FC2ブログ

「風街」と「ろまん」 (完結篇)


 今にして思えば・・・あの「悲劇」は、長いといえます「夏休み」が原因だったとも思えて。。。

基本インドア派の 如月風街は、視力のせいもあり あまり活発には外出は少なく、

おまけに、この夏場は、ヨコハマで暮らす 妹の「ろまん」も来ていて、いつもでなら、風街のノルマであります 愛犬の「ステッキ」を連れての 付近への散歩。

それを ろまんが帰るまで、ろまんとリクが デート代わりに代行していた。


要は・・・風街ですが、『自分の視力が より《低下しているのに気づいて無かった》』と。。。
         170819aa.jpg

見えにくいのなら、見栄を張らず 杖でもついていれば良かったのかもって気もします はい。


いつもの 宮津の田舎道。でも 京都縦貫道路って、自動車専用道路の 宮津出口がスグ 風街の家の付近に出来ましてネ、
       170819aa1.jpg

田舎道とはいえ、日中も 夜間も、それなりにクルマの通行量はさかんとなっていたって、それも原因のひとつで。


本当に、ナンてこともない 歩道と 本線道路との間の「段差」、高さなんて僅か 8cm程度なものです。

だけども・・・ぶっちゃけ その段差が そこに存在するって視覚情報・・それが そのトキの風街には「わからなくなってきていて」。。。

横断歩道でもない場所でしたが、ステッキを連れた風街は、横断して 反対側の舗道に移ろうと試み、てっきり 平らな道だと思い込んでいた そこには段差が。

           170819aa2.jpg

前のめりのカタチで、風街は 道路面へと倒れてしまい、運も悪く 自分の 顔の前額面をしたたかにブツけてしまい・・少し 流血を伴うケガもしたのですが、

さらに悪いことに 「気を失ってしまった」。言葉は通じなくとも そこは賢いうえに 殊更 主人思いの愛犬ステッキ。。


スグに事態を理解したようで、ウォンウォン!!と、声を何度もあげ 気を失っている主人を なんとか起こそうとさかんに風街を さするが如く、鼻先でつつく。

それでも風街は気絶したまま。。。
               170819aa3.jpg


その一部始終を見ていた住人の証言・・・

・・・ほんの 思えば十秒って秒数やったけど やったら長い時間に感じられたわナ。。。

メガネのにいちゃんが道路に倒れて、メガネの破片があたりに散らばって・・・

そばで もう本当に必死!って感じで イヌが にいちゃんを助け出したくて 慌てている構図って。

『起きてよ! ねえ 起きてったら!!』って感じで 必死な声を挙げてナ、けなげだったエ。


そうしたなら・・・東京都のナンバー付けた 1台のベンツな・・・40km制限の道路を、たぶん 縦貫道路からの流れなのやろう、

あきらかに 時速60kmを上回るスピードで ドンドンそこへと近づいてきて。。。

ブレーキをかけてる気配すらない。おまけに・・・運転席を観るなら・・・運転してる人間、ケータイ電話で誰かと 運転中にもかかわらず会話に興じてる雰囲気やないかって!!

『あっ!!あぶない!!このままだとブツかってまう!』って ワシも当然やけど思った。でも、咄嗟にはナンもでけへん。

クルマはドンドンとコッチへと進んできよる・・・そうしたなら・・驚いた正直。。。

大声で啼いて にいちゃん起こそうと必死になってた「イヌが」・・・急に コッチ向かって失踪してくるクルマに向かって・・・

               170819aa4.jpg

「グルルぅぅ~っ!!」って 怒ったカオで牙を?きだして、まるで・・・覚悟決めたように ダアア~っと・・・

コッチへと走って来よる ベンツ目がけて 【 突進して 】。。。

                 170819aa5.jpg
              やめろっっ!! 戻れ! ステッキ・・・

パ~~ン って・・・金属音みたいな音が響いた ああ。。。クルマのバンパーにハネ跳ばされたイヌは、弧を描きながら 道路へと叩きつけられ・・・

クチから少し血を吐きながら 苦しかったのやろナ・・・。ホンの数秒 ブルブルっと全身で痙攣見せて ンで・・・パタって「息絶えた」。。。
        170819aa6.jpg


リクめは その知らせ、『大変やぁっっ!!リクぅ!!オメエのクラスの 如月風街が!・・飼い犬とイッショに事故に遭ったデ クルマとの!!』幼馴染の 付き人ホットブラザースから聞き・・・

            170819bb.jpg

よほどに慌てて居たでしょうボク、片方はスニーカー もう片方はビーチサンダルってそんな恰好で 全力ダッシュで 現場へ駆けつけますと・・・


救急出動の救急車、ストレッチャーで 風街が搬送されるところで。。脇を観るなら ガードレールを曲がらせ、電柱に激突 前方を『大きく破損しているベンツが在り、

地元署の警察官も数名 来ていました。検証と聞き取りをしています。

         170819bb1.jpg

 そして それの脇には、 うつぶせの姿勢で もはや 息絶えている 【 ステッキの姿が 】 っっ!!まさにショックでした。。。


『ってか・・何度もいってますでショ??不可抗力ですってば!まさか あの至近距離で、あのイヌがコッチへ突進してくるだなんてダレが想像できます?』

事故った運転者でしょう 派手なアロハシャツに白の綿パンって、遊び人風のそいつは さかんに事情聴取の地元所の警官へ 喰ってかかるような態度で。
          170819bb2.jpg


『ええ…イヌ跳ねて ガードレール擦って 電柱に激突した それは認めます。弁償はしますって、任意保険もチャンとオレ入ってるしネ。』

 ですが その次に そいつは 許しがたきことを。。。

『って・・タマんないスよ!なんたって!いきなり!!えらいスピードで あのイヌが…オレのクルマ目がけて突進してきて。アレ 避けれる運動神経の人間居ないッスってば!』
   170819bb3.jpg
   クズだ・・・マジでこの野郎・・・

『でもオマワリさん、オレ交通法規とかで知ってますヨ、イヌ・・【 アレって《モノ》でショ? 】人間相手ならシャレなんないけど、イヌならモノだ♪飼い主さんにカネ払って弁償すれば済みますよネ?』


・・・《モノ》だと?? てめぇ どのクチで ンなことホザイてやがル??・・・

             170819bb5.jpg

あんなヤツは 許しがたい。いや、許してはいけないのだ ああいうクソ野郎は。。。

         170819bb4.jpg
   でも…たしかにヒト以外の動物は全部「物損事故」…悔しい。。


飛び掛かって・・・って・・・考えていたなら・・

 『ふざけるなぁっっ!!なんやお前!ワシ全部観とったンやデ!一部始終!!』って・・・

それは・・・ダレあろう、工場仕事の帰りらしい 【 マミコのおとうさん 】で。。。
            170819bb6.jpg


おとうさんは『さっきからウソばっか云うな貴様っ!!オマエ スピード違反の猛スピードで飛ばしやがってからに!オマケにお前、ケータイで電話に夢中で 前ロクロク見てへんかったやないかっっ!!』


云うだけでは済まず おとうさんは ドライバーのそいつへ つかつかと近づき、その胸倉 シャツを掴んで・・・

『お前ナ!お前ナ! 人間ではなく、イヌならばナニしても許されるって思ってるんか!?この ひとでなしめがっっ!!』
              170819bb7.jpg

 ・・・おじさん・・・

『イヌかてなぁ!・・イヌかて、この世に生を受けた 大切な《命》それに変わりはナイのやゾっ!それ死なせといて、お前にゃ償いのココロすら無いっちゅうんかい!?世の中をナメるナっ!!』

「ナンだヨ 離せよ!!痛てえなオッサン バカなのアンタ??」憤る マミコのおとうさんを振り払う そいつ。

振りほどかれたおじさんは、昼前に降りました にわか雨で出来た水たまりに転がっちゃって・・・着ていたシャツとズボンは泥水でみまれて。。。

            170819cc.jpg


それでも立ち上がり、再び ドライバーに掴みかかろうとする おとうさんを止めたのは やはり地元の警官で・・・

警官は おとうさんの耳元 小声で こう云うのがリクめにも聞こえました。

『ヤメいて!ノブさんっ!エエから!・・・後はワシらにまかしとき。。ワシかてナ、さっきからあのガキにゃドタマきてんねん。ダレがアイツの云うような《物損事故》で終わらせるかって!アンタの他にも証言者が要るけんナ、悪筆な道交法違反で、取り調べでチビらせてやっからヨ♪せやからノブさん、アンタもここは鉾納めぇヤ な??』と。
            170819cc1.jpg

「そいつ」は 無残に道に横たわる ステッキにお亡骸には目もくれず・・・

『あ~~あ・・・一か月前だゼ、このクルマ買ったの。。。ヘコんじゃうよなぁ・・コレで事故車入りかヨ、どんだけ査定下がるンだ 泣けるゼ・・』

おまわりさん・・・いっそ 死刑にしたってくれへんか? こんな野郎はヨ・・・


わたいは、ズボンのおケツに下げてたタオルを手に取り、マミコのおとうさんへ近づき、濡れてしまった シャツやズボンの水汚れをふき取りました。

おとうさんは、『お スマンの リクちゃん。 つい…ドタマに血がのぼっちまってヨ、みっともないとこ見せてまった。 ああ 恥ずかし』って、ムリしてボクへ微笑みました。


「保健所の収集車が着くまで 通行の障害やけん、もっと道路の端っこに移動させよヤ」と おまわりさんらが、動かなくなった・・ステッキの亡骸を移動し、

正直、あまりキレイとはいえない 薄グレイのビニール風呂敷をかけてて、その様子を マミコのおとうさんは、ぼんやり眺め・・・


・・・ワシな…マジで 観ておったのヤ。あのワン公が・・・倒れて気絶してる にいちゃんを それこそ必死で!起こそうと焦り、ぁおおおぉぉぉ~って、あきらかに 号泣している声で啼いた。

         170819cc2.jpg

もう間に合わない・・・って・・ワンちゃんなりに覚悟したのだろう 多分・・・。そのトキのワンちゃんの《顔》おそらくやけど この先もズっと忘れない気がするワ。。。

茶化していう気はコレぽっちもあらへんけど・・な?リク坊、人間だけじゃなくて、イヌの《特攻隊》ってアルのかなあ?・・・

よっぽど、主人に愛されていたワンちゃんだったのやろナ・・・その 愛する主人をなんとかして助けなくちゃって・・・ っっ!!

                  170819cc3.jpg

あのイヌは・・・あのワン公は、自分の命 投げ出して、倒れているにいちゃん、それを《救おう!》って、そう覚悟決めた顔、ワシにはそう思えた ああ。。。


畜生とはいえ、健気なのものやナ・・・っっ!! ヘタな人間様よかよっぽど!情愛アルってい思わんか??

暴走してくるクルマへと突進する あのワンちゃんには、微塵もビビったり 逡巡するって素振りなんか無かった。断言できる、あれは覚悟の上の行動ヤ。。。

それがなんとも、ワシ 強烈に刻み込まれて・・あのクソガキゃ・・アイツの あの態度と口ぶり、聞いてたら、どうにもガマン出来なくなって みっともないとこ見せて待った。 

・・・って、おとうさんは ナミダを拭った。


ボクは、《別の理由で》・・本当に 泣きそうになっていました はい。

この マミコのおとうさん。キャリア30年にも及ぶ、《食肉の 屠殺と解体》それの職人です。

             170819cc4.jpg

ただでさえ、存在する「職業差別といわれなき蔑視」・・《肉の解体なんて仕事に就くヤツはロクデモない血筋の者や》、そして、

地域の 貧困家庭が多く住む 地区の文化住宅 通称《隣保館》に住んでいる事実と相まって、おとうさんと その一家、マミコも含んで、

かれらは、《アイツらは部落民 四つヤ!》って・・・一方的差別に晒されていたのでした。
          170819cc5.jpg

先程の オマワリが、ノブさんと、親し気に声をかけてきたのも、それは決して 友人とかだからで無いです ええ。

それの理由は・・地元で 窃盗や盗難などの事件が起きますと、警官が 真っ先に捜査に向かうってのが、マミコ一家も済む 隣保館であったからってのが理由で・・・事件のたんび、警官が聴取にその都度来るうちに 顔なじみとなったって、1つの「不幸」

ホント・・・酷いハナシですよね? 証拠もないのに、隣保館のヤツはナニするかわからへんって、ただそれダケの理由で、あらぬ嫌疑を「真っ先にかけられ続けた」。。。
          170819cc6.jpg


それがどうでしょう? おとうさんが、大手食品会社の工場に勤めだし、隣保館を出て 一家が 駅近のマンションへと移り住んだ 【 途端 】・・・

          170819dd.jpg
      周囲の人間は 見事までの「てのひら返し」・・・

街の人々は、テメエらがかけてきた 数々の差別行為なんか コロっと忘れて・・・《や~最近のノブさんはスッカリ 真人間になってよかったナ♪》などと。。。


おとうさんは それこそ毎日、30年にも渡って、牛や豚、数多くの家畜を屠殺してきた。「生きるために」。。。

わかります、『ダレが好き好んで動物をコロしたいなんて思うかっっ!!』・・・おそらくですが おとうさんは、自分と家族が「生きる為」、
           170819dd1.jpg

ココロならずも 手を下す所業に、心で手を合わせながら、処分される動物らの冥福を祈っていたのだろうって。

きっと、おとうさんにとっては、ヒトの命も 他の動物の【命も】上下なんて関係ない、すべて「等しく平等で大事」と感じていたのだと しかと思えるのです はい。当の自分や家族が いわれなき差別を受けていたのですから、ステッキを思う気持ちにウソなんてあるか!!

・・・だからこそ・・偶然 居合わせただけの、知りもしないワン公、その健気な、己の命を懸けた行動それに、こんなにも 泣いてくれているのだ。。。
          170819dd2.jpg

 コレを《それは偽善だ》っていうヤツは前へ出ろ。 ワシがぶん殴ってやっからよ・・・・・ 

納得いかない いわれなき長年の及ぶ 差別、それを受けて来たヒトだからこそ・・・主人を守るために あえなく死んだ・・一匹のイヌ それをこうにも「思いやれるココロを持っているのだ」ああ。。。

ナミダを拭いながら おとうさんはボソっと、『それにしても・・さっき救急車で運ばれよった にいちゃん・・愛犬が死んだって そう聞かされたなら・・どんだけか、悲しみはるのやろナ・・・マジで それも不憫やて・・・・』


 通行が再開され、通り過ぎる多くのクルマ、そのドライバーは、ステッキの亡骸なんかには ナンの興味もないでしょう。

通り過ぎるクルマの起こす 振動で、かけられたグレイのシートがパタパタ、その度に揺れるのが どうにも哀しかった。。。

警官に許しを得て、わたいは、最後・・・少しだけ ステッキに触らせて貰いました。そのカラダ撫でますと・・・まだ…暖かな ステッキの「体温」が残っているのが、たとえようもなく 悲しかった。。。


    『 ・・・ステッキ・・・ 』


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ステッキ」を・・・失った 親友の「風街」は・・・

マジで 本当の「自暴自棄」に陥ったようでした はい。自分が転倒し受けたケガはたいした事もありませんでしたが、

愛犬のステッキを失った そのショックは 計り知れなかったようで。


かれの その悲しみを思うと、わたいですが 迂闊にくやみの言葉を述べるのも なんか気が進ます。。。

それでも、風街のお父さんから『なんとか風街を 元気づけてやってくれないか?》って、お電話をいただき、ボクは重い足で 風街の家を訪ねました はい。


風街の自室に入りますと、風街は、デッキチェアにフテくされたように身を投げ出した格好でした。
          170819dd3.jpg

・・ん?なんかヘンな匂いが充満・・・あ?コイツ、タバコ喫ってやがル・・・。それだけやないデ・・バーボンウィスキーまで。。。

刺激しないようにとは思っていたがガマン出来ず わたいは、「こら!風街! オメエ、どういうツモリやねん!緑内障にタバコって、それ いっちゃん!してはアカン組み合わせって知ってるやろがっ!」

そう怒鳴ると 風街はダルそうに・・『やかましナ。。放っといてくれヤ。ボクは・・もう どうなったってエエねん ああ。早くももはや余生ヤ♪早くクタバリたいワ はは♪』と。
           170819dd4.jpg


ステッキを失ったショックと落胆、それは判りましたが、でも・・・

わたいは、「・・・ヤケになってしまう、キミの気持ち 判らないでもない。」 風街「それはどうかな?・・・おためごかし 云わんといてくれるか リク キミもダチってなら、緑内障に効くってゆ~マリファナでも仕入れてきてくれへんか♪」

            170819dd5.jpg
       そんな…哀しい姿を見せてくれるな 友よ・・・

リク「そうかも知れん・・・だが・・聞けヤ 風街。一命を賭して キミのこと救った、あの ステッキ、かれの《行動の意味》、少しはそれ 考えたらな、浮かばれんエ?ステッキも。。。」

風街「・・・おバカなイヌだヨ・・っっ!! こんな!もうじき目が見えなくなって、父さんやろまんに、迷惑ばかりかける身となるだろう、こんなボクのことなんか放っといて、早く逃げてしまえば良かったんだ・・ステッキ・・」


リク「そんなこと・・・ステッキ哀しみよるデ??」

風街は言った。

・・・なあリク? 悪いけどキミには、この《時限タイマーが作動した病人》その気持ちは判らない・・・。

ああ・・今まで 見えていた世界が・・・やがて《思い出だけに変わる》って・・・時々クルいそうになるんだ ああ。。。

でも、そんな思いも、いつもそばに ステッキが居てくれて、やさしくボクを見守ってくれていたからこそ「耐えられた」本当だヨ。

         170819dd6.jpg
   風街、オマエには愛する妹「ろまん」だって居るじゃなしか


だけど もうそれは無い。。。そうなるとサ、今観えている世界や光景なんてのは むしろ《幻》なんだ。


だけど・・こないだの 格闘技戦でのリク、キミの姿・・・アレは本当に「見事」の一語。

判ってたゼ・・キミはマルオをはじめ、ダレひとり、傷つけたりはしたくなかった筈だ。だけど あえて・・・《鬼と化した》、その 天使と悪魔を両方背負った、キミの姿は 正直 神々しかった ああ。
          170819ee.jpg

理解しないヤツなんか放っとけ!キミは このボクに 一生消えない残像・・それを刻み付けるために 闘ってくれたのだよな?


わたいは云いました「でもナ・・・こんなワシのマルオの肘破壊した、あんな悪行の姿よりも、ズっと 比較にもならへん・・・キミのそばには、《世界一 美しい世界》それが いつもスグそばに存在してたのやデ?」

風街「どういうことヤ それは???・・・」


・・・《あの映像》それを風街に見せよう。。。そう決めて。

「チョっと待っててヤ、お父さんのパソコンと、ビデオ再生マシンを同期させるから」(思えば手数のかかる時代でしたね)

例のディスク。『無断ですが チョっと お借りします』って念じて、ボクは ビデオ再生のボタンを押しました


        170819ee1.jpg

 延々と続く 夏の小道 時折 さも暑そうな『ハッハッハ!』って息声が聞こえます。

やはり、ボクが最初に観た時とマッタク同じ反応、風街は『ん?なんだこの映像は??』って 怪訝な目で観ています。

         170819ee2.jpg

ズ~っと、地を這うようなアングルからの「映像」 時折 それが垂直に上がり、見上げるアングルの先には、真っ青に晴れ切った 青空と、そして白い雲が。。。


やがて その映像は、公園らしき地域へと進み・・・ 「ん?これは、島崎の公園と違うか リク?」

低いアングルは変わらず、ズっと 撮影者(?)のカメラは 公園の先へと進みます。

          170819dd7.jpg

サッカーボールを蹴っている男子の子供が見える。コッチを見て 一瞬驚いた顔を浮かべ、で 次の瞬間 ニッコリと微笑んで、やさしい表情を浮かべ。
         170819ee5.jpg

ベンチに3人で腰かけている 地元のおばあさんらが見えた。少しだけ コッチの方に 手を伸ばすような仕草を見せて やはり やさしく微笑んでいる。

          170819ee4.jpg

別のベンチでは、若いカップルが なんだか深刻そうな顔を浮かべて 言い合いをしているような図。やがてスグに コッチに気付き、急に 表情は和らぎ、やさしい表情の寄越します。


 風街『 ・・・ああっっ!? コレは・・っっ!! このアングルって、もしかして・・【ステッキが観ている世界なのかっ!?】・・・ 』

          170819ee6.jpg
          みんなが「やさしい」・・・

日陰で ムスっとした顔の男性老人、やがてステッキに気付くと、ぎこち無いないながらも、普段 自分の孫らに見せる顔つきと同様なのでしょう、「あやす顔つき」へと早変わりして。。。

女のコらの集団が横切ります。みんなコッチに手を振りながら、いかにも やさしげにニコニコしながら通り過ぎていきます。

         ggt77.jpg

撫でてくれるヒト、ダレも嫌悪の表情老いは無い。通り過ぎる他の犬も、人間の視線の高さから判ら韻だよネ、あきらかに ニコやかに『笑っている』。。。


・・・そこには、差別も偏見も ましてや 憎しみなど「一切ない」・・みな 本来 持ち合わせている筈の【ヒトとして やさしき部分】それを隠そうともせず、やさしく ステッキに向けているではないですか。

          170819ee7.jpg
       すれ違う 他のイヌまでもだ・・・

風街は泣いていた 無論、ボクだって。。。

風街『これが お父さんの《実験》か・・・。知らなかった・・・CCdカメラを ステッキの目線の位置に仕掛けたのか・・。ステッキが・・普段 観ていた《世界》ってのは、こうも!!【 美しいものだったなんて!! 】』と 泣いた。


 ・・・な? 美しいよナ? コレがキミに見せたかったのヤ ああ。ステッキが観ていた《世界》それは こんなにも【美しかった】。。。

それだから!あのステッキの「ココロ」はピュアであり続け、あんなにも【やさしかったのだ】・・・な?コレこそを【 美 】と呼ばずに、この世のナニを指して 美しいって云うのやろか?知ってるなら 教えてくれ風街よ。。。


 そして・・・忘れてはならない・・・この《映像》こそは!・・・ステッキ自身が 望んでいた【 とても穏やかで みんなが 優しい世界の図 】だったてことなんだ ああ・・・。

        170819ff.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日。わたいは、風街を誘い出し、付近を散歩へと出ていました。 心配すな 風街、イッショのトキは、このワシが ステッキの替わり努めるけん♪

午後の丹後 日暮れにはもう少しの時間帯。

           170819ff1.jpg

風街が呟きます「すっかりと・・夏も終盤ってか、もう秋に変わってきよるナ」

わたいも「ああ。宮津の 灯篭流しも、京都市内の 五山の送り火も終わったしヨ。見えるやろ?エラい数のトンボが飛んでるワ」

風街「リク、キミ…どうあっても あの格闘技のウラ賞金・・受け取ってくれないのか??」

リク「ああ。そんな気分にならへん。ナンなら いっそのこと、出場した8人 もちろんキミも入れて、 ぶっちゃけ、《打ち上げ会》ヤ♪ お好み焼きと焼き肉ぱ~ち~開いて♪パっといったろやんか♪」

風街「それもエエけど・・《それ」 》したところでヨ、ワシらは高校生、サケもおおっぴらに飲めんし、いっくら食いよったところで、3万とチョっと程度やろが?宮津界隈には高級店もあらへんし・・」

リク「余ったなら 大事に貯金としとけヤ♪どうであれ、あのカネは、キミの人生初の貴重なル《評価》、間違っても安易に無駄遣いするもんとチャうやろがって」

風街は、空と大地 そして周囲の風景を改めてのように 見渡しながら・・・


風街「こういう・・なんでもない風景だって・・・気持ちや思いを切り替えるならば、世界一に美しい光景なんだよネ なリク?」

リク「ああ・・・それを いみじくも教えてくれたのが あのステッキなんヤ・・・」


向こうの方角から、背の高い男子高校生らしきオトコと、傍らには女子高生、 カップルと呼ぶには まだ ぎごちない感じで。

よく観るならば それは・・ 「マルオ」と「マミコ」で。

        170819ff2.jpg

マルオは、左ひじ付近を軽い くの字に曲げたギブスに覆われていました。もう退院したらしい。

こうして観ろと、なんだかマルオは 試合のトキまでのカッコマンにして傲岸な雰囲気はスッカリ失せ、憑き物が取れたようなカオをしていました。

近づいて 視線が合うと、マルオは 少しおどおどとしながらも、わたいへ ぎごちなく微笑みました。

マルオ「後遺症の心配は無いそうヤ。リクの云う通り・・マイッタ!せんかったワシがなんたって悪い。気にすなヤ。ウチのオフクロにも えらいお目玉喰らってまってナ・・《アンタいい気になりないなヤ1どう頑張ったところで勝てない相手は居るのやから!》って。でも・・・ぶっちゃけ・・痛かったでぇ~~(笑)オレもオトコや、四の五の言い訳せん!リクの勝ちヤ」

そして・・マルオはゴソゴソと ズボンポケットから、旧いノートらしきものを取り出し・・・

・・それでナ、今日はジツは そこの、風街クンに用があって。。。

あんナ・・・ウチとこの旅館の風呂なのやが・・ジツは 一般に公表してない《隠し湯》があってヨ、一般家庭ん風呂桶と変わらない程度の それは小さい隠し湯なんやけどネ、商売にする程の《湯源》も乏しいのヤ。
           170819ff3.jpg

効能は《ラジウム鉱泉》それだけやなくて、海岸脇やろウチ、なんか海の成分も混入されてるらしくて、それ・・眼病患ってはるヒトとかに、バカに出来ん効能があるそうなんヤ もちろん緑内障も。


で・・この古びたノート、これ、先代のうちとこ旅館の番頭さんが、マメなヒトで、その隠し湯を提供して 効能があったヒトとかの詳細をこまめに書き記してはってナ。利用者からの感想も書かれてるワ 参考になったらって。

時間があるトキにキミも読んで欲しい。で、少しでも興味が湧いたら、是非!そのうちの 隠し湯浴びに来てくれヤ♪

いつだって歓迎する、同じガッコに通う者同士、カネなんざ1円もとらないからサ♪ 正直・・キミの絵の《ファン》でもあるのヤ ワシもネ(照)

 そう云われた風街は 微笑んで・・

・・・ありがとうございます マルオ先輩・・・。是非 甘えさせていただこうって思います。その節にはよろしく。

でもネ・・あんまりボクのこと 腫物扱いせんといてください♪ 目が醒めたのです「あることで」。

マルオさん《ベン・シャーン》そして《エドガー・ドガ》って知ってはります?どちらも《盲目の画家》なんです ええ。

        bbts33z.jpg
     『盲目は私の創作活動のハンデではない』とシャーン

そのハンデだろうと いくつもの傑作を遺していますかれらは。ボクがこの先 全盲になろうと、この世界には そのお手本となる先輩らは星の数ほど居る・・・

午前の郵便配達で こないだ検査した結果が届きましてね、ボクの「目」当初の予想よりも 光を失う可能性は薄れてて♪今後の治療次第では、全快まではいかなくても、片眼だけでもセーフとなる可能性が十分あるって。

だから「負けません」、たとえ光を失ったとしても、ボクには《想像を超えた美しい風景》その記憶で 充分 生きていけます♪


うんうん♪ ココでいっちょ、わたいもカッコつけたろやんかって♪

リク「で・・マルオ先輩?」 マルオ「え?なに?」

・・・ほかならぬ《マミコ》です ええ。。。

もう・・・マミコのこと、ドッチが《とるのとらないの》って・・そんなん ヤメにしません??

ワシも ココ数日でよくよく考え そして反省もしました はい。気付かせてくれる出来事も有って。。。

           170819ff4.jpg

マミコは《物》ではありません・・・。独立した 崇高であり、かけがえのない 1人の人格です。誰の所有物でもない・・・マミコが、果たしてドッチのオトコを選ぶか?? それは・・マミコの選択に委ねませんか??


なんたって、まだまだボクらは あまりに《若い》、急いて 答えを決める必要もないでしょう?

その答えが出るまでの間・・・《♂2 ♀1》って、《ドリカム関係》で、牽制しつつ(笑)楽しくヤってきませんか? ネ♪
            170819ff5.jpg
          当時の「ドリカム」はトリオで

返答の替わりに マルオは 笑った。ジツに良い 笑顔でしたよ ええ。。。


 ったなら・・風街が急に・・・

風街「こら!リクっっ!エラそなこと言いやがってからに!オメエ、オレとこの妹 キズモノにしたやろがっ!チャンと最後まで責任とって貰お~やないか!!」

リク「・・・あ、あのなぁ・・・(--;ンな ムチャクチャ云いないヤって!」

                170819ff6.jpg

この 道端での即席漫才に、固い表情だったマミコは、『ぷっ!』って、噴き出して笑った。マルオも朗らかに 声を挙げて笑った。

云った ボクらも笑った。ゲラゲラと止まらない空気で。これまでの すべての わだかまりが全部 溶けていくような、そんな気がしました はい。


 そうなんだ・・この世界、 とくに 人間っていうのはサ・・・【 おぞましくも 美しい 】それなんだ。。。

      170819gg.jpg
       丹後半島 大江山から見下ろす雲海です

ドチラの面も全員が抱えながら「生きている」。それを 教えtくれた 【 ステッキ 】よ ありがとな。。。


       《 完 》


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


   【 トリップダンサー 】   By ピロウズ


 アラームが鳴ってても 目覚めないこの国に 生まれて来た ぼくらの現実は

 ハンドルを縛ったり ハードルをくぐったり 慣れるなんて絶対不可能さ


 配られる種で育つ未来 笑い飛ばした君を 喜ばせたいけど

 僕の振り回す手が空に届いて あの星を盗み出せたら 何か変わるのか



 たどり着いた誰かが 残していった旗に 群がるなんて下品なしきたりさ

 来るべきときが来たら 君の立つ足元も 頂上なんだ それは間違いない


 海を逆さにしたような空 レインコート着たまま 溺れそうになっても

 歩み寄るべきだなんて思わないだろう 探してるものは僕らの中で騒いでる

         170819gg2.jpg

 
 僕の振り回す手が空に届いて あの星を盗み出せたら 何か変わるのか

 歩み寄るべきだなんて思わないだろう 探してるものは僕らの中で騒いでる

  yeaaahhh  Trip Dancer


https://www.youtube.com/watch?v=t4ETUI56vXU

スポンサーサイト
[PR]

「風街」と「ろまん」 (4乃3)

 【 16歳リク 鬼と化す 】


『え~それでわ! 栄えある宮津高校、《校内格闘技決定戦 第一回大会》を開催します!』
             170818aax.jpg

なんとも間延びした、人が良いだけが取り柄の 生活指導のセンセの開会宣言がなされて。。。

・・・へっっ! ナニをえっらそ~~に! たかだかが、調子コイた高校生による ワルノリ企画イ
ベントやないかって!

          170818aa2x.jpg

特設リングって聞いてたが、それも「やっぱムリ」で(笑) ナンのことぁあらへん・・・剣道部の練習場、板の間にテープ貼って そこにて戦かえってか 泣けてくるやん。。。


けっこうな数の「ギャラリー」集まってル。女子生徒の数も多い。。。それの殆どは、マルオの「おっかけ」要するに そんな色合いのイベントだって事なのさ。。。

参加する 8名の「猛者」(笑)

    170818aa4x.jpg

■ マルオ(キックボクシング) ■ ウチムラ(柔道部) ■ ノジマ(レスリング部) ■ アンザイ(相撲同好会) ■ シマザキ(一般生 少林寺拳法) ■ タバタ(一般生 地元のヤンキー) ■ モトヤマ(外部高校特別参加者 ボクシング) そして リク(合気道 空手) といった 『 8名 』。。。


で、まあ… 観るまでもなく、ギャラリーらは みな一様に『こりゃ 決勝戦は マルオVSリクだぁナ』って、そう睨んでやがるようで。

ヤンキーのタバタを除くならば、マルオとリク以外は みな「田舎のヒトのよい高校生」に過ぎなく、これから真剣勝負に臨むって緊張感よりも むしろ、愉しいイベントに参加するんだって、ぶっちゃけ『カオがニヤけたまま』それで。

          170818aa5x (2)

「試合」は、剣道場の和太鼓 ドン!! って音で試合が早くも始まりました。

2ラウンド制 一回5分間で。決着つかない場合は 更に 延長戦が3分。それでも決着しないトキは、レフェリーの判定で決着ってルール設定で。
          170818aa5x (1)

その「レフェリー」は、マルオがマンツーマンで キック習ってるって そのヒト、《タイガー喜多川》が、白シャツに黒のズボンって、 K-1スタイルで臨戦していた。


ナマイキそのものですが、わたいは おそらく決勝で当たるだろう マルオとの一戦を考えていて・・『勝負がもつれたならば、おそらく…判定でワシが勝利って その目は薄いやろナ・・』って そう思った。完全KOか、マルオから「まいった!」引き出すしかナイやろう。。。

なんせが タイガー喜多川・・キックのコーチとは云うが・・実態はナンのこともない、大阪でジム経営にシッパイして、丹後まで都落ち、マルオの実家 橋立楼の大旦那に拾われ、
        170818bbx (2)

今じゃ 昼間は 旅館のハッピ羽織って、旅館の下仕事してやがルって伝え聞く。喜多川にとって マルオは 大事な主人家の 坊ちゃまだ。。。

                170818bbx (1)

『マルオVSウチムラ』正直このバトルは、残酷な、典型的『ライオンと金魚』それだって思った・・・。

街場でのケンカで、意外にも「柔道のスキル」ってのは あなどれなくキケンだ。とくに アスファルトに「投げ捨てられたなら」・・軽量な者であろうと、内臓等への大きなダメージ それはけっして無視出来ない。

しかし・・・柔道を純粋に稽古する人間ほど、云えることは、かれらの柔道スキル、それは『相手の衣服を掴んでこそ それは発揮される』ということで。。。

要するに、柔道を稽古する人間は、「殴られる」「蹴られる」って作業、それに『殆ど 耐性が無いのだ』ああ。。。


マルオは、正直 意外にも・・・流麗とも呼べる ステップワークを操り、およそ5秒に1度で繰り出す《ローキック》で、着々と 柔道のウチムラを 追い詰めていた。

          170818bbx2 (2)

『え? ナンだヨ?? 聞いてへんがな! 痛ってぇ~ このローキックっての・・脚があがんないがナ チョっと・・痛いって!!』ウチムラのココロの叫びが わたいは手に取るように理解出来る気がしました はい。


・・・ウチムラ、キミは けっして!弱くはない。ただ この「組み合わせ」は、純粋に柔道オンリーの キミには「不利」…それなんだ ああ。

こんな なんちゃってイベントに命なんか賭ける価値などはあらへん!無理なんかしないで、さっさと試合 放棄しろヤ な??・・・

           170818bbx2 (1)
         冷徹に 勝ち誇る「マルオ」

グッタリとした様子で 両膝を板の間に屈するように付けて これ以上 地球の重力に逆らい 立っている事が不可能になったウチムラ。。。『戦意喪失で マルオの勝ち!』喜多川はそう宣言 ドっと!ギャラリーらの興奮した歓声が挙がり。


ノジマ(レスリング部)VSアンザイ(相撲同好会) シマザキ(一般生 少林寺拳法)VSタバタ(一般生 地元のヤンキー) 

ぶっちゃけ 次のこの試合は、『いかにも高校生同志らしい、観衆は笑いながら盛り上がれる そこそこの勝負内容』で。

相撲のアンザイが、レスリングのノジマを その体重を充分に活かし、覆いかぶさり 軽量級であるノジマは耐えきれず タップ「まいった!」するって展開。


次の 少林寺拳法のシマザキが、ぶっちゃけ 街場でのケンカ・スキルのみしかない、タバタを「徹底的に空振りさせる連続」
            170818bb4x (2)

ブンブン!と、ガキのケンカそのものに、両の手を大きく 振り回すダケって そういうタバタを シマザキはフットワークで受け流し、遂には スタミナ配分って問題なそ1ミリも考えていない ヤンキーのタバタは、ゼイゼイと、文字通りの《OVERペース》へと追い込まれ、喜多川の最終判定で シマザキの勝ちってことに。
                170818bb4x (1)

  
   さあてと・・・ワシの出番ヤ。

          170818bb6x (2)

ボクシングの モトヤマって外部高校の人間、無論やけど、コイツに 恨みも因縁もあらへん。けども、こうやって クジで当たったからには ぶっちゃけ・・『仕留めさせて貰うデ・・・』

             170818cc1x (2)

ドン!!『開始っっ!!』わかってンよ 旅館の番頭見習いサン(嗤)そう せかすなって。JRのダイヤでもあるまいに、定刻通りとはいかないのが格闘技ってモノなんヤ。


やっぱりナ・・・。モトヤマは、セオリー通りに まずは《アウトボクシング》から コッチの動向を探ってル・・・。

せやけど、イイ機会ヤ 覚えとけモトヤマよ・・・。《インファイト》ではない アウトボクシングを選択したってことは すなわちが・・・【至近距離での《フック》それは打てない】ってことだ ああ。。。
         170818bb6x (1)
        「確実な 有効打」は封じられるって事だ。。

さあ…来いヨ♪ ムダなボカスカってヤリ合う展開は ワシかて望むところとチャウよってナ。さあ・・・手を伸ばし『打ってこい』・・地面蹴って 腰入れてワシのこと本気でドツきに来いヤ♪


耐えられなくなったか?? 用心が続かなくなったか モトヤマは、中途半端かな?っとも思える右ストレートを リクめに繰り出した、そんなモトヤマの腕を「キャッチして」・・・


柔道技でいうところの、『払い巻き込み』で、モトヤマを投げ捨てる。無論 カラダはピタっと密着 離さないゼ。。。

『 ふんっっっ!! 』腹筋と背筋精一杯使い、モトヤマの背後に回り込む。ぶっちゃけ 寝技の経験が無い ボクシング戦士には これからは未知の領域さ。


モトヤマさん、ワシはネ、アンタのこと 無暗と傷つけたくはナイねん ああ。スパっと!一気に『極めさせて貰うデ』・・絞め技の教科書みたいにナ。

・・・相手の背後を取り、裸絞めのような体勢から相手のあごの下に二の腕を通して襟を掴む。そして、もう片方の手を脇の下から腕を巻き上げ、腕も制しながら絞める・・・

          170818cc1x (1)

変形《スリーパーホールド》 古式柔術名で《片羽絞め》それだ。首の部分 頸動脈を完全に極めるならば、ヒトはホンの3,4秒で 【 落ちる 】。

ぶっちゃけ しくじり はあらへんデ。ワシは《ブラジリアン柔術》で この技を習い、ほんでもって、柔術の師範のセンセ 絞め落として(笑)いぶっちゃけ それ以後の人間関係がビミョ~になったのやけん いひいひ♪

モトヤマはそれでも数秒間 バタバタと「あがなった」。そして、下の顎がダランと垂れ、目の瞳孔が開き チカラを失って・・・「落ちた」。。。

            170818cc3x (2)

 『勝負あり! それまでっ!!』慌てたように レフェリー喜多川が 「落ちた」モトヤマに《活を入れて》いました。

周囲を取り巻くトーシロ ギャラリーらは 訳がわからないようで、『え??なに、もう終わったの??』 『ホンの20秒もかかってないやん。ホントにリクが勝ちよったんかい??』って不完全燃焼のようなツラしてやがります。


 けっ!! イったロ? ワシの《術》とはナ、オメエら お気楽な見物人を満足させるって ンな愛嬌などとは無縁なモノなのやからヨ。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それぞれ インターバル時間をとって、準決勝が開始され。。。

向こうのヤマでは、やはりマルオが、相撲 体重130キロって、アンザイを 開始から3分40秒で「仕留めた」。

            170818cc3x (1)

前から感じていたけど、やっぱ マルオは冷酷なサディスト気質がアルって そう思った。リクですが、今現在でも『元・相撲取り』とはゼッタイにケンカしたくはない、そういった範疇なのです 相撲とは。

相撲という競技の、その 現場での戦闘能力はスゴいものが在るものです はい。

            170818cc5x (2)
     ぶっちゃけ、この「突き」素人が喰らったなら『首折れます』

だけども、他の競技熟達者 要は 「強い人間」と、ヤリ合ったばやい、ぶっちゃけ 決定的な弱点が生じます。


基本として「相撲競技」ってのは、《無呼吸で勝敗を決する競技》それなのです はい。

ゆえに・・・勝負の時間が長引くほどに、一気呵成に 僅かな秒数で決する いつもの相撲の立ち合いと異なり、

有酸素運動的に 呼吸の「吸う」「吐く」それの運動行為を繰り返すたびに、その巨大な体躯は、ブツかるに有利な武器とはならず・・・

むしろ真逆に・・・俊敏に 動き回る必要のある場面では、その体重が《マイナス面のハンデ》となる。要は『血中酸素不足状態』です はい。

               170818ddx (2)

息が続かなくなってきて、ゼイゼイと苦し気な 相撲のアンザイ、マルオはそれを余裕の笑顔で 次第次第に《追い詰め》・・・

        170818cc5x (1)

ただでさえ 息苦しいって中に、その上 シャープな ローキック、蹴りを喰らう。。。ぶっちゃけ それが野生動物だったなら、100%攻撃受けてます野生動物は《ガマン出来ずに 逃げます》、ムリしてガマンするのは人間ダケなんです ええ。

あきらかにローキック連発を受け、アンザイは 泣きっ面のまんま ナニも出来ない でくの棒と化し、苦悶の表情を浮かべているダケ。。。

『それまでっっ!!』 マルオ贔屓なんだろが、でも この喜多川の TKOの判断は げに妥当であると思えました はい。

続けるならば それは一方的な「リンチ」 公開処刑でしかない。。。いくらデカいアンザイとて、単に大きいダケの 人の良い田舎の高校生なのですから。


わたいの準決勝、ある意味では 『少林寺VS空手』って 夢のカードだとも。
    170818ddx (1)


しかし・・「こんな戦い」でもって、お互いに 長い歴史と実績を持つ 2つの流儀の武道、それの最終決戦だなんて 有り得ないし「あってはならない」。。。

こんなわたいが云うのもナンでおますが・・そんなのは まさしく『武道への冒涜行為』です。こんなヘタレのイベントが 空手VS少林寺の 最終決戦であって 良いはずがナイ。。。

        170818dd2x (2)

わたいは そう思い、も~徹底的に、『ビジュアル的《プロレス》』それに終始しました はい。

         170818dd2x (1)

プロレスです。 ぶっちゃけ、「アイアンクロー」や、「コブラツイスト」まで繰り出した(笑)

ギャラリーらは やんや!と盛り上がった。カラダをブツて合う同志 「無言の会話」わたいの「意図を」汲み取ってくれたらしい、少林寺のシマザキは、見事に付き合ってくれて♪『 飛んだり跳ねたり 』♪

ボクら ふたりは、しばし 『あえて道化』を続け「踊った」。

途中 幾度も、レフェリーの喜多川が小声ながらも、『こらっ!!ナメてんのかオマエらっ!マジメに もっと真剣にガチでやらんかい試合を!』っと小言を言った。

ふん!知ったことか♪ ワシらなりの「ファンサービス」の一環だヨ!黙っとき!!


「演じている中」、スマートな頭脳を持っているだろうシマザキは この道化を続ける最中で、『でも やはり…このリクにオレは勝てへんわナ』って悟ったようで、

シマザキも「酔拳」「カマキリ拳法」まで繰り出し(笑)

ぶっちゃけ シマザキは たいした役者だった・・・まさに、GOODなタイミングでもって『ギブアップ』してくれて♪
            170818dd4x (2)
         アンタの「男気」に感謝する。。。


  『おおっ♪いよいよ 次は マルオさんとリクの 決勝戦ヤ♪』
               170818dd4x (1)


勝手に盛り上がってヤがります 観衆ら、正直『反吐が出る思い』だった。。。

オメエら! 他人のバトル観て そんなにも留飲下がるってのか!? ナンなら この場でかまわんからヨ『かかってこいやぁっ!!』何十人だって それ受けたるデ?半殺しのヤマ 築いてやらあ。オメエらは テメエが一瞬 オオカミになったとカン違いしてやがる 哀れな『山羊だ』イザ恐怖に遭遇するなら、怖い者から背を向けて 角っこにドタマ突っ込んで メエメエ!泣くしか出来ないクセしやがって ザケんなヨっっ!!
                170818dd6x (2)

少し前までは マルオがムカついて仕方なかったが、『むしろ今は・・・』真の「敵は」… 酷く残酷で 無責任な、観衆の「テメエらだ!」



決勝の 1分前、会場の隅でわたいは 一応の準備 掌のテーピングを巻きなおしていますと・・・

『・・・リクちゃん・・』思いつめた表情でもって、 マミコが現れ。。。ッタクよ~~・・出てくんなって!! こんな際に。ぶっちゃけ『邪魔ヤ』。。。

マミコ「リクちゃん アンタ・・ホンマにやらはるの? あの…マルオさんと・・」

リク「ああ。。しゃあないやんか、ハナっから気は進まんかってンけど、コレも 浮世の義理ぢゃ」

           170818dd6x (1)
         出たヨっ!・・・そのセリフ。。。

マミコ「・・・アタシのこと・・取り合いするっていうので 乱暴な事して欲しくないのやけど わたい・・・」


・・・けっ!!オメエは 河合奈保子かヤ??♪わたぁし~のためにぃ 争わないでぇ~♪って、とんだヒロイン気分かよって?オメエが野郎なら、決勝戦の前哨戦 この場で血祭りにするとこやデ?

・・・違うンだヨ ああ。。。そりゃナ 元はというなら、原因は マミコよ オメエを巡っての 恋の鞘当て、それからすべてが発生したと言える。。。


だがナ…もはや事態は 次元の異なる段階へと昇華しているのだ ああ。ワリぃけんど、『もはや』マミコよオメエがワシかマルオか? ドッチのオトコを選ぼうとも『そんなの知ったことか!!』。。。


こんなにもセコいレベルの なんちゃってイベントだけどヨ・・・イザ、それに『乗った』以上は、とことん・・最後まで 雌雄を決する、それこそが『勝ち残りし者に架せられた《ノルマ》ヤ』 ああ。。。

でなきゃ、無残とも呼べる 敗残した あの6名の《金魚ら》に対する 落とし前がつくってのか??


 『イヤで仕方ないけど ヤラにゃあならん』のだって。オトコ稼業の 辛いとこヤって。。。

       170818eex (2)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 どんっっ!! 『開始っ!』 いよいよ 始まった 決勝戦が。。。

ま・・くだらん 舞台装置だって思うが、マルオよ ワシって生き物と 正式にヤリ合うって その為に、
             170818ee2x (2)

色々と苦労して このイベント実現させた オメエの苦心はのほどは 認めてやんゼ。

だけどナ・・マミコが絡んでよーと なかろうとも・・・オメエに負けるなんてツモリはワシは 百分のイチミリ あらへんからヨ。

イっちゃナンだが・・この 決勝にくるまでの 2つの戦い観てナ・・・マルオ【 オメエが技繰り出すタイミングは全部《見切った》 】ああ。。。

ほら♪ かかってこいヨ。どんだけウマい 言い訳も通用しないぐらいに、テメエのこと 葬ってやっからヨ♪

マルオが ローキックを繰り出す。 わたいは、脚を 軽い「くの字」に曲げて それをさばく。。。

ぶっちゃけ、現場でのキャリアが足らんなオメエは。ってか・・《腰が高いンだヨっ!》ジャンプしながら繰り出すローキックなんざ 畏れに足りずってことヤ。甘いナ。

ほら・・今、2秒間、ワシの上半身のガードが 空いてたゾ。わざとやけどナ(嗤)ナンで?そこパンチで打ってこない??コレがもしかして、命のヤリ取りだったなら 致命的大シッパイやデ?


そりゃ「判るよ」・・マルオ、オメエは あきらかにワシの事が怖いのだろうって。でも 心配すな、ワシかて こうやって勝負の舞台に立つ以上は、オメエのことが おっかなくて仕方がない ああ。


ってか、その「相手への恐怖の念」それがアルからこそ!オレらは共に 100%のスキルを発揮しあえるのだって事ヤ。


さあ、知ってるように ワシって生き物 いたって短気やけんナ、受けてばかりは ぶっちゃけ「飽きた」・・・行くでぇ そろそろ。。。


格闘技用の「オープンフィンガー・グローブ」フェイントとして、思いっきり・・アゴが地面に着くかってとこまで 身をかがめ、そのまんま 屈伸運動のように、突き上げるようにして、

          170818eex (1)

アッパー気味に、コ綺麗な パンチワークなんざ使うか! 《ど突合いヤ》・・日本拳法での《直突き》でもって、マルオの顔面を ブチ抜いた。 どよめくギャラリー。

『ダウン! コーナー角で待機』喜多川が云う。カウント8で なんとか立ち上がりファイティングポーズをとるマルオ。 そのカオはドス黒く腫れあがりはじめてて。


マルオの 華麗なる勝利を信じて疑わない 女子らが絶望的な 悲鳴を挙げる。『頑張ってぇっっ!! 負けないでマルオさ~ん!!』 うるせえ。。。


ややフラつき始めたマルオ、それでもステップワークで コッチへと近づいて来る。わたいは 地面を這う低さでマルオに足元に突進した。

キック、パンチではない。。ぶっちゃけ 繰り出したのは『両足タックル』それだった。


なあ? マルオよ、ワシの「選手プロフィール」、チトばかり記載が足りンかったようだナ。。。

「合気道 空手」でも《それダケではない』。。。今のリクはナ・・・【 ラガーマン 】なんだ ああ。。。
            ggtr44s.jpg


軽量の身の哀しさ、何百回となく 潰され、弾き飛ばされ ズタボロになったけどヨ・・・。

              170818ee2x (1)
           その都度 絶望の中から「立ち上がった」

それでも「掴んだ」あなどれない 技… 【 フロントタックル 】狙うところはただ1つ・・『一発で仕とめること』。。。

腹で地面を 雑巾がけする気持ちで《とにかく1センチでも 低く》・・・狙うポイントは 相手の腿やひざではない。先輩からは こう教えられた『リク、相手の《足首》を刈れ!』

そしてこうも、『それには 相手よりも素早い速度でタックルかますんだ、恐れるな!オマエならば それが出来る。それだからオマエを部に誘った。ガチっと足首をキャッチ出来たなら、倍の体重のヤツだって、見事に 止めて、引き倒せるのだからヨ』と。

             170818ee4x (2)
         血と汗で刻み込んだ【練習結果は噓をつかない】…

16歳のリク、カラダに覚え刻んだ「頼れる武器」それは…この「タックル」なんだってこと 考えもしなかっただろ? マルオよ。。。

見物に興じていた 風街によるなら、わたいの その姿は『え? 陸上競技 短距離のダッシュ??』って そう観えたそうだ。
              170818ee4x (1)


 その「小またすくい」とも呼べる その技で、あえなくマルオは 後方に あっけなくも上向き、腹出して天井眺めの姿勢で倒れ、

ひっくり返すのが 最終の目的ではない・・間髪おかず、わたいはマルオの側面に「へばりつき」。。。マルオの「首」「肩」「前腕」を シッカリと固定し、『 ふんっっっ!! 』おもいっきりのチカラでもって 締め上げました はい。

「テコの槓桿作用」・・・首肩腕を極められ、その状況で 攻めますわたいのありったけのチカラ・・それは ドコに「作用点」として発揮されるだろうか?? 答えは『 肘の関節部分 』

              170818ee5x.jpg

そう・・・『 腕ひしぎ十字固め 』・・・この技の成否はすべて、最後に締め上げる肘、それへのチカラの加減では無くて、それへと移行する事前段階における各部署への『極め』それにかかっているだ。


 隙も無く ガチっっ!!っと 極まるならば、もうどんな達人とて『その地獄からは 抜け出せない』・・・そいつが どんだけかトレーニングを重ねようとも、「肘の関節面と周辺靱帯」それは 鍛えようが無いのだ ああ。。

それでも マルオはバタバタ!と なんとか自由な下半身をさかんに動かしながら 必死でもって抵抗した。でも、それは「無駄だ」。。。


 ぐぐぐぐっっ!! ギリギリギリ!って感じの 締め上げます「音が」・・・やがては 『 みちみち・・ 』って具合の音に変わったなら いよいよの最期です はい。あとは・・・【 折れるより他はナイ 】。


『マイッタせぇヤ マルオ!』わたいはマルオに そう囁いた。しかしマルオは『けっ!誰がするかヤ ギブUPなんざ!』って無駄な意地を張ります。


  「そっか・・・。 じゃあ… 全治二か月の 地獄観てこいヤ、マルオ・・・」 最後の仕上げの 我が腹筋にチカラを入れる。。。

               170818ffy (2)


 『 びちっっっ 』・・・ぶっちゃけ 濡れた雑巾を床に叩きつけるような音が響き、わたいは マルオの肘を  【 折った 】。。



ダランと、ありえない方角に 曲がります マルオの腕と 肘の関節。 次の瞬間『 ぎゃあああああああっっっ!! 』っと、ワメきながら クルったように剣道場の床を転げまわるマルオ。


脳天直撃の まさに激痛だ ムリはない。ホンの数秒前まで 勝手に盛り上がっていた会場は この瞬間に「凍り付き」・・・このイベントですが、勝敗うんぬんってよりも、 まさに『トンデモない幕切れ』へとなってしまい・・・。

後で聞いた情報ですが、最前列で試合を見守っていた 女子生徒、その数名は、『その場で 失神しよった』と。。。

            170818ffy (1)



 『 折ったあああっっっ!! 折りよったデ!! リクが・・マルオさんの肘をっっ!! 』

 『ありゃマジでキチガイや!1年生のリクってのは!!どうなっちゃう??マルオさん・・』

見物の 男子生徒らは クルったように そう叫び 大声でそう叫びだしながら、剣道場から駆け出して行きました はい。


ふん…コレが 勝利者である ワシへの賛辞か まあエエわ。。。後悔も懺悔の気持ちも「無い」。。。すべては もう終わったのだからヨ。。。

俄かに「大パニック」に陥った会場を後に わたいは校舎の陰で、帰り支度をしていますと。


『・・・なんていう事を。。。してしまいよったン リクちゃんアンタって人は・・・』 声をかけたのは マミコ。

『まさか あそこまでするやなんて・・・。可哀想やって気持ちナイのんかアンタ??』


 『・・・ホンマ、オメエが野郎やったなら、・・コロすゾ マジで。。。』


けっ!やらなきゃナ・・反対に こちとらが無残にヤラレてかかも知れんのヤ!全力でマルオというエナミーを 叩き潰してナニがワルいっちゅうねん ああ??


『正直・・リクちゃん、アンタってヒトが こないにも怖いヒトやって思いもしなかったワ。。わたしら・・・チョっと、冷却期間置こう??』

蒼ざめて 堅い表情のまま、そう言いますマミコ。「チョっと 待たんかいマミコ!」


ビクっと、硬直し 振り向くマミコ「なに??・・」

            170818ff2y (2)

わたいは「ナンであれナ・・・クソ勇気きめて、あの マルオはワシと 正々堂々ヤリ合ったんヤ。元はといえばオメエの取り合いやデ?たとえ負けたって、マルオの その《勇気》をおおいに 称えてやれヤ マミコ・・」

「・・・・・っっ!!」


「明日にでも、おそらくは暫く入院やろって、マルオは。麻酔が効いてるうちに、見舞いに行ってやれ。自分の為 闘っったオトコや、それに《礼を尽くす》オメエのノルマやろがそれは・・・』

『 リク・・正直・・アンタってヒトが 怖くて怖くて仕方ない。。。 』そう呟いて マミコは 「去った」。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 でも・・「それから後が」ぶっちゃけ タイヘンで(笑)(笑)(^^;

生徒発案による自主的な交流イベント(←よくゆ~ゼ(呆))それが・・マルオが被った 「上腕骨剥離骨折 肘部靱帯一部断裂」って ぶっちゃけ「あっちゃなんねぇ 大怪我」
     170818ff2y (1)

そのことが 府の教育委員会へ「見事に露見し」(笑)まさに大騒動へ発展。数々の「お叱り」を受けて、センセ方らは 「良くて訓戒 戒告処分」ってなり・・・

教頭なんざ 教育委員会への道は閉ざされたぁ!! って、泣いてやんの いひいひ♪


わたいですが、さすがに・・停学とかって処分こそ受けないものの、もはや、『開校以来の危険人物』って、そ~ゆ~レッテルが 完全に「貼られ」。。。

担任からは『リク坊 もうキミやけど、私学大学推薦は期待すなヤ・・・』って言われまスた。『あと、生徒会長立候補も職員会としては許諾出さへんので』って、ダレが立候補なんざするかいナ(笑)

           170818ff4y (2)

まぁムリもない。。試合後の「事情聴取」で、学年主任のセンセが、ワシのことをビビりながら 恐々『な?リク坊・・《あれ》は事故やろ??キミと3年のマルオ、試合の熱中のあまり、偶然的に発生しよった 事故行為だよナ??』

って、尋ねるのに対し わたいは、「いえ、《腕ひしぎ》は、相手の肘 破壊する気でないと決まりません。アレは・・・《まいった!》をしよらんかった マルオが悪いのです はい」

こんなセリフを 真顔で吐く 生徒 受け入れる度量の教師など  ・・居ないよナ。。。
          170818ff4y (1)
       ワシは バサラ大将だ 悔みなどしない・・・
      それが 打ち負かした者らへの「儀礼」なんだ。。。



自暴自棄に陥った気は無いですが、ボクは なんだか・・前よりも「一層」テメエが息して暮らしてます この 丹後の土地ってのが、いかにもウソ臭くて、痩せて衰えていくばかりなクセして、

その事実には 目を背けたまま、自分にはとことん甘く、そのくせ 他人のする事には、なにかっちゃクチばかりはさむ、テメエではナンのしよらん「評論家ばかり」って、気がして ココロの中は すさむ気持ちばかりが上回り。


 だけど・・・こないだ 風街のおとうさんから 見せられた「あの映像」・・アレは 本当の事なんだ。あれこそは 疑いようもナイ 究極の美であると。。。


     そして それからスグに・・・・・

「悲劇」は フイに起きました はい。愛犬のステッキと いつもの散歩へと出た 風街が。。。

          170818ff6p (2)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          170818ff6p (1)
        次回で 完結篇でございます はい

「風街」と「ろまん」 (4乃2)

 【 自由の風を運んで来た少女《ろまん》 】


もう 病院とかでの検査は終わって、如月風街が 自宅に戻って来るかなあ? って思い、予定の無い ある日の夏休みの午後に 彼の家を訪ねました。
           170818aa.jpg
         コテコテの名人芸 スキでおます♪

「ゴメンください どなたですか? 新浜のリクちゃんでス お入りください ありがとう」新喜劇の 桑原和男を真似て 勝手に 風街の自室へと入りますと・・・


中には 風街の姿はなく、その代わりに「え?どぼちて??」って、ひとりの 垢抜けた《少女》、全然 地元で見たことない貌だ。

チョっとポカーンとしてましたなら、少女の方から『アナタはだあれ?』って 問いかけが。
         170818aa1.jpg

慌てて自己紹介をしますと 少女は、『あ アタシはネ。風街と1つ違いの《妹》夏休みだから ちょっと訪ねてきたんだあ』と。

リク「妹さん?? でもそれにしては、キミ ずいぶん流暢な関東弁ってか標準語しゃべりはりますねんネ」

すると『ああ 言葉か。アタシ 普段暮らしてるのは、神奈川のヨコハマだから。あのネ、うちのお父さんとお母さん、離婚したのヨ、アタシがまた7歳の頃にネ。で お父さんと風街がコッチの家に残って、アタシはママと、ヨコハマ。ママは他のオトコと再婚しちゃってて、今 苗字も違うの」と。

           170818aa2.jpg
   ぶっちゃけ ボロっちい 宮津駅なんか停まるのが不憫な豪華列車

で『風街は 午後六時半のタンゴエクスフローラーで戻るっていうから まだ帰るまで時間あるよね。出直す??』


リクめですが 当時から けっして「ガールシャイ」ではない。ってか スケベであ~る(笑)(^^;このよに 雑駁でフランクな云い方をする女のコ「基本大好き」で。

いきなり押し倒す・・なんてしませんが(←当たり前だろが…)ケッコ~調子よく、雑談が進みにつけて、『バスト何センチ?』とか、『今日のパンツ何色?』って(^^;

            170818aa3.jpg
            ノリがよいコで♪

初対面にしては ぶっちゃけロクデモない エロトークをば吐いて、『ヤだ えっちぃ~』とか『エロいわよアンタ!』って、カノジョもまんざらでもない感じで。


でも…タダ、エロトークに興じていたわけでもありませんで、リクめはリクめなりに、風街を軸として、周辺の色々なことを考え すり合わせをしていました。

なんとなくは感じていたけれども、あの 風街の環境は かなりフクザツなようだ。ある意味で、《天才》が誕生するって、それの背景には、ドコにでもありがちな 凡庸なリクめのように、標準的アベレージの家庭ではムリなのかも。

                170818aa4.jpg

風街の お父さんという人は、関西電力の研究室勤務の いわゆる 学者さんで。「視覚化なんたら」って、難しげな研究に勤しんでいるのだと。

一方 お母さんて人は、若いころに雑誌のモデルをしていたとかで、おふたりは、どうしても その相性が折り合わなくなってきて離婚に至ったらしい。

で、妹を連れて 関東へ戻ったお母さんは、今の男性と再婚を果たしたそうで。妹が云うには『新しいパパ?うん、ぶっちゃけ《やくざもの》だよね。よくわかんないけど、土地がどうだの、株がどうだのって 家でくつろいでても、ケータイでアレコレと話してる。正直 あんまり夫婦の愛情はナイんじゃないかなあ?新しいパパは、アタシにはなんでも買ってくれるよ、お小遣いもたくさん呉れる。でも…正直 心の底からスキにはなれないヒトだよね~悪いけど。。』
           170818aa5.jpg
       当時まだ存在した「バブル紳士」ですナ。。

そして『ヨコハマの方でサ、アタシも中高一貫の私立高に通っているんだけどネ、毎日 愉しいっちゃ愉しい。。。でも・・こうやって この丹後に来てみると・・意外にイイわネ こういう地方も。』

わたいは「そっかぁ??ワシなんか 毎日 息が詰まるような想いで、ゲンナリしながら暮らしてるのやデ。ああ…都会へ出たいわぁ・・・」

少女は『でもサ、仮に都会出たっていっても、《日頃の鬱屈さ》なんてのは無くならないものヨ?このアタシがいい例だもん』


そして『で ホントのパパが、風街と、神戸から この丹後に引っ越した。パパもちゃっかり再婚したってから(笑)そのヒトの顔見ておくかってことで 今回ココに来たんだけどねアタシ。ま~うちのママと違って《ジミなオバサン》ってか、アタシにも やたら気を遣ってくれちゃって 正直困惑するんだけど、ホラ、兄も風街だけど、もうじき・・・全盲になっちゃうらしいじゃん?・・・それ考えると、ああいう 特徴ないけどやさしそうな人が母親ってなるのは イイ事なのかもね』

         170818aa6.jpg
       このコにも「闇」がアリそうだナ。。。

・・・ふうん。。。このコなりに、案外と色々考えているのだなあ・・って。


 「ねぇ?キミやけど 名前はナンていうの??」 『当ててみてヨ♪』


 「じゃあ…いくヨ?? 名前はズバリ!《ロマン》とチャウか?どないや?」 『・・・ビックリした・・。悔しいけど正解。ひらがなで《ろまん》なんだけどネ ね?どうしてわかったの??』


・・コレもひとつの《相性のなせるわざ》か? リクめは この妹《ろまん》に なんだわかりませんが、《縁(ゆかり)》を 感じ始めていたのでした はい。

この《ろまん》には、ナニよりも『自由の空気』それを感じ取れる。この丹後の土地に わたいが嫌悪感を抱く その理由・・・

それは、ニセモノの「都会」と・・ハンパな「田舎」・・・。リクめと同じ年代の若い者らはみな、雑誌からの知識・情報で、テメエらのことを『ワタシら都会のコと変わらんよネ?』って、
          170818bb.jpg

週末ダケでも 試合とかで 都会へ出ている リクめなんかからするならば 正直『ナンぢゃ?この けったいな恰好と髪型は??』世の 若い者をカモにしたがるオトナの策略にスッカリとハマっている。。。


 みな どうして?? 自分が暮らし、生きている土地に もっとプライドを持たない??獲れるサカナは、東京の銀座では 垂涎の的なんだゾ

海を見ろ! どこまでも青く、砂浜は極上の質だろうが。秋になれば、小高い山に登り、下を見降ろすなら、半島全体に 雲海が広がる その風景たるや 1つの藝術だ。
            170818bb1.jpg
          真似っこしたところで・・《この程度》なんだお!!

オメエらの けったい極まる恰好 それは…「都会コンプレックスの裏返しだろうが?」


《ろまん》には それが「無い」。。。包み隠さず 丹後って街の、様々な断片を見せても、『へぇ~面白いネ、初めて観たぁ♪』って、ただただカノジョは「ナチュラル」

             170818bb2.jpg
        かの文豪「泉鏡花」も知らない『現代の都会の美』

わたいには「判る」・・・コレこそが 正真正銘の『都会の少女』だ。そこが都会でも、あるいはド田舎でも、肩にチカラ入れるまでもなく、ごくごく普通に暮らせるってのは、《ろまん》のようなコなんだ ああ。

この《ろまん》には、リクめが渇望する【 自由の風 】が在る。正直、色恋などとは違う。《ろまん》吹かせる 都会の風・・それがボクの「欲しかったもの」なんだ ああ。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《ろまん》とは その後も 風街を表敬訪問、「するフリに乗じて」幾度も訪れ 会話をしました ええ。

風街の愛犬 ステッキを連れて、 ろまんとイッショに宮津の街とかを散歩しました。

「都会に住む さばけた今風の少女」それが 丹後宮津なんて片田舎で暮らす 高校生のリクめにするならば、それは1つの「光」で。

正直 話題はあまりかみ合わないです、ろまん から、ファッションの流行やら 髪型とかって 聞いても「そ~でっか…」でしかなく。

         170818bb3.jpg

だけども、ろまん のクチから吐き出される その言葉 言葉ひとつには、リクめにとって、憧れであります大都会の《香り》が たしかに感じられ・・・

浮気者の「血筋」なのでしょうか? 隙間風が吹き始めたマミコや、セイキ楼の跡取り娘、わたいは 思えば、残酷で無責任なガキだったとも・・・

ワルいけど この二人は…なんか DNAを次代に受け継がせるための 産む機械ってか、なまめかしくも、「単なる肉体」それとしか思えなくなってきて。

それに比べて ろまん は「華が有る」、たとえばデートして 会話して、未成年だから ジュースで盛り上がってダベる、ただそれだけでも およそ《得られる情報量が違う》。。。

勝手な言い草はわかってます、だけど・・・本来「女のコと逢ってしゃべくる」っていうのって、こういった《ときめき》があってこそ しかりではないでしょうか??
           170818bb4.jpg
      美しき故郷の風景も…ボクには息苦しくなるばかりで…


なんとなくは理解していました。 要は『刺激』なのです はい。浮気ばかり繰り返す ロクデモないリクめの父親ですが、

オヤジのココロの内面ってのが なんか判る気がした。オヤジも このタイクツな丹後って 片田舎で燻って、せめて その日常に「新しい刺激」それを欲していたのであろうと。。。


それから、風街の お父さんとも逢いました。生真面目で誠実そうなヒトでした。
         170818bb5.jpg
          「いらっしゃい♪」

「確認したくて」お父さんに わたいは、「ステレオのとこの レコードコレクション観てもイイですか?」と。


・・・やはり 「それ」は有った。『え??なあに?』と疑問の声を挙げます お父さんに、わたいは 1枚の LPレコードをとって、

リク「やっぱ アリました♪ これが このおうちの 兄妹の名前の由来なんですよね」

      170818bb6.jpg


それは 1970年代初頭から半ばまで、日本の音楽シーンに革命的影響を与えた、YMOで世界へ出た 細野晴臣、大作詞家 松本隆 幾つものヒットを生み出したプロデューサーでありシンガー 故・大滝詠一 天才ギタリスト 鈴木茂

この 若き天才集団 【 はっぴいえんど 】そのセカンドアルバムである 『 風街ろまん 』


お父さんはチョっとだけ驚いた顔で、『いや…まさしく ピッタシカンカンなんだけどネ。でも、驚いたなあ。。。いっちゃなんだけど この宮津に・・それも息子の同級であるキミが、その はっぴいえんど の、《風街ろまん』を知っていたなんて・・・』


わたいは「ウチの父親ですが、表向きは 工場のボイラーマンなんですが、オヤジいわく《本業はミュージシャンや!》って(笑)ナマイキでっけど、家にはヤマのようにレコードやらCDもイッパイでおます。わたい幼いころ 家にはあまりオモチャとかなくて、父のレコード聴くしかなくて、いろいろと訊きました。ウチとこにも やっぱアレウんですヨ この《風街ろまん》のLPが」


 「風街」「ろまん」の お父さんは微笑んで。

うん《はっぴいえんど》のかれらとネ、ボクなんかはまったくの同世代、団塊世代青年にとって 希望の星だったんだ はっぴいえんど のかれらは。
         170818cc.jpg

リクくんだっけ?おそらくはキミの お父さんも、同じ世代なんだろうって思うネ、なんていうかなぁ…歌謡曲でもムード歌謡でも グループサウンズでもない、

ボクなんかが体験した《最初の【洋楽】だった》んだよね。「日本のビートルズ」だなんて、関係ない! なんというか、儲けようって人間らのフィルターとかとは無縁な、純粋ピュアな【文化】、それを感じたのんだよ うん。

正直、《はっぴいえんど》はバンドとしては、ライブは あまり上手とはいえなかったね。

当時でも 《ブルースクリエイション》や《フラワートラベリンバンド》《成毛滋グループ》の方がより上手だったとも。
          170818cc1.jpg

だけど そんなかれらを《はっぴいえんど》を 自分のバックバンドに起用した 岡林信康の先見性は見事だったって思うよネ、次代の音楽シーンは こいつらが牽引するだろうっての 気付いてたんだと思う。


《はっぴいえんど》には、「日本人がムリしてロックやってます!」って、気負いなんかまるで無くてネ、

なにより「センス」それが在った。思えば それ以後の日本の音楽シーンで、本当に、音楽がやりたいって素人連中に、

           170818cc2.jpg

《ホラな、音楽やるなんて簡単なのさ♪ オレらみたいに 気取らず気負わず ごく自然にすればイイんだよ》って、それ教えてくれたバンドだと。


それで 自分の子供らにつけたのサ《風街》と《ろまん》。モチロン・・ドッチ方の両親からは エラく怒られちゃったけどネ(笑)

《もしも やりたいって思うならば、アレコレ思い悩まず まずはやってみるとイイ》後悔なんて、文字の通り 後にならなければ出来ないだからネ、多少 風変わりでもイイ。自由な子供であって欲しいって一念で。


 そして お父さんは、

今日がリクくんキミとは初対面だけどサ、でもネ、キミのことは、子供たち、風街と ろまんからも、いっつも・・聞いていたんだよ 本当さ。

ふたりとも クチ揃えて云うんだ。『こんな片田舎の丹後宮津に リクみたいに会話して面白く感じさせる人間が居るなんて思いもしなかった!』って、口々に感心したように。


まったく余計な事だと思ってるけどサ、リクちゃん…キミみたいなヒトはサ、この静かで美しいけど、刺激もない土地には そぐわない人間なんだと思うネ。
         170818cc3.jpg

この丹後には 丹後ならでわって良さもイッパイあるのだけどネ。要は・・リクちゃんキミには この丹後って土地が 狭すぎてるんだろう。


 『リクちゃんにも見て貰いたいモノ、ボクの研究テーマがあるんだ うん』

おとうさんは言いました。

 正直なところ「ナンのためにあるのかさえわからない」って《パーソナルコンピュータ》が 最近、DOSVとやらで発展進歩した結果、
           170818cc4.jpg
      この「時代」は、windows登場前夜のハナシでス

超小型である CCDカメラ、それの映像を圧縮をかけ、パソコンを通じて再映像化が可能とするって、風街のおとうさんは、関西電力の研究室で その研究に日々 勤しんでいたと。


おとうさんは 急に、いたずらっぽい目つきで、『ジツはね、人間が撮影するってダケではないんだコレ。今繋ぐから、チョっと観てほしい、《ある動物》してみた結果の映像なんだ。果たしてリクちゃんキミがどのような感想を抱くかに興味がある』

ディスプレーに再生が始まりますと、最初のうちは 内容の意味がリクめには てんで理解できなくて。
       170818cc5.jpg

とても位地の低いアングルで 道の上 舗道を訥々と前進している そんな映像画面が延々と続き、時折 見上げるアングルででは、真っ青な 夏場の澄んだ青空が映り込み。

             170818cc6.jpg

それでも・・・次第に、《この映像、カメラをつけられた動物がナンであるのか?》《この映像の意図するその意味とは??》それが判ってきますと・・・



 『 ああっっ!? これはっっ!! 』 途端に ボクは思わず…滂沱とナミダがこみあげてきて それを抑えることが出来ませんでした はい。


 ・・・ 知らなかった いや、気付かなかった。。。《 世界とは…ジツは こんなにも美しかったのだ ああ!! 》
                170818dd.jpg


風街のおとうさんは やさしく『やっぱり、これを観て キミは泣いてくれたネ リクちゃん。』そうおっしゃって、やさしく 蹲ったボクの肩を背中を さすってくださいました はい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「わかってるよ コレはあまりに馬鹿げた事だってのは」風街はそう云った。
         170818dd1.jpg

わたいが、『ナンで??マルオの野郎なんぞに対して、絵画コンクール金賞で得た大切な賞金を 校内異種格闘技戦になんかへ注ぎ込む』ンなアホ行動を実行したのか??って わたいの問いに関しての返答。


「ああ アホやってのは十二分に 自分でも《わかってる》。せやけど、コレも判って欲しいのヤ。。。あのなあボク・・もうじき 目、光を失くしてまうやんか?それはもう覚悟の気持ちはアルしな。でも、《その日が来るまでに 一遍ダケ》超くだらないこと、一瞬でパ~っと 大散財してみたいんヤ それ・・この《目に》光景を焼き付けておきたいのや・・」

ああ・・・そういう気分に、この風街が陥るっていうのは 判らないではない。パっと、自分だけの大きな花火を打ち上げてみたいって気持ちなのだろう。

 だが・・・納得がいかない それだって「有る」。今回の格闘技イベントなんてのはイってみりゃ、地元の有名旅館のボンボン マルオによる古典落語《寝床》の世界だって ああ。
           170818dd2.jpg

義太夫に凝った 大旦那の自己満足のご披露に、みんなが仕方なく 付き合わされるって構図とイッショ。

マルオのヤツは、テメエで習っている キックボクシング。それの技量を効果測定、ガッコの生徒、女子らに披露して 賞賛を受け、自慢に浸りたい それだろが?


生徒間のウワサでは・・ウチとこ高校の 学級担任、学年主任、そして教頭と・・・マルオは 自分ちの超高級旅館へ「ご招待して」

「お酒と高級料理でございます」「芸者さん 豪華にも6名でございます」「お車代でございます♪」って・・《まんまと》籠絡して、今回のGOサイン イベント許諾を得たのだって噂。
           170818dd3.jpg
 花街のウワサ『寺の坊主とガッコのセンセほどスケベはおらへん』とも申します

コレが露見したなら さぞかしや かぐわしき事態も容易に想像されるけど まぁ ンなことにわたい個人は興味はない。


せやけど・・・気に食わんのは・・およそのガッコの生徒らは、『おそらく 決勝戦は マルオとリクとの一騎打ちやろう』って・・・ある意味で「期待している」ことなんだ ああ。

100円単位の トトカルチョもコッソリと校内で行われてルらしい。。。 ザケやがって・・・。
          170818dd4.jpg
 スイマセン・・コレはウチの会社での高校●球のトトカルチョでおます(^^;


なんだか校内に ヘンな興奮と期待が起きているようだ。。参加選手、我が身の鍛えた武術のガッコ最強の証明? けっ!ウソぬかせヤ・・。選手同士がリングで 闘っている、その《残酷な見世物を》・・・

まるで ローマ帝国時代の貴族気分で、ライオンと死闘を強いられる 奴隷戦士を酒食に浸ってニヤニヤ観ていやがル・・・ズバリ!それやろが?? ぶっちゃけ「その根性」がムカつく。。。
    170818dd5.jpg


ワシはナ・・・テメエ自身では マトモにケンカ1つ出来ないって、テメエっちらの 夢を委託されて相手選手と闘う義理なんざ コレぽっちもありゃせんのぢゃいっっ!!アホめらがっ!

闘う者らへの ナンの支援も もしもの際の保障も テメエらにゃ出来ひんやろが? 得手勝手な夢 コッチにおっつけて タニマチ気分でいるなってんだ!ワシは奴隷とチャうわい!!

校内で 調子コイた同級生や あるいは先輩が『よっ♪ リク坊 頑張りぃヤ♪』だなんて声を わたいに対してかけてくる度、わたいは そいつらを「視殺」してはビビらせてヤってました はい。
            170818dd6.jpg
        テメエで闘いもしないザコは『すっこんでろ!』


で 風街は こうも云いました。


・・・なぁリク。キミにだけは理解して欲しいって思ってるのヤ ああ。。。

ボクにはわかる、キミは あんなマルオよか 数段以上も強い人間だってことナ。それにケンカっ早いんじゃないキミは。

持てるレベルで 1か2程度のスキルを使うことで、挑んでくる相手に どんなに頑張ろうともリクって人間には太刀打ち出来ないのだってことを諭しているんだ ああ。

            170818ee.jpg

その・・・雄姿を この目の《記憶として焼き付けて 光を失くしたい》・・・期限を切られるとネ、なんか無性に焦る気持ちが出てくる・・・

 雄々しい姿、そしてキレイなものを 最後の記憶、記録として 脳に焼き付けておきたいんだ。《見えるうちに・・・》わかってくれるよな??


・・・でもな、風街よ、けっして自慢などではない。。。ワシがナ、イザって 本気出したとしたなら・・・

            170818ee1.jpg
     闘う相手の「光を消す」無残なツブシ合いなんだ。。

マジで云うけどヨ、《その構図》って、それは 美しきモノなんかでは無いのだヨ?むしろ 観てしまった自分のことを後悔する、そんなもんだ ああ。


でも、あえて「それ」は 風街には告げませんでした。「よっしゃ!ほならチト ヤったるかい♪ オマエも応援したってヤ な?ステッキ」

           170818ee2.jpg

そう云って 風街の傍らに居る 愛犬ステッキのアゴを撫でますと、ステッキは 喜びながらも『くうぅぅ~ん…』っと、さも心配げな声を挙げました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『あ~~あ・・・宮津に居られるのも明日までかぁ。。長いようで短いもんだネ 夏休みって』 っと 風街の 妹 ろまん が そう呟きます。

                170818ee3.jpg

「正直なところ、風街にいちゃんよりも、リクちゃんと こうやって遊べなくなるのが寂しいなあ。。ね??いっそのこと アタシにくっついて、ヨコハマ来ない??新しいパパ お金持ちだヨ、リクちゃんひとりぐらい、ヨコハマ近辺の私立高校に入れてくれるヨ♪アタシん家に住みなヨ」「無茶云うなヤ(苦笑)」

テメエのことながら・・ぶっちゃけ このわたいの ドコが気に入られたものか??

リクめは 風街の妹であります 「ろまん」、カノジョの、宮津滞在先での、「調達カレシ」って立場で、バイトや 部活の練習あれども、逢わない日はアリませんって状態でした はい。


『うん スキだヨ♪ リクちゃんのこと とっても! ヒカルゲンジよりスキ!チェッカーズの フミヤ…その次ぐらいでスキかな? リクは♪』って やれやれ。。。


リク「な? ろまんチャン、イッペン聞いておきたかったのヤけどナ?」

ろまん「なあに?」

              170818ee4.jpg

リク「ろまんチャンとしては・・兄さんである 風街、アイツのことは どないに思ってはりますのん??やっぱ、近い将来、視力を失う兄を持つって、この先が面倒だって考えてはるのかナ?」

そう問いますと ろまんは・・・


・・・ううん。いっぺんだって 風街あんちゃんのこと、そういう風に考えたことなんかないヨ。

昔から 風街あんちゃんって、風変わりじゃん?エキセントリックな兄だなあって実感はあったけど、でもアタシ ズっと大好きなんだ ホントだヨ・・。

素っ気ない妹に映ってるだろうけど、眼科の専門医師に尋ねて 決めていることアルの アタシ。

アタシが18歳とかになって、身体の成長が一応 終了した後なら可能らしい。アタシね、将来、風街あんちゃんに・・

 
 【 片方の 目の角膜、それ移植してあげようって・・・ そう決めてるんだ うん♪ 】

      170818ee5.jpg


  「・・・っっ!! ろまん チャン・・・キミ・・・」

            170818ee6.jpg

・・・なんたって血を分けた近親者 実の兄妹なんだから、親和性?? 角膜の相性にはなんら問題はないわよネ?

え?? うん・・まぁ・・アタシも 片目でのその後の生活って、なにかと不自由でしょうっていうのはチャンと理解してる・・・。

でも、最近では たとえ片目でも、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上アルならば、自動車の運転免許は取得可能だっともいうし♪

義眼を入れて、普段グラサンでもしてれば そうはボロ出ないッショ♪ あんまり考え過ぎも良くないってば♪


けどサ?思わない? 全盲のヒトが、たとえ 片一方だけでも その目が見えるとするならば、それってスゴいことだよネ??

風街あんちゃんの あの 絵の才能、視力の問題でダメにしちゃうのって やっぱ惜しいじゃん♪ この気持ちに アタシ…偽りなんかナイわヨ。。。


 『ろまんチャン・・・キミはやっぱり《天使》だ。。。そうに間違いない・・・』

            170818ee7.jpg
         このボクが、このコに惹かれた理由が「判った」。。

そして ろまんは こうも・・・

『でも、若いよネ アタシらドッチとも。今から10年も経って、今の《思い出》振り返るならば、思わず 吹き出しちゃうって そうなるかも。。。でもサ・・それでもよくなくない??ねぇ?過去は2度と再現できないよネ?で、未来はまだ来てもいない。実感をもって 色んな経験や体験それが出来るのは《今現在》それでしかないのだから。。。今 自分として感じる思いに、若くたって、未熟だろうと 真剣であるってこと、恥じる必要は無いってアタシ思ってる。。』


なんだかわたいは、この ろまんチャンの言葉、スゴく 《奥深いもの》そう感じて つい唸ってしまった。

…そうなんだ。。スグ足元、そればかり見ていたって仕方がない。そして、あまりにも遠い、遥か彼方を眺めて 杞憂にくれるなんてのもナンセンスだ。
              170818ff.jpg

大事なのは その中間・・というよりも、スグ足元と、遠い彼方、《ドチラをも確認しながら【今を】生きる事》 それこそが「人生を生きる《航海術》なのだろう」ああ。。


『それじゃあ、まだ逢ってる時間はあるかも知れないけど、予め言っとくネ。明後日だっけ? 格闘技の試合。頑張ってネ MYハニー リクちゃん♪』

そういって ろまん は、わたいの頬に、チュっとキスをして いたずらっぽい顔をしながら 走って 海岸を遠ざかっていきました。
         170818ff1.jpg


背後の草むらで ガサガサと音がして・・・

『お~お~っ! おモテになりますねぇ♪ さすがは色男 リク様』ヤブ蚊に刺されたのでしょう、忌まわしそうに 腕をボリボリ?きながら 出てきたのは《マミコ》 @@;

リク「いや・・あの・・・コレは チョっと・・っっ!!」

          170818ff2.jpg
       餅つけ…ぢゃにゃくて 落ち着け@@;

マミコ「ズ~っと観てたヨ わたしは!!可愛いコやん?いかにもアンタにゃ お似合いやんかって(嗤)エエんヨ?わたいのよな 年上のオバンのカノジョ ほかして(捨てる)しもたて 一向に」

リク「いや・・その・・・まぁ 落ち着いて・・っっ!! マミコちゃん ココ座れヤ な??(あたふた)」


 『 バカぁっっ!! 』 バッチ~~んっっ!! 強烈な「平手打ち」。。。 ぶっちゃけ 『 痛っっとてぇぇぇ~~っっっ!!!(泣) 』

           170818ff3.jpg
        って・・ナンでこぉ~~なるのっっ!(TT)

空手の師範の突きや蹴りにだって 顔色ひとつ変えない このわたいやけど・・・どぼちて?? オナゴの平手打ちってのは こうも痛いンだろ~か??

  マミコのやつも 走って去っていきやがった。。。



『・・・リクちゃん・・』 あああ~っっ!!! 今度はドコのどいつだ!こんちくしょうめいっ!!

その声は セイキ楼の娘《マスミ》で。。。

マスミ『もう 5年になる? マミコチャンとは 長いものネ。。。やっぱり・・アタシのことなんか リクちゃんは好きにはなってくれへんのかなぁ。。。』

リク「・・・っっ!!い、いや・・スキやのキライやのって・・・ンなモンとはチト違っててヨ・・ っっ!!・・キミとことワシぢゃ、立場が釣り合わんってゆ~か その・・」

マスミ『でも うれしかった。。。リクちゃんがアタシと、アタシの家 セイキ楼を背負って、あの 橋立楼のマルオと闘ってくれるって聞いて。おかあはんも喜んでる♪』

        vvv99h.jpg
            毎度おなじみの(^^;

 内心で・・・『 ちが~うだぁ~ろ~っっ!! ちがうだろ!このハゲぇ~~っっ!! 』って思うわたくし(笑)


マスミ『そんなリクちゃんならば、アタシ・・アタシのサイショ・・あげてもエエんヨ。あの お医者さんごっこの頃より、もうちょっと、成長してるンよアタシ(照)』
          170818ff4.jpg
      なんせがカラダは街でも「ピカイチの一級品」で

勝手に・・・マッカに頬を染め 去っていきました セイキ楼のマスミ。。。

              170818ff5.jpg
          スッカリ やさぐれた気分の リク坊でスた はいー

・・・ったく・・ナンなんだ?? この突如の《女難の相》は?? とほほのほ。。。

          170818ff6.jpg
     と…エロも無いまま 次回へと(^^;
   (次は 格闘技戦バイオレンス でス)




「風街」と「ろまん」 (4乃1)

         yysk6c.jpg
     すごく お伝えしたくて…「いたい」ハナシです。。。

 【序篇 風変わりな天才 《風街》のこと】

リク坊は 高校に入りました。
        170817aa.jpg

しかし…哀しい事に、そこは ド田舎の丹後半島の哀しさ・・・

小・学校 中・学とは異なり、各地域の同年代が集まったとはいえ・・みんな「どっかで観た事のあるヤツばかりで」。。。

地元愛で固まるよりも まず先に・・『くそ~~・・こ~なったら 大学ダケは都会の賑やかなとこに入ったろぉ…』って ンな思いがフツフツと。


高校では 出身校よりの内申書の 余計な「ひとこと」・・・『かの生徒 成績は良好の部類、普段は大人しく、常識も身に着けているが、正確に難あり いったん怒り出すと 手が付けれない傾向もあり、注意と観察が必須とも思われる』って やれやれ。。。(--;
              170817aa1.jpg

それの理由により(?)高校のクラブ、柔道部と空手同好会には ぶっちゃけ『入れて貰えず』(--;(顧問がヘタレでビビりやがった。。。)

ンでもって、唯一、『ウチの部入らんか?』って、そう誘ってくれたのが「ラグビー部」。

およそ 昭和の初期からの伝統がアルってゆ~ 由緒あるクラブではありましたが、なんせが・・・「てんで勝てないチーム」。。。

          170817aa2.jpg

わたいを受け入れるだけあってか? やったら校内でも気性の荒い連中がゾロゾロ居て、そこに入部しました1年坊主のわたいは・・・

部員ともなると・・・「普通科」の生徒は殆ど居らず、その大半が「建築科」 要は 大工かとび職のタマゴの連中、マジでもって 気が荒い連中が揃ってて・・・


で・・ほぼ一週間後には わたいですが、クラブ内で 上級生部員からでさえも、『リク兄ぃ』って呼ばれる存在に(笑)(笑)

            170817aa3.jpg
         入部早々『牢名主』へと・・(^^;

ぶっちゃけ わたい以外には 地元漁師や 木こりの倅も多くて、足腰は とにかく丈夫!ケンカも強いし 度胸はアル。

クラブにおける『ウラのモットー』ってのがジツにもって・・・【 ラグビーが好きだ でも・・ケンカはもっと得意だ! 】ってので(^^;

地元の丹後地区予選なんかは 「ひと睨み」で(笑)ラクラク通過する。けども・・・コレが府内予選となりますなら、大抵が府の一回戦か二回戦で「ボロ負け」。。。

伏見あたりの いわゆる インターハイ常連校にとって 我らは「恰好の噛ませ犬」だったよ~で・・・

引退するまでの3年間 よくよく日曜ともなるなら、京都市内や大阪 あるいは兵庫って、やたらと練習試合に招聘され 出かける。

で 案の定 ボロ負けしては・・・だけんど、ぶっちゃけ 【お愉しみは帰り道】ときたもんだ♪


ナンのことはござんせんで・・ボクちんらの「お愉しみ」とは、帰りの京都駅に着くまでの帰路 三条や新京極 大阪 天王寺、あるいは神戸の元町って、

丹後の者の目には 大都会にも映る その地で『ケンカする相手を物色する』それでして いひいひ♪
            170817aa4.jpg
          ガチで『クローズ実写版』の世界(笑)
   天王寺のオマワリからは『ま~た!宮津の連中かいっ!』っと

で・・高2ともなる頃にはスッカリ・・・相変わらずラグビーとしての成績はズタボロですが・・・

京都・大阪・神戸地区の『ワルい連中の界隈』には、『宮津高校のラグビー部…相手がそうわかったら素直に《逃げろヤ》アイツら キチガイや・・・』って・・ヘンなところでスッカリ有名に(^^;

ま・・このよな空気の 荒くれた部活が長続きせず・・・我が出身のラグビー部は、平成10年以降には 廃部となってしまったのでありますが。。。


そんなんでしたので・・・当然・・『モテません』(^^;当時 Jリーグが正式発足して サッカー部には 女子生徒らがきゃあきゃあ群がっているのに対して、我らには、
          170817aa5.jpg
       女子生徒らからは「きたないもの」観る目で(泣)

奇跡的に応募してきた 女子のマネージャーは、僅か2時間後に『ヤメます』って騒ぎ(笑)それぐらい人気がございませんでした はいー。


当時のわたいは テメエの身体の軽量ぶりも判っていて コンタクトスポーツでもある ラグビー入部には チョイと二の足を踏んでいたのも事実で。

「わたいみたいな 蚊トンボでエエのでっか?」と訊くなら 先輩は「エエがナ♪ そのかわりキミ、短距離ダッシュはメッチャ早いって専らのウワサやデ♪」と。

「でも、ぶっちゃけ わたい・・ラグビーの《競技ルール》ナンも知らしまへんデ?」

            170817aa6.jpg
          コレでイイのか?? センパイ・・(--;

「エエがナ♪ あのナ…ナイショやデ?? ジツは・・ワシ3年やけど、ルール 全部覚えておらんねん、でも心配すな♪クラブ内部で そ~やナ・・5名ぐらい覚えてるの居るなら なんとかなる!」(ラグビー部 あるある でス)

          170817bb.jpg

1つ年上の ガールフレンド、カノジョである「マミコ」も、晴れて同じ高校となり、交際は順調だった・・・と、言いたいのはヤマヤマですが。。。

当たり前だけど リクめとマミコ。お互い 毎年、一歳ずつ年を重ねる。。で 自我が定着しつつある、この「高校時代」ってのは、とかく色々な展開が起きてくるもので。

ボクらの間には いつしか・・「すきま風」ってまではいかなくとも、純粋ピュアな「小さな恋のメロディー」のような 無垢そのものの展開ばかりとは呼べない状況になりつつあったのも事実で。。。


事の発端は・・・マミコよりは 一級上、リクからすんなば 2コ上の 同じガッコの「先輩」ッス。

モテる部活 サッカー部の副主将をつとめる その上級生のヤローが・・・にわかに『恋敵』として浮上してきやがりましたのだワ はいー。

前の宮津ストーリーの回でも書いたように、一時のマミコの家が抱える 経済をはじめとした状況や、地元における「差別問題」、

それに 問題のなにかと存在する 弟 千代彦、そういった複数の問題に囚われてたマミコでしたが。


中坊 卒業と同時に、千代彦は宮津を離れ、大阪の美容師専門学校へと進み。父親の方も、隣の市 東舞鶴にあります 大手ハム会社の工場で、おとさんはズっと 食肉仕事で生きてきたゆえに、経験とスキル、それを会社に買われ、肩書きとは別に 事実上の工場長って、頼られる立場となり、

ぶっちゃけ 給与の方も、裕福ではないけど ごく普通の暮らしを営むには十分って、そういう環境となり、一家は 地元差別のシンボル 通称「隣保館」を出て、宮津駅前に近いマンションへと引っ越したのでした。


なにかにつけ 幼いころから苦労を強いられたマミコ、それが 多感な思春期に 取り巻く環境や状況が一転して好転した少女が受ける「変化」。。。

マミコはノロケではございませんが あのコは「賢い」。生活の変化で 今度は一気に「ヤンキー化」するって程にはアホなオナゴではなかった。

ですが・・・元々からのカレシである リクめの目からするならば・・・『けなげさと実直さが薄れた』ってそれでして。。。

マミコですが、ムケやんに頼んで 入れてもらいました イワシ缶詰工場でのバのバイト、ヤメてしまいまして・・・

             170817bb1.jpg
       マミコ出勤の日は、売上げが一時 倍増したとか。。

TVCMでもお馴染みの 店員制服の 大手ハンバーガーチェーン そこのカウンターバイトをはじめて、地元の若いヤローらにも けっこーな人気が出ていたと。


今にして思えば・・・それはけっして マミコ当人を責められないと思います はい。

         170817bb2.jpg
       「美しさ」それは現金化できるということに。。。

要は・・・マミコは『気づいてしまった』のでス、地元や周囲のレヴェルに比べて、自身の「器量」が、すぐれていることにも。

そして「それの事実」が、アルバイト1つとっても、より多くの報酬額を稼ぎ出せる「武器になる」ってことに。。。


休日とかに 私服で逢う デートの際に、月日がたつのに比例し、マミコの着ている私服が ドンドン きらびやか、派手なものになってきている わたいはそれがどうにも「気になってきていて」。。。


「マルオ」って名前の 同じガッコの3年生 副主将のそいつは、浮かれた態度で わたいをつかまえ 云いやがった・・・
             170817bb3.jpg
     (あくまでもド田舎レヴェルの)地元のイケメン「マルオ」

『よぉ 新浜通りのリクやろ? ワシやけど、マミコにメッチャ!惚れてまってるねん。ってか 近い将来ワシの嫁にしようーって本気で思うとる。な?譲ってくれへんか??』

そう云われたわたいは ただ静かに 押し殺した声と態度で『・・・寝言は 寝て云いないヤ センパイ。。。』
            170817bb4.jpg
       テメぇ ワシのコロニー荒そうって気か??

この マルオも地元の人間、このリクめが いったん火がついたならば どんだけかデンジャラスなBOYであるかってのは 聞いてない筈がない。

ってか、至近距離ゆえに、マルオに起きた「体臭の変化」・・それまでかいてた汗がスっと引いて、替りに わきの下や背中に 弱アルカリ性の粘った汗が。。。

『へへっ♪ コイツ、ビビってやがル。ぶっちゃけ 小物の域 抜け出せへんザコやナ♪』内心で嘲笑う 残酷なBOY。

で・・・その「瞬間」に、恋敵同士による「宣戦布告」が発動されました って展開に。


怖いなんて気は1ミリも無かったですが、16のわたいにとっては 正直『ぶっちゃけ・・面倒なヤツが恋敵になりよったわナ・・』という本音の気持ちが。。。


フクザツでもあり、チンケなハナシでもある 宮津って片田舎ゆえの問題なのでして ええ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この マルオの実家なんでおますけども、日本三景 天橋立 その松林と砂浜に隣接する観光旅館、それも・・「超高級」がとされる ランクの旅館の跡取り 長男坊で。。。

東京都千代田区千代田一番地の やんごとなき御一家も 日本の各地をあれこれと回っておられますようで。およそ 10年弱に1回は、我が丹後にも お越しくださるって。

      170817bb5.jpg

ンな際に、格式 警備上の都合 その他で、皇族の方が お泊りくださるにふさわしき 地元の宿ってなりますなら、マルオの家の 旅館それしか無くて。

当然のように マルオの家も「ウチとこは 丹後イチの高級旅館ですエ」って揺るぎもしない意識。


でだ・・・リクめの家がございます 新浜の通り、家から2分とかからない 岸壁に突き出す形で 江戸時代のころよりの、宮津の街にとっての老舗の旅館「セイキ楼」ってのがありまして はい。

         170817bb6.jpg
      コッチだって けっして負けてない高級旅館で

リクの家ですが この セイキ楼の経営にはいっさい!タッチもしてないし 関係もありません。


が・・・そんな血縁的なつながりは無縁でも、『知らん顔は出来にくい諸事情』・・・それが存在してまして ええ。。。


地元の「観光協会内部での覇権争い」それでス ええ。。。マルオの家の旅館と この 新浜近くのセイキ楼は マジでもって「犬猿の仲」。。。
          170817cc.jpg

寄合の席では ほぼ毎回、ボロカスの 言い合いになります。修復は不可能な関係で。


でネ、リクの家なのでおますけども、 この セイキ楼、そっちの方に 早いハナシ『なにかにつけ 世話になっていた』それがあって。。。

使用人や 親分子分って関係性ではナイのでありますが、まず第一に ウチとこのジイさんが、自分の洋食屋を開くまでの長い間、

観光シーズン 地元の かきいれ時 となりますなら、ジイさんは 臨時の板前として、ちょくちょく セイキ楼の板場に出入りさせていただいていて。

遊び人のリク父も、このセイキ楼の女将さんの紹介で、グンゼの工場で ボイラーマンとしての職にありつけて。

で このリクも・・・要は 「三代で」でお世話になっていると。
            170817cc1.jpg
         憂い多き 当時の リク坊。。。

『初恋狂想曲』でも書きましたが わたいは、毎朝早朝の 地元漁連での雑用バイトしてましたが、ま~ぶっちゃけ それの 日払いで貰える額ってならば、千円とチョっと。

ウチとこの家ですと 基本として お小遣いは貰えないのが「家の流儀」ですからネ、ガキといえども「小遣いはテメエで稼ぐ」それが 街っ子哲学。

高校ともなりますなら、以前より 確実に 出て行くカネの額は大きい・・・漁連のバイトだけでは追いつかず、リクめも なにかにつけ、この セイキ楼に出入りし 下働き お使い事 雑用小僧をしてて。

        170817cc2.jpg
         特に 8/16日には、17万人の人手が

夏のお盆の時期って、殺人的な 忙しさの時期には 通りの子供らも 貴重な働き手として総動員され、かなりワリの良い お小遣いは貰えるのですが、

その中でもリクめは、地元の周囲 旅館のおっちゃんおばちゃんらが勝手に『リクちゃんは セイキ楼はんとこの次の番頭さん候補やからナ』って決めつけ、ほかのコよりも より多めに お小遣いを渡されるって、ンな環境にわたいは甘んじていて。

しょむないハナシ・・当時におけますリクめとしては、この セイキ楼の存在ってのは、「暮らしていく上での 糧」だったといえます具合で。。。

ってか無論、マルオなんぞに 可愛いマミコを 渡す気なんざ微塵もない・・・ イザって際は ボロカスにイてまって 同じオナゴに惚れたこと 心底から後悔させてヤル気マンマンでしたが♪

ぶっちゃけ・・状況ってのが・・・他なりません マルオの実家「橋立楼」VS「セイキ楼」それの なんだか…「代理戦争」みてぇな様相になってきちゃいまして うむうむ。。。

          170817cc3.jpg
       この東映映画 ウチとこ お母ンもチョイ役で出演(^^;

 『 なんだか…困った状況になってきたなぁ。。。 』


おまけに・・わるいことには・・・やはり「初恋狂想曲」でも 少しだけ触れましたが。セイキ楼には 跡取りの娘しか居らず、

リクめと同い年の 娘、それってのが、わたいのこと、惚れてるとまではいかなくても、『まんざらでもない』って ンな感じで(--;

小5の頃 オヤジ譲りの スケベの血が騒いだ結果・・・学年でも やったら発育のよかった セイキ楼の娘、他人を疑わない 典型的田舎の お嬢様
        170817cc4.jpg
       ♬ あ ちっちゃなコロから エロガキでぇ~♪(^^;

道路にゴザ敷いた ぶっちゃけ・・「お医者さんごっこ」で(^^; マッパにしてやって、わたくし・・・ 突っ込などはいたしませんがさすがに(笑)

あちゃこちゃ「いらいまくる」って、シャレになりません暴挙をブチかまし、それバレて、ウチとこの お母ンに ドタマのハチが歪むほどドツ7かれたのでありますが・・・。


で・・・それ以後ってもの・・・セイキ楼のムスメでおますが、リクめを「観る」その目つきってのが、なんか・・・上目使いで 情を絡んだ目でじっと見つめてくるって・・・
          170817cc5.jpg

『こりゃ いよいよヤバいかも・・・』って、ぶっちゃけ 将来の「リーチ」かけられたよな気分で(--;


こちとらですが、「末は博士か大臣か」って感じでウヌボレてはいませんが、でも…宮津なんてド田舎で 旅館の亭主やるだなんてツモリはございませんで・・・。

セイキ楼の 女将が、このリクめを 特別扱いするって それの背景には、やっぱ 将来の布石ってか、やがては わたいを「入り婿」として迎え入れる その予備活動だったきらいが。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じクラスに、ひとりの男子、風変わりでもあり、チトばかり気の毒なそいつ・・・「風街(かざまち)」って名前のオトコ。

            170817cc6.jpg

偶然 わたいと風街は、ヨコ隣の席になった、雑談しているうちに『将来はナンの仕事したいか?』ってなったトキ・・・


風街は、『うん ボクなんやけどネ、この…高校におれるってのも おそらく・・・今のこの1年生だけやろぉって そない思ってるんヤ うん』と。

ナンも知らないリクは、「キミ どこぞに引っ越すンかい??」っと訊くと、「いいや そうじゃないんだ うん・・・」と。


じゃあ ど~ゆ~ことやねんそれ? と訊きますと、うっすら、寂しげに笑った 風街は・・

『うん あのナ、ボク、病気患ってんねん・・・目の。。。《若年性奔馬性 緑内障疾患》っていってナ、今現在はまだエエねんけど、たぶん・・・年を越して 来年の春ごろには、ボクはもう、祖力を失っているはずでネ・・・盲学校に転校することになる可能性が大きいんだヨ』っと。。。
      170817dd.jpg


《知らないとはいえ・・・残酷な事を 聞いてまったワ・・・》慙愧の念こみあげるリクめ。

特殊な 牛乳瓶の底のようなメガネをかけてます 風街、教師による 教壇の板書きは 読めるのですが、なんせ視野の幅がごく「狭い」。

弱いのは 明るいところから暗いとこ、反対に 暗所から明るいところって、「明順応」「暗順応」が とっさにウマく出来ないって 既にもうハンデが。

 風街は こんなリクめのこと 不思議にも気に入ってくれましたようで、この笑えないハンデを抱えた 風街ってヤツとわたいは ほどなくして《マブダチ》となりました。はい。
         170817dd1.jpg
          すべての面で『真逆な』マブダチ誕生


風街の自宅は 高校から歩いて5分の、耕作地をツブして 建売住宅団地となった そこの一角にありました。平らな土地ですが 周囲はカエルが鳴く タンボだらけで。

ラグビー部の練習が無いトキに 誘われて 風街の家を訪れました。

風街の自室に入ったトキ、リクめは チョっと 感嘆してしまいました。

そこに存在していたのは 豪華なゲーム機でも、大量のコミック山でもなくて、リクめの母親も 画家志望でしたから「判る」、

        170817dd2.jpg

マジで プロ仕様の「油絵 絵画のセット」それがあり、正直ビックリした。 それにしても マジで「上手だ」・・・書きかけ途中の カンバスにあります 絵のタッチは、

老成ってのか? 16の未成年の描いたタッチだとは とてもいえませんde.

        170817dd3.jpg
      この「絵」が 関西絵画界で旋風を。。。

ダベっていますと、 クンクンと鼻を鳴らしながら、一匹の 薄茶色の毛並 ラブラドールレトリバーが部屋に入ってきて。

よくよく躾られている ってより、このワン公は、元の性格からが とても良い、穏やかなイヌであるってのはスグに理解できました はい。
            170817dd4.jpg
          ワンちゃんの名前は『ステッキ』

いっさい ムダ吠えなどせず、リクめがカラダ触っても、シッポ振りながら ジっと おとなしくしているのみ。

とにかく 主人である 風街のことが「大好き!」ってのが容易に見てとれる。

風街は ふいに『リク、ボクはネ、もうじきに 目…すべての光を失なう その後なんやけど、盲導犬ではなく、この《ステッキ》(イヌの名前)に、その盲導犬の役割をしてもらおうって決めてるんだ♪』と。。。

どう返答して良いものか戸惑うわたいは、「そんなんが…出来るンかい??その ステッキやけど、それ用の専門訓練とか受けてるの??」


すると風街は 小さく笑い、『いや・・受けてもおらんヨ ステッキはそんな訓練。でも・・・イイんだ うん。このステッキは優しくて賢いからネ、光を失くしたボクが、ナニを求め 助けを求めているか きっとスグに理解してくるって 少なくともボクは《信じている》ああ』

            170817dd6.jpg

はいはい わかっていますよご主人 っとばかり・・・ステッキは 抑え目に短く『うぉんっ!』と 一度だけ吠えました。

やさしい「笑顔」としか思えないこのイヌの表情。言葉は理解できなくとも、そのカオは あきらかに『いいぞ いいぞ♪ 盛り上がって来たゾ♪』って・・喜びの表情にリクめには観えました はい。

            170817dd5.jpg

風街はさらに笑いながら、『きっとサ、はじめは全然ウマいこといかなくてサ、ボクもしょっちゅう道で転んでは 傷だらけになるのは 今から覚悟してるんヤ。だけどサ、それ繰り返すうちステッキだって きっと成長・学習してくれるだろうって、ボク信じてる。。。今よりもズっと、ステッキとは四六時中イッショに居れるやんか?』

主人にそこまで慕われる このワン公は幸せだと思った。というよりも、このような イヌとヒトとの関係性は ひどく羨ましいって そう思えリク。


リクにも、かつて、家で飼っていた 飼い犬がいました。

ステッキのような 血統書つきの名犬とは真逆の、文字通りの雑種で、正直 さして美形でもないイヌで。
         170817ee.jpg
          名前は「よたろう」(笑)

正直 今飼われているワンちゃんらのように、栄養学的にも優れた ドッグフード与えていれば もっともっと・・・長生きが可能だったろうにと。。。

大抵が 残りのゴハンに 味噌汁をぶっかけた「残飯」それをウチのイヌは 嫌うでもなく いつも喜んでパクついていました ええ。

塩分の摂りすぎですよネ。。。思えば 可哀想な事したものでス ええ。。。


でも 少年のリクは このイヌのことが可愛くて仕方がなく、飼い犬も リクには 殊更 なついて ボクらは 常にイッショに「生きていた」

ちょっと痩せてきて アバラの骨が浮き出てきたと気づいて スグに・・イヌは じつにあっけなく・・・逝ってしまいました。


断末魔の「臨終」その瞬間 イヌはボクの腕の中に抱かれて 逝きました。声を押し殺して むせび泣き ボクはイヌの亡骸を抱きしめ 朝を迎えました。
          170817ee1.jpg

なんだか、あのココロやさしきイヌですもの。ボクがあまりに大声で泣き叫んだならば…きっとイヌは、ボクのことを 心残りと思い、成仏できない、そう思ったから。。。


ステッキのアゴの下を撫でながら、リクめはココロの中の声で、『どうか どうかステッキよ。このマブダチである 風街のこと、この先も護ってあげておくれネ?約束だよ??』そう念じました。

ステッキは《はいはい わかりましたよ》って感じで 小さくクンクンと啼いた。

                170817ee2.jpg


風街が『あれれ?ステッキのその声、ステッキはメスなんヤ。どうやら リクのこと惚れてまっったようヤ。ボクの愛犬 ヨコ取りせんといてヤ』

 ボクらは それからしばらく 無邪気に 屈託もなく笑いあった。 ステッキも さもうれしげににワンワンと啼きました はい。


================================


ある朝の 高校、全校朝礼 校長が演説台から ハウリングのすごいマイクで・・・
             170817ee3.jpg

・・・え~~本校の 1年生2組の生徒 《如月 風街》クンが、《マイニ●新聞、二科展共同主催の日本絵画展コンクール》それにて 栄えある金賞を受賞しました!

学校長として これほどの名誉はございません!風街クンは ただ今、京都市内の病院で 眼科の検査で入院中ですが、全校をあげて このたびの栄誉をわが公も誇りとしてたたえましょう!!


やっぱ・・・あの 風街ってのは《早熟の天才》なんだ・・・。だけど 悔しい・・・惜しい。風街の目…その視力は早晩 失われるっていうのだから。。。


教室へと戻る 校舎間の渡り廊下で、向こうの方向から マルオがやってきました。
          170817ee4.jpg

わたいは単身、向こうは マルオの他に 子分ってゆ~か、お付の金魚のフン ブタ松ってあだ名のチビデブと、サゴジョーって ヤセっぽちのノッポを脇に携えています。


『お~~これはこれは♪ マミコの本命カレシさんの リクやんか♪』調子コイて ナメた態度、テメエ…センパイやからって ビビりもせんし、ワシは手加減もする気あらへんデ・・・

マルオは『な??マミコ取り合うってのもあるがヨ、いっちょ このへんで いっそのことスパ!っと・・ シロクロつけへんか??果たしてドッチが マミコのカレrシとして ふさわしいかの《勝負》・・・』


  ・・・てめぇ ダレにモノ云ってやがんのかわかってルんかい1?? 『やんのかヨ?? 今…ココで・・・』
               170817ee5.jpg

    

ちょっと慌てた雰囲気で ちゃうちゃう!っと、大きく手を振るマルオ。でも、そのビビった態度を見られたことに 開き直り そしてフテくいされた そんな態度でマルオは。

          170817ee6.jpg

『あんナ 2年越しの要望が通って、ガッコ側から 正式OK♪が出よったんヤ。 あのナ、《宮津高 異種格闘技決定戦トーナメント大会》♪その出場選手 苦労して集めたのヤ。リク、オメエも それ出てくれるってならば、それで都合 8名準々決勝から、ヤマが成立するねん ああ』


・・・ヲイヲイ・・・格闘技異種決定戦って・・・ぶっちゃけ UWFも Kー1も あれ所詮は《人寄せの興業》やデ? 全部が《ガチ》だって 本気で信じてる テメエっちはそれほどの お気楽主義者なんかいナ(嗤)

オレら 高校生が、どんだけかマジで それ《真似たところで》ヨ… ぶっちゃけ、ドサ回りの 3流プロレスよか 見苦しきドタバタにしかならへんって。

格闘技なんて、ホントは 見物している分には マジでタイクツなもんなんだワ。そのバトルが《ガチ》であればアルほどナ。観客を愉しませるって、それは「テクニック」であり、「日々の経験の蓄積」それなんだから。
         170817ff.jpg
           全日本剣道選手権がイイ例。
       超真剣勝負なのに、『観てると必ず眠くなる』

わたいの疑念を察したかのように マルオは・・『イザ、ガチでのケンカってなるなら、あらん限りの《汚いワザ》平気で使いよるリクからすんなら、こういった 催しは お笑いぐさに観えるのやろけどヨ、たしかに・・ケンカ達人のリク、オメエと野試合でヤリ合って、勝つ自信は正直あらへん・・。が、大勢の監視の目の中、最低限に定められた《ルール》それでの中でなら、このワシにかて、十分にオメエに勝てるチャンスはあるけん♪」


「・・・エラいまたナンの遠慮もなく おっしゃりますなぁ センパイ。。。」

『大仁田厚とこのプロレスみたいにヨ、そこらに転がってるモノ 攻撃アイテムにされちゃタマランて。キチっと、ルールが敷かれた 衆人環視の中でなら・・・果たしてどうかなあ♪・・リク、オメエのスキルは いつものように 100%発揮出来居よるかはわからへんデ?』

・・・へっ!ナンとでも言いやがれってんだ。ああ 言う通りヤ。。ワシは《忍び》の子孫ぢゃ、バトルでの その目的は、観客を魅了する華麗な技の披露とかではなくてナ・・・

           170817ff1.jpg
      「忍び」ってのはナ…『生き残ってこそナンボよ』。。

それがたとえ、どんだけか見苦しく なさけなかろうとも、《生き残る》・・・ワシとこは【そういう家系なんだ!】


マルオは調子づいて、『なぁ?オレかてなあ、案外とバカに出来んのやデ♪ 元・黒崎ジム出身で、 東洋ウェルター級チャンプだった、タイガー喜多川ってヒトが、丹後由良にトレーニングジム開いてヨ、オレ、喜多川さんに弟子入りして マンツーマンでキックボクシング、 この一年半ってもの、教わってるのヤ。定められたルール中でなら、勝敗はドッチに転がるか??あながちわからんへんエ♪ どや??」
          170817ff2.jpg


わたいは「けっ!ジャッキ巻く(扇動する)のがヘタやナ センパイ(嗤)ダレがっ!好き好んで アンタはんが有利な展開にコッチがワザワザ 付き合ったらにゃアカンちゅうねん。ま・・勝手に お友達らで 仲良しこよしの《ごっこ》してろヤ♪」

立ち去ろうとするわたいに いささか慌ててマルオは・・・


『チョっと待てヤ!ココだけ、まだ絶対にナイショのハナシやデ?』 「なんですのん?」

『リク、オメエかて《金》欲しいやろが??・・・あんナ、ジツは…この勝負イベント・・《賞金》が出るのヤ、ウラでナ。見事優勝の者には《20万円》それを出すパトロンが居ねん♪ まだ内密で頼むワ』

「信用できひんハナシでおますわナ。ンな酔狂な人間 ホンマに居てまのかいナ??カバチかましといて メッキ剥がれたら エラい恥かきまっせ??」

マルオはムっとして、『ドコがハッタリやちゅうねん!?出所はガチでテッパンや!なんせ・・そのパトロンはヨ、《如月 風街》なんやから』


 えっっ!? 風街が?? どうして 風街が こんなアホとしか思えないイベントになんか金を・・・??

         170817ff3.jpg

マルオ『例の 美術コンクールの金賞受賞で出た《賞金》それ、そっくり ワシらの格闘技イベントの賞金に回してくれるとヨ。な??エエ話やってオメエかて 思わへん??』


アホぬかせヤ マルオ・・・そりゃ ワシかてカネは欲しくない訳はあらへんがナ。でもナ・・・

あの・・・風街は、マルオよ、オメエ知らなくて当然やが、もうじきに《見ている世界 すべての光を失なうのだ》・・・そういう人間が今…どのような心境でもって、格闘技大会のウラ賞金を出そうなんて、その気持ち考えたらナ アカンやんか。。。



マルオ『いずれにしてもヨ・・リクが参加すると確約してくれるなら 8名のヤマが全部揃う。でもナ ココだけのハナシ 8名のうちの4名は ぶっちゃけ《エサの金魚》や(嗤)要は、ライオンは ワシやリク含めて4名。おそらくやが、決勝戦であたるのは…この《ワシたち》だって思うのヤ。な??やらへんか??・・・シロクロつけよーやんか。。血ィが騒がへんか??』


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガタピシと、カラダが軋む感覚を味わい わたいは、ラグビー部の練習が終わり 帰途についておりました。

背後から『リクちゃん…』という声が。振り返れば 自転車から降りて 引いて歩いているマミコの姿が。


マミコ「マクドのバイトがハネて 帰るとこなんヨ。途中まで一緒に帰ろ」


リク「マルオ、橋立楼の あの跡取り息子がヨ、とうとう正式に、対抗馬宣言カマシてきやがったデ。。」

マミコ「えっっ!?ホンマなんそれ?で・・リクちゃん アンタは・・・」


リク「ああ・・未だにヤラセてくれへん、無慈悲な恋人やけどヨ マミコ(嗤)せやけどオメエは ワシのモンや。ダレだろ~と渡す気なんざあらへん。テメエで吐く言葉に酔ってるマルオ、その場でマジでカタワにしてやろか?って そう思ったが なんとか思いとどまった ああ。。」

マミコ「ヤメてぇなっ!!リクちゃんアンタ,いつもいつも 昔とゼンゼン変わらへんやん!そんな…野獣みたいなアンタ 時々マジで怖くなるのんヨ わたいは。。。」


リク「人間の《本質》が そんな簡単に変わるかヨってんだ・・・ワシが変わんないってダケとはチャウわい、ぶっちゃけ 変わったのは・・・マミコよオメエの方なんだ!」

マミコ「ひどいっっ・・・リクちゃん アンタ。。。」


リク「かえって《お似合い》なんとチャウか?宮津のセイキ楼に寄生してチマチマ暮らすだけの、セコ洋食屋の孫となんぞより・・・天橋立界隈でイチバンの豪華旅館の 若女将におさまれるってなら、マジで破格の出世やんか♪」

         170817ff4.jpg


 『リクちゃんの ばかあっっ!!』手垢のついた恋愛ドラマみたいに マミコは自転車のペダルを漕いて遠ざかっていきました。


・・・ホンマ・・・アホやなアわたいは。。。マミコに 八つ当たりして ココロにもない皮肉クチにして 傷つけてどないすんねん・・・。

だが・・・言い訳ではないが ボクらはもう既に 子供ではないし、《現実の時間》という軸で生きるのから もはや逃れられに それだって事実なんだ。

ガキの頃だったなら ケンカが強い、駆けっこが速いって それダケで、帰属する子供の社会の中では 常に英雄として君臨もできる。。。

             170817ff5.jpg

だが、義務教育も終わった 今となっては・・・テメエって生き物が存在し、どのよな環境下に位置しているか?? イヤでも《そういう事象が》背中にズシっとのしかかってくるのだ ああ。。。

誤解して欲しくはない・・ボクは テメエの置かれています《貧しさ》それに なんら恥だと思い卑下する気持などは無いのだ 本当に。

でも・・・ボクは 如月風街のように、掛け値なしの《天才》などでは毛頭ない。。。ナニの取り柄がアルってのだろう?? 単なる片田舎の バランス取れずに偏った なんちゃって秀才モドキでしかない。。。

マミコと 仮に結ばれ 家庭を持つとしよう・・・それで…果たして《ナニをしてやれるだろうか??》

豊かな暮らし 華麗な毎日 …とてもムリだ。。。ガキの頃には およそ無限だった テメエの将来への《夢》が・・・

今では 具体的そのものの 予想図としてノシかかる。。。今は平成の時代だ 苦学しても なんとか大学は出れるだろう。だが・・その後は「どうなる?」
           170817ff6.jpg

愛情はあっても、それダケでは 暮らしていけないのが いつの世も現実ってモンだ。

     imagesB95GPFDO.jpg

・・・五里霧中 いっさいの 先の進路がボヤけたままの そんなワシに将来を託すよりも・・・この街イチバンの旅館の女房におさまる方が、ヒトとしての幸せは掴めるンとチャウのか??


 こういう感情を指して《隙間風が吹く》っていうのなかなあ?・・・

           170817ff7.jpg
           次回へと 続きます はい


穢猥なる都市の片隅で・・・


 行儀よく まじめなんて 出来やしなかった(by 尾崎豊「卒業」)

ってかよぉ、こんな マニラくんだりまで ワシを飛ばしやがって・・・

    170627aa.jpg

1ミリの義理も 責任さえも存在しない 文字通りの《厄介ごと》・・・

それ… ワシに「おっつけた」以上はだ・・・「それ」の途中の 方程式や、目標へ 辿り着くまでの手段・・・

それについて、イチイチ、夜の蝶のケツ撫でながら やかましく、現場で汗かいてる こちとらにモンクつけたってヨ、


 ・・・ ダレが素直に従うかいっっ!! 気に入らんならばワシをとっとと《潰せ!》。。。


しっかし・・・本音で云わせて貰うゼ…『 穢ったねぇとこだゼ マニラってとこはヨ 』

このハンパに 豊かさに甘んじている 日本人ヤロ~からすんならば、ココの土地は、
          170627aa1.jpg

『貧しさ』・・でも、それは必ずしも、恥じ入るべき理由には 値しない。

同じく 貧しいでも、中東や 東欧州の極貧国には、貧しさという名の「絶望」の中にも・・・

どこか…太陽が沈み 灯がともる頃ともなるなら、家族が寄り添い、ささやかな夕餉を分け合い、今日という日を送れた事を 神に感謝するっていった、

明日への「希望」それを失わない そういう けなげさと、清潔さが たしかに感じられた。


だが・・この都市ってどうなんだ?? けっして街の風景の 汚泥ぶりではナイんだ ああ。

貧しさ?? ンなモンはもはや問題とは云えないって。豊かとされる 日本にだって、3大ドヤ街ってゆー 貧しさの面で 吹き溜まりはアルのだからサ。

         170627aa2.jpg
      この国ではカラダ売れる者が「エリート」って皮肉…

このマニラの「汚らしさ」は独特だと思う。便所どころではなく、おそらくココは、『この地球上の たん壺』それなんだとさえ思う。

         170627aa3.jpg

その街で・・・1人の クソッタレ・ジャパニーズを 見つけ出せってか? 上等じゃんか(嗤)


あえて断言しましょう、この都市で、正規の手段・・法規に則り お行儀よく作業を進めようって試みるぐらい《ムダな事は無い》。。。

「お役人仕事」で どうにかなるモンとは 根源的に「違うんだ」。。。なんたって 一瞬でも目の前のヤツに 気を許したなら、ビルの陰の路地で ブスリ・・・って世界だゼ。


『そっちの方の適性』それを認めてくれたなら ぶっちゃけ 誉めてやらぁ♪

イっとくがヨ このリクめの 本性ってなら《野生の 狼》だからヨ・・・

日本という社会で いかに、その牙を包み隠し、テメエの自我を押さえつけて暮らしているか アンタら知らんやろが。。。

こうして 腐った都市で、鎖を断ち切った 野生のケダモノが どのように動き回るか? まずは ご覧なさい お代は負けとくデ♪


まずはナンたって・・・テメエにとっての《手足が必要だ》。土地勘の無い場所で、オノレの勘に頼るのは、キケン。それは単なるヤマ勘でしかあらへん。


頼れるのは、地元のヤクザとかでない。 必要とするのは『ヤクザより 巧妙で《汚い》 限定にせよ 一定の権威を身に纏う者』それだ。
                170627aa4.jpg

このマニラの土地で それに匹敵するのは 唯1つだけ・・・「地元警察」だ。

                  170627aa6.jpg

でも、制服警官とかじゃあダメだ。私服刑事で、今までの経歴にキズが無い、警部補以上の「正しき警察官」(嗤)ぶっちゃけそれが この都市のディープゾーンを司る《実質上の権威者》だ。

                 170627aa5.jpg
             せっかくの女性化(嗤)利用しない手はネエって♪

イっとくが ワシかてナ『鼻は効くのだ』 こちとらの事を、やや歳がイってるのをムリして、夜のマニラの街に繰り出し オトコ漁ってル 日本人GALと思い込んで 寄ってきやがる、半グレを

ビルの木陰に回り『やさしくシメ挙げて』(笑)で 「それ」を4回ほども繰り返したなら スグに「掴めた」。
               170627bb1.jpg
          今回ばかりは『オレ流』でいかせて貰う…

《グレゴリオ・カスティーヨ》ってゆう 経歴にキズこそ無いけども、もう それ以上の出世は望み薄ってんで、カネに転ぶ人間へと転じた マニラ警察の警部補に辿り着いた。
         170627bb.jpg


フィリピン ナショナル・ポリスは 日本の場合の地方公務員とは違い その全部が 軍隊と同じく内務省の管轄です はい。

みなちゃま御馴染みの、NBIやイミグレーション。 これらは、法務省の管轄です。

現在のところ、士官(管理側)

Director General (P D/Gen.)
Deputy Director General (P D/DGen.)
Director (P Dir.)
Chief Superintendent (P C/Supt.)
Senior Superintendent (P S/Supt.)
Superintendent (P Supt.)
Chief Inspector (P C/Insp.)
Senior Inspector (P S/Insp.)
Inspector (P Insp.)

って構成されており、「士官」ってなるなら、基本 大卒であり、出身も中層階級以上の家のコでないと まずムリだとか。

こちらが兵隊
          170627bb2.jpg

Senior Police Officer IV (SPO4)
?Senior Police Officer III (SPO3)
Senior Police Officer II (SPO2)
Senior Police Officer I (SPO1)
Police Officer III (PO3)
Police Officer II (PO2)?
Police Officer I (PO1)

ぶっちゃけ どんなにか優秀な人材であろうと、このフィリピンにおける 警察内部の「事実上のカースト制度」(武勲出世はほぼ無い)により、

グレゴリオ警部補のように、スモーキーマウンテンにて ゴミを漁る子供時代を過ごし、軍隊へ入隊。

ミンダナオ島のゲリラ組織壊滅という武勲も挙げて 警察へ機構へと転身、その彼ですら、《Chief Inspector (P C/Insp.) 》って階級が 精一杯で。

       170627bb3.jpg

 グレゴリオ『それゆえオレは、絶望でもヤケになったのでも無く、生きる為に《カネで動く警官》それになったのサ』
 

そんな かれらとてプライドがあります、馬鹿にするのはいけないってかそれはキケン。

待ち合わせのダウンタウン地区の マニラ名物《GOGO BAR》のシート席で、

      170627bb4.jpg

わたいは『Sir?』とワザとに敬称で呼びかけたならば、グレゴリオはサングラス越しに ニヤリと笑った。


グレゴリオは『 Es grosero, pero sexo a pervertido?(無礼承知で訊く。アンタはレディーBOYか?)』

スパニッシュで尋ねるって、この人間なりの 気遣いなのでしょう。わたいは

『 Tengo clase de un enfermo. Este organo se convirtio en el demonio en un capricho. Usted no quiere y yo llorando.(いや 病気やねん この身体は。悪魔の気まぐれでこうなった。ベツにアンタにゃ 泣いて欲しいとは思わん)』

グレゴリオは『 Me ha gustado. Mi gente por lo que puede ser.(気に入ったゼ オレら仲良くやれそうだナ♪)』


「で?具体的に訊く。このオレにナニをさせたい?」

         170627bb5.jpg

「数か月以前から…このマニラに身を潜めている 1人のジャパニーズ・ジェントルメン・・・だが、特記すべきは、そいつ 現在進行形の《トランスジェンダー》でヨ。。。正直 詳細はわからんが、今減の《見た目》はあきらかにレディーBOYなんだろうって思う。そいつの居所(ヤサ)突き止めて欲しいのだ。」

「ふうん…で?アンタはJapanの《Yakuuza》か?Hitmanってなら 職務上 見逃すわけにもいかんのだが」

「ワシャな 893ではあらへん。日本のYOKOHAMAには893のマブダチも居るがヨ、非合法組織には属しておらんけん安心しろ。ま…ある意味では ハンパな893なんぞよりも これまでにヤバい橋渡って来た生き物ヤけどナ・・」

「やっぱそれって、カネが絡んだ案件なのか?」

「カネなら むしろ それは単純やて。。数字いじくって 精算つくやんか…あのナ、ワシやけど《そいつ》に逢って、どうしても 言い渡したい事 委託されててヨ、ダレもやりたがらん伝言役だからヨ、ワシに貧乏クジ回って来た。イイ迷惑ヤ」

「ふうん。カネ以外の事象には 興味湧かないからオレは。」

        170627bb6.jpg


リク「で・・・ぶっちゃけ、せかすようでワルいがヨ、何日ぐらいで 成果揚げてくれますんヤ?アンタ この街の裏社会にも精通してますのやロ当然?」

そう云いますと、グレゴリオは「No No」と軽く 右の人差し指をヨコに振りながら かれは・・・


・・・ある程度以上 アタマ良いよナ アンタ? でも、やっぱり フォリナーに過ぎない。この国の《本質構造》理解してない。


いいか?【 フィリピンには、893組織は存在しない 】・・驚いたか ははは♪ でも本当なんだこれは。。。

この フィリピン とくにマニラ市内における 刑事犯罪事案のすべては、イってみりゃ《官製談合》・・・

《必要性が高まった結果として起きる》・・・まぁ 1つの《公共事業》みたいなモノでナ。

士官の警察官(含 軍)上層部などの一部がナ、昼間は警官でも《兵卒》な、そいつら指揮しては 夜893 見たいなことをヤラせてんだ。

在比日本人の893の中にも、コッチ勢力と結びついて、特権を得ている人間も少なくないゼ?

            170627cc1.jpg

Mrリク、それが《この国の現実》ってモンだ。見ない聞かない関係しない が鉄則だわさ、正義感ふりかざす人間は あの…《狂犬大統領》だって、見事に消されちゃうから。ああそうさ、ドウテ●テ《政治的に勝ったんじゃあない》・・アイツが保有する《私兵組織》こそが、この国の《軍隊・警察・裏社会》を制覇したってことだ。
          170627cc.jpg
      「軍隊&警察」って暴力装置を握った【 帝王 】

JapanのTVNEWSでも観てないか? 今バカバカと、ヤクの売人だのジャンキーだのがとっ捕まってるだろ?

そりゃ一生懸命ヤルって!だって捕まえる連中の全員が《ドウテ●テと対立するファミリー側なんだから》(嗤)

なぁ?この国を軽蔑するか Mrリク?? だが もう1つのハナシも聞いてから 軽蔑するならスキにしなって。ああ。


あのなぁ・・マニラの警察署長や副署長の一番の仕事は、兵の管理。これが一番頭を悩ます仕事なんだワ。

それはどうしてか?? シンプルだ、【(警察官が)充分に喰ってける程の給料 支払われてないから】すべては「それ」に尽きる。

サイドライン…それするなとは本音では とてもとても署長は言い出せない、せめて凶悪な悪事だけは働いてくれるな!としか。

信じられるか??新卒巡査の初任給って、屋台ソバ屋の小僧と同じなんだゾ! 二十歳越えて 妻子も居るよな警官一家が コレでどうやって生活できるかヨ って!
     170627cc2.jpg

Lechon(レチョン フィリピン風 子豚の丸焼き)どころか、 ルンピア(lumpia フィリピン風 春巻き)もロクに喰えねえンだワ。

ある程度違法でも、市民に役に立っている商売。例えば、違法ショー、違法店舗、露店等をお目こぼしして、安い罰金を取るくらいならって そう働くのが人情ってモンじゃないか??

Mrリクよ、このマニラ社会ではナ、マジでもって チカラ(地位、権力、政治力)の強さ それを持たない奴が抱える恐ろしさは、想像を絶するものだゼ?

このオレが軍隊から マニラ警察へと転属したトキにナ、配属されたチームのボスってのが、無謀にも(嗤)警察機構内部の自浄作用を掲げて・・・

で・・どうなったと思う?? 真夜中の3時に…住んでた家が ガス爆発で、一家6人ごと《吹っ飛んだ》んだ 事実だから。。。


そんトキ オレは目が覚めた・・・何のチカラもない、貧民あがりのオレが、中層、上層部と揉めずに、《生きて年金を貰い受ける為には》生活の知恵。自分の本分をわきまえて生きる事なのだってナ。

それゆえオレは… カネで転ぶ《ものわかりの良い親切な おまわりさん》になったのだ ああ。

                170627cc3.jpg
          グレゴリオ『この国では警察こそがデンジャラスなんだ』

Mrリク、アンタに家族は居るか?考えてみろ・・その 愛する家族の【 生首が 】・・ナイフでグシャグシャに切り刻まれた生首が・・朝のゴミ集積所に並べられてる後継は見たくないよ な??

コレは 言い訳でも、開き直りでも無いゼ、オレは小金で生活費補填する程度のワルさ。覚悟の上《それ以上の悪事には身を投じない》ああ。


だからナ…その レディーBOYのジャパニーズぐらい 見つけ出すのは割に楽でもある。

が・・・案外に 厄介と呼べるのが、そう…《警察組織内部の 根回しと 付け届け》それなんだ。
       170627cc4.jpg

だから、この…メモに書いた《料金》、オレが欲かいて独り占めだと思わんで欲しいんだ。マジで 方々に 平等に(笑)配らにゃならん。


リク「判った 承知したデ。あと、も1つ お願いがアルのやけど ええか?」 グレゴリオ「なんだ?」

リク「拳銃が…1挺 用意して欲しい。安心しろヤ、ハナっから 撃つ気などは無いけん。弾丸なんぞも2発ぐらい入ってりゃ問題ない。作業終わったなら この手でアンタに返す。間違っても日本へ持ち帰るってトチ狂った真似はせえへんよって」

グレゴリオ「押収品の、スカイヤーズビンガム社製のコマンチ38口径リボルバー拳銃ならスグ用意できるが」
          170627cc5.jpg

リク「それって、たしか コルト・トルーパーのコピー銃やろ?エエやん♪」

グレゴリー「意外に詳しいんだなアンタ。1発でも引き金引いたなら…銃創痕から 4年前に地方で起きた 雑貨屋強盗死傷事件それの、Main Offender(主犯)に祭り上げれちゃうゼ、庇い切れないから憶えとけよ ああ」


 汚れていようと「警察はやっぱ警察」・・・たとえ日本の 外務省の「外交ルート」を使っても、

半年 1年経過しても サッパリ 1つとして成果が挙がらない案件が、ぶっちゃけ ボクちんの「尋ね人」は、

まるで 泣いてる幼・児の迷子の親を見つけ出す程度の「手間で」、潜伏先と云うのかな?? とにかくそこが判明しました はい。


案外と 大胆に隠れてやがりました「尋ね人」は、日が暮れて 街が宵闇へとなるなら ほぼ毎晩、繁華街に出かけ、決まっているらしい 2つ3つの店に顔を出すって情報をゲットしましたわたい。

トランスジェンダー、レディーBOYらの 情報交換の場であるPUB、それと 性欲盛んな労働者階級のオトコらで賑わう 地元の酒場とかで。
          170627cc6.jpg

集めました情報によるなら、「そいつ」は、お決まりのメイク&女装して、夜毎 オトコ求めて街を彷徨うってのとはチョイとばかり違うらしい。

ってか・・地元の人間の証言によれば『まだ あのパーソンは、《それのレヴェルにはいってない》♀に間違えられるまでにはネ』と。


どうやら、いわゆる《オンナ修行の 効果測定》のようです はい。よほどにオンナに飢えてる人間 もしくは酩酊したオトコから 声かけられ 誘われることは よくあるらしい・・

でも それに応じ 一緒に店を出ていく事は 稀で、要は 間違われるにせよ ナンパされる そのこと自体を愉しんでいるって感じだそうで。
        170627dd.jpg
       Heyギャルソン このマズいビール も一杯くれヤ


観た・・・なるほど、アレは ぶっちゃけ《オンナにゃ観えないワ まだまだ》・・・

       170627dd1.jpg

自慢する気も 嬉しい気なんか1ミリもあらへんけど、まだ・・・リクめのレヴェルにまでは 到達してない。。。


でも・・・ずいぶんと、体型変わったよナ・・ワシも かつて経験してます、か細き体にムチ打って 喰って喰って 築き上げた筋肉が削がれていくって「あの感じ」。。。

おそらくは、(女性)ホルモン・ジャンキーなんやろナ、同郷のルルでのケースでそれも観てる、副作用がハンパなくて、胃腸障害とシャレにならない食欲不振でドンドンと体が小さくなっちゃうんだ ああ。


手元にある そいつのオトコ時代の顔写真、怖いモンだわナ ホルモンって・・スッカリ別人とは言い難いが、おそらくアイツに♀兄妹なりが居るならば、ああいった顔つきなのだろう。

パッド入れてるかどうか?わからんけど、胸も かなり《膨らんでる気配が》。。。

イっとくが、「説得する気」なんかは 無い。。。アイツはもう 走り出した機関車だ、ワシにそれを止めるチカラなどあらへんからネ。

       170627dd2.jpg


 そっと  背後から近づき「そいつ」に 声をかけました。『…探したゾ。。。そないビックリすんなって。そう 日本からはるばる来た。説教とかじゃあない 《伝言》がある・・カオ貸してくれるよナ? 【ワタル】よ・・・」


「ワタル」、そいつは リクめの 元カノのひとり、通称「未遂」のダーリンそのヒトでした はい。
            btbt77.jpg

東大卒 某省庁のキャリア、神奈川県庁への出向って文字通りの出世コース その人間が・・・

それが、大学同窓の仲間らと、当時 産声を上げた「クラウドシステム」IT関係会社を立ち上げ、役人つながりのメリット活用し、神奈川をはじめ 多くの堅調に納入を果たし 要は「大儲けをした」。


破格のサクセスで その当時は まさに【ダレも気付かなかった】。。。

いつだか…読んだ記事がある《世に 12人に1人は LGBTの素地を有しているのだ》と。。。

それが・・まさか こんな身近で起きるだなんて。。。築き上げた栄達、それの・・すべてを放り出してまで オメエは オンナになりたかったのか ワタルよ・・・
      

ワタルが 潜伏(?)している マニラは マグノリア通り沿いのアパートメントで。
        170627dd3.jpg

「・・・リクさん相手じゃ、逆立ちしたところで、適うはずも無いし、ジタバタしませんよ。で? ボクを殴りに来たんですか??」

「率直に言う、ワシに向かって《アタシはぁ》だなんてクチ走ったならば、0・5秒でブチのめすツモリだったが。ボクと云ったからには それ勘弁したるワ ああ」


ワタル「無論…悪いとは感じています。未遂には。。。でも、ボクが 消えても、その後の生活に困らないだけの慰謝料と 生活費は遺したツモリですから・・」

リク「銭金の問題で このマニラまで来たのと違うけん、他人の家の金額交渉で動くほど 今のワシはヒマやあらへん・・」


ドライ・ジンを無理して呷ったワタルは、

「やっぱり、軽蔑しますか?ボクのことを・・・」

わたいは ムリでも 不動心を装いつつ

「ワタルよ まあ聞け。ワシは、オメエの人生を背負いきるだけの甲斐性は無いけん。ナンもかも捨てて、オンナへと変わりたいと オメエが そう思うならば、それもひとつの人生の選択肢なのやろナ。それについて 四の五の説教する気はない だが・・」

「・・・・・」


トイメンでの「話し合い」に 長時間はロクな結果をもたらさないものです。コッチが ワタルを一方的に《責める》だけでは、この案件は根本からナニも解決しないのです。

 『チョイと 街に出てヨ、歩きながら話さへんか?』と、ワタルを誘い 夜の街へと繰り出しました はい。
             170627dd5.jpg


夜の10時過ぎに、繁華街 Malate Ermita (マルタ・エミルタ)地区に出かけるってこと自体が、この地域では《ワタシはカタギの人間じゃありません》って証左となる。

上等さ、こちとら そんな、いかがわしき「花街」で生まれ育った人間。国は違えども、いかがわしさ ヤバさの空気にこそ、自我を満喫出来るってモンだ ああ。
              170627dd4.jpg

思っていた以上に、夜の繁華街の通り、そこに建つ 各店舗はキレイに整備されているようにも映る。だけど・・・どんなに「表向き」整えたように思えても・・・

ぶっちゃけ「それ」は、荒んだ生活をしてきたもはや老婆が、その 深い皺に ムリやり ファウンデーションを塗りたくっているのと なんら変わらない。

街の通りの舗道上に、いたるところ這いまわる「虫」、カナブンかと思うなら それはゴキブリ、それもかなり大量の。。。


要するに、街として 大事な部分の整備、「ゴミ収集」が 街の規模と伴っていないって証拠なんです。町中の 至る所に残飯とかがブチまかれているに近く散乱し、

それを 糧とするゴキブリにとっては、まさしくの「この世の天国」、この マニラってとこは、そういう土地なんだと断言させて貰う。

それは、家の中にウッカリと 便所を作らなかったせいで、家じゅうが便所と化してしまった…その 薄汚さが わたいはどうにもスキにはなれない。


「ワタルよ、キミが興した会社・・・正確には 元居た会社か・・経営状況は順調だが、今チョっと…苦境に陥っててナ」

「おおよその事態は聞き及んでいますよ リクさん。でも・・正直、今のボクが出てったところで、ナニ出来るものか? って・・・」


「クラウドの、システム構造に隠れていたバグだっけか・・それは テクニカル部門の問題、メカとかではない、主に 営業・売り込みを担当してたワタルよ キミのミスなんかではない。ああ でもナ・・・」

「でも??」


リク「ああ。《でも》ヤ。ぶっちゃけワタルよ、キミは未だ、《官僚当時の気分》が抜けてへんのとチャウか??」

ワタル「っと 云いますと??・・・」


リク「官僚の身分のままならばヨ、他の部署のライバルのシッパイを テメエの出世の追い風ヤ♪って、せせら嗤ってりゃよかんべ・・だがナ・・それが《イチ企業の人間》となった以上は、世の中 そうはいかないモンやデ?わかるか?」
         170627dd6.jpg

ワタル「でも・・・会社を去るにあたっては、ナニひとつ 瑕疵のない手段で、すべての始末と、責任の有り様は果たした気なのですが・・・」


リク「ああ それはマッタクもって《正論》。。だけどナ・・考えろ、今の社会、ビジネスシーンにおいては、PCのシステムそのものって、とくにもう《社会のライフライン》それなんヤ!」

ワタル「・・・・・」

       170627ee.jpg

リク「ちいさな町があったとして・・その町中の電化製品を面倒みている 街の電気屋が・・・テメエの都合で イキナリ、店畳んだなら、町の住人は困るやろが?会社って いわば《内部手続き》の問題じゃあないのだ、さいわいテクニカル面の救済措置はカンペキに修復できているそうヤ。しかしだ・・」

ワタル「しかし・・っていいますと??」


リク「あのナ・・日本って国の、その《商い習慣》それ スッ飛ばしては、この先 キミが去った会社、エラいことに陥るゾ・・・ハッタリカマシ澄まし顔の弁護士が出てくりゃ事は済むってモンではないゾ、やっぱヨ・・最初に、官僚時代のコネクション 最大に活用して、システムを各企業なりに納入した、《会社のカオとしての代表》・・ワタルよ、キミが 納入先1軒1軒、《ご迷惑おかけしました》って、詫び入れる、それをしないことにはどもならん・・・」
            170627ee1.jpg
         謝罪の「絵面」が欲しいだけなんだ

ワタル「でもそれじゃあ・・・去った筈の会社の為に、ボクに 一時帰国して、お詫びの行脚をせよと??・・・率直に言って、それはボクにはナンのメリットは無いような・・・」


リク「わかるよ その気持ち・・・。ワシかて 同じような想い、これまでに何十回となく思った・・。でもナ、その《詫びを受ける会社》ってのもナ、ぶっちゃけ 心底からキミに謝罪して欲しいなんて思ってはおらんのヤ?わかるか??」

ワタル「よくわかりません なぜですか??」


リク「なら教えましょう。キミの詫びを受けた その会社の社長か?もしくは営業部長はだナ、《納入担当者からの正式謝罪》って、【 その図が 】欲しいのだってことサ ああ。あちらさんかてナ、ワルいのは納入した 営業のキミの責任じゃないってのは十分理解してル。が、その「絵」がナイことには、《まぁ実害も無かったし、担当者からの謝罪も受けたし、従来通りってことで♪》って、そう・・物事の《収束》が出来なくなるんだ ああ。納得いかないかも知れんがヨ、コレが《売り込んだ人間の責任》それなんだ ムリでも理解しろ な?」
       170627ee2.jpg
     善悪とかでなく、それが「日本社会」ってものなんだ

ワタル「でもなぁ・・・率直に言って・・せっかくココまで伸びた髪の毛 お詫びの為CUTするのもイヤだし、もっと正直・・進行形のこのカラダとかカオ付き、元の姿知ってる連中に観られるのはイヤだなあ。。。」


リク「おい バカにすんなヨ・・マッタクのNOプランで、ワシがこのマニラまでやって来たって思うか??オメエ独りを恥さらしになどさせん。。ああ 交渉した、納得もいかない このマニラ行きの引き換え条件としてナ。お詫び行脚には同行としてヨ、与党の▲▲衆議院議員と、ハマの協議会《議長が》オメエに随行して、すべてマルく納めてくれよるからシンパイすな!ハラの中で舌出して、ドタマだけ機械みたいに下げとけ それで済む♪ダレひとりキミ観て笑ったりはさせん!」

ワタル「相変わらず 抜け目ないですね リクさんは 適わないなあ。。。」


 『 しかし《コレ》は あくまで 表向きの案件ヤ・・ワシの、港のリクとしての本題は むしろココから 』


・・・なあ?ぶっちゃけ 事が事だけに、みんな妙に必要以上に キミへ気を遣っちゃって、ダレも言い出せずに居るから、便宜上 ワシがあえて悪役になる・・・

            170627ee3.jpg

なあ?どないすんねん?? 他ならん《未遂》と・・それと大事な キミと未遂の 一人息子の事・・・責任果たしたとは どうしてもワシには《そうは思えない》のやけどヨ・・


わかってル!ワタルよ、キミも長年 悩み続けた性同一の問題、それについて あの 気の強い《未遂》ヤ、詳細はわからへんがヨ、たぶん 立ち直れないぐらいに、酷い言葉をブツけられたのだとは理解する ああ。。。

正直なところ・・今現在の時点においては、この世の中で ダレよりも《二度とカオ合わせたくない》そやろ? そやけどナ? フラットに聞いてくれ コレはワシからの《お願い》だ。

         170627ee4.jpg

やっぱヨ、世の中には、委任状と 印鑑証明ダケでは 事が全て完了不可能なモノがアルのヤ、かつての《愛の住処》それを処分するにしても、法的にいまだ 持ち主である、キミが売り手業者との折衝に同席するのとしないのでは、ヘタすりゃ セコ業者にサンザンに買いたたかれる結果になっちまうデ?

まぁ 気は強いし 弁も立つオナゴやけど未遂は(笑)でも・・・突如ダンナがオンナに替わるって、放り出されたに近いオンナ…その 哀しさと絶望感を考えてやれヨ??

コレはナ、元のカレシだから云うのではないけん、思えば 《未遂とは》・・・タイミングがワルいってか、ベッドインのチャンスが事あるたびにスカされてヨ、結局は 最後の一線まで越えられなかった。

            170627ee5.jpg

でも、そんなんで関係切れてもナ、このワシにとっては、大事な 元カノ。それ以上に・・【 大事なマブダチ 】やねん ホンマや。

未遂に 謝罪しろとは云わない。だけども・・たとえ 悲惨で酷い最期だったにせよ、この世で 縁有って、暮らしを共にした人間じゃないか!

望むってなら 今ココで 土下座してもいいデ?預金通帳ダケ渡して 事が済むとは限らん、【逃げてないで】・・その 責任の取り方を完遂して欲しいのヤ 頼む!!


ワタル「・・・・・わかりました。。。リクさんには これまでにも、圧倒的に《借り》が上回ってます。こうして わざわざマニラまでおいでになった、それを無視できない」

リク「じゃあ・・1回 帰国してくれるか 日本に?」

ワタル「ええ。でも・・・言っておきますが、一対一での話し合いはイヤですよ。お互い 第三者同席の冷静な話し合いが保証されない限り 未遂とは会いません」


・・ああ それのセッティングについては ワシに任せろ。けっして ワタルよ、キミに独り 恥はかかせないから。


  ・・・だが・・ぶっちゃけ ココまでは、あくまでも事後処理としての交渉ごとに過ぎない。

ワシのつまらん生涯で、ぶっちゃけ 今回ぐらい 気が進まない 使者の役目は無くってヨ、胃袋から血を吐く思い・・・覚悟決めて それを云う。。。

ワタル「それ以上って なんでしょう??」


 ・・・じゃあ 云おう。。。ワタルよ、【 息子には どう? 説明するツモリなんヤ?? 】
            170627ee6.jpg

パパはパパのままでは いられなくなりました…って、わかってル まだ息子は5歳、むつかしくて、フクザツな部分までは理解出来ひんよナ?

だが、幼いなりに、大枠は理解出来る筈ヤ、置手紙1つで その責任から解放されただなんて思うなヨっっ!!少なくともワシは 認めンっっ!!

たとえ 身を割かれるぐらい辛かろうと・・・逃げずに 息子と向かい合って、説明を果たせっっ!!
        170627ee8.jpg

《パパのバカぁっ!》って、息子からなじられ、ドタマをドツかれようが、逃げないで【 向かい合え! 】


いいか?夫婦は 別れてしまえば他人やけどヨ、【 父と子の関係はどうやったところで 断ち切れないんだ! 】それ忘れるな!
             170627ee7.jpg

それから、ワタルよ、《未遂》の実家の父親にも 1度でエエから 直接逢って 詫び入れてこいって。あの昔気質のおやっさんからゲンコツ喰らってこいヤ、

キミも さぞかしや 辛かろうが・・・いいか?キミの行動で、ココロに傷を負ってヨ、糸の切れた凧のように 彷徨ったココロを引きずっている そのヒトたちの事、オメエも人間ならばチっとは 考えたれヤ このアホンダラぁっっ!!


 それらがすべて終了してからが・・・ワタル、オメエの 本当の 第二の人生のスタートとなるんだ ああ。。。


『Hey! Elder sisters nice lady bellboy.(WWW) Don't you play with us? I make them satisfied sufficiently♪.(よぉステキなレディーBOYの姐ちゃんら、遊ばねぇか、満足させてやんゼイ♪)』

泥酔した いかつい 米軍属らしき 大柄白人の二人連れが、わたいらに声をかけて、無遠慮に肩に腕を回しながら、リクめの乳をば 乱暴に揉みしだきました。
          170627ff.jpg
           テメ ナニしやがル。。。


甘めぇナ・・まっすぐ歩けないぐらい酩酊してたなら、体躯のデカさなんてのはヨ、ナンのメリットもネぇのだ。

むしろ ワシが修練してきた武道は、カラダ小さく 非力な者にこそふさわしい それなんだ。。。

         170627ff1.jpg

「1人目」のヤツは 《四方投げ》でカンタンに仕留めてやった。190cm超え 120kgが大きく 夜の舗道に回転し 果てた。明日の小・便はコーラ色だゼ(嗤)

もうひとりは、《隅落とし》にしてやった。極めた相手の左腕を離さずに、迷いなんかするかって・・そのまんま【 折った 】
        170627ff2.jpg
       高くついたナ♪ ヤロ~の乳にヨ(嗤)

デカい図体して 泣きワメく白人。心配すんな 折ったといっても、骨はたぶん無事だ。イカレたのは肘の靱帯だから、明日になったら整形外科行けヤ。


ワタルが呆然と 硬直しながら「相変わらずだなぁ・・・見事ですが なんとも・・・」

わたいは「オメエ ナニ ボ~っとしてんのヤ!」 「だって。。。」

「オメエ、今 キャッシュ持ってるか?」 「よ、4500ペソ(約1万円)ぐらいなら」 「それでエエ 寄越せ」

わたいが持ってます 120$と加え、通りの反対側で さっきからジっとコッチを見ている マニラ現地の オンナ警察官に走り寄り わたいは、


『 Because the act now is justifiable defense to the end. Please take care of a settlement.(あくまで 今のは正当防衛ですけん。後始末よろしゅぅ~に♪) 】と札を握らせた。
           170627ff3.jpg

♀警官はニヤリとして『 OK♪ 』 「こら!ワタルっ!ナニをボケっとしてんねん!とっととズラかるんだヨっっ!!MP来たなら監獄行きやゾ!」


ワタルのアパートへと戻りました。
     170627ff4.jpg

「牛乳貰うデ カルシウム補給しねぇと、高まったアドレナリン抑えきれん」

「しっかし・・本当に注意してかないと、いつか…死にますヨ リクさん・・・」アキレ顔のワタルが云います。


「さてと・・・。さっきまでのハナシの続きしないことにはナ?」

ワタルは顔を曇らせ「それなんですが・・・」

ワタルは云います

・・・ねえ リクさん?このマニラくんだりまで出かけてきてくださって それは本当に感謝しています ええ。

今ですからココロの底から云えます・・・未遂は本当に、リクさんっていう 良いトモダチを持った。。。

だからではありませんが・・1度…日本へ帰国して、カタつけるべき責任を果たそうと思いますよ 本当に。。。

未遂当人とも逢います。すべての後始末を責任以ってカタつけますよ。あの怖い 義父さんにもゲンコツ喰らうのも致し方ないかも(笑)


・・・ですが・・・ムシがいいってのは充分 承知してます。だけど・・・

やっぱなぁ・・・・・今の姿で・・息子の前へ出るのは、出来るなら 手控えたい・・・。リクさんはこんなボク 軽蔑するでしょうが、
         170627ff5.jpg

アナタほどには 強くもない、弱虫ののボクって人間は どうしても、息子に会う勇気が湧いてこないのですよ・・・。


わたいは「あのなぁ。。。ワシはガキの頃から 藤山寛美の お涙頂戴の人情風味の 説教劇がキライでヨ、寛美サンの世界観で割り切るなら、ワタルよ オメエも このワシもこの世におけるゴミ!みてぇな人間だワ♪ゆえに説教するよな資格はあらへん。せやけど 云わせて貰うド・・・」

「・・・・・はい。。。」

          170627ff6.jpg
      ぶっちゃけ それはオメエの勝手な都合だろ~が!!

リク「テメエっちの息子やけど、ありゃ処女懐胎で産まれよってンかい?オナゴとヤローが ひぃひぃ はぁはぁ…アホみてぇな狂態サラシての結果やろが!?エエかっ!生き物なんてのは どんだけか気取ったところで、そんな生臭さと不潔さの過程をして生を受けるんだワ。たしかに、突如パパがだ、オナゴに替わるって、居らんよになった家の息子は不憫といえる・・・。けどナ、《そうなったからには》それをも受け入れて…他の子供よりも早めに《オトナになる》、それが息子にとっての 今後の成長の糧って思わへんか??どないやねん!?」

「・・・っっ!! でも・・それって、あまりにも 酷くないですか??息子だって ひとつも微笑むべき事柄なんか無いし・・・」泣き出すワタル。

リク「泣くなっ!!ってか、オメエにゃ まだ泣くべき資格すらあらへん。おいワタルっ!テメエっちは自分が 西行法師にでもなった気分でおるのんか?」

ワタル「だって!・・だって、《人生にムナしくなる瞬間》ボクにだって有っても不思議はないでしょう!?官僚キャリアだなんて もてはやされたところで・・要は定年間近まで神奈川県庁で飼い殺し・・・呼び戻されて せいぜいが課長補佐…だから、ボク、仲間と起業したのですよ。だけど、一度は運命共同体だった仲間も、儲けが出るにつれ、よそよそしく、上辺ダケの関係になって・・・」

リク「それはナ、成功者の勝手な愚痴泣き言ヤ。銀の匙咥えて産まれてきた者が当然に味わうモノなんだ」


ワタル「そうはいえけど!そういう《リクさんだって!》アナタだって、リッパにキャリア・・いいえ 準キャリアじゃあないですか!」

リク「え?? このワシがか??アホ云うなヤ。コ汚いドブ川の水すすって泣いた 叩き上げやゾ ワシは・・」
              170627ff7.jpg
            ワシなりに 少しは努力もしたのだ ああ…


ワタル「そうはいうけど!アナタは 国立大出てるし、現社長の甥っ子って立場、完全に出世するに値する 恵まれたスタンスじゃあないですか!」

リク「あのなぁ…《隣の芝生は青く見える》って、まさしく《それ》やねん。ワシはイッペンだって テメエのことエリートだなんてウヌボレた事はあらへん。思いもよらず、さあ人生これから!ってトキにカラダが 女性化してヨ、それでもって 人生投げ出すのもシャクやから、クソ意地張って 結果が 今でしかあらへん。ワタルよ、オメエにはわからんやろけどナ、泣き言とチャウよ。。だが、このワシが 女性化しちまった その事で、ドレだけの それまでに抱えていた《夢が》・・・ポロポロと 掌から零れ落ちていったかを知らない・・・」
           170627ff8.jpg


  『 ドレだけか オレが泣いたのを 知らないだろう オマエは・・・ 』

        170627gg.jpg

・・・いいかワタルよ、西行法師・・・西行は《西行はおもしろくてしかも心ことに深く、ありがたく出できがたきかたもともにあひかねて見ゆ。生得の歌人と覚ゆ。おぼろげの人、まねびなどすべき歌にあらず。不可説の上手なり》って、新古今の、藤原俊成と並ぶ大歌人と呼ばれるが・・・

どっこい! ワシ個人は1ミリもアイツ認めンからヨ ああ。北面の武士ヤメて出家するってなら・・ぶっちゃけ《どうして??》捨てられることとなる妻子を、自ら手を下してコロしてやらなかったンだ!?ってナ・・・
         170627gg1.jpg
       妻子を捨てた ロクデモ野郎やんか!

あの時代 テメエの勝手で捨てられる 妻子の気持ちなんぞアイツは完全に 放棄して テメエの浪漫 優先して勝手に逃げて・・・その悔悟のココロを 和歌や詩でもって誤魔化すって、自己韜晦してやがったダケの【世紀の卑怯者だわサ!】

ワタルよ オメエが、オンナになりたいって気持ち・・云うナっっ!!ンなモン聞きたくも無いし 興味もあらへん。オメエのココロの奥側なんざ覗き見たくもないワ!

せやけど、一切の 文学的にして情緒的な《その言い訳》排除して、冷徹に考えてみようやんか?

       170627gg2.jpg

その動機は【 性欲 】やろ?? それが有るのを恥じてもどもならへんデ?ワシかて充分ある!ダレにだって有って当然の、生き物としての当然の本能なんやからヨ。

人間は・・・その《本能》をサラケ出すのが怖くて、長い歴史の中で 百万通りの《言い訳》を創りあげた。
          170627gg3.jpg

勘違いすなヨ? 問題はワタルよ オメエじゃねぇンだ!残される運命となる オメエと未遂の間に産まれた息子にはナ、オメエのことを《パパのバカぁっっ!!》って、ドツきまわす【権利があるのだ】。。。

ああ お節介だ 完全にナ。。だけどヨ、この【 禊 】が終わらないうちは、少なくともワシはオメエを認めん。それが 未遂の《マブダチ》であるワシとしての《矜持》だ ああ。。。
                170627gg4.jpg
             ワタルよ 償ってキミも身軽になりなさい…


いよいよと 泣きじゃくるばかりのワタル。 しゃあない・・・いっちょ ショック療法でいくとすっか。。。


観ただけで粗悪品とわかる 汚職警官 グレゴリオ・カスティーヨに調達して貰った 38口径のリボルバー。
           170627gg5.jpg

わたいはワタルに向かって「しゃあないナ・・説得してもアカンようやから、これでもワシかて忙しい身、早いとこシロクロつけよヤ?」


・・・この銃 1パツだけ弾丸入ってル。いっぺんヤってみたかった♪ そう…【ルシアンルーレット】な。

ぶっちゃけ・・《最後の1パツ》まで 引き金引き続ける度胸はワシかてあらへん(笑)(笑)そこまでメンタル壊れてへんしヨ。

せやから・・・お互い 1回ダケ…引き金を 引き合おうやんか?そんでなお無事に済んだならば、もうワシは ああだこうだ云わへん。決定権はキミに委ねる。

え??バカげたキチガイやて? ははは♪ 今頃気付いたか♪こうしたキチガイの悪魔とかかわりを持ったのも ワタルよ オメエの運命なんだって納得せぇヤ。じゃ 行くデ。


ンなアホの究極の行為 考える秒数が多いほど 恐怖心は高まるってのはハナからわかってル。あえて考えないフリして 銃口を額に当て 引き金を。。。


「カチャリ」って、ある意味むなしい音がして。


おおおおおおぉぉ~っっ!!ビビったぁっっ!! ぶっちゃけタマがキュっと体内に引っ込んでまったやんケ・・竿さえ無ければ わたいこそが『オンナの子』やんかって(笑)

『さ…お次はオメエだ。逃げるのは許さん ワタル・・・』

おそらくは 生まれてから初めて手にした凶器・・・ワタルは・・・「それ」を額に当てることすら出来ないまま、ブルブルと蹲って震えながら・・・

           170627hh.jpg

『 出来なあああいっっっ!! 勘弁 勘弁してくださああい!す、すべて 云う事聞きますから どうかっっ!! 』

よおし、話し合いでは ぶっちゃけ一週間かかっても結論出ないだろうモンが、ものの1分で 解決したやんか♪世の中『シンプル・イズ・ベスト』だわナ いひいひ♪

         170627hh1.jpg

蹲り 大量の汗をかきながら ブルブルガクガクと震えている ワタルの手からリボルバーを奪ったわたいですが、


  そのシリンダーあたりを確認したなら・・・「おや??」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 翌朝、日本へ帰る 空港へと向かう前に落ちあった

   170627hh2.jpg


「じゃ 約束通り コレ返しまっさ グレゴリオはん」

「これって 事件の報告も受けてない。どうやら、平和裏に事が終了したようだナ まぁよかったよかった」とグレゴリオがリボルバーを受け取り云います。

グレゴリオ「《探し人》は、いったん帰国するってかい??」

リク「ああ おかげさんでナ。首に縄つけて しょっ引いて飛行機乗ったろかいとも考えたが…後日《必ず帰国します》って、アイツの言葉を信じてやろうって そう思ってるワ うん」


わたいは・・・「それにしても…随分と 気を遣ったっていうのかナ??マニラ警察も ぶっちゃけ おもろい真似しますのやナ??」

グレゴリオはとぼけて「ん?さあ ナンのことか判らんが」
        170627hh3.jpg
       くそったれのナイスガイ グレゴリオ…


「トボケなさんなって。その銃・・たしかに弾丸は込められてた。。。けど・・グレゴリオ、アンタ・・・ワザとに【撃針折れてるの 渡しやがったろが…】アレじゃあいっくら引き金引こうと、永遠に弾は出ぇへんやんか(嗤)」

グレゴリオは サングラス越しにニヤリと 猛禽類を思わせる笑いを浮かべて 云いました。

            170627hh4.jpg

「Mrリク云っただろ? オレは多くの欲は持たない。夜の食卓に《カレカレ(フィリピン家庭料理)》が載ってりゃそれで満足。信じなかろうがこれでも、街の平和と人々の安全を祈る《しんせつなおまわりさん》なのサ♪」


・・・コイツ… なっかなか《喰えねぇヤツ》だ♪ だが あんがとヨ・・・おかげで マジ犯罪者にならずに済んだワ ああ。。。

グレゴリオ「アンタは、善悪でいうなら あきらかに悪魔に近い側の人間だよナ?だが 長年の刑事の勘かナ??アンタは、チンケな悪事に手を染める人間とは思えなかった。もしも…仮に実行するなら、要人暗殺か 政権転覆だろうヨ♪ そんトキはぜひ呼んでくれ♪かなり頼れる助太刀だゼ俺は。まあ、だからこそ要望に応じた。・・・細工付きでナ」

初めて 感情をさらけ出すように グレゴリオは がははは!! と、腹から声を出して 笑いました。


「Hey Mrリク いつか、このマニラに、プライベート・ホリデイで来いヨ。色々 面白いとこ案内するゼ♪ ガイド代はお廉くしとくからヨ」

「けっっ!ンなクサりきった街にダレが2度と来っかヨ!!頼まれてもゴメンだわっっ!」

           170627hh4x.jpg
         やるダケの事はヤった 後悔は  『無い』


  ・・・グレゴリオよ いつかキミこそ日本に来い。港ヨコハマの街にも このマニラとたいして変わらん風情がアルのを キミに見せてあげたい フト、そんな気がするのだ ああ。。。


              《 完 》

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  《 Tom Waits - Downtown Train 》


Outside another yellow moon     外では いつもの黄色い月が   
Has punched a hole in the nighttime 夜空に (ぽっかりと)穴を開けている
I climb through the window     俺は 窓をすり抜けて 這い出ると
and down to the street       市街へと 繰り出して行く
I'm shining like a new dime    俺は 新品のダイム(10セント硬貨)みたいに 輝くのさ

The downtown trains are full   ダウンタウンの列車は 満員で 
with all of those Brooklyn girls ブルックリンの娘たちで (あふれている)
They try so hard to break out   彼女たちは 抜け出そうと必死でもがいているのさ 
of their little worlds      彼女たちの 小さな世界から

Well, you wave your hand      そう、お前が その手を振れば
and they scatter like crows     連中はカラスの群れみたいに 四散する   
They have nothing          奴らは 何も持っちゃいない
that will ever capture your heart  お前の心をとらえるようなものを
They're just thorns without the rose 奴らはバラの花が無い ただのイバラに過ぎないのさ

      170627hh5.jpg

Be careful of them in the dark   暗闇にいる 奴らに注意しな
Oh, if I was the one        もし俺が その一人だったら
you chose to be your only one   お前が決めた 唯一人の男だったら
Oh baby, can't you hear me now   俺の声が 聞こえるかい
can't you hear me now       俺の声が 聞こえないのかい?

Will I see you tonight      今夜 お前と逢えるかい
On a downtown train       ダウンタウンの列車の中で
Every night it's just the same  毎晩 いつも同じさ
you leave me lonely now     お前が去ってから、今は独りきり

 
I know your window       お前の(家の)窓は 知ってるさ
and I know it's late      でも もう遅いことも判ってる
I know your stairs       お前の家の階段も 知ってるし
and your doorway        お前の 出入り口も わかってるさ
I walk down your street    俺はお前の 通りを歩いて
and past your gate       お前の門の前を 通り過ぎて
I stand by the light at the four-way 四つ角の 灯りのところに立つ 

You watch them as they fall   お前は 奴らが倒れるのを 窓から見張っている
Oh baby, they all have heart attacks 奴らがみんな 心臓発作で(倒れるのを)
They stay at the carnival    奴らは お前のカーニヴァルに居残るけど
but they'll never win you back でも誰一人 お前を取り戻せないだろう

Will I see you tonight     今夜 お前と逢えるかい
On a downtown train       ダウンタウンの列車の中で
Where every night,       どこも毎晩、
Every night it's just the same 毎晩 いつも同じさ
Oh baby

Will I see you tonight     今夜 お前と逢えるかい
On a downtown train       ダウンタウンの列車の中で
All of my dreams         すべての 俺の夢は
they fall like rain        雨のように 落ちて行く
Oh baby, on a downtown train   そうさ、ダウンタウンの列車の上へと

        170627hh6.jpg

Will I see you tonight     今夜 お前と逢えるかい
On a downtown train     ダウンタウンの列車の中で
Where every night,      どこも毎晩、
Every night it's just the same 毎晩 いつも同じさ
Oh baby             ベイビィ

Will I see you tonight  今夜 お前と逢えるかい
On a downtown train    ダウンタウンの列車の中で
All of my dreams      すべての 俺の夢たちは
Just fall like rain     ただ雨のように 落ちて行く
All on a downtown train   全て ダウンタウン・トレインの上へと

All on a downtown train   全て ダウンタウン・トレインの上へと
All on a downtown train   全て ダウンタウン・トレインの上へと
All on a downtown train   全て ダウンタウン・トレインの上へと
...... a downtown train...     ダウンタウン・トレインへと・・・

 

 https://vimeo.com/31168238


プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR