル嬢 それも 訪問のSM女王様それやってた人間や」ですって。。。
           170323bb.jpg


で わたし「過去に風俗の仕事についてたのが問題で採用 断ったのですか?」って聞くと 上司は怒っちゃって・・・

「あほ!みそこなうな!他人さんの過去をいちいちあばいて、だめだしするほど わしは偽善しゃではない!」と。

で またこうも「いいか貞子?なんでS重役が、あのねえちゃん連れてきたか?要は〈その背景〉S重役はおそらく 〈デリで呼んだな〉それであのねえちゃんに なんらか弱みつかまれたのやろう。」

あ?そういう解釈か すごいって思って。 そして「昔どんな仕事したかなんて関係ない。だから 貞子も胸を張れ。わしは偏見もたない。」
               170323bb1.jpg

「でもな、ねえちゃんは純粋に 堅い仕事つきたいと思ったと信じたいが、わしは どうも…ねえちゃんの背後に、うらで糸をひくわるい男の陰がちらついてな。それカマかけて問い詰めたら、見てのとおり 逃げやがったあいつ」と。

で「貞子もおぼえておけ。企業の中のスパイってのは、こういう感じでまぎれこんでくるのだ」そうなんだ。いわれてもよくわかりません あはは。
            sxzz1.jpg
         やはりいざとなると リク上司すごい

それからわたしが「そういえば タレントの熊田曜■さんも、デリ出身ですものね」っといったら リクさんは「え?ほんまか!」ってビックリ。
       170323bb3.jpg

わたしが「本当ですよ ネットでそれのばくろ記事見つけたもん」と アクセスしてあげますと リク上司は

「くっそ~~知ってりゃ 早いとこ利用するんだった! ああくやしい!」って まじでショックうけて 真剣にくやんでました。
                 170323bb4.jpg
           なにも白目むかなくても なさけないw

上司は すごいヒトですが、「こういうところが」いまいち もろ手あげて ほめる気になれないとこです いひいひ。


          170323bb5.jpg
      パンツは見えません ってか履いてませんから(うそです)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

【辻斬り】21世紀に現る(??) 後篇

『リク なんとかしてやれヤ』って・・・(--;わたいへと 「丸投げ」(笑)


あの「辻斬り」が、わたいとの「再戦」を目論めばイイ 案外と手段はカンタンだ。ある意味 一歩的にぼこられるままだったリクめにとって不名誉な あの負け戦を・・

     170121aa.jpg
    きっと 笑ってヤリ過ごせず出てくるだろ~って思った

『フルでボコボコしてヤったで いひいひ♪』って嘘コイて、ハマの巷に そのフェイク報道を 広めればゼッタイ 相手は放置出来ずにリベンジ仕掛けてくるだろう・・・。

で、その際に 戦うバトンを元子さんに手渡せば「それで済む」ともいえます。が・・・

ナンたってが、あの「高速度の攻撃スタイル」・・・女性化してよーが、リクめは♂でっからネ、痛いながらも なんとか耐えられた。だけんど女性である 元子さんがアレに「耐えられるか??」正直 勝ち目はかなり『 薄い 』。。。
             170121aa1.jpg
           ナンたって、あの「高速攻撃」だ・・・

元子さんをイチから鍛えてるヒマなどもあるまい・・・。だいいち 「あの不可思議な攻撃スタイル」それが一体ナンであるのか?? それすらが未だ不明。。。


どこか・・・見落としている点が 必ずしや有るのだ・・・実際に「それ」経験したヤないか自分。。。


バトルをするにおいて、相手が繰り出す攻撃方法やスタイルの「情報が無い」ってのは とっても怖い事なのです はい。


世間的に 知名度ってのが無い、ある程度以上の武術としての歴史も有る競技、それが突如として 世間に登場するなら、一時的に それは 台風の目になります。

               170121aa2.jpg

ぶっちゃけ イチ時代を完全に席巻した『グレイシー柔術』ですらも・・・今現在は ワルいですが《単なる1コンテンツのひとつ》へ【成り下がっちゃった・・・】

それはどうしてか?ジツにシンプルです はい。要は それまで『ダレも グレイシーの戦法を観た経験が無かった』それにより、咄嗟の対処法が用意できなかった それに尽きます はい。

ですが、もはや「今現在」は・・グレイシー対策法ってのが、世界の格闘家らには完璧に確立されちまいまして ええ・・・

         170121aa3.jpg
        世界中から「研究・対策」されてまったと・・・

代表的な あの《低い位置からの高速タックル》なんてのも、そのタックルを受ける側の人間からするなら、タックルしてくるヤツ、ぶっちゃけ そいつの『後頭部はガラ空き』

エンビ(肘撃ち)ふり下ろせば 楽々「KO」でス。初期の頃 グレイシー一族による「連勝記録」は、《タックル時の際の 肘撃ち行為禁止》って、ルールに守られた勝利でした。


グレイシー戦士らが 格闘技界で荒稼ぎ出来ましたが、半面の代償として『みんなグレイシーの戦法を学んでしまった』って皮肉な結果があり・・・

「ヤツはきっと こう来るナ」って、完全に《見切ってしまった》対戦相手からは 2度と同じようには完勝は不可能になった・・・ばとるとは「そういうもの」。。。


1パツ1パツは 本当に「たいしたことない」のだ あの攻撃スタイルは。けっして負け惜しみじゃあないゼ うん。

それに なんか「想う」・・・あの不可思議な《技の体系》は・・・攻撃する相手へ与えるダメージよりも むしろ・・・

あの《技》繰り出す テメエとしての《思い》ってのが、《おお~♪こんなにもヒットしたゼ♪》って風に、ドッチかゆ~なら「自分自身への満足感」それが 勝っているようにも感じる次第で。。。

しかし わたいも、考えりゃ 諦めがワルいってか、拘りが捨てられないわナ(笑)(^^;『負けた』ってのは確かやけども・・・

でもネ、「それでも」思うんだ ああ・・・一方的にボコられてたに等しい あのバトルやったけんども、ぶっちゃけ このリクめは『五体無事』・・・どっかの部分を破壊されても居ない【 単にひっぱたかれて 痛かったダケ 】

あんなもの・・・かつて マジで命がけバトルをした 「小枝センパイ」あのヒトの攻撃に比べりゃ 遊びみてぇなモンだ うむうむ。


そうだ・・・その 小枝センパイなら なんか知ってる可能性が高いかも。ナンたって、過去はセンパイ、自衛隊レンジャー部隊、国家から給料貰って《ひとごろし》その作業に従事してたんだからヨ。あの 不可思議な襲撃者の使う「戦法」について なんらかヒントくれるかも。
        170121aa4.jpg
      レインジャーからニューハーフ・・華麗なる転身(か??)


『もしもし?・・あら、久しぶりねぇ リクさん♪ 今日はなんかご用?』

《ジツは ご存知ならなんか教えて欲しいのでおますけど・・》って、わたいは あの不可思議な戦法についてセンパイに素直に尋ねました はい。

          170121aa5.jpg

センパイは、『ふふ~ん・・・わかってきたワ。たぶんそれ・・・【 ジークンドー(JEET KUNE DO)截拳道とも呼ぶ) 】だと思うワ。そう・・アナタも知ってるでしょ?【かの ブルース・リーが完成させた】ってあの武術体系・・・』


截拳道は、一般にリーが幼少期より学んだ詠春拳、節拳(弾腿門)などのカンフー(ブルース・リーは“グンフー”と発音していた)の技術に、

レスリング、ボクシング、サバット、合気道、柔道などさまざまな格闘技でしてネ、フェンシングなどの技術・エッセンスが取り入れられている武道。機械的な暗記法(套路、型)にとらわれない戦術を重視しており、ビルジー(目突き)、金的への攻撃、喉への攻撃など効率的に相手を倒す技も多い。また、リーが大学時代に専攻していた哲学的側面に道教のダオ(Tao)思想の影響が見られます。

朝鮮の「テコンドー」と似ている点は、『とにかく動きが派手で 見栄えがよい』って点。「アクション殺陣」としても 映画等の世界ではつと有名。
          170121aa6.jpg


『ナンだ 俳優のブルース・リーがデッチあげた なんちゃって武道か♪』って、ゆめゆめバカには出来ませんデ・・・

「痩せマッチョ」の典型である ブルース・リーですが、ぶっちゃけ その「格闘センス」は超一流で・・・。あの超高速での 突きや蹴りにはハッタリなど存在してません はい。

ある意味で ガタイに恵まれない人間が、デカい相手と対峙したばやいにおいて、その体格差を確実に埋めるのに有効だと申せましょう。
              170121bb.jpg
            「V6」の岡田ジュンイチも指導員資格を保有

なんせが・・『あの 速さ』だ。。。わたいもやはりそうでしたが、撃たれる人間は ぶっちゃけ『なかなかには反応不可能な速度』それに面白いように《ヤラレちゃう》・・・。


 https://www.youtube.com/watch?v=WmYnEIIQ88A で ご確認ください。まさしく「最速の格闘技技能」の名にふさわしいと思います はい。


でも ネックは やっぱ・・「高速下環境に慣れる 練習の成果」なのでしょうとも思う。率直に申しまして ジークンドの「技自体が」それほどまでに 他よりも秀でているとは思えない・・・

そう 破壊リョクにはきわめて乏しいともいえるかも。問題は ジークンドーに攻撃されるコッチに、その高速度攻撃に慣れるための訓練を受けていないってダケで。


但し・・ぶっちゃけ《高速度の分だけ》・・・突き、蹴りなどの 1発1発での《溜め による 重み》それが無い。なるほど・・・襲われたワシら港の荒くれどもらが《殆どが 無傷》ってのも、襲撃者の《技》がジークンドーだったせいか・・。


・・問題は、その ジークンドーの使い手である「辻斬りオンナ」、付け焼刃の対策法で 元子さんが《勝てるのか??》ってことで。

             170121bb1.jpg

あの 辻斬りオンナの駆使する ジークンドーの動き・・・ありゃあ10年ぐらいマジメに修行してた人間の「それ」やデ・・・元子さんがイーブンでヤリ合うって・・とても「無理」だろう うむうむ・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八百政と ハマのマー坊に頼んで、『リクが調子コイて《勝った勝った♪》とハシャイでやがる』ってニセの情報を ハマの巷へとフリ撒いたせいもあり、

「辻斬りオンナ」は 案外と早く 再び その姿を わたいの前に現しました はい。

          170121bb2.jpg

とっぷり暮れた 伊勢佐木町から吉田町へと続く チョっとだけ不気味で怖いとも呼べる 路地裏の一角に 辻斬りは「待っていた」・・・。

もう メットで顔を隠すなんてしてなかった「辻斬り」は、『テメエそんなにコロされてえか?調子コイて、ウソの触れ込み流しやがって・・。アタイがいつ テメエに負けたってか ああ??』辻斬りは低い声で唸った。
                  170121bb3.jpg


わたいは「さっそく 現れやがったか。手間のかからんヤツやナ♪ おっと!慌てるなって姐さん・・・誘いのモンクに あえて乗って、出て来てくれたアンタには感謝するがヨ、本日の《相手》だけど、このワシとはチト 違うヒトが名乗り挙げてナ。」

      170121bb4.jpg

トイメンの暗い路地から 出てきたのは 云うまでもなく「元子さん」。


わたいは「しつれ~な云い方になるがヨ、ネーチャン、アンタはんの使いよる《不思議な技》それの正体掴んじゃったデ わたい。ぶっちゃけ、《カンフー基礎にしたアクション殺陣》には興味あらへんのヤ。出て来て貰って恐縮やけど、再戦は望んそらん」

ムっとしたように辻斬りは「けっ!!あのトキ、喰らうダケ喰らってたクセしやがって・・見切ったツモリかい!」


「こんなワシやけどヨ、それなりの《矜持》ってのがあってナ、《オナゴをボコりたくない》んじゃ。わかってくれヤ? それと・・ネーチャン、アンタには あの晩の《貸し》があるやろ?」

「へ?? ナンのこったい?カネでもアンタから借りたってかあたいがサ(嗤)」

「たまのゼイタク 家族も楽しみにしてた《ウチキのイギリスパン》、それ ぺしゃんこに潰れちゃった それの償いせぇヤ」

「ケチだな テメエっちはヨ(笑)(笑)」


「ケチは昔からの筋金入りやけどナ。だがナ・・《ヒトにとっての幸福》ってのは、それはけっして値段や価格とはチャウのやデ?」「・・・・・」

         170121bb5.jpg
       リクめにとっての『幸福と安らぎの最小単位』

「たかだか 一斤¥360円のパンに過ぎんけどヨ、翌日の朝食・・こんがりと焼いたトースト、かぐわしく美味しいコーヒー。簡単なサラダとオムレツって・・ぶっちゃけ《その程度のささやかな愉しみ》それをナ、意外にも大きなウェイトを占めてるって人間も居るんだゼ?」

「・・・まぁ・・ワルかったヨ。せっかくの翌日の朝食 台無しにしちゃったのは・・・」

「でだ・・なぁ? パンなんぞは あくまでパンでしかないけどサ、台無しになったのが パンではなく《愛する家族》だったなら アンタどない思うか??」

「・・・・・」



「辻斬りさんよ、ビンさんの一件は知ってるだろう?あながちアンタのせいだとも断定できないわナ?《運》っていうか、タイミングがワルかった それやとも思う。だけどヨ、己の亭主の仇、それ討ちたい って、この奥さんの気持ちもムゲには出来なくてナ。そやから このワシとの再戦、《代打ち》として、この元子さんと戦ってくれヤ な?」

『ああ・・・。かまわないヨ あたいは。いっとくけど、謝罪する気もないし、いつもと同様・・・手加減なんかはいっさいしないから。それでもよければ』


 こうして オンナ同士による《バトル》が始まったのでした。

       170121bb6.jpg


あ~~あ・・・思った通りやんか・・・元子さん マジでもってサンドバッグと同様じゃんか・・・。でもホント、相当の《使い手》やナ、この辻斬りのネーチャンも・・・。

      170121cc.jpg


「小枝センパイ」一昨日の電話を思い出していました。『いいことリクさん? ジークンドーの《具体的対策はネ》・・・【その《間合い》を 繰り出し手に与えない事】それに尽きるわ うん。《相手との距離感》それが固定されちゃったならば、ジークンドーは案外と あっけないとも』


 ガチャリ!!  お♪ 見事やりよったやんか!さすがはビンさんの女房 元子さんだけのことあるかも♪

          170121cc1.jpg
       相手に有利な「間合い」封じる『繋がっちゃえ!』ってプラン

一瞬 ナニが起きたのか?把握できないようだった 辻斬りオンナは、やがて・・自分の右手に【丸い 手錠のワッパ】が絞められ・・・もう片方側の手錠が、元子さんの左腕に結ばれているのを理解したようで。

             170121cc2.jpg

元子「へっっ! ザマぁみな♪鉄の鎖に片腕押さえられちゃあ コマ落としの速さで動くのもムリだろが♪リベンジさせて貰うから覚悟しな!」


ぶっちゃけ「それでも」思うようにはカンタンには形勢逆転とはいかなかった・・・。片腕をほぼ封じられて、攻撃相手との距離を計れなくなった 辻斬りですが、それでもなお・・手数って点では 元子さんの「それ」よりも 勝っていた 【サイショのうちは】・・・。


元子さんのパンチ1に対して 辻斬りのが5だったのが、次第に・・・さいぜんよりも確実に・・元子さんの拳による攻撃がヒットしはじめて・・・

辻斬りも やっぱ「人間」・・・さっきまでのようには《自分にとって最良な 相手との距離とスタンス》それが不可能となった、云うならば《ジークンドーの 競技としての弱点》それになんたって、蓄積するダメージで 攻撃スピードは みるみる「落ちて」・・・

              170121cc3.jpg

やがては《お互い イーブン》に・・・そして 遂には・・・元子さんによる《一方的な タコ殴り状態》へと。。。改めて思う【 やっぱケンカには体力・技能ばかりではない。《情念》も必須の要素だとも・・・

グッタリと・・・殆ど《ボロ雑巾》と化した 辻斬りを 元子さんは飽くことなく 殴り続けてて。元子さんのお顔もハッキリ言って 「お岩さん」だけど(笑)


元子さんが 辻斬りオンナのカオを殴りつけるたんびに、それはもはや・・熟し果てたトマトをパンチでもって 潰すかのような、ぐちゃり・・・って・・・

湿った 耳をふさぎたくなるよなイヤな音の質に変わってきて・・・

             170121cc4.jpg


 『勝負ありでしょう。これ以上続けたら 殺人犯になっちゃますって 元子さん!』

元子さんは ハっと気づいたように「そうだったネ・・・。アタシとしてのリベンジは【ココからなんだから】・・・」

上着のフリーズから 光るモノを取り出す 元子さん。アレは??・・通称《フレッシュ》・・・愛用の 食肉さばき用のナイフじゃないのか?? おいまさか・・・ っっ!
         170121cc5.jpg


わたいの動揺を見越したように 元子さんは わたいをチラ見し ニヤリと笑った。お岩さん顔で笑うって、エラいド迫力だワ うむうむ。

「心配ないヨ♪ いっくら激怒ってたって、生きてる人間の《生肉》・・それさばくほどクルっちゃいないからサ♪」


しかしやっぱ・・長年 ステーキ屋してるヒトの《手練の技》はスゴいって思った・・・。

元子さんは、緊張するそぶりも見せず、ある意味で 至って業務的に・・・握っている《ナイフ》で、辻斬りオンナが着てました、黒のレザースーツ・・・

ぶっちゃけ 見事なる《皮剥ぎ》・・・皮膚は微塵も傷つけないまま、スッス、シャ~っと・・・辻斬りを シャーツ1枚のセミNUDEに仕上げました はい。

「コレは残しといてやんヨ。」元子さんは 辻斬りのショーツのサイド部分生地を引っ張り パチンと音をさせて さらに残酷に【 嗤った 】。。。
           170121cc6.jpg

「ショーツまで切り取っちゃったなら、もうそれって、仇討ちは超えちゃって、オンナであるアタシでも、性犯罪になっちゃうからネ。ショーツ1枚のアンタを《これからどうするか??》それは この通りの通行人らに決めて貰いますかって♪」


「よっこいしょ・・」元子さんは 自分の左手から手錠を外すと、その輪を 傍のフェンスのワイヤーへと施錠しました。ぶっちゃけ 辻斬りは哀れなる半裸の「囚人」と化し。


そうしたなら・・・拡声器を通した インフォメらしい のほほんとしたオトコの声が聞こえて・・・

                 170121cc7.jpg

『え~~・・ご通行中の皆さま 大変ご迷惑をおかけしました。《あげない刑事》第17話の街頭撮影おかげさまで無事終了で~す。ただちに撤収しますので、その後 ご通行くださ~い』


辻斬り「・・・???」

 元子さんは残酷に言い放ちました・・・

アンタ・・思わなかった? 宵のこの時間帯にしては この通りだけど、行き交う通行人がやけにまばらだってこと。

TVドラマの街頭撮影で、駅の方からコッチへ向けての 通行人の通りが一時的に制限されてた そのせいヨ。

で、その撮影もどうやら終わったみたい。 さあ・・どうなりますかね。

足止めくらってた通行人の連中が もうスグに・・ドっと この通りに《押し寄せるよネ》

アタシはさぁ、この付近で産まれ育ったんだよネ。ぶっちゃけ ココいらって《ヨコハマ・スラム》だから。お上品な 山の手地域とは違うヨ。

タダでさえ 気の荒い連中、野郎ばっかだ。シラフな奴ばかりでもないでしょう。で・・・そいつらの目に入るのが アンタのその 素っ裸だ(嗤)

          170121dd.jpg

さあて? いったいどういった目に その後 遭いますものかねぇ♪ ま・・気の優しい ジェントルな紳士ばかりが通ることを 神に祈りなさい。


 ざわざわ と・・・黒い塊のような集団が近づいてくる空気がたしかにコッチの方へ感じ取れました はい。

『ナンだありゃ?』『あれ 服着てねぇんじゃね?』そんな声も聞こえたような・・・


あくまで強気を通し ナイフでレザーを切られても、悲鳴ひとつ挙げなかった「辻斬り」が・・・急に ガクガクと・・ヒザを振るわせ あきらかに恐怖の感情を示し・・

「 いやあっっ!! た す け て っっ!! 」

         170121dd1.jpg


わたいは思いました・・・コレこそが・・・いっちゃん残酷であり 効果的な『元子さんによる復讐なのだな』って。。。

ボコりつけ 肉体的にダメージ与えるってダケがリベンジばかりとは言えない。殴られてもめげることない この辻斬りオンナが、ガクブルで恐怖の念を隠そうともしない場面へと追い込む・・それが最大の辱めであり かつ亭主の「仇討ち」なんだ ああ。



 『はいはい それまで! 後の始末はこちとら プロにまかせろヤ』

通りの向こうからやって来た 黒い塊の集団、それは 酔っ払いの群れではなくて 「警官たち」でした。先頭は お馴染みの 「おねだり刑事のAさん」で。
           170121dd2.jpg

Aさんは「この ワッパつきの パンツいっちょのネーチャンが、この界隈騒がせてた《辻斬り》か・・・。思ってたよか 若いしべっぴんだナ。ビンちゃんの一件あるしヨ、ぶっちゃけ 掛け値なしで《傷害罪容疑》で逮捕するから いいな?なんか上着着せてやれヤ。・・・街頭撮影、ありゃウソっぱちだ」

              170121dd3.jpg
       「戦い」ってのはナ、調印式から既に始まってンだヨ


Aさんは リクめを振り返り「リクっちよ~・・・あんまし ンな芝居がかったこと公務員のオレらにさせるなよって(嗤)ドラマの撮影の終了だなんてウソっぱちのインフォメさせやがって・・」

「で・・ビンちゃんの奥さんだよなアンタ?ま・・同性による行為だし、最後の1枚は着けてるから ワイセツ強要罪は適用外だわナ♪手続き上として いちお~の事情聴取で 署まで同行してくれヤ な?」 「はい」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

案外と早期の段階で 辻斬りの「正体」が判明していました はい。


盟友 八百政はわたいに告げました。「判明したゼ リクさん。辻斬りの名前、《桜庭みねこ》って 27歳のコだ。」

辻斬りが、その襲撃手段として最大活用しました「ジークンドー」。その「日本支部」ってのが 我が国にもありまして。

メジャーな 柔道や空手って武道競技なら まずわかんなかったかも。


ゼッタイに ジークンドー日本支部に 辻斬りの名が存在してると わたいと八百政は踏みました。
      170121dd4.jpg

ジ-クンドー日本支部の 運営するネットでのホームページ、それには 隠しページがあるのをスグに発見したボクちんら。

ナンでもかんでも 盗み見される可能性も否定できない HP内に 内部秘情報なんぞブチ込むもんじゃございませんて うむうむ・・・

          170121dd5.jpg
            おじゃましまっっス♪

4ケタの パスワード設定が有るも、多分それは・・ブルース・リーが興したーだから、きっとパスワードは《BLEE》だろ~ってタイピングしたら スグに扉は開かれ♪

アマチュアの法人のHPに多い傾向ですが、意外とセキリュティーのレベル低いのに、ナンでもかんでも 隠しページに ヤバい情報をブチ込んでいるところは多いもの。

その 隠しページの中に・・・『破門 および 資格喪失者一覧』ってファイルが有り・・・元々からして 女性は多くない。2名のみ。

     170121ee.jpg

で その1人は 病気による死亡退会。そうすっと 残るは。。。《複数回に及ぶ 指導者らによる生活態度の注意・警告にも従う事無く、道場外での素行等に問題有りで、協議の結果 この者を禁足処分および永久破門と処するもの》って、そこに 桜庭みねこ その名前が有り。。。

 『・・・ふむ 桜庭みねこ・・。まてヨ・・この名前 確か見覚えが・・』って 八百政。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 阪東橋署の 取調室。Aさんが 桜庭みねこを尋問しています。

          170121ee1.jpg

Aさん「ナンで辻斬りなんか続けた? 犯行動機は??」

みねこ「さあ・・・ナンででしょ~ネ?アタシにもわかんね」

A「今まで襲撃くわえた人間に 私的な遺恨などはないのだナ?」

みねこ「ねぇよ そんなもの どんなヤツかってすら知らないもん」


A「ぶっちゃけ《犯行動機》なんだナ。おそらくはココでしたためられた調書、検察へ上り、ネーチャン、アンタは起訴されるだろうけど」

みねこ「ふぅ~ん・・もう ど~でもいいやぁ・・疲れたよアタイ」

A「投げやりになるなって!アンタに下される刑事罰の量刑判断に重要な影響あんだからヨ その犯行動機がナ」

みねこ は、机に頬杖ついて どこか 遠くを見るような目つきで 訥々と語り出したそうで はい。

         170121ee2.jpg

・・・ねぇ刑事さん? 《モズ》知ってるでしょ?そう 鳥の《百舌鳥》

知ってる?《モズの早贄(はやにえ)》って。。。モズがサ、自分で捕獲した 昆虫や小動物とかをネ、高い木の上の、先が尖った枝に《それ 突き刺して・・・》

ずっとその行為 越冬の準備での 食料備蓄だって思われてたけど、最近になって『どうやら違うらしい』って。

          170121ee3.jpg

モズだけど、突き刺したまま その後 その獲物を食しに戻ってくるなんて ほとんど無いんだってぇ。なんだか食べる事よりも、目的と云うなら 《突き刺す》という行為に意味があるかのように・・・

でネ、世界中の鳥類研究者らが調べても、未だに《モズが獲物をとって 枝に突き刺す動機》ってのわからないまんまなんだってサ 本当ヨ。


で・・モズがナニ考えてるかは不明だけどサ、仮に・・・アタシのメンタルとシンクロしてるとするなら 説明つくかも。

え?それはなんだって? うん・・・【 衝動 】だよネ。個人的な遺恨もないし、申し訳ないけど 罪悪感も無い。

《ヤリたいからヤル》・・・それダケかも。例えばサ、朝目を覚ますじゃん?アクビする 伸びをする。おトイレいって用を足す。二日酔い醒ますため水飲むって そんな行為・・

それらの《行為》・・・人間は みんな考えてから行う行動かしらネぇ?? 違うよネ? 無自覚なままの行為・行動であり、それってある意味でみんな《衝動》でしょ??

         170121ee4.jpg

「それとイッショ」なんだよネ~ あたいが仕出かした一連の「あの行為」ってのもサ・・・。

誤解しないでネ?《不思議チャン》を演出して、法的責任能力から逃げる気はないから♪罰は受けるわヨ なんだろうと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八百政は云います。

リクさん・・この 桜庭みねこって・・・

今から13年前ってから、当時 みねこ当人は14歳か・・・。

ぶっちゃけ・・このコ・・《レ★イプ犯罪被害者》だ ああ・・・。

ある意味で ジツにもって不幸な事例で レ★イプ被害に遭っててネ・・なんせが公共の電車の車内・・白昼での暴挙だヨ ああ・・・。
        170121ee5.jpg

超ラッシュ時間だったなら よかった。ラッシュが途切れた時間帯でネそれ。イカレた野郎が、制服姿の みねこ押し倒して、車内の床で暴挙に及ぶって 信じられない悪行。

で・・同じ車両には 20名ぐらいの乗客が居たにもかかわらず・・・そのイカレ男の暴挙を押しとどめる人間は1人として居らず・・・

東海道線の湘南電車、大船⇔藤沢 間で、距離あるものでサ、要は《すべて終わっちゃった》・・・。衆人環視の状況で みねこは「犯され果てた」ってことになるよね・・・。


14歳のコ 犯すなんて、猥褻犯ってより むしろ強制わいせつ罪だから。通報受けて 停車駅でイカレ野郎は逮捕されたのですがネ・・・

汚された みねこは その後が ある意味 もっと可哀想で・・・。そんトキね、刑事罰上の展開で、《その状況を放置して なにもしなかった、同じ車両内の上客らにも法的責任は無いのか?》って論議が起きてネ・・・。

当時ボクは、興信所の調査員でしたから、起訴されそうになってた 1人の乗客から、《自分が座っていた位置からは 本当に、そのような不法な行為が行われていたなんて知る由もなかった》っていうことを立証する作業を依頼されてネ だから明確に覚えてるんだ ああ。


よくサ《レ★イプ被害者は【2度】傷つけられる》っていうじゃん?最初はモチロン レ★イプ被害ネ。で 2度目が、警察での事情聴取、裁判での証言、記事化するマスコミの取材って・・要は《二次被害》・・・。

世の中は やさしい常識人ばかりじゃないゼ・・・実際ヒデぇモンだった・・・。3流週刊誌なんて《被害者女児は 援助交際で、行為代金のもつれによる事件ではなかったか?》なんて飛ばしやがるし・・・。

スマホはまだ出現以前だけど、ネットメディアも起きていた頃でサ、もうハンパなく、ありとあらゆる《匿名の悪意》が飛び交った。
           170121ee6.jpg
        おそらくは・・この世のすべてを恨み、呪った筈・・

で・・桜庭みねこは 通ってた私立中学も退学して、日本すらを離れて たしか韓国へと渡ったって聞いてる。


・・・だからサ、リクさん ボクとしては思うのだナ。

《深部の病巣》・・ってのかな?心理学はリクさんの方が詳しいだろうけど、桜庭みねこが、渡航した先で ジークンドーと出会い、それの技術習得に熱中して、
               170121ee7.jpg

帰国後に 次々と いわゆる《街の猛者ら》襲撃して留飲を下げる。この行為の骨子の部分には、やっぱ、かつて非道にもレ★イプを受けた事に端を発する、《レ★イプ犯⇔強い♂》それへの報復行為ではなかったんじゃあないかねぇ??。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Aさんがつぶやくように述べる・・・。

さてと・・・コレでもう 取調べ調書は完成だ。保釈・・それについては、上の判断もあるので、ワルいが もう少し 拘置所で過ごして貰うことになるわナ。


桜庭みねこサンだっけ? 最後に《ひとことダケ》・・この 定年前のジジい刑事にモノいわせてくれヤ?

         170121ff.jpg

ぶっちゃけ・・・オメエさん《ちっちぇ~な》・・。カラダのサイズじゃねぇヨ、オメエさんの脳内・・《その精神世界が ちっちぇ~ってイってんだ ああ》

アンタ、オカルトって信じるかい?おらぁ 意外と信じても居るんだワ ああ。長い事おまわりしてるとナ、科学と常識では結論付けられない 不可思議な事件や出来事にいくつも遭遇するもんだ うん。

ビルの上から身を投げて 自殺があったって場所には、それのユーレイが出やすいんだそうだ。理由わかるかい??
          170121ff1.jpg


ワリと信じられる 霊能者が云うにはナ、成仏されない 飛び降り自殺 その魂ってのがヨ、何度も何度も、何百 何千回って、テメエが自殺で 飛び降りた【その場面をエンドレスで再生してみせる】んだそうだ ああ。

          170121ff2.jpg

ある意味で、自分の《命》をダメにした、それが《なによりもの 報い》なんだろうナ・・。ぶっちゃけ、【 永遠の恐怖の再現 】さね。


まだわからんか??・・・桜庭みねこ、アンタが 夜の街場で、ターゲットの猛者見つけては、次々とかれらのことを襲撃していたって『あの行為』・・・

成仏も叶わず、哀しみと恐怖の念を抱きながら、永遠にテメエの自殺場面を繰り返す・・・ウヌボレるんじゃないゼ え?ネエチャンよ・・【 ココロの病理は100%イッショじゃねえか! 違うってか!? 】

          170121ff3.jpg

何十回 何百回と、そんなもん繰り返したところで・・・アンタが囚われている鬱屈とした気持ちは【 永久に晴れねえだろが 違うか!? 】


世の中の汚い部分を まだまだ味わう必要も無い 若いってよりも 幼い頃に、ロクデモない野郎にひどい目に遭わせられたって、オメエさんも不憫な人間ってのは認める。


だけどナ・・良い機会だ 学習しとけネーチャン。《♂》って動物はナ、ナニも 《強いから》って、その理由で ♀をレ★イプするんだって、その意識・・完全に間違ってるゾ ああ。

職務上でヨ、レ★イプ犯も ぶっちゃけ反吐が出るくらい観てきた。その概ねがナ・・ぶっちゃけ ♂同志じゃマトモにケンカのひとつも出来ねえような クソみてぇな野郎連中ばっかだった 本当だ。

アンタが襲撃かけた 港の関係者・・・港のリク、アイツは正直・・善い面も悪魔の面も 両方併せ持ってるヤツだけど(笑)
        170121ff4.jpg
      ある意味「男」「女」 両方併せ持ってまス(^^;

火だるまの親方さんも、コアラ親方も、リョウの奴も、そして ハマのシンタロも・・・。少なくともオレが知ってるアイツらは・・

レ★イプを目撃したなら、命がけで 襲われてるコを助ける事があっても・・・まかり間違っても、テメエでレ★イプ実行するような真似にはクタバったって 走らない・・・そういった連中だヨ ああ。



いいか?? テメエで勝手に抱え込んでる 思い込みと妄想で、世の中の《人間》・・・それを 値踏みすんのはやめとけヤ。

それに正直・・・港の連中 襲い始めたアンタだけどヨ、ぶっちゃけ【戦績ズタボロに近いじゃんか】・・・

火だるまサンやリョウには せっかくの攻撃も【ゼンゼン効かない】・・シンタロにゃ 態度でビビらされて、コアラには見事に【ブッ倒され】オマケにリクには 指折られるって サンザンだぁナ。ケガだらけじゃんかネーチャン、アンタのカラダ。

ひでぇツラじゃんか?ビンちゃんの女房に 元の美人が台無しってぐらいまで殴られ果ててヨ・・正直、アンタを【 無残 】としか思えん ああ。
     170121ff6.jpg


 ・・・その考え方じゃあヨ・・・アンタ自身だ、【イチバンに不幸なのは】・・・。いつまで経ってもココロは晴れねえゼ?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ビンさんですが その後、順調に 失っていたと思えた記憶が ほぼ戻りまして♪ 現在 元気にやってます はい。

元子さんは 不起訴処分でした。 で・・桜庭みねこなんですが・・・

まあ 襲われたボクら一同・・『痛いには痛かったけど、それ以上ナンてこともなかった』って上申。そして・・・『出来る事なら これ以上 あのコには重い 法的な刑罰を与えないで欲しいと願います』って・・・

ビンさんと 元子さん、両名による「減刑嘆願書」が功を奏したか?数万円の罰金刑で放免となりました はい。

この 桜庭みねこのような、制御の効きにくい 暴力的な衝動を持つ人間は、あえて・・・目の届く 近場に置いておくのが正解だんべいと考えボクは、

          170121ff7.jpg
        辻斬りの「みねこ」を 救済するのは叶わなかった

「よかったなら ウチとこの《港で》働かんかキミ?」っと誘いましたが。みねこは、「ありがたいけど。正直・・・アンタって人間 チョっと怖い・・。あの晩 バンドホテル跡でアンタのこと襲ったトキ、なんか、説明できない不気味なモノ感じたもん。《借り》はつくりたくないから」って拒否られ(^^;

少しダケでも距離があればイイのやろ? ってことで、桜庭みねこは、現在 お隣りとも呼べます 川崎港にて 働いております。あのキケンな衝動は 今のところ発動してないようでございます はい。


 表の報道には けっして出ない、ハマの街の一角で実際起きた ひとつの【奇談】でございました はい。


         170121gg.jpg
      物語の如くの「大団円」無く この事件【 終了 】



【辻斬り】21世紀に現る(??) 前篇

 いやはや・・・ ぶっちゃけ、テメエでも『気持ちイイぐらいに』・・・ボッコボコにされまして はい。
     170120aa.jpg

まぁ 元々が このリクめ、体格&ウェイト それになんたって女性化がネックでもあり、けっして ハマ最強だなんてありえません。そこまでは到底ウヌボレてなどいないッス。

事実 何度もケンカで 負けている経験がアルのですが、だけんども、ココまで『ボロ負け』ってのは 記憶にない。。。


悔し紛れの「負け惜しみ」ではないス。わたいをブコボコにしやがった、相手なんですが『けっして 強いとは思えない』・・・

こちとらの身体にヒットする1パツ1パツは 正直なところ「たいしたことなかった」のだ うむうむ。
        170120aa1.jpg
  「打たれてる」のは事実・・だけど敗北実感が希薄で・・


手強い相手として、コッチとして覚える「恐怖心」も、負けた今としても きわめて「希薄で」・・・

よくはわからんままなのですが・・・強いて云うなら「その《手数》」・・・そう・・・【 信じられないスピード 】それなんだ。

             170120aa2.jpg

 でネ・・・問題は その相手・・・【 オンナなんだワ・・・ 】ってことに尽きるのでして はい。


         170120aa3.jpg

かつての 昭和30年代、『ハマの黄金町 100人斬り』って、異名の 世間の 表の報道には登場しなかった「騒動」がアリました。

主に 週末金曜日の深夜時刻に、京急の 黄金町駅付近のガード下から 大岡川沿いにかけ、当時 チョイと 腕に覚え有りの 街の「猛者」って連中が、
         170120aa4.jpg

暗がりから出てきた 案外と体格ってなら小柄で、『ゼンゼン強そうにも思えないヤツ』そいつに 次々と完全ノックアウトされまして。

街の猛者を倒した「そいつ」は、誇らしげに 勝ち名乗りを挙げるでもなく、負けた相手に 土下座を強いるようなこともせず、まして サイフなどを奪うなんて真似はいっさいせずに、

               170120aa5.jpg

相手が完全に 戦意喪失となったのを見届けると ススっと・・再び 黄金町の深い闇の中に消えて行く って・・・それだったのですが。


「100人斬り」ってのは あくまでも異名で、実際として「そいつ」にKOされたのは三十数名だっていわれてますが、結論として「そいつ」は 不敗のまま ある日 唐突に街から姿を消したのですと。

その「辻斬り」その数が20人を超える頃からは、週末の深夜帯に、黄金町を「あえて」うろつくってのは もはや完全に「辻斬り遭遇狙い」で、
         170120bb.jpg

昭和30年代の前半頃ですから 街の「猛者連中」には、当たり前のように《軍隊経験者》も多かった。ツマリが・・・かれらの「腕の覚えあいり」ってのは即ちが・・『実際にヒトをコロした経験がある』ってことを意味して。


ジツのところ 当時ってのは、ベツに武力団関係者でなくとも、「個人所有物」として、ヤッパや 拳銃って【獲物】を有している人間も珍しくなくて、
       170120bb1.jpg
     戦地から帰還する際、密かに持ち帰る人間多かった

人前で その拳銃をチラつかせても、ネックとして『弾丸が込められてなければ』警察官も おちおち逮捕理由には相当しないってラフとも呼べる時代の日本。


「辻斬り」が出るとわかってて、むしろそれを求めて、狙って 終末、深夜の黄金町へと出向く「猛者」は 当然ってか、そういった「武装」はしてて。

だけども・・・ホントに タダの1人も・・・その拳銃の引き金を引けた人間は皆無だったのですと。 はい。

    170120bb2.jpg

ヤラレちまった猛者いわく・・・『なんかヨ・・あきらかに【スピードが違うんだ ああ】・・ボクシングの《ピストン堀口》いるべ?それよりも数倍早い・・負け惜しみととられるかも知れんがヨ、【あの辻斬り・・ありゃホントに 同じ人間なのかなぁ??】』っと。


  ・・・って、こういうのも 云うなら『表に出ない ハマの街の伝説』・・・

いつのまにやら・・・問題の その「辻斬り」は、その姿を ハマの夜の街から消え失せて、いつしか それを話題にする事すらマッタク無くなった。

           170120bb3.jpg


 っと・・・思っていたならば・・・


まっさか およそ50年以上も経過した 21世紀 平成の世の中に、再び!(??)その「辻斬り」が 街の住民いわく『 甦った 』と。。。
              170120bb4.jpg


まっさか、常識的に考えても、前回と同一人物による「犯行」だとは思えません到底・・・だって「半世紀」も経ってる・・・。

要は 『このオレさまは強いゾ♪』ってばかり、夜の街の界隈を ノッシノッシと歩いてます『いかにも強そうな人間』・・・

それらが、暗がりや細い路地から ふいに現れた『小柄にして案外と細い』・・・その人物に、

           170120bb5.jpg

目撃証言いわく・・・『まるで、早回しの高速回転フィルムを観ているような感じ。呼吸するヒマすらなく、アっという間にボカスカ!バカスカ!街の猛者は殴られて、戦意喪失で失神KO』っと。


ホントに「ただそれだけ」・・・。前回の手口と同様、サイフ盗るとかの真似はいっさいしてませんので、「ノックアウト強盗」って事で 警察もなっかなか動いてはくれませんデ。

             170120cc.jpg

サイショに「獲物」となったのは やはり、黄金町近辺の「地回りのチンピラ連中」で。まぁコイツらって、独りってなりますと、ある意味「ゼンゼン強くもナンともない連中」なのですが。

ただ唯一、統制のとれた「集団行動」では威力を発揮します。役割分担によるチームとしてのスキルは「有る」と見て正解。


それでも、まっさか24時間中 イッショに仲間内でツルんでいる訳にもいかない・・・どうしても「一人になる時間」ってのは 発生します訳で。

よほどに周到にタイミングを計っているとしか思えません、『そこを狙われ 襲撃を受ける』・・・。

「犯人路地の一角で襲われる奴、ビルの階段の 踊り場で襲撃される奴、コンビニのトイレの一角で襲われる人間も。「犯人」はおそらく 単独犯なのだと思え、変幻自在に襲撃場所や 襲撃パターンを縦横に替えれます この手の犯人を取り押さえるのは かなりに難しいのも事実で。
             170120bb6.jpg
            闇に嗤う 悪魔の「襲撃者」・・・

いっときですが・・・黄金町の近辺では、夜に巷にウロついては、市民らを威嚇するチンピラ、そいつらが本当に、ビビっちゃって(笑)『夜の外出は控えよ~ネ!』ってなっちまった(^^;

     170120cc1.jpg
     ヤクザもメンツ「丸潰れ」で いひいひ♪

『9時から5時まで』のヤクザじゃあ 街の住民も『ナンだ アイツらは・・なさけない』ってアキレるばかり。


でネ・・・「この時点」においてですが、ぶっちゃけ ボクちんらなんぞには『マッタク 関係のない出来事』だって、マジで そう思っていたのは事実。

「ケンカなんかゼッタイにしません善良な市民」・・・だとは・・けっして云えませんがわたくしは いひいひ♪
              170120cc2.jpg
              ケケケ♪ 大勝ちぢゃ♪


だけんど、言い訳させて貰えますなら、『おらおら!!ワシャ強いでぇ~』なんて、「いきがって」街を闊歩するなんて行為、誓えますが わたいは「決してしない」。

むしろ 女性の方や お子さんが、わたいを見つけても、なんら怖がらない、それこそが 日頃の「モットー」でっから はい。

それに 究極の防衛手段として・・・ンな わざわざ 襲撃受けそうな 深夜帯の黄金町付近になんか出かけなければ「それで済む問題」なわけわけヨ。
          170120cc3.jpg
           フロ入ってる方が「よっぽどマシ」で

やや 冷たい言い方になるかも知れませんが、『サメはサメ同士で 勝手に共食いしてやがれ』って気持ちでありました はい。【 ワシは枠の外の人間ヤ 】と。



 ・・・ところが・・・【 そ~~もイってられなくなった・・・ 】(--;

この「21世紀に甦った【100人斬り】」ハヤい話が、『 目標が払底してきた 』どうもそのようで・・・。

夜の時間の 黄金町や野毛の近辺って、どうしても 土地柄的にも歴的にも「ヤバいエリア」、どうも「辻斬り」の出没範囲が 「そのエリア」そこから次第に 越えましてネ・・・


アレは 親方に昇格して まだ1年と経たない頃でしたかねえ。季節もちょうど今頃、梅の花がそろそろ ほころぶかって、ジツにサムい時期の頃でした はい。

耳にしていた「噂」・・・『知ってっか?例の《辻斬り》だけどヨ・・オレら荒くれ・・要は港湾関係者も 襲われる対象になってきたらしいってヨ・・』っと。



ってことで・・・ハナシのギアをそろそろ上げていきますが、【 遂に このわたいも《そのターゲット》になっちまってた 】ってことで。。。

          170120cc4.jpg

場所ですが、黄金町とかなんかじゃござんせん はい。ぶっちゃけエリアは、オシャレな街「ヨコハマ元町」。

時刻だって 真夜中には程遠い、少し陽が伸びたとはいっても、午後の6時で あたりを夕闇が包むって その時間帯で。

       170120cc5.jpg

わたくしは 元町の老舗であります『ウチキのパン屋』で、イングリッシュブレッドの 山型パンお買い物しまして、その 帰り道で。

           170120cc6.jpg
         淡谷のり子【港のブルース】のモチーフ HOTEL

自家用車を かつての「バンドホテル」、今現在 ドンキホーテに停めてたもんで、バンドホテル旧館脇にかつてあった「シエルガーデン」ってライブハウス脇の 暗がりを通りがかった そのとき・・・


・・・結果として『ボッコボコにヤラレちまった』それはマッタクの事実で否定しようもありません。が、抗弁させて頂けるなら、『あ?なんか・・来るナ・・』って、予感はあった はい。思うに経験による脊髄反射的な「予感」。
        170120dd.jpg
          遂に出現しやがったか・・


なるほど・・・噂に聞いた通りの『並じゃない攻撃の速度』で・・・正直なところ・・1パツ1パツの 破壊リョクや衝撃度は「たいしたことはない」・・・。

         170120dd1.jpg
       エエのやナ?手加減はせぇへんド ワシは・・

だけどホント・・『速過ぎる・・・』高速度カメラによるSUPERスロー再生を観ているような気分とでもいうか・・・

お恥ずかしい事に、正直「反応できない」「打つ手が無い」・・・。ぶっちゃけ ガキの時分より ケンカ慣れしてる筈のテメエが、『撃たれ放題』のまんま ただ突っ立っているばかりで。
          170120dd2.jpg
        なさけなくも、反撃の『手立て無し』・・

正直「怖い」って ンな感覚よりも むしろ・・『コイツはホンマ人間やろか??宇宙人か高速サイボーグとチャウか??』ってアホな疑問が湧くほどの。


パシン!パシン!!っと、10数発以上も殴られ 蹴られて・・・無力にもその攻撃を受けているしかない身ですが、それでも思ったのは、

『こりゃも~逆立ちしてもワシは《勝てへんわナ》だがヨ・・ヤラレっぱなしで終わらせるほど、このワシは お人好しとはチャうけん。2,3日じゃとても治らへん【怪我させたらぁ】』


顔面にHITするのを あえて承知で、左のパンチ、それが繰り出されてくるのに リクめは 全神経を集中しました はい。

・・・来た・・・。薬指を掴む。それを・・・『迷わず 逆さに【折る】』・・・。武道とは呼べない、《とにかく生き残る》目的での《忍びの者》が使ったエゲつなきサバイバルの手段。
           170120dd3.jpg
           リクちゃまは「ひとでなし」(^^;

痛くない筈がない、無意識的に攻撃の相手の 腰が引ける。おや??・・でも、この腰の引き方は?もしかしたら・・・

わたいは右の 人差し指と中指 それを「Vの字」にして 相手の顔面中央より やや上部へと繰り出しました。目ん玉エグる気はなかったけど。


・・・すると相手は、左右、両方で、手の甲をコッチに向ける形で わたいの攻撃を防いだのでした。・・・そうか コレで「わかったゾ」。


『テメエ・・・【オンナやナ】・・。ビックリしたぁ・・噂の辻斬りの正体はオナゴだってかヨ♪』
           170120dd4.jpg


「・・・ちくしょう!」声のトーンは低かったけど、その声たるや 確実に「オンナの声」で。襲撃者はダッシュで場所から遠ざかり。


後に残りましたわたいは なんか・・フクザツな気分。勝敗ってならば、コレはホント・・『圧倒的なわたいの 負け』・・・。10vs1で 圧倒的な「手数の差」。
             170120dd5.jpg

モチロン「負けてみっともない」って気分もアルのですが、でも正直なところが・・・『あの《辻斬り》に狙われる程 ンなわたいは強かったンやろか??』って素直な疑問。


『ナンで攻撃目標になったのか?』後日それはスグに判明しました はい。

要は・・・このリクめなんてのは「第一番目の攻撃対象」だなんてマッタクなくて・・・あきらかになった事実は・・《六番手の存在でしかなかった》ってことでして ええ。


港の関係者の中で 一番手で「襲撃を受けた」のは、ビンさんて愛称の トラック配送の管理者でした はい。

      170120ee.jpg

「ケンカ自慢」ってヒトではけっして無い、ビンさんが 趣味としてヤっている唯一の事ってのが「Bodyビル」・・・

でも、全国的大会ってなるなら、ぶっちゃけ なんとか・・ベスト20傑に入れるか?って「その程度」なんですが、

でも、みんな知っている。「ビンさんが その気になったなら・・」恐怖の 殺人マシーンになるだろうって事。。。


ビンさんも やっぱ、「ふいを突かれて」襲われた一人でしてネ、十数発にも及ぶ 主に上半身へのパンチとかには 揺るぎもしないビンさんでしたが、

          170120ee1.jpg

相手の繰り出した 下半身への蹴りで つい仰向けにひっくり返ったビンさん、アスファルトの路面でアタマ打って、起き上がった際には もう襲撃者は「居なかった」と・・・。


で、次が 「火だるまも親方」でした。港の関係者での「猛者の選択」としては間違ってません。還暦超えてますヒトでおますが、ぶっちゃけ 火だるまの親方の 強さは「神ってます」

このヒトもムダなケンカなそいっさいしない御仁ですが、ダテに《ハマのアレグサンダー・カレリン》って異名はとってませんから。『同じ人間かよ??』ってぐらいにマジに思える「圧倒的 個体差としての強靭さ」。

それなもんで・・「襲撃者」は、親方を ジャンクヤードの外れで やっぱ「いきなり攻撃しかけた」そうなのですが、

事がわかってない親方、『またまた 若手の人間がフザケてカラんできたか』っとしか思わなくて(笑)相手にもせずに とっとこ立ち去っちゃったのですと。
          170120ee2.jpg
        ハナっから相手にもされなかったと(^^;


で・・懲りない(?)襲撃者は 次に襲ったのが「コアラの親方」。ぶっちゃけ・・コレはあきらかに「人選の誤り」・・・

コアラ親方は まだまだ「シャバっ気」抜けてないス・・。自分の方からケンカ仕掛けるヒトではありませんが、いきなり!殴られて ヘラヘラ笑ってる程 お人好しではないから ええ。

          170120ee3.jpg

やっぱ、高速パンチで 十数発 ひっぱたかれたコアラ親方・・『ザケんなっ!うらぁ!!』って・・ボクシングでインターハイで準優勝(反則で負けた:笑)のスキル・・恐怖の《コークスクリューブロー》で、襲撃者を『2m先の路上までぶっとばし』襲撃者はヨロヨロとなり逃げてったのですと。

コアラ親方も、この「辻斬り」については把握もしてなかったのですが、事実として コレでもって、辻斬りは『初の敗北』しかし「それで」メゲる襲撃者ではなかったようでして。
           170120ee4.jpg
         オメエの「敗北」やからナ うむうむ

ほんでお次に襲撃受けたのが リクめの親友のひとり「リョウちゃん」

リョウちゃんの証言『山下公園の一角でさ、いきなりオレ 後ろからボカスカ!殴られちゃったんだ うん。《正直 効きもしてないし、痛くもなかったけど♪》見たなら、バイクとかのフルフェイスのメットかぶった 上下でレザースーツ、ワリと小柄な人間だった。訳わかんないじゃん?だからオレ そのヒトに《オレなんか・・アンタに恨み買う事とかしたあ??》って云ったら、そのまんま 走って去ってっちゃったよ うん』と。コレは 引き分けってより、襲撃者の「放棄試合」だわナ。


でもって・・お次のターゲットとなったのが「ハマのシンタロさん」で。一時期ガンに冒されてたけども、ぶっちゃけ・・このヒトの強さも並じゃあらしまへんデ。

横浜高校でコアラ親方と ボクシング部での先輩後輩の関係ですからネ。「常識と社会性 家族」って名の《鞘》をまとってはいるけど、いったんでも「それ」抜いたなら・・マルで 薩摩の剛刀《兜割り》で有名な、《胴田貫》にも似た 確実に相手の【光を消す】そんな威力を持っています御仁。


「Sound navigation and ranging, SONAR(ソナー)」とでも云うのでしょうか?シンタロさん程の猛者になると、今 自分に対して攻撃を目論むような相手、それを事前にキャッチする能力が身についているようで・・

            170120ee5.jpg
           シンタロさんの 気合いと迫力勝ち♪

コンテナが立ち並び 死角となったリアの一角で 襲われそうになった際に、ピン!ときた シンタロさんは、『ンだてめえ?? やんのかヨ ええっ!!?』って 先手打って、ぶっちゃけこのケースでは「試合不成立」。


 っと・・・いう風に、「襲撃者」ですが、港の関係者にターゲットを定めてからというもの、けっして・・・その「戦績」たるや 勝ち越しはおろか、ぶっちゃけ かなり「分がワルい」のでして はい。


でもって、リクめような 女性化ってオカマチックな人間ならば勝てると思ったのか?? まぁ 潔くわたくし 負けだってのは認めますがネ。だけんど 「あくまでも」攻撃の途中で勝手に中断し、トンズラしてったのは 襲撃者の方ですからネ。


上記の如くの『ハンパない 港の関係者』だったから、辻斬りの情報が 周囲へと喧伝されなかったと考えられます はい。ボロ負けしてませんからネ みんな。


           170120ee6.jpg


で、リクめも含めてですが、『このまま』・・・襲撃者の正体が不明なままであろうと、『これにて終了!』ならば それはそれで「良かったのですが」。。。


ところが 現実は「そうもいかなかった」のでして はい・・・。

港の関係者で サイショに襲われた ビンさん・・・ビンさんには 「元子さん」って、糟糠の妻が居るのですが、この 元子さんも《女性Bodyビルダー》でしてネ、
             170120ff.jpg
      「らんちゅう」みたいな筋肉では無い、女性的なフォルム

関東大会で 第四位、ロコツなマッチョではナイのでおますが、事情通いわく《けっして見てくれではない、【使える筋肉】がキレイについてるゼ♪》のだそうで。


問題は・・ビンさんが 襲われて、二日目の夜でした。元子さんは ビンさんと所帯を持つ以前から、桜木町付近で、小さめの店ですが、格安料金でステーキをお客に提供する店を経営してまして。

通常のように、港での仕事を終え 奥方の店で 手伝い仕事をしていたビンさんが 突然 倒れまして・・・。119番で病院へ。

      170120ff1d.jpg

傷病名は『硬膜外血腫』すぐさまの緊急手術で 膨満していた脳内の血液を抜いて 危機は脱出したのですが・・・。

結論からイって、今現在は 無事に復活したから良いのですが、この オペが終わった時点では、チョっと周囲も心配する『記憶の喪失』がシャレになりませんで・・・。

       170120ff2.jpg

なんせが 元子さんのカオが「わからない」・・・。港でのテメエの仕事の記憶も失われてるし Bodyビルダーとしての記憶も「わかんない」と・・・。

やはり 襲撃を受けた「あの晩」、地面のアスファルトで後頭部を強打したってのがアダとなったようで。。。

            170120ff3.jpg

 そうしたなら・・・『亭主の仇はわたしが討つ・・』って!@@;元子さん 突然の宣言でみんなはビックリ!!

元子さんから『辻斬りと自分がバトル出来るように算段 協力してほしい』って懇願受けた 諸先輩らは『リク なんとかしてやれヤ』って・・・(--;わたいへと 「丸投げ」(笑)
          170120ff4.jpg
         こまつたなあ。。。(--;

    kmit5.jpg
     次回『 後篇 』へと続きます はい



卑怯者 港のリク・・・


  『 港のリクが 近々、デカいケンカをする らしい。。。 』

「って・・・?? それって、遂に・・・トキの権力サイドに牙剥くってことか??」

「バカそうじゃねえヨ。額面通り・・・マジで ガチンコ、ステゴロの《大喧嘩》するそうな・・・」

        161013aa.jpg

「って それ ダレとするってんだ ああ??」


「うん・・・チトばかりコレ・・《過去の遺恨》がカラんでてナ。名前は知ってるべ? あの・・【紅葉坂のヤス】だ・・・」

「それって・・・ってかヨ・・いつ??《出所したんだ?》ヤスの野郎・・・」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 もう10年以上も前の時代・・・


ハマの港 港湾地区の再開発の流れに、敢然と逆らうといいますか、

敗戦後 事実上として、本牧に基地を構える アメリカ軍の 準管理下だった時代から端を発する、規模として ごく零細な「海運会社」がいくつも存在し、
       161013aa1.jpg

規模が小さい分 動きの俊敏さを 売り物にして、しぶどく ハマの港で 生き残っていたそれら会社でありまして。

ただ「問題点」は、ハヤいハナシが『カネさえ出すなら ナンだって運ぶゼ』って、組織体として 最低限に守らなければいけません倫理性も企業としての透明性も 無いに等しいって、チトばかり 困りものの会社で。


「紅葉坂のヤス」は、そういった零細海運の いうならば御曹司で。
           161013aa2.jpg

ジイさんや親父の世代には、今だから云える って、ぶっちゃけ 相当にヤバいモノを海外から運んだようです。証拠は見事なくらいに消されてますがネ。

時代性とかも考えますに、ヤスの会社の そのヤバい作業には、相当の規模の《ケツ持ちのバック》が存在していた気配が有ります。

一部の 役人や 検査官らをも 抱き込んでいたとしか思えないス、船っていうのは、限られた空間の、いうなら《ごくごく狭いも密室》に過ぎませんが、
               161013aa3.jpg

『ヤル気になるならば』・・・相当の《量》を 隠すスペースなんてのは 案外と簡単に確保できちゃう そんな 危うさもアルともいえます。


 わたくし 港のリクは、その『掴んだ事実』を・・・司法に告発いたしました はい。

ヤスらが思っていた以上に 重い罪状が課せられ、一味は投獄されました。身から出た錆びです、チクったと言われようと、わたくし 言い訳も後悔もしておりません。

仲間内での 狭い「仁義」よりも、この世には 守らなければならない不文律それが優先されてしかりだと思った次第で。

            161013aa4.jpg
          そこまでクサっちゃおりませんから はい

それにより「恨み」を買ったのは事実・・・無論 それから逃げる気もございませんのであります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【新機軸】::一時 筆者交代

失礼します。リク部長の部下の 自分は「ショーゴ」と申します。

リクより「出来る限り 第三者の目線で書け」と厳命されましたので、皆さまには 慣れない文体で お疲れになるとは思いますが ご辛抱くださいませ。
           161013bb.jpg


一時期の「みなと界隈」は かなりの騒ぎとなりました。

例の 出所したヤスがリクさんへの恨みを晴らすべくつけ狙い、そのリクさん自身が「やってやろうじゃねえか!」っていう臨戦態勢。


ずいぶんと昔の遺恨、僕ですら その詳しいところは知りません。キンさんやゲンさんが言うには、「完全にあれはヤスの逆恨みだ」と。

ヤス一味の悪事は、とうに警察機関はキャッチしてて、リクさんが告発したタイミングと、一斉逮捕がシンクロしたに過ぎないのだと。

放置したとしても、ヤスらが逮捕されるのは目に見えていたのだと。

「荒くれ」とはいうものの、少なくとも 港のリクは、10年以上前のリクとは「別物」でもあります。

今更・・・荒くれていた時代の遺恨に付き合って、雌雄を決しようとするなどは 正直「馬鹿げています」。

築き上げてきたキャリアはどうなる? うちのチームはどうなる? そして 第2営業部そのものがどうなるか??

どう 前向きに考えても、失いかねないものばかり多すぎ、そこには 得るものが見出せませんから。

そんな「現実的に考えて まともじゃない」事態に、リク部長は 「いつでもこいヤ!」なにを考えているのやら?と、不安に駆られました当時は。


この噂は またたく間に広がり、当然、リク部長は叔父上である 社長にも厳しく叱責を受けたようです。「なに考えとるんやお前は!」と。
          161013bb1.jpg
             
でも リクさんは「社の業務とは関係おまへんさかい 迷惑かけません」と涼しい顔、柳に風の如く。

冗談っぽく リクさんは、僕に向かって「ショーゴ。もしかしてワシがクビになったなら、後のことは頼むナ♪」だなんて。

         161013bb2.jpg
     ワシらの付き合いも長くなったナ ショーゴよ

僕も人間、出世の欲が無いとは言いませんが、でも『無理っ!』です。今の段階で 部長の後を引き継ぐなんていうスキルは有りませんし。


なにかしらの「不満」がリクさんにはあるのかな? って、僕は考えました。

キンさんに そのことを相談しますに、いわく「そりゃあ やっぱ、第1営業部の《新部長》の件だろうさ」とのこと。


半年前、それまで 第1営業部の部長職の人間が 定年退職しまして、新規の部長の体制という運びとなり、

周辺では『いよいよ、港のリクの第1営業部部長誕生か?』という声が囁かれていたのは事実です。

リクさん自身は「な訳がある筈ないやろが」って、澄ましていましたが、 キンさんいわく「そりゃ リクだって人間。欲が無い訳がない。内面にグツグツしたもの持ってるゼ リクは。それが・・・あんな運びになっては面白くないのも当然だべ」と。


第1営業部の「新部長」は、思いもしなかった《外部よりの人選》・・・相当のキャリアを持つ リクさんと ほぼ同世代の《女性》でした。
               161013bb3.jpg

僕なりに この人事を推察しましたが、やはり、わが社も総体としての規模が大きくなった それの引き換えに、

大株主と 銀行筋とかの「圧力」、その影響を無視できない環境になったのだな、そう感じました。


鳴り物入りで就任した 女性部長は、「改革」という面では 意義がある人材登用だと思いました。

でも、それまでの 営業部の方針というか、前任者の流儀や手法 そのすべてを「完全否定」しました。

結果 僕らが汗をかいています「現場」ではどうなったか? 伺う営業先では よく「最近 おたくの社、ずいぶんとドライってか、ビジネスライク一本やりに変わっちゃったんじゃない?前はもっと人情感じたけどナ~」って愚痴られました。
            161013bb4.jpg

「無駄な付き合いは切る」それを徹底することで、「会計的には」ずいぶんと 透明化されているとも感じましたが、

予想はしてましたが、やがて女性部長は・・・うちら 第2営業部の方針にも、口を挟んで あれこれケチつけるようになってきて。。。

正直「冗談じゃない!」って気がしました。僕ら 第2は、けっして 第1営業部の下部組織ではない。規模の格差はあっても、業務内容そのものが異なるのですから。


それでも、リク部長は、「はいはい」と、女性部長の言い分に対しては、ごく丁寧に応じていたようです。

僕と同輩のカズホなどは「よっくもま~ リクさんが、あのオンナ部長の クソ生意気な要求に辛抱してるもんだワ。丸くなったよなあリクさんも。腹の中 相当面白くなかろうにヨ」と。


そういった経緯で 今回の「決闘」。ふと不安になったのは・・・【 リクさんはやけくそに陥っているのではないか? 】って不安。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ああ 遂に・・・「このとき」が来てしまったのか・・・って感じ。

ム所帰りの ヤスって人ですが、『すっごい体つき』となっていました。
       161013cc.jpg

徹底した食事管理、運動時間のすべてを 腕立てや腹筋運動といったトレーニングに費やしていたとしか思えません。

前座のプロレスラー顔負けの マッチョで リクさんへの「恨み」は それほどまでに強かったのか。

毒蛇みたいな ゾっとしない目つきで リクさんを睨みつけています。

対峙するリクさんですが、正直・・・「おいおい 勝つ気あるんですかアンタ」って感じ。『ああ しち面倒くせえ』ってな不愛想な顔つきのまま。


完全な「決闘」ですと、今現在 刑法で「決闘罪」という罪状に払拭するというので、妥協手段として、最低限の レフェリーをつけることにして、

ハマのシンタロさんが 名乗りを挙げてくれました。

『へっっ♪ 逃げずに来た それだけで誉めてやんヨ』っと、ヤスは、びゅんびゅん!シャドーボクシングを繰り返しました。リクさんは 変わらず かったるそうにしてるのみ。

見守るカズホがアイコンタクで僕に『・・・これじゃあ・・ハナっから勝てないゾ リクさんは・・・』


「開始の合図はどうする?」シンタロさんが そう問いますと。 リクさんが・・・・・

「心配いりませんて。 コレは喧嘩でっからあくまで。 ・・・・・もう 始まってますから」と・・・・・。

あれれ?って感じ。とてもじゃないが、今から 命がけのバトルやろうって人の態度ではなかったです。


「あのヨ ヤス、例の件なんだけどー」って、まるで就労時の業務連絡みたいな態度でもって ヤスの方へ 迷いもせず ツカツカと近づくリクさん・・・。
         161013cc1.jpg


やはり脇で この闘いを観戦している コアラの親方が ボソっと呟きました。『あ・・・コレはもう リクの勝ちだワ。完全に《間合い》はリクが取った』


       161013cc2.jpg


      ぼわんっっっ!!!


一瞬 いえその後も、にわかには 何が起きたのか 理解できませんでした全然・・・・・

一瞬のうちに、目の前で 小爆発??・・・それが起きましてね、まるで火鉢に中で 灰神楽が起きたような とでもいうのか?

固唾をのんで観ている僕らの視界は 灰色のケムリに包まれて・・・それが かき消されていきますならば、

仰向けに倒れたヤスの体幹に リクさんがマウントポジションの体制でのしかかり・・・バカスカ!!殴りに殴っているって構図でした はい。
          161013cc4.jpg

ヤスはもう 白目を?いています、女性化のハンデあるものの、リクさんは空手だけでも たしか四段の筈、このまま殴り続けたらどうなっちゃうだろう??

『勝負あり! それまでっっ!!』あわててシンタロさんが ブレイクさせまして この決闘は終了に・・・・・


 『やいっ!!どこまでも汚ねえな!港のリクよぉ!』ヤスの連れのオトコが叫ぶように言いました。

『リク、てめぇ・・・《煙幕弾》使いやがったナっ!!そうまでして 勝ちてえのかてめえはっ!!』

そうしましたならば、いかにも「バカなことして疲れちまったい・・」って感じの態度のリクさんは・・・

「ド阿呆が。ケンカにキレイも汚いもあるかって!予測出来なんだヤツが間抜けなんじゃっ!」って涼しい顔で。


とことこって、ヤスへと近寄ったリクさんは、ホンの 50cmの距離で、ある意味でのみ『さすがは 忍者の子孫』・・・
            161013cc3.jpg

おそらくは お手製なんでしょう きっと。いにしえの忍者が その場を逃走する際に使用したらしい・・《煙幕弾》を ヤスの顔面に投げつけたようで・・・。

その時の 正直な感想ですが・・・『そこまでする人がいるものだろうか??』っていうのが実感。

           161013cc5.jpg

『てめえは キチガイだっ!!』 倒れたままのヤスの体を抱き起しながら その連れの男は毒づきました。


・・・勝つには「勝った」けれども・・・。率直なところ、けっして誉められるべき勝ち方ではありませんよね??

「だまし討ち」とまでは言わないものの、この勝ち方では、相手を 落とし穴に落としてやっつけた っていうのと代わりがないのでは? って気がしまして。


 兎にも角にも これにて 「決闘」は あっけなく終了しました。 それでは お返しします(笑)

                   161013cc6.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「案外と言っては失礼ですけど(笑)よく書かれていますね ショーゴ君のレポート」ワイングラスを磨きながら、ハマのマー坊が皮肉に嗤います。
        161013dd.jpg


「率直なところ・・・けっしてホメられる《勝ち方》ではないですしね、《リクのヤツは 勝つためならどんな卑怯な手段も辞さない人間だ》ってウワサ・・・しばらくは消えませんよ。でも・・・【それこそが 計算のうちだ】って事なんですよね リクさん?」


「まあナ」わたいは答えます。 「どないに世間でボロカスに云われようとも ぶっちゃけ・・《知ったことかヨ》ってナ」
           161013dd1.jpg
         ども♪「卑怯者」でス(笑)

マー坊は「しっかし・・・わからない。。。ナンだって?・・あんな、逆恨みに凝り固まった狂犬相手に、《あんな手段用いてまで》勝ちにこだわったアナタってヒトの真意は・・・」

「ええかマー坊ヨ・・・ケンカってなら、それこそプロでもあるキミなんかの稼業の人間に対して 説教もナンやけどナ。ケンカ・・・ヤル以上はだ・・・《ああ・・もうこんなキチガイと係るなんてマッピラだぁ(泣)》って、思わせてこそが 真の勝利やって思わへんか??」
          161013dd2.jpg
        キツ~く!カラダでわからせるのだ

「まあたしかに・・・そうですわナ。とくに ああいった狂犬を相手にする場合においては、シッカリ!それをカラダに覚え込ませないと いつまでも終わりませんからね」


「あのトキ・・・ヤスのアホにノリかかってサ、盛大にボカスカ!ヤってた最中は、このままヤスをコロしちまっても構わへん って・・・そう思っていたのも《事実》で」

「じゃあ トキの氏神は レフェリーのシンタロさんですかって つまらん殺人者にならずに済んだのは♪」マー坊は 声をあげて笑った。

  『ああ。そうやナ。それに・・・本当に殴りたかったのはヤス・・・の隣に付き合ってやがった あのオトコ・・・ヤスの義理の兄貴って人間だったからナ』

「リクさんのこと キチガイだ!って罵った人間ですか?」


・・・うん。なぁマー坊ヨ、10年・・近くもやデ?ワシって人間に対して、獄舎の中で ワシへの恨みって感情を 忘れずに抱き続けるなんて 常識で考えて 出来ると思うか?

ヤスに奴に絶えずけしかけては《それをさせたのこそが》・・・あの、タカって義兄の人間だワ チャンとリサーチ済だ。

あのナ・・タカの《目論見》は、ワシ個人なんかじゃないねん。もっともっと高い・・のかな?? とにかく違った次元の項目でヨ・・・

タカは、それを実行するための《道具》として、囚人トレーニングでヤスの野郎を 人間兵器として利用しやがったってのが 事の真相ヤ うん・・・。

タカの狙い?? 決まってるやん、港のリクなんてのも単なる《キッカケの1キーワード》狙いは ウチとこ社の【 第1営業部への商品売り込み 】なんだからヨ ああ。
        161013dd3.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

身元後見人であるタカは、以前から やっぱ零細だけど 貿易商社を興していてナ、

まあナンたって、規模が小さいから、扱う商品たって、100円SHOPで扱うよな、東南アジア製品小物とかばっかなんやけど。

それなりの ウチとの間にも、取引の実績は有った訳だ。たいした額やあらへんけどナ。
                 161013dd4.jpg

だが、タカの悪党・・巧妙に爪研いでやがった・・・。ウチの社における チトばかりフクザツな《社内人事状況》ってのも 掴んでやがった。。。


知ってるとは思うが、ウチとこの会社は、戦国時代の《水軍》が、江戸の太平の世で 平和的に《廻船問屋》へと衣替えして、

           161013dd5.jpg

やがて明治を経て、大正期に 株式海運へと成長したけども、戦後のしばらくも マッタクの《個人商店》での経営方針と実態だった訳でネ。


で・・・社内には 大きく《3つの派閥》がある・・・。1《創業本家》2《創業一族分家》3《株主 銀行筋》その3つナ。

現社長、ワシにとって叔父なんやけど、2の創業一族分家に婿入りした人間やねん うん。

ほんで、甥っ子である このリクめが、どういう訳か(笑)フトした経緯で、1の創業本家にミョ~に気に入られて、お墨付きを貰うって感じになって。

それだけとチャウ、ほんでもって、社長とこの娘の 娘婿として入ったってのが 例の(爆笑)《サダヲ》でサ♪

     161013dd6.jpg

な?? 笑うやろ? 骨肉同士で 見事に《3つの派閥》で対峙しとんねんコレがまた・・・。

モチロン肉親としての情愛はアルでぇ・・・サダヲかて、大事な従兄の 連れ合いやんか。叔父貴も父親代わりやったしワシにとっては。


なあマー坊ヨ・・・この3つの派閥やけども、ぶっちゃけ・・・ドコの部門が 甘いっていうか、隙がアルって思うか??

そう・・・。云うまでもあらへんわナ・・やたら資金リョクは膨大やけんども、3の・・・サダヲを代表とする《銀行筋の派閥》が ガードが甘々じゃん?


そこんとこ・・あの悪党のタカは見逃さんかった・・・。
       161013ee.jpg
     薄汚れた触手を伸ばしてきやがった。。。

も~~徹底した《ヨイショ戦法》でもって サダヲをアイツらは【陥落させやがった・・・】

接待ゴルフと偽り、よりにもよって・・・某暴力団組織の系列組長らと《賭けゴルフ》させられて、ボロカスに負けるならまだしも・・・相当額を勝っちまいやがんのサダヲのアホは・・・(嘆息)

ああ?モチロン《握り》だヨ 間違いない。で、その場面をバッチリ!映像証拠として《抑えられた》・・・。

        161013ee1.jpg

ホンで、都合良くも、第1営業部の あのブルドッグ部長が 定年退職ってなったやんか?


いっとくが、カン違いするなヤ?元からこのワシは、第1の部長になんか 今の時点でなれる訳がないって自覚してた本当ヤ。

部門として 第1は、銀行筋出身の人間が表看板になってるのが いうならば妥当やけんナ、このワシ独りが出世したって 会社そのものが絞んじゃったら目も当てられないやんか。

やけど、銀行筋なんて 信用するには値せんからナ、周到なる人選を以て、ウチとこの叔父、創業分家代表の社長が選出し 三顧の礼で迎え入れたヒトやからね。

邪推せんといてヤ、《女性だから》なんて理由で 訳もなく反発するって程 このリクは ケツの穴ちいさくはあらへんデ♪

で・・・その例の女性の新部長な。彼女の就任について 背後で暗躍したとまではありえないけどサ、

周到なるタカの悪党は、ある意味で見事に《抱えている弱点》ってのを掴みやがってナ。


・・・ココだけのハナシやデ? あの女性の新部長・・・《隠し子居るねん》・・・

                  161013ee2.jpg

《 Augustana College 》ってナ、サウスダコダ州の 私立リベラル・アーツ大学。MBA資格習得の為に留学していた先の大学。まあ・・MBA資格取得率全米で 第20位にも入ってないんだから、それほどビビる必要もないガッコやけど おっと・・・この皮肉はジェラシーに聞こえるナ(笑)

         161013ee3.jpg

ほんで、同じく 日本から留学していた 日本人男子学生と《くっついて》。なんせが 年の学費が《25000$》もするって@@; 相当の坊ちゃん 嬢ちゃんやなきゃ 行けるガッコではあらへんわナ。

ほんでもってゴム代ケチったは思わんが(嗤)《出来ちゃった・・・》と。。。
          vvv303.jpg
        勉強せんかいっ!このアホ息子&娘(怒)


愛し合うのは本人らの 自由っちゃ自由やけどナ・・【 1つの 大きな誤算があった・・・ 】


あんナ、一見ナンでも《自由》って思えるアメリカって国やけど・・・日本人には殆ど実感無いんだけども、合衆国ってゆえに、ぶっちゃけ アメリカには《州独自の 州法》ってのが有ってサ・・・

うん・・2006年からの州法発令でもって、サウスダコタでは、条件が整わない妊娠ケースでの堕胎は認められないってなっててナ。

   161013ee4.jpg
     これがホントの事なんだからアメリカってやっぱ「広い国」。。。

たとえ 外国人 留学生であろうとも、一定期間以上 そのサウスダコタ州に滞在した人間には その《州法》の適応から除外されないのヤ うむ。


堕ろせないまんま、産み落としたって訳。そんで帰国後に 戸籍上として、妹夫婦の養女ってカタチしたらしい うむうむ。

気鋭の美人女性エクゼブティブにも、こういった《世間に出せない 弱点》が有ったってことでナ。。。


ン?孕ませたオトコ? こないだの選挙でヨ、ぶっちゃけ・・神奈川●●区から立候補して 残念にも時点で 落選となった候補者 ぶっちゃけアイツやて。
    161013ee5.jpg


で・・・本当に《ワル》ってのは 抜け目あらへんナ・・・。その落選した候補者の支援組織、それの大幹部っていうのが《タカの悪党》なんだってからヨ・・・

いっちゃナンやけど、県議会議員選挙で落選した候補者なんてのは この世で最弱の部類の生き物やデ? 次の機会 捲土重来を狙うってても、支援組織の動向次第で候補者なんて いってみりゃ《使い捨て》・・どうにもで転がるやんか?


な?? サダヲの賭けゴルフ スキャンダルに加えて、新規就任した 女性部長のその《知られては あまりにまずいスキャンダル》・・・この2つを握ったタカの悪党は どう出るか???

《この秘密バラされたくなかったらカネ出せ!》ってならば かえって対処はカンタンや。。。

わかるやろ?《本当のワル》ってのは・・・《はいはい♪ワタシはあくまでもアナタ様のココロ強い味方でございますヨ♪徹底して お守りいたします♪是非とも 今後友のお付き合いを願います》って、揉み手でスリ寄ってくるのがアイツらのセオリーだから。


調べはついてル。あのくされ外道・・・今まで以上に、ぶっちゃけ1円の価値も無いに等しい、ジャンクとも呼べる 東南アジア製品を《弱みに付け込んで》ウチとこ社に《買ってくださいヨ♪》と・・・。

もうわかったやろ?? そう・・・。あの《ヤス》ってのは、タカによる悪企みの 最後の仕上げだったって訳だ ああ・・・。


調子コキやがった ああ・・・《銀行筋》《創業分家》をいうなら【籠絡した最後の仕上げに】・・・

《創業本家》代表である このワシ 港のリクも、きゃん!!いわしたろ~って画策しやがった。

・・・10年近くも、監獄の中で ワシに対する憎しみを忘れずに募らせてたヤローが 出所して、《雌雄決しようゼ!》って来たなら・・・

当たり前やけども・・《怖いやんか》(爆笑)でもまぁ・・そこんところが、ぶっちゃけワシのイカレてるところナ♪


おそらくは・・・あの悪党タカの《読み》としては・・・以前は 単なるハマの港のチンピラでしかなかった リクって若造が それなりの出世もして・・・

そうなっと、今の今まで築き上げたキャリア棒に振ってまで、狂犬の筋肉バカとのケンカに命賭けるなんて《ありえんだろ》って。
          161013ee6.jpg

カッコつけて ツッパっていようとも、最後には・・・《後見人のタカさん!どうか!アナタのチカラで丸く収めてくださいヨ~~!!》って、泣きをワシが入れるであろうとナ。


「しかし・・・この機会を・・ご自身がさらに出世する《最大のチャンス到来》ってなこと 思わなかったんですか??」っと マー坊がポツリと。


ああ それか。。。ワシも《人間》1ミリも考えなかったってのは あまりにキレイ事だわナ。

でもヨ・・・《会社あってこそのテメエ》やデ?あのオナゴ部長を守るってより・・会社護ったらなアカンやんか?無論・・・不要なスキャンダルでその持てるキャリア潰すってのもジツにもったいないしナ。

ほんで・・・サダヲやけど、今更 実家筋の銀行一族に戻ったところで、ぶっちゃけ もはやアイツの座る席なんぞ ありゃせんって(大笑)
            161013ff.jpg
           「人情」のない悪党は 単なる悪魔ヤからヨ

ま~~《あんな人間やけど》(笑)意外にも 打たれ強いお坊ちゃんってのは、この先、思いもしないよな場面で ナニかと役にも立つモンやろうって、ワシとしては そう思ってル ああ。

                    161013ff1.jpg
                  生憎ヤったナ チンケな悪党♪

せやから・・・ナンも躊躇もなく あのケンカが開始されて いっちゃん驚いて震えたのは あのタカのヤローだっての♪

・・・悪党タカの 最大の《誤算》は・・・なによりも このワシって生き物が、

 【 常識を裏切る キチガイだった 】ってことだ (大笑)
               
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「そうでしたか」っと マー坊。


「しかし タカって御仁の悪企みも、全然ケンカ上等!って、リクさんの態度の前には 見事に目論見がハズレちゃいましたネ♪」

「ぶっちゃけ《忍びの子孫》ヤからナこちとら。絶対に負けられないケンカってなるなら《アレぐらいのエグい真似は平気でするデ》なんせがヨ・・《生き残ってこそが忍者はナンボ》やからナ」
             161013ff2.jpg
          武士道「死ぬことと見つけたり」
           忍者「生きてこそナンボである!」


「でも、負けたヤスにも 一応の《プライドは保証された》とも。まっさか煙幕弾って(笑)港のリクともあろう御仁が、飛び道具使ってまで勝ちにこだわっていう《悪評》・・・アナタのことだから・・・それをも《計算の内》でブチかましたのでしょう??」

「まあ そういうことにしとけヤ って♪」



 だけども・・・ 単に それだけ とは違うのヤ うん。。。
   161013ff3.jpg

ホンの一瞬やけどナ、このワシかて・・・築いたモノを 失い去るってのを 恐怖に思う ンな気持ちは《たしかに有った》。。。


出来る事なら ダレも傷がつかない 穏便な手段で解決出来ないものか? って、日和見のココロがなかったとは言えないのだ。。。

だから実家の地下室でナ、ズっと半日ぐらい 座禅組んで、テメエのココロってもんと 向かい合ってみた。
              161013ff4.jpg
           とある あぶく銭で昨年に完成♪

怖がるっていう気持ちのウラには、以前とは違う身の上、嫁と娘が居てますって、単に それだけとは違うンだろ?って想い・・・


むしろ・・・ホンの少しステイタスが上がったことに由来する、『弱気のココロが支配したその結果ではないのか?』ってナ。


そうしたならサ、ココロのズっ奥の方に フテ寝していた《かつての 野獣みたいなココロ》それが吠えた。

いわく《ヤっちまえよ。なあ ヤっちまうしかないゾ。ヤリもせず逃げたなら・・・もはやオメエは 危機に際して逃げ回るしか方法の無い弱者へ真っ逆さまに転落だ。その恥辱こそがオメエがなによりも恐怖するシロモノとは違うのか??》って ココロの声を聴いたのだ うん。
            161013ff5.jpg

 なあ マー坊よ、社会的なステイタスなんかよりも、ズっと大事であり 大切なモンってのは、ぶっちゃけ・・《素の自分》ってモノではないだろうか??


部長だのなんだのって 世間で言われようが、【本当は そっちの方こそが《幻影》なんじゃねえのか?】このワシって生き物は、「荒くれてこそナンボ」って そういう性(さが)

それ捨てちまったなら、ぶっちゃけ オトコ稼業も台無しやって思わへんか♪


 「いったんでも フリ撒かれたウワサは なっかなか消えませんヨ 卑怯者のリクって」と マー坊は嗤いました。


まあ それもエエやんか。それでもしばらくは、この《勝つためにはナンでもするキチガイ》には 容易には近づこうとは思わへんやろ♪

ハンパな悪党ほど 命がいくつあっても足りないってキチガイには 近づかないって 鉄板の法則アルからヨ♪ いひいひ♪
        161013ff6.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 追記です ショーゴより。

思っていた以上に「一連の出来事」は、サラリと ハマの街から忘れ去られました。

思いますに シンタロさんやコアラの親方が 徹底して、リク部長のマイナスイメージとなる風聞を 打ち消していたのだと自分としては感じています。

俯瞰で物事を表現しますならば、「木の葉の一枚も落ちません」でした すべては。

ただ唯一、第1営業部の新部長は、「この場所は自分が居るべき処ではない」という、

正直 理解できないそんな理由で、就任してすぐに 職を辞して去っていきました。
          161013gg.jpg
        まぁ 一生かけて「自分探し」してればよろしいって・・


そして また新規の人材が登用されたのですが、残念にも またもや・・・リク部長には そのポストには就けませんでした。

なんか、毒にも薬にもならない ボーっとした善人っぽい人が 部長の席に座りましたが、

これが不思議なことに、案外と 第2のリク部長とは 和やかな態度で お互いを引き立てながら関係はきわめて良好で。

『いいのだコレで。これ以上に欲をかいてはアカン』っと リク部長は言っています。
          161013gg1.jpg


 この ショーゴ。まだまだ 港のリクとなるのは気が遠くなるほどに遠いようです。 それでは。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



  【 また 吠え始めたよ 】 作詞 恩蔵 隆


  ゆらり ゆらり 燃えてる 俺のココロの 片隅で

  消えずに残った 炎よ

  俺のココロをこがして

  いらだたせたもの

  そいつが 大きく また 吠え始めたよ


  言葉の壁に さえぎられ 誰にも 知られず残った

  すすり泣きのように

  俺のココロを打ち始め ふるえさせたもの

  そいつが 大きく また吠え始めたよ

  また吠え始めたよ 吠え始めたよ・・・・・

    161013gg2.jpg

  俺のココロの 中には 小さな 天使が 住みつき

  そして みんなのココロの中にも

  だけどそれに気付かない 気付こうともしない


  だから アイツは いつでも

     吠え続けてる


  https://www.youtube.com/watch?v=6EP8d3zrhB0



トリックは・・陳腐なほど見破りにくい・・・

 「厄介な《調査以来》なんだわ 実際・・・」そう嘆くのは 我が盟友 探偵・八百政

           160623aa.jpg

「ああ。調査そのものは簡単ってか、よく《あるあるパターン》ね。最近うちのダンナの行動がおかしいから探ってほしい って、悩める妻から直々の依頼でサ、仲介した人物がちょっと断りにくいヒトなもんで、受けるしかなかったんだワ」

「ンなもん・・要は その後の離婚訴訟対策の一環やろ?カネ出して興信所雇え!っていったらんかい?キミのよなボランティアでの調査頼むのはチト虫がイイってか、気に入らンわナ・・・」とわたくし。
         160623aa1.jpg
       「便利な上 タダやん♪」って思うなアホ!


「まあ それはイイとしてだ。《厄介》ってのはサ・・・」「なんやねん??」


・・・あのネ、リクさん・・・その《疑わしいダンナ》ってのがサ、職業・・・《市ヶ谷》なんだワ うん・・・。
            160623aa2.jpg

チトご説明。《市ヶ谷》とは、ズバリ! 隠語で 「自衛隊」を指します はい。警察組織を「桜田門」というように。

八百政は続けて・・・

・・・それにアレだ。そのダンナだけど 単なる隊員ではなくてサ、最大TOPとはいえないものの、

けっこーな位の《六本木》なんだ うん・・・。


・・コレも ご説明、これは防衛省が まだ「庁」だった当事、その指揮系統TOPが 東京港区の 六本木に存在していたために、

主に キャリア自衛官の幹部を指して この《六本木》って言い方をするのでございます はい。


な??リクさんならば もうこれダケで、この調査がノッケから 一筋縄でいかないってわかるだろ?

単純な「浮気調査のつきとめ」で済むならばイイけど、モノによっちゃ・・《ズバリ!国防のライン》にまで 到達すると、探るコッチにだってシワ寄せが来るのは容易に想像できるじゃん?

経験からいって・・・事がヤバヤバなほど、それって《赤坂》(注釈:在日CIAのこと)が なんらかで絡んでたりもするからネ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以前まで、勤務時以外の時間を家族と過ごしていた対象者 仮名として《ヒムロ》とします。
          160623aa3.jpg

それが最近になって 自家用車でもって ヒマがあると どこかへ独り 出かけることが多くなり、

クルマのメーター距離で換算すると、往復で約120km前後、東京都まで出かけて その往復って考えると合う感じ。


その妻《ヒトミ》ですが、はじめは厳しい勤務には息抜きも必要だと思っていましたし、旦那さんはちょうど被災地の復興業務で長い期間の単身赴任それから戻ってきたばかりというタイミングだったので、好きに羽を伸ばしてもらおうと考えていたそうです。


しかし、次第に休日のみならず、勤務後に家に戻る時間も減ってきて・・・
            160623aa4.jpg

ただ、通常のサラリーマンとは違い、対象者は自衛隊です。しかも住む場所も働く場所も、すべて自衛隊の駐屯地内ですから、多くの人が仕事が終わればまっすぐ家に帰ってくるそうです。



最近まで対象者はスマホをもってはいましたが、それほど興味を示さず、LINEも殆ど使いかたが分らない状態でした。

しかし、外出が増え始めた時期に、同時に頻繁にLINEを操作する様になったのですと。

これらの理由から、ヒトミは対象者 ヒムロが浮気をしている疑惑を増したのですが、本人にその事実を訪ねることが恐ろしくて出来ないと仰りました。



なぜ恐ろしいのか??・・・

ヒムロは自衛隊員として周囲からの評判も とても良い人であること、そして、子供をとても大切にしてくれる良き父であること、

さらにはもし離婚になった後、自分一人ではとても子供を育てられない事を理由にあげました。

           160623bb.jpg
        想像以上に『狭い』・・公務員の官舎世界がそこに・・・

それと・・・チョっと 通常では考えにくい《業界の独自な点》・・・

幹部級のいわゆる《将校》・・・それが妻ではない浮気に走るって事実、それが周囲に発覚しますと・・・

いわゆる《市ヶ谷の人脈世界》ってのは、世の大企業や都市銀行それ以上の「派閥社会」なんです はい。

ひとことで括るならそれは・・『 超・世間体社会 』ってことでス。テメエとこの派閥に属するからには、

上から下まで それぞれの「家庭」・・《まとまってなきゃならん》のですと。うむうむ・・・

家族としての愛情やそれにまつまる機微なんて ぶっちゃけ「どうでもいい」・・・。

要は、『亭主に浮気される妻には それ相応の問題要素があってのこと。ならば、早急にその問題要素、排除しなさい』それが防衛キャリアの「不文律」として作動しているのだと。

無論 自衛隊員だからって、リッパに「人間」、それがキャリアだからって、どうしてもウマくいかなければ、協議離婚だって十分ありえます。

             160623bb1.jpg

が・・・そういったばやい、離婚したダンナは、先輩筋から ぶっちゃけ《半強要》されます・・・『一刻も早くオマエ再婚しろ!』って・・・。
             160623bb3.jpg
          キャリア組に意外に多い「年の差婚」

『そ~じゃないと●●サン(派閥のTOP)からはじまってチーム全体が迷惑すんだヨ!』って 脅しだわナこりゃ・・・。

要はだ・・「奥さん」ってのが、去年と今年ではゼンゼン違った人間でも『ど~だってイイんだ ンなもん』・・・

                  160623bb2.jpg
            チトばかりヒドい世界ですわナ うむうむ・・・

「円満な家庭の構図」それが成立してるならばナンも波風起こらない♪本人 当事者らの意向よりも、まず!!組織・派閥としての世間体が保てるかどうかがネックで。


だもんで・・なまじっかダンナに 人徳がアルがゆえに、『ダンナを浮気に走らせたダメおんな』ってなレッテル貼られて、上から 同列から 下からも・・・『ありゃダメ女房だから(嗤)』って、

               160623bb4.jpg

マジでもって 石持て追われる って、実際にそれ観た経験があるがゆえに、怖くてダンナには切り出せずにいる とのことで。


調査開始したには「このような」 フクザツにして正直「怪奇な」・・げに前時代的な人的構成要素があってのことで。

            160623bb5.jpg
          「気楽な日常」で良かった♪

ほんで、ボクちんら早い段階で、今回の調査の場合、通常の浮気調査はまず不可能であると判断しました。

ナゼなら 対象者は自衛隊員で、なおかつ生活の拠点を駐屯地内に置いている人物です。勤務先を張り込むにも、自宅周辺を張り込にも、そこは全て駐屯地内。関係者以外の人間が建物の中に入ることは出来ませんでショ?


かといって、外出する対象者を抑えようにも、駐屯地の出入り口付近で張り込みを行うのはあまりにも危険すぎまっせ~(><)

防衛関係相手に、スパイ容疑かけられるのは あまりにリスクがデカ過ぎます うむうむ・・・。もしも警戒され、疑念抱かれるなら いったい何をされるか分りません。

        160623cc.jpg
       こんな目に遭うのはマッピラ!でおますから(^^;


そこで、今回の調査ではGPSを使用して、対象者が駐屯地を出た後にわたいらが追いつき、そこから浮気調査を開始することにしました はい。

ちなみに、このGPSを設置したのは依頼者であるヒトミ。通常であれば、調査員が自ら出向いて車にGPSを設置するのですが、今回はヒトミの元にGPSを郵送し、依頼者自らの手で設置してもらう他ありませんでした。
           160623cc1.jpg

ボクらとて、いつでも出動可能な専門探偵チームでもないし、ヒマは限りなく少ないですからネ。



調査開始の合図はGPSをチェックしている 八百政の元の勤務先だった探偵社社員のもと出される事になっていました。


とある連休の初日でありました。指令が発動され、リクめと八百政はそれぞれ 現地で会おうってことで、リクは電車、八百政治はクルマで 出かけました。


GPSの現在地を頼りに機材を積み込んだ調査用車両に乗り換えて現場に到着した頃には、対象者の車はとある飲食店の駐車場に置かれたままでした。

率直な感想・・・『ナンで この街なの??』

40代になってるオトコが、休日の浮気デートに 果たして来るべきとこなのやろか?? ぶっちゃけ そこは、休日の日の東京のど真ん中『 日本橋 』
            160623cc2.jpg


「いや 日本橋はアリじゃん?」って 思われる方も居るかも知れませんが、銀座や渋谷 新宿とは違い、日本橋ってのはあくまで『ウィークデイ・ニーズの街』なんですヨ。商人の旧い界隈ですから街そのものの造りがネ。

            160623cc3.jpg

その日も およそ 半分ぐらいの店舗は「祭日休業」で、徒歩にて行き交うヒトも まばらとも言えました はい。

対象者のヒムロが入っている店ってのも、人形町方向に入った街の一角にある ぶっちゃけ「ナンてこともない喫茶店」

八百政が「あの店は何度か入ったことがある。プリンが美味いんだ♪」「はあ??オメエがプリンとはこれいかに??」
             160623cc4.jpg


そこでわたいらも一般客のふり あまり仲のよくないカップル(笑)を装い、店内に入り対象者を探すと、すぐに発見。私服姿でしたが、自衛官らしく刈り上げられた後頭部のスグ隣り席には、浮気相手と思わしき女性の姿がありました。
『大胆にも カップル座り かよって・・・』


           160623cc5.jpg
             居やがったゼイ・・・


両者はしばらく食事をしながら楽し気に喋ったあと、対象者の車に乗り込み発信、

で、その足で 八重洲のはずれ、正直 『え?ココでしますか??』って、ぶっちゃけ、そのニーズたるや あきらかに 地方状況の出張サラリーマンがよく使用するだろう、ラブホテルっていうより むしろ「ビジネスホテル」に入っていきました。
               160623cc6.jpg
             ラブホ・・じゃねぇ~じゃんココは・・・


その様子を本部(いちお~)に伝えると、依頼者ヒトミとの協議の結果、浮気相手、ダンナ ヒムロと別れたあと その女性の自宅の割り出しを行うことになりました。



そして2時間後、ラブホテルから出てきた二人を乗せた車は、そのまま自衛隊駐屯地の方角へ。さて、一体どこで対象者を下すのだろうかと身構えていましたわたいらでしたが・・・


・・・なんとっっ!! 対象者と浮気相手が乗った車は・・・

              160623dd.jpg

首都高から 湾岸線 横浜横須賀道路、三浦縦貫道路をひた進み・・・そのまま

横須賀市は 長井って場所にある 自衛隊駐屯地の中へ入って行ってしまったのですから こりゃ驚いたのなんの!! @@;

            160623dd1.jpg
            ありゃりゃ!職場へ直帰かよって・・・


この様子、尾行を行っていたボクちんらは唖然。いったいどぼちて??浮気相手を下ろさなかったのか?それとも、すでに何処かで浮気相手を下した後だったのか?

しかし・・・冷静に考えてみれば、この状況から導き出される答えは一つしか無かったのです。



その時点で追跡はこれ以上 不可能ですから、ボクらはいったん横浜へと八百政のクルマで戻り、

ヒトミに 調査の結果を伝えたのち、撮影した浮気相手の写真を見せた所、依頼者ヒトミは、その人物に見覚えがあることに驚いた。


 その相手、ダンナであるヒムロの浮気相手とおぼしき女性ってのは、ぶっちゃけ・・・【同じ自衛隊内の女性自衛官】・・・。
               160623dd2.jpg


その女性自衛官は事務官で、仕事柄 頻繁に、ヒムロのデスクを訪れては、その都度 書類にハンコを貰うって、そういう接点は十分に考えられて。


まさか浮気をしていると思っても、その相手が同じ自衛官だったとは、さすがの奥さんも予想していなかった様でした。
               160623dd3.jpg

しかし、状況的に女性自衛官が対象者と浮気をしていたのは間違いありません。

この事実を知ってしまった依頼者は酷く困惑した様ですが、とにかく旦那さんにこの報告書を見せて、浮気相手との関係を断ってもうつもりであった様です。

また、精神的にも大きなショックを追ってしまったため、ヒトミはその後 神経科病院に通院、カウンセラーにも通い、浮気によって受けた傷の治療に専念されました。


 っと・・・。「表向き」は こういった・・・ある意味で 「ありふれた陳腐な」浮気の事件なんです はい。
            160623dd4.jpg
          ま~~とりあえず・・一件落着 ってか??


 ところがどっこい! ・・・トンデモない「背景」がコロがっていたのだ うむうむ・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなちゃま ヒトにはですネ・・『それぞれで 隠せない《匂い》』ってのがアリます はい。

チョイと遡りますが、今回の この浮気カップル、喫茶店で確認したって「その瞬間」・・・ボクら双方 クチにこそ出しませんが、『あ?コイツらは同業の 自衛官同士だな』ってのはハッキリと「わかりました」はい。

泥臭い ブギウギや、ブルース旋律のピアノでも、それを演奏するのが クラシックの正式な教育を受けたピアニスト(エルトン・ジョンを想像してみてネ)ですと、やっぱどこか・・・クラシック臭いってか、本来得意ともいえないモノをムリして演奏しているって、そんな違和感をシロートでも感じてしまうものであります。
             160623dd5.jpg
        このヒトのヤノピはナニ弾いても「クラシック」でス
          (身についた訓練の結果はあなどれません)


で・・そうなりますとだ・・・ぶっちゃけ さっきよりも余計に・・『ナンで?この逢引きが この街でなきゃならん理由がある??』

リクめ いちお~の「女装」なモンで(笑) こういう際には 手鏡コンパクトを自由に使えるってメリットがございます。
        160623ee.jpg

コンパクトを使い 問題のカップルを観察しますと・・・なにやら A-4サイズの書類封筒を前にして、二人はボソボソ ラブラブってのとはチト異なる マジメなカオつきで話し合っている・・・。

             160623ee1.jpg


『 ・・・こりゃあ なんかアルわナ・・・。 』自衛隊キャリアと、部下らしき女性事務官が、こんな離れた街で、「文書」持って 話し込むなんてのは。

そうしますと やはり・・どうしても気になるのが『ナンで?この日本橋なのか??』


突然でした。 八百政がふいに『 解けた! 』って・・・。

ニヤリと笑い 八百政は、「リクさん 見ててみ?おそらくはもうじきに・・・《あきらかに東欧系の人物が この店に入ってきて《彼ら》のそばの席に座るからサ」って。

              160623ee3.jpg
             入店してきた「そいつ」は・・・

5分が経過するコロ・・・マジで その「東欧系のオトコ」が喫茶店に入店してきたから リクめ驚いた!


リク「・・・な?八百政ヨ、ぶっちゃけ ナンでわかった?先の展開が??」

八百政「今来たアイツだけど・・・ありゃ間違いないだろう・・。アレは《アルバニア人だ》読めてきたゼ♪」
                  160623ee4.jpg

アルバニア??・・・ぶっちゃけ 東欧におけるところの 極貧国やんか・・・ウチとこの社でも、アルバニア相手のばやいは、現金取引オンリーでない限りは受けない、正味はところ、経済破綻国家・・・。


八百政が 完全なハンターの目つきで・・・『本丸の《敵》はサ、用心重ねて、【ワンクッション敷いてきやがったんだ】アレは 使い走り・・仲介要員に過ぎないから心配は要らない』と。


「でもアレ・・・封筒の中身やけど、《防衛機密》とかなんやろたぶん?・・・イイのだろか??防衛省に義理はあらへんけど、このまま見逃してても・・・」

「ヒトミがいってたろ?《最近 頻繁に外出するようになった》って。1回2回じゃないんだヨ。それにだ、ヒムロの《地位》って よく考えてみ?最上級ランクの防衛機密に直接タッチ出来る立場だとは到底思えないじゃん」


リク「ってことは・・・あんまし たいしたレベルの機密でもないと・・・??」

八百政「うん おそらくは。 でも、こういったケースの大抵は、持ち出す側の人間は常にドキドキで、国防のネックをテメエが握っているってな錯覚起こしてるのが不動のセオリーだがネ」

            160623ee2.jpg
           あ 出てくデ あのカップルが・・・

 あ・・・出て行くゾ あのカップルが。 案の定 書類封筒 置いたままやん、どないしょ??

八百政「うん・・・あえて・・・放置しようヨ。封筒の中身まではオレら関与も出来なければ 、責任も負えない。流れていく先は、もはやマル透けだから今ココで大騒ぎ起こす必要はなかろ?」

               160623ee5.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

横横道路を下りながら、

        160623ff.jpg
     
「なあ八百政ヨ、しっかしナンで??さっきの喫茶店に入ってくるのが、《アブバニア人》やって判ったのか 教えてくれへんか??」

八百政はニヤっと薄く笑って ハンドルをとりながら・・・


・・・あのネ リクさん。これはごくごく単純な《地理的問題》だったのだヨ うん。

東京都の地理・・・東京都内にはサ・・・ジツに【151もの】在日《大使館》があるんだけど。その大半は 港区や渋谷区、千代田区の界隈に集中してる。

で・・これも意外っちゃ意外なんだけど・・・さっき居た《中央区》ってのに、在日大使館があるのってなると・・・

       160623ff1.jpg

《サモア》の大使館と、【アルバニア大使館】その2つしかナイんだヨ ああ。

さっきの茶店から ほぼ直進で400m・・・そこにあるイチバン近い 大使館施設ってなると【アルバニアしか該当しない】な?だからこそ 日本橋でなければならなかったのはその為だ・・・。

              160623ff2.jpg
            ギリで「逃げ切れるエリア」内で取引は実行

国際機密情報の取引はネ、イザって際 追っ手から逃げても、ダッシュで逃げ切れる距離でナイと成立しないのが、諜報の世界では常識だからネ。


店に来た あのアルバニア人、おそらくは 2等書記官とかの称号の スパイだろ? ぶっちゃけ 007にゃ程遠い(笑)たいしたことないレベルの人間だと思うけど。


「そっか・・・でもわからへんナ・・・。ぶっちゃけ アルバニアがナンやちゅうねんナ??80年代にゃ東欧の最貧国って呼ばれてヨ・・90年代にも、国挙げての ぶっちゃけ《ねずみ講》が破綻して経済ズタボロになったよな、ホンマ・・ロクデモない国でしかあらへんデ あの国は・・・」
       160623ff4.jpg
       エロティシズム文学の古典『バルカン戦争』の舞台でもある


うん、アルバニアは《アルバニア共和国》たって、日本の四国にも満たない経済規模でしかないチンケな国家だよナ。

だけども、《それがゆえに》・・・利用のしがいがアルって国もチャンと存在するのだよ、そう・・・あの【 ロシア 】のようにネ・・・

           160623ff3.jpg
            出た!出た! おそロシア~~(^^;


「・・・でも、《それ】少々 矛盾ってか、おかしくないか?? アルバニアとロシアは国の規模は月とスッポンやけども、はるか昔っから、あの両国は ズ~っと、犬猿の仲やろ 今でもヨ・・・」
                 160623ff5.jpg
               「アブバニア」⇔「ロシア」⇔「チェチェン」
                仲のワルさは千年以上による遺恨


ははは♪ ぶっちゃけ・・・《だからイイんじゃない♪》、この日本で考えてみろヨ?北朝鮮や 中国、ロシアのスパイが潜伏してますっていわれても《それは 当たり前》だろ??

だけども、それが・・日本の政権中枢に、最大の同盟国である『アメリカのスパイが発覚』ってなったなら、コレはチョっと論議を呼ぶだろ? それと同じサ うん。


なまじ 同盟国だったり、友好国じゃ都合ワルいんだ。諜報の世界の鉄板のセオリーだヨ、敵対する同士だからこそ【 二重スパイは確立する 】ってこと。

          160623ff6.jpg


「ってことは・・・あの封筒は、最終的には ロシアの手に渡ると??」

うん おそらくはそうだと思う。漏洩機密って、やたらに、「ミサイル防衛計画」とかの 配備に関する『最重要機密』ってハンコが押してあるけど、実態は 漏れていく秘密なんてのは中程度のモノだろたぶん。

・・・マジに 最重要機密は、ぶっちゃけ ハナっから閣僚ですらも、文書配布なんかされない性質なんだからネ。ロシアの本国も それほど強い期待をしている筈はないってボクとしては見るけど ああ。


 リク『じゃあ・・・ぶっちゃけ この先《ワシら どないしよか??》さらに 突っ込むかヤ??実際問題・・・』

 八百政『いや、ヤメてこう。ナンの収穫もないしサ、ヘタすりゃ見事に《潰されて終いだゼ》ボクら・・・』


  ってなことで・・・ボクらふたりは「それ以上 気がつかなかったフリ」を敢行。

           160623ff7.jpg
         ぶっちゃけ わたいらかて 命は惜しいッス はい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでも・・「アイツ」には 非公式に連絡を入れました。肝心の細かい部分はボカシを入れて。

「アイツ」とは・・・お馴染みの(笑) 公安の《クロサキ》です はい。


リク「・・・・・ って、・・ことなんヤ。いちお~アタマの片隅入れといてくれヤ。ドコへも出してはおらんハナシ。ワシと八百政のみでの事実認識やから、拡散の心配はあらへん」と いいますと、

              160623gg.jpg

クロサキは 電話口の向こうで 数秒 考え込んだ感じ、そうしてから・・・

クロサキ「了解した。 ・・・だけども、ワルいが《このハナシ》聞かなかったことにさせて貰うワ」と・・・。


リク「ナンでヤ??やっぱ、本丸の相手が《イワン》じゃ 荷が重いってか?」

          160623gg1.jpg
     元KGB工作員って触込みのデルモ

クロサキ「・・・ってかヨ・・・。オレも公務員だワ。《聞いちゃったからには》動かにゃならんだろが?個人ならまだイイ。組織体だゾ オレらは」

リク「ふーん、余計な仕事の案件持ち込むなってことか ああ?相変わらずやナ オメエとこの体質も(嗤)」


クロサキ「まあ そう云うナ(苦笑)・・・今のはナ、《いかにも役人的な マニュアル対応的回答》ヨ。オレの発言・・《ウラ側の真意》・・・まさか、てんでわからんって程 マヌケでも まして善人でもなかろ?リク、お前がサ」

            160623gg2.jpg
          タマにゃ 本音で話せヤ こら・・・

リク「ん??・・・って・・ことはだ・・アレか?? 《そんな情報なら とっくに入手済みだ》って意味かクロサキよ??」

クロサキ「肯定も否定もしない それだけだ ああ・・・」

リク「すべてオメエら公安は、掴んだ上で、あの防衛キャリアを 泳がせてるってことかヤ?」

クロサキ「回答は留保させて頂くゼ じゃあな(ガチャリ)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 なんか・・・事は 一層フクザツな様相なようでス はい。

で みなちゃまネ、《このハナシ》・・・絶対他言無用で 約2年間ってもの、ボクちんらはキチっと、守秘を続けたのですが。


・・・忘れもしない 昨年の暮れも押し詰まった12月・・・

『 自衛隊教則本 ロシア武官へ漏洩事件 元幕僚幹部が関与の疑い 』って・・・事件報道がドっと出て、アって間に消えた(笑)

            160623gg3.jpg
               事実ソースの一部でス はい

要約しますと、日本の元防衛キャリア官僚らが、日本の大学に ロシア語教授として招聘されていた、ジツの正体は ロシア軍の武官って御仁(スパイ以外ありえません はい)にコッソリ、自衛隊の教則本流して 小銭稼いでたって・・セコ過ぎるよなハナシ・・・。

この報道記事見た 我ら『・・・ゼンゼン事実と異なってルじゃん(呆)』

       160623.jpg

警視庁の公安に とっ捕まったのは、《ヒムロ》じゃない・・・。浮気相手らしい(?)女性事務官もてんで挙げられてない。

今まで見たことすらない ヘンなオヤジ(笑)が、容疑者としてUPされてます・・・。どういうこっちゃ??

           160623gg4.jpg
              『 もう誰も信じるな・・・ 』

 それからわたいは、八百政としばらく討議して、1つの《結論の可能性》に辿り着きました はい。信憑性・・・そうだなぁ イイとこ8割かな??

あの《ヒムロ》の 怪しげな行動・・・アレは、《浮気》でも、《スパイ行動》でもなく・・・


一種フクザツきわまる【 防空演習 】ではなかったか?? って。

          160623gg5.jpg
          自衛隊挙げての「諜報訓練」だとも。。。

日本とロシア、お互いが、相手が繰り出す【フェイクな手法】を十分に《判った上で》・・・あえて騙されているフリを崩さず 何度も続ける・・・

推定の範囲ですが、おそらくは・・・「国防」の世界では、こういった お約束の《騙し合い》に等しい、諜報活動を絶えず 繰り広げているであろうって推理しました はい。


だってサ、自衛隊の教則本なんざ、いったい?何千部印刷すると思う??配布された全部の隊員らが、厳重に危機意識でもって完全管理とかしてるとは思えません。

その気になるなら、ぶっちゃけリクめにだって1冊2冊盗み出すのは不可能とは思えません。それダケの程度のモノでしょが教則本なんざ。

受け取ったロシアのスパイだって、『けっ!こんなモン』って、ゴミ箱直行だったって十分思えます。


この一連の「活動」の目的は・・・相手側に渡した「機密」が、ドレだけの手間と時間で、アルバニアの二重スパイってワンクッションを通して、黒幕のロシア武官の元へ到着するか?そのタイムトライアルこそが真の目的だった可能性が・・・。

きっと、それを冷徹に、距離を置いて監視する「別働隊」も存在してたって考えられます。それゆえに【 防空演習 】・・・。

あのですネ、ひとくちに「防衛関係者」たって・・今日本には ジツに「9万人」って・・・事務職員、防衛大生、予備役入れて そんだけの数がある。

          160623hh.jpg

よ~するにだ・・・そんだけ居るなら、《捕まり役の用意もカンタンでショ?》ってこと。半年経過した「この事件」もはや世間はスッカリ忘れてますから ええ。


それと・・・《ヒムロ》と 女性事務官のふたりを 人形町の喫茶店で見かけたときに、率直に『アレ??』って そう思ったのが・・・。

ぶっちゃけたところ・・問題の女性なんでおますが、《ヒムロ》よりも、8歳も年上の女性なんでしてネ はい。

ま~~男女の仲でっから、「だから不自然だ」とは 安直に断じられないのでありますが、それよりも・・・


ぶっちゃけ「まずもって感じた」のは・・・この問題の「カップル」、たしかに チョっとあたりを憚るような《ヤバい雰囲気》を発散しているのですが・・・
             160623hh1.jpg
             「不倫カップル」独特の【ヤバさの共有】感ぜず


その・・《ヤバい感じ》ってのが、不倫っていう、モラルを破り 世間を偽る、その やましさっていう【匂いではない】・・・。

今から思えば アレは まさしく・・「密命を受けて 任務を遂行する勤勉な公務員」の【それ】だった気がして。。。
            160623hh2.jpg


 結論として「アレ」って、事のレベルは低いですが、ある意味で 二重三重、巧妙にトリックとフェイクを含ませた【 大芝居 】だった気が。


おそらくは《ヒムロ》は 浮気も実行してなければ、国の防衛機密を売り渡すイヌでもなかった・・・。

むしろ・・【 そのキャラクターを きわめてマジメに演じて 遂行していた 】ダケであろうと。

テメエの女房がマジで 亭主が浮気に走っているのでは?って心配するほど《コテコテの構図を演じて》・・・

ワザとに きわめて無防備、素人探偵コンビにも容易に シッポ掴まれちゃうヘマを演じる。だけども・・・「それすらが作戦の一環」。

今 考えますならば、女房の《ヒトミ》は、ジツにもって 賢い 探偵の選択をしたって思います はい。


あのカップルを追っていたのが、クロサキってファクターが存在する わたいらコンビだったからこそ1ミリの波風も起きなかった・・・。

しっかし、コレがゼンゼン関係もない 民間の業者とかが調査にあたったなら・・・まあ コロされたりはしないだろ~けんども、きっと 短くはない期間、かなりシビアな観察下に置かれて、エラい事態になってた可能性も・・・。

            160623hh3.jpg
           シンプル過ぎる「トリック」は暴くの難解でおます


 一見 『 いかにもありがちな ありふれたパターン 』

それにこそが 最大のトリックが潜まれていたのだろう ってハナシでおました はいー。

              160623hh4.jpg
        みなちゃま『ウソ』はいかんヨ~!(←テメエがゆ~か)(^^;

プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR