FC2ブログ

生まれた血筋がワルいのか??・・の巻

 リクだよーん
      170216aa.jpg
     ただいま採点中でおます

しっかし・・・ナニも今にはじまったハナシぢゃござんせんが・・・

時代錯誤そのものってか、東西冷戦時代の時計のまんま停止してルとしか思えない、いうまでもない あの!北の共和国『キムの縄張り』のこってス。

つくづく・・あっこの国民が不憫ですわナ。人民がワルいんぢゃにゃい!テッペンの親方が完全に『狂人』なんだ!

民主主義も共産主義も 社会主義も『関係ない!!』いってぇドコの世界に、腹違いとはいえ、ジツの兄さん毒殺するなんて真似 マジで実行命令下する兄弟関係があるもんかって。

100マン歩譲って、あの あえなく外国の地で果てた 正男サン・・・

          170216aa1.jpg


って・・こりゃ『杉作J太郎さん』だった!(笑)(^^;(←300%意図的・・)※激似ですやロ?

兄貴を討ち果たすのに「義」が有ったとしてもだ、ぶっちゃけ『それだったらテメエの手でヤレよナ!!』ってわたいは云いたいス。

下の者に指令出して、テメエの手は一切、血で汚れてなんかいません♪ ってか?・・・少なくとも貴様は「侍」ではない・・・コ汚ねぇ「朝鮮人ヤロー」だ!


マスコミは、あの 刈上げブタ野郎の「尊属殺人」それも「殺人教唆」だゼ?実行犯よりも刑罰は重いのだ、この暴挙をナンで?糾弾し追及するトーンで表明せんの??
             170216aa2.jpg

民進党 社民 共産 各野党、平和的市民NPO(笑)!沖縄の基地移転が非人道的だってなら、この「実の兄弟による委嘱殺人行為」は非人道的ではありませんってのか??コメント出しやがれっっ!!
          
『人間の命」はナ~、この世のダレかて 平等に「尊い」のだ。その大原則、小手先の都合でコロコロ『動かすな!』恥を知れ 貴様ら。。。


 っと・・・キレさせていただいたところで 本文へとまいりますが(^^;

基本として このリクちゃまは、カラダつきこそヘンテコでござりますルが(^^;

「その本体は?」ってなら、いたって「正常」ってか、コレって特異点もナイ、『そこいらのフツーの人間』そ~思っているのですが はい。
                170216aa3.jpg
              か~ちゃん近こ~寄れ いひいひ♪


しかし・・・「因果にも」・・・チトばかり困ったレッテルがつきまとってもおります・・『あの家系は《シャーマン》だ』っと(--;

        170216aa4.jpg
       だからってナンやねんっ!?(自虐の感が)

わたいはですネ、心底から困ってたのだ・・・『だからどないやねん!』先祖が巫女さんしてたってなダケで、ほかに ど~ってことない庶民でっから。

超能力なんてござんせん。ヒト呪ったり、お祓いなんぞもあたしゃ出来ないッスよん。「選ばれし 特殊能力の人間」だなんて意識は『いっさい無い!』

             170217aa5.jpg
          超能力あったら たぶんヤってます(^^;


で ですネ、ぶっちゃけ 世の中全体に「大きな誤解」もございます はい。

なんというか?・・この世の中での 不可思議領域とされる「その全部」を・・この「シャーマニズムの屑籠」にブチ込んでいるのでありまして はい。

わたいですが、毛嫌いしながらも、これまで多少は 研究(?)してので、今回 それを出来る限り わかりやすくご説明させていただきます はい。


まず ノッケに、《アニミズム》ってのと、《シャーマニズム》ってのがございましてネ、

その2つは ごく同じようにも観えて、細かい部分は意外と根本から「異なる」ってのを把握しといてくらはいナ。


▼アニミズム animism (有霊観)ってのはですネ・・・

霊的存在への信仰として、人類学者タイラー Tylor が提唱。animaはラテン語で霊魂という意味でス。

人間だけでなく、動植物や無生物にも霊魂が宿っていて、物体から離れても独立して存在しうるという観念特定の事物に特別な霊的存在が宿るという考えは呪物 fetish 崇拝(fetishism)
           170217bb.jpg

なんやら難解そうですが、この考え方は アメリカ大陸の「ネイティブ・アメリカン」インディアンの「ナホバ族」にも古来より 継承される 基本的な考え方です はい。

霊魂は日本語ではタマ tama (霊魂が宿る球形の石)、カム・カミ kami (畏れの対象、上方を意味する kamiとは別語源)など

な??《たましい》とか、《かみ》って 宗教的単語とどこかシンクロしてると思わへん??古来の時代よりの普遍的な用語とかってのは、必ずしも国家単位で形成されているとは限らないとゆ~1つの実証的証拠かも。


宗教の起源の研究の中で、アニミズム→多神教→一神教、という進化主義的モデルの一種として提唱されましたが、このモデル自体は否定されていたりもします。

しかし、近代的文明社会にもアニミズムは存在します。日本の「神道」の基本理念・・『八百万(やおよろず)の神』も、 やっぱ「万物に魂宿る」って、コレに近しいのかも。

・・で 一方の《シャーマニズム》ネ

▼シャーマニズム shamanism (巫術、巫俗)

語源はツングース語・マンシュー(満州)語の saman(知る人)。サンスクリット語のsrama?a(沙門)起源という説もありまんナ。

シャーマン shaman (巫師、巫者)という職能者が、トランス状態という、一種の変性意識状態に入って、霊的、超自然的存在と直接接触し、 儀礼を行うtte.
          170216bb1.jpg

古代日本語ではミコ(貴い人)で、これが漢字の巫女に対応させられた。民間巫者としてはイタコ(北東北)ユタ、カンカカリャー(琉球)など

『はぁぁ~ あだスが マリリンモンロ~だスぅ』って(笑)(^^;お馴染みの(?)「御霊(みたま)おろし」の構図が展開するわけわけヨ。


あんまし ネットですら言及されてない事 お教えしましょか?(役に立たないけど:笑)

あのですネ、ひとくちにシャーマンといっても・・・《脱魂型シャーマン》ってのと、《憑依型シャーマン》って、その2Typeがアリましてン。

ドッチが上位・下位ってのは関係ないス、おもろい点は・・・『その2つのの相違点は、《♂♀》の《性差》に大きく左右される』って されます点で。。。

■ 脱魂型シャーマン

脱魂 ecstasy によって他界を訪問する。狭義のシャーマン。狩猟・採集社会、南北アメリカ先住民社会に多く 圧倒的に男性が多い

要はですネ、酋長とか網元とか、その集団において代々 継承されるような《リーダー資格》アリますでショ?それの立場へと選出された人間が、

よくよくアリますやん?『なんヤ 以前はボ~っとしてたけんど、今の立場になってからあのヒト エラいシュっとしてリッパにならはったやん♪』ってな評価。
              170216bb2.jpg

よく言われます1つの慣用句『立場がヒトを造る』ってアレ。ヒトってのには、さして《能力の差》なんてのはナイんだ、「その気になれば」ナンだって勤まる。

ヒデぇ事ゆ~なら《ブタもおだてりゃ気に登る》の語源かも いひいひ♪ 女性管理職も多くなった昨今でありますが、『やっぱ 最高責任者はオトコでないとネ』って考え方の根源は、意外にも 能力等ではなく『性差による適正』それをば指している可能性が高いかも。

■ 憑霊型シャーマン

憑依・憑霊 possession によって他界的存在を呼び寄せます、霊媒 medium としてシャーマンとは区別されることもますわナ。

旧世界の農耕・牧畜社会に多いとされ、コレも圧倒的に女性が多いのが地域関係なく 世界的にも「セオリー」でス はい。

進化主義的な説が正しいかどうかはともかく、世界宗教(仏教、キリスト教、イスラームなど)が広まった地域(おもにユーラシア大陸)では、周縁化されていることが多くてネ、
         
日本(とくに琉球)は仏教の影響が大陸よりも弱く、民族宗教である神道も含めて、アニミズム、シャーマニズムの文化が根強いとされます はい。
           170216bb3.jpg
         よ~するに『性別による 向き不向き』ッス

事実ってか、リクめが知ってます がいこつじんの船員、紅毛碧眼 バリバリのプロテスタント『キリシタンバテレン』ですナ、そのヤロ~から観るならば、

イタコによる「御霊おろし」なんつ~のは、『まったくもっての サル芝居としか思えない』ンだそ~~で。

当の日本人、このわたいだって、ンな様相は、ぶっちゃけ 限りなく懐疑的ってか、マユツバで観とりますが、だけんど・・『徹頭徹尾チャカして否定するのも なんかバチ当たりそうで怖い』って気持ちは持ってる・・・

ぶっちゃけ「その感覚」こそが、殆どの「日本人に」いつのまにか 植え付けられています「神や御霊に対する 生きている者としての接し方の基本理念」なんですナ うむうむ。


で・・いよいよ 各論へと向かいますが、ナニかとシャーマン(と呪術師、占い師など)の仕事って、ジツにもって「胡散臭い」ってイメージがアリまっけど 実際・・かなり胡散臭いでス(笑)(^^;
                  170216bb4.jpg

まず第一として『科学の視点で立証して見せようって意識が無いに等しい』ってゆ~点に尽きますわナ うむうむ。「その姿勢では21世紀は通用しませんゼ?」とイっても 当事者らは『聞く耳持たず』・・(--;

このリクちゃまがですネ、大学でナマイキにも教えている領域にも相当するのでおますけども、

この現実社会で起こりうる ぶっちゃけ『すべての超自然的なもの』っていうのは、ジツは・・・「とっくにもう」、

イイでっか?? コレ、オカルトとかと正反対ですヨ? きわめて冷静な幾何学、紡錘図形解析の過程で発見された「狐理論」ってので、ジツに明快に【 解析済み 】なんス はい。

              170216bb5.jpg
         コレが「オカルト」と、「現世・科学」を結ぶ方程式で

「E軸」ってのが、「時間の経過から脱してる 生き物の意識《実体》」と思ってくらはい。

で、「M軸」が 時間経過から解放されません 我々生き物の日常風景だと お考えいただきたいス。

このE軸とM軸は 永遠に交差する事はあり得ません。むしろ その「かけ離れた点と点の差」それが問題で。もっとわかりやすく言うならば、「E軸=シャーマン」「M軸=現代人」と思えばほぼ正解でス。

シャーマン側がネ、あんまり突飛な事云ったりせず、現代の常識に合致した物言い言ってますなら、E軸とM軸の「差」は ごくごく小さくて、摩擦は起きにくい ケンカしないわけわけ。

ところが、仮に M軸の方が暴走して、「この世に不可思議なモンなんて存在しないンだから、神社仏閣なんざ全部ブッ壊してまえ!」ってなると、シャーマンでゴハン食べてるよな人間でなくても『おい!チョっと待てヤ!』って当然なりまッショ?

よ~するに、【 ドチラも一方的に暴走すると 人間社会は不安に陥る 】って、ね?? おもろいと思いません?無機質に観えます 数字による方程式が、ヒトって生き物が衝突起こさず 生きていく秘訣を教え差としているって事実♪

     170216cc.jpg
    ドッチの方にも『偏らず』平和に暮らせばイイのだ♪

「現実的事象」と、最先端科学でも解明不可能な「不可思議領域」コレらを 絶妙のバランスで、維持してるなら 平和ですよん♪ って、「数字が証明してる」♪♪


ウチとこ 母方の家系「シャーマン」ってのも、ホンマに『だからナンなんだ?』って事でしかナイって思うのですネわたいは うむうむ。

おそらくですが、ナニも「拝み屋」と化すために生き続けてた訳でもなかろが?ってマジ思います はい。

発祥は 暮らしてた地域社会の中で、病気の原因を探す、病気を治療する 薬草などによる治療って、今でいう「民間医療」の伝道師的な仕事が その役目の殆どを占めていたのだと。

熊野地方に生息してたらしい ウチとこの先祖は、その後 室町戦国時代に 雑賀孫一率いる「雑賀党」って、鉄砲傭兵部隊そこで ひとでなしな真似してたらし~(笑)し、
             170216cc1.jpg

徳川の安定したご時世では、当時の商人の世界を左右する「米相場」、土地土地の出来を隠密裏にリサーチ調査する(場所によっては ケッコ~命がけだったらしい)「忍びの者」となり、身分を隠す目的で ガマの油売り それに身をやつしたと。

ケッコ~判りやすいでス、仕事柄として 取り扱うモノの項目が、「クスリ」→「爆薬類」→「麻薬」(笑)って変化したダケ、いろんなモノとか混ぜ合わせて仕上げるって、手仕事が「なりわい」の者であったろうってのが判ります はい。
           170216cc2.jpg
        調合とかが好きな 手仕事職人ですわナ


っと、ココまでご説明しておわかりだとも思うのですが、小説や映画のヒットで有名になった「陰陽師」って職業(?)ネ。

アレこそが、典型的な「脱魂型シャーマン」でして ええ。陰陽師はオトコばっかってのは それがゆえの原因。

トキの為政者らに取り入るチカラ(ヨイショ能力 ショーバイ人スキルでもある)に秀でる「野心家」がノシ上がった実例でス はい。
       170216cc3.jpg

ぶっちゃけ・・安倍晴明なんて、ココだけのハナシ・・・たいして能力持ってやがりませんでしたからアイツは(笑)(^^;

すべての陰陽師の その源流、「役小角(えんのおづぬ)」がかけたとされる「呪詛」それ解くの見事シッパイして逃げ帰ってますから はい。
            170216cc4.jpg
         マルで「格が違う」 役小角♪

平安時代の公卿藤原実資の日記「小右記」の中に 晴明の名前が確認されてるってダケ、な?実態はこんなモンなのだ。

安倍晴明は 陰陽師ってより、日常の主な 宮廷における役割は、今でいう「気象予報士」って方のが正解でおます はい。
              170216cc5.jpg
           こんなんなら毎日見るのだが うむうむ


すぐそばの実家に住んでます リクめ産んだ お母ンも、大阪の高槻市に住む 叔母も、『我こそはシャーマン』って(^^;言い張ってきかないのでありますが。。。

現代科学と数式をもって なにかと対抗してくるリクちゃまとは、いつも喧々諤々の 言い合いになるのは毎度 必至でございましてン・・・
       170216dd.jpg
     トキにオバケよか 生きてるオナゴよっぽど怖いッス(^^;

相手は『ナンで?リク、アンタはどぼちて??我が一族に受け継がれてるシャーマンの血筋を否定しますのヤ?』ってンですが・・・

わたいも反論します『いや!ワシの態度こそが!本来のシャーマン家系の人間として 正しい筈ヤ!』ってネ。
           170216dd1.jpg
       チョイ待ちヤ!履き違えちゃアカンがナ!

この困った お女中2人の、持ち合わせているって、「ある種の能力」それはわたいも 認めるのですよん ええ。

お母ンは 当たり前に「霊」が見えるそ~だし(イっちゃってル可能性も低くはナイですが いひいひ♪)(^^;

叔母は いわゆる「千里眼」、時空や時間を超えて、現場中継としてナンでも見透かせる・・・高校時代のリクちゃまが、勉強するフリして 部屋でチンコいぢってたのも『見てたでぇ』だと・・・イヤやわぁ(TT)
          170216dd2.jpg
        趣味ワルいでっせ おばちゃん!(--;

ってかネ、「あまりにも間口がデカくなるので」この霊能力やサイキック等の「その有無」ってのは この際「おいといて」・・・

ウチとこの姉にも お母ン由来の能力が多少アルって云うし、無碍に全否定するより『なんかアルんやろ』って仮定する方がスムーズだって ご理解くださいネ?


とにかくも、その「なんらかの能力がある」と仮定しましょう、でもそれを、『テメエのみに備わってる1つの特技♪』って風に、間違った選民意識を持って 甘んじては『あかんやろが!』ってことで。

ホンマに「その能力」が有るってなら、『コレを 科学的に照らし合わせるならど~なんやろか?』というアプローチで臨まないと せっかくのチカラも 宝の持ち腐れやんか って わたいは思う うむうむ。
           170216dd3.jpg
        科学の視点での「検証」嫌っちゃダメ!


リクちゃまとして考えますに、「シャーマンの能力」ってのは、その大半が「気」のような作用による治療【 プラセボ効果 placebo effect 】それだろうと。

自然治癒の因果関係の誤認によって治ったように感じられる?呪いをかける、かけられた呪いを解く呪いの社会的説明→平等主義的な社会では呪いが社会的平等を実現しているという側面も。

      170216dd4.jpg

実際、メリケン粉飲んで、重い胃病が治癒したって事例もございます。「気は心」ってか、シャーマンの能力がどうだってより、むしろ 人間には誰しもが、自身の健康とかを より良い状態へとチューニング出来る機能を有しいるんだって考える方が前向きでショ?


死者の霊を呼ぶ・神や精霊を呼ぶ霊魂仮説、ESP仮説、演技あるいは思いこみ仮説未来を予言する、その他人生相談人間に予知能力はあるのか?(決定論と自由意志の問題)バーナム効果 Barnum effect とコールドリーディング cold reading これらも・・・

リアルタイムで 相手(相談者)との短時間の会話、それで得る 断片としての単語、そのピースによる組み換え 組み合わせ、一定レベルの心理学の基礎と、洞察力 それを駆使するなら、そこそこボロが出ない「受け答え」は可能です。
        170216dd5.jpg
       要は「仕事で成功する者のスキル」ってことなのだ


で、ナニよりも リクちゃまがシャーマンをイマイチ 肯定する気になれないのが・・・。

どうも、神(悪魔)崇拝は、シャーマニズムそのものだってことだとも言えまして。。。
     170216dd6.jpg
   ありゃりゃ そこまで云う??(--;

神学者 池田満氏によれば、シャーマニズムとはイコールで『神頼み』とのことだそーで。。。

 ■ 縄文哲学(宇宙哲学) :統合的な想念  生まれ生きることを嬉しいという世界観
           170216ee.jpg
        人間はサ この世に生きることは「喜び」であるべき!

 それに反して・・・

 ■ シャーマニズム (神頼み)→考えることの放棄 :分析的であるが故に分裂的(思考停止へ至る) 己以外を排除、あるいは踏み台にする世界観 統合失調

・・・ホンマ、ボロカスやんか とほほ・・・(--;

「危険な宗教」「危険な教え」ってのは、人類誕生と共に発生したのではナイのでして ええ。「邪念を抱くヒトのニーズが」それをば創生したって事でス はい。

それにより、ブードウ教やら、日本でも バサラ(神体は野犬の動物霊)て、『呪詛』を基調とするヤバヤバな「シャーマン」が形成されちゃったのだ うむうむ・・・

・・で、イっときまっけど、こ~ゆ~呪詛のためのシャーマンなんてのは【 その全部がウソ、ハッタリだからヨ!! 】

   170216ee4.jpg
  ボクちんはネ「オカルト大好き」でス でも、それで人を恫喝
  お金を巻き上げる『いんちきシャーマン』が許せないと思ってます


よろし~か?みなちゃま・・この先 ゼッタイに!! 騙されてハマって 大事な財産失ってはなりませんヨ!!

リクめが 怪しげな「拝み屋」とケンカしたとしましょ~、拝み屋がわたいに『貴様!死ぬことになるゾ!』って脅す。

だが生憎 リクちゃまは「元気♪」そんでもバトルから幾星霜・・この世に産まれし生き物の宿命・・やがてはリクめも この世からオサラバする瞬間を迎えます。

すると・・その拝み屋の息子だかナンだかが、『ほらネ?うちの教えに逆らい歯向かった 港のリクは無残に死にましたよ』
           170216ee1.jpg
       こら!!「自然死」までが「祟り」だってか!?(怒)


 ぶっちゃけ コレこそが「邪教」の正体なんだ!! 人間の潜在的な「死への恐怖」それを徹底的に利用し『とれるだけとる』。。。

マッタクもって、元手も要らない 安直きわまる集金術♪(ヤろ~かにゃ♪)(^^;


神秘領域とされます「神仏」っていうのもネ、ナニひとつ 畏れ抱いたり、特別視する必要なんてございません はい。

だって、漢字である「神」のの成り立ちはネ、 神 → 〒(祭壇)+音符の申(しん) です。

それの意味はごくごくシンプル・・・稲妻(申:カミナリ電気)のように不可知な自然のチカラに対して、〒祭壇である机を前にする、とゆ~『ただそれだけ』♪

よ~するにだ・・・『リクツや(その時代の)科学で解明できない不可思議なモノは、こういう風に《奉ってればOK♪》』って、諸作法を述べているダケなんス はいー。


キケンなのは、漢字「神」の相手は、神様でも悪魔でも、ドッチでも有効ってこと。この「神頼み」訪ねる先を間違えてはいけませんヨ って事が大事なのです はい。
            170216ee2.jpg
      アナタの その祈りが「正」にも「邪」にもなるのです


現代の「最も危険な」シャーマンは、ボヘミアン・グローブか、青い血の一族か、その姻戚関係にあるユダヤの金融資本家なのか???

呪いの藁人形や 五寸釘なんざ 可愛いモンだ♪ 本当に畏怖すべき その形代(かたしろ)は・・・現代の偶像であるお金:貨幣・通貨であることに間違いないのかも。。。

              170216ee3.jpg

 ごく少数の人たちを除いて、地球人類は・・ほぼ全員が通貨を形代とした「シャーマン」なのかも知れませんなあ うむうむ・・・。

           170216ff.jpg
     とりあえず、おいちい♪今夜のゴハンが出来れば「幸福」♪


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

昔は、母親に、今は、女房に言われます。
「こんな物取っといてどうすんの!片付かないから捨てなさい!」

捨てられません。思い入れがありますから。

只の「物」ですから捨てたって何も無いでしょ。でもね…

狩猟民族でも農耕民族でも、糧を得る為の予測は、大切です。
自然の現象を注意深く観察して、獣の待ち伏せ場所、種の撒き時…
これを決めるのは重要で。
これを蔑ろにすると、コメ不足、緊急輸入となっちゃて。
理論的考察より、経験の蓄積による予見が重要視された時代は、確かにあったわけで

予見が、妄想と入れ替わり、一国の代表が妄想に取り憑かれたら、国民は悲劇です。

「僕たち大阪の子供やで」
3番目に出でくる「キミちゃん」
お地蔵さんの所から、わたしらママゴトやってんのん、ジーッとながめてる。

当時小学生の私、この歌詞の「キミちゃん」に、そこはかとなく想いを寄せてました。

今の、2次元症候群のはしりか?

そうなのですかぁ。。。

ワタシなんか おバカだから、
もしも自分に そんなシャーマン能力があったならば、きっと
それだけで この世に怖いものなんかない!って(笑)
有頂天になってしまうと思いますが。。。

リクさん(聡明な息子さんです)は、
『いや!そうなのだからこそ!』って、世の中と いさかいを起こさず、
正しく生きなければならないんだ!っと、説くのですね。

なんだか 科学と宗教は 必ずしも対立するものではないってことで、
ずいぶんと心理的にほっこりしました♪

No title

 しかしすごいですねえ。。。

前からリクさんは ただのスケベではないって思ってましたがwww

なんか 荒くれ「柳田くにお」のようだなあ。
狐理論わかりやすいです!
科学もシャーマンも、双方ともが 相手のことをいつも意識して反し合ったり 譲歩もすれば、争いや対立も起きないのですよねえ。

そういえば確かに「そうだ!」

 血を分けた兄をコロしちゃったのですよね あの北の暴走将軍は。
あそこでは まだ考え方 下剋上の戦国時代なんだろうか??
こんな事になっちゃってまで、報道は『刺激しないように』と おもんばかって、事実の深刻性や残虐度合いを指摘すらしないのか?

かつて、あの国を『北の楽園』と評した 旧社会党 朝日新聞
発言表明した機関やメディアには、今の現状を 間違えずに把握して、『間違って捉え方をしてしまってました!』って、
ハッキリと 国民の前で訂正と謝罪をする その義務を果たしてほしいと思いますね。
それをメンツにこだわり、グジグジと言い訳三昧するのは「いかにもみっともない!」

 ケジメつけろ!ケジメ その勇気を放棄するな!

「摩訶不思議な事は」

「それは人智では及ばない部分だから、真言宗のお坊さん呼んでまかせるべし」
って、ワタシが生まれ育った家には 家訓として語り継がれてました。
幕末の時期から昭和の終わりごろまで、よく理解してないのですが、実際に何度か呼んで お祓い(?)してもらい難を逃れたとかv-40

今現在おかげさまで 怖い事は起きてませんが♪
きわめて身勝手な考え方ですけど~、『わりと近くに リク様が住んでいる』というのが、ワタシとしては、真言宗よりも心強い気がしてますのv-22

リクさんに 御礼

「宗教心無き科学は悪魔による 滅びの道へとひた走るもの」であり、
「いっさいの文明を否定する宗教は、時代の遺物と化す」

狐理論という ある意味での「宇宙の法則」が、数式で それを諭しているっていうのは 思わずハっと!させられましたねぇ。。。
人智の及ばない自然界の現象には、「かなわない」という、敬虔な気持ちで「神を念じる」それはとても必要だと思います。
反面で、雷や 大雨洪水とかの 昔は鬼神や天狗が起こすと信じられた現象、それを解析する科学によって 人類は文明を確立した「事実」。

まさしく こういうのは、『 陰陽 』1つの軸に対しては、相反する 反対の軸が存在し、その2つが絶妙にバランスを保つことが、
この世界を安心・平和に導く 救いの方法になるのですね♪
そう考えますと、フト思う。 やはり「数」「数式」というのは、 この存在する宇宙空間の「共通言語」なのですかねえ?

今回の記事内容は まさしく!オトナである我々が 読ませていただく価値がある ありがたき内容でした♪

偏ってしまい、スミマセンデスm(._.)m

『安倍晴明』はチャラい分、一般受けもするけれど、修験道の開祖とされる『役小角』なんか先ず普通知らないでしょネ
悪魔、憑物、幽霊、呪い等のネガティブな面であれ、神、光明、平安、悦び等のポジティブな面であれ、それを感得する能力が一般的でない以上どちらにも「不可思議」や「恐怖」等を感じてしまうのは仕方ないことです

本山博氏などの研究で、近年ではチャクラのことも少しづつ解明されてきていますよネ
眉間のチャクラ(第三の目)が活性化すると所謂「透視能力」が臍のチャクラの場合は「幽霊を見る能力」が発現するとあります
ユダヤの選民思想ではないのですが、生まれながらに霊的な的な能力がある方は、もっとより高いレベルになるように修行して人々の為に奉仕すべきなのですが、お金儲けに走ったり、与えられた能力だけで終える方が多いのも事実

ピエロは子供頃、よく金縛りや神経の不快な感覚と共に意識が広がる経験をしてましたが、リクさんの家系のようなシャーマン的なものは何もありません
ただ、祖母が信心深い人で、幼いピエロを連れて当時戦後の新興宗教ブームの中、いろんなところに連れて行ってくれました♪
何故かそれが嫌ではなく、喜んでいたと言うのは多少変わっていたのかも(^^)

高一の頃にプロテスタントの洗礼を受け、教会活動にに勤しんでいましたが、その内生きた聖者に会いたいという気持ちが湧き後年インドへ・・
35歳からspiritual teacher Sri Chinmoy 氏に師事し現在に至っていますが、自分の中で変化が分かって来たのは55歳を超えてからで、植物が発しているエネルギーを感じたり、瞑想中に光を観たり、またより深く長い時間瞑想が出来るようになったり

ジル・ボルト・テイラーの「奇跡の脳」を読んでこれまで経験して来たスピリチュアルなコトが右脳と深く関わっていることを知り、また同時に左脳がエゴの本体であることも知りました
心の統一が出来ないのは、一重に饒舌な左脳のせいです
また、ボクラが観ている現実はこれも左脳が創り上げた幻影だということもよく理解できます

トレーニングを続けてゆくと、コンセントレーションのコツと言うか、「右脳へのスウィッチ」が分かって来るようになります
ボクは科学者、物理学者、数学者こそ、右脳の体験をする必要が有ると思います
その上で真の「神の方程式」を発見して欲しいのですよ

参考までに師の瞑想状態のビデオを紹介します
'70~'80ではとても考えられないことですが、インターネットの現代ではこのような貴重なものも流布しています
もし感の鋭い方であれば必ず何らかのエネルギーを感じるはずです♪

https://vimeo.com/68950779

Re: アツシさんへ

 アツシさん いつもありがとうございます♪

> 言われます。
> 「こんな物取っといてどうすんの!片付かないから捨てなさい!」

って、とても他人事ぢゃござんせんてばって。。。

男子で生まれて このよな事云われないヤツなんて居ないんじゃあナイでショか??
わたいなんかは、けっして浪費家でもないし、物欲もそれほどナイ人間の筈なんですがネ~~、
『ま~た!ンなツマラんモノ買ってからに!!』今も言われ続け グレそ~になっとりますだお はいー。

> 捨てられません。思い入れがありますから。
> 只の「物」ですから捨てたって何も無いでしょ。でもね…

収集癖ってのは、DNAが「縄文人が強い」ってのホントですかねぇ??

でも、アツシさんなんかにもアリませんか??
例として 古くなった「雑誌」とか。保存しておきたい「ネック部分」ってのは、1ページもなかったりしますが。

でもだ・・・そこの部分ダケ スキャナーかけたり、デジカメで保存っての、「効率はすぐれてる」だけど・・・

ナンてかなぁ? なにかしらの感動や興味を抱いた それは「その雑誌全体のフォルムあって」なのでしてネ、
限られてる部分 それダケを確認するより、『タイムマシンに乗って 昔の空気を感じながら当時の気分に浸れる愉しみ』
コレって、けっこー大事というか、けっしてノスタルジーとは言い切れない、意外に大事な ココロの編集作業だってボクちんとしては思うのですが。。。

 世の お女中らには なっかなか!理解をしていただけないツラいものを感じますナ うむうむ。

Re: ちゃー子さんへ

 ちゃー子さん いつもありがとうございます♪

> ワタシなんか 
> 有頂天になってしまうと思いますが。。。

あのですネ『見える』ってのは、けっして・・・
コレといって すぐれてもおりませんし、ある意味で 厄介でもあり、関係ないことに巻き込まれやすい、注意要するモノんおですよん ええ。


> 『いや!そうなのだからこそ!』って、世の中と いさかいを起こさず、
> 正しく生きなければならないんだ!っと、説くのですね。

たかだか「霊能力に過ぎない」それだって思います はい。
仮に それがあるからって、世間全体を相手にしたなら 見事!ツブされてしましますよん(><)

なにを信仰しようと それは「自由」なのですが。
考えましょーネ?それがホンマものの神様仏様ならば、人間だけが固執する 浮世の お金なんぞを欲しがるはずがない!
野生のカラスにエサやるのがいけないのとイッショ!胡散臭い宗教や 拝み屋を肥え太らせてはいけませんゼ。
わたいは、神仏は信じてます 存在・概念として。ですけど、神仏の名でメシ喰ってる「宗教団体」は信じていません はい。

Re: タキさんへ

 タキさん いつもありがとうございます♪

> 科学もシャーマンも、双方ともが 相手のことをいつも意識して反し合ったり 譲歩もすれば、争いや対立も起きないのですよねえ。

『そいつが出来れば苦労は無い♪』ってことでもアリます うむうむ。
思うもん!『人間全体をstepupさせたいなら、まずもって《この世の宗教無くせよ!》』って。
も~よかんべが?神も仏も 人類全員が「共通する1つの偶像」それで つまらんこだわりや言い合いはヤメとけば。

Re: サンシャインさんへ

 サンシャインさん いつもありがとうございます♪

>  血を分けた兄をコロしちゃったのですよね あの北の暴走将軍は。
> あそこでは まだ考え方 下剋上の戦国時代なんだろうか??

とにかく 今の北の将軍ってのは、ロクデモない被害妄想患者でもあり、かつ「自己愛性キャラクター障害」なのだと思えます はい。
とにかく ああいう 社会主義・共和制国家って看板だけど 実態は「超独裁軍事国家」ってのは、
テッペンの将軍もそうですが、組織内部の ナンバー2ナンバー3が、 国民らが塗炭の苦しみをしてるの知りながら、テメエはヌクヌク うまい汁すすってやがるのが不動の構図ですからネ。


> こんな事になっちゃってまで、報道は『刺激しないように』と おもんばかって、事実の深刻性や残虐度合いを指摘すらしないのか?

思いますが・・21世紀となり その「化けの皮」が剝がれてきてるのは、皮肉にも《かつて社会の矛盾や不正を「糾弾してきた左側や野党の勢力》ってことで・・・。
思いますネ『テメエとして社会へ 発言した事について責任とらなきゃネ』って。
間違えや失敗 それはイイんだワ、ダレだって過ちは起こします それを恥じるのは最低限度でかまわない。
むしろ 間違いに気づいた際に、勇気をもって それを正し 以後の活動に良き事例と心がける、
次代のリーダーには それを恐れずに持ったヒトが搭乗してほしいです はい。

Re: JJさまへ

> 「それは人智では及ばない部分だから、真言宗のお坊さん呼んでまかせるべし」
> って、ワタシが生まれ育った家には 家訓として語り継がれてました。

正確にゆ~なら それは「密教系の真言さん」ナ。

> 幕末の時期から昭和の終わりごろまで、よく理解してないのですが、実際に何度か呼んで お祓い(?)してもらい難を逃れたとか

護摩の火 焚いた? アレ凄いよネ? どぼちて?天井の板が焦げないのか?今でも解き明かせレてナイんだお。
不思議な日常の現象 ってのは意外と多いものであります はい。
>
> 今現在おかげさまで 怖い事は起きてませんが♪
> きわめて身勝手な考え方ですけど~、『わりと近くに リク様が住んでいる』というのが、ワタシとしては、真言宗よりも心強い気がしてますの

案外『それこそが 大災難』かもヨ いひいひ♪

Re: 長生きの秘訣さんへ

 長生きの秘訣さん いつもありがとうございます♪

> 「宗教心無き科学は悪魔による 滅びの道へとひた走るもの」であり、
> 「いっさいの文明を否定する宗教は、時代の遺物と化す」

「けっして適わない おおいなる存在なもの」それを常に意識して、人間は顕著な気持ちでいなければなりませんヨ ってことなのですわナ はい。

> まさしく こういうのは、『 陰陽 』1つの軸に対しては、相反する 反対の軸が存在し、その2つが絶妙にバランスを保つことが、
> そう考えますと、フト思う。 やはり「数」「数式」というのは、 この存在する宇宙空間の「共通言語」なのですかねえ?

その考え方は「美しい」って素直に思います はい♪
仮に 「数」をもたらしたのが 宇宙人だとするなら・・・
ぶっちゃけそれは「同じ価値観を共有する」という証拠なのでして。
欠点だらけの「地球の人類」ですが、でも きっと、バッハ作曲の協奏曲、
それを聴いた 宇宙人は「これは良いものだね」って、評価してくれたなら、とても嬉しいって思います はい。

Re: pierrot le fouさまへ

 pierrot le fouさん いつもありがとうございます♪

> 本山博氏などの研究で、近年ではチャクラのことも少しづつ解明されてきていますよネ

ぶっちゃけ あんまし お母ンや高槻のオバチャンを喜ばせるよな事「云わんといて」(笑)(^^;

> ユダヤの選民思想ではないのですが、生まれながらに霊的な的な能力がある方は、もっとより高いレベルになるように修行して人々の為に奉仕すべきなのですが、お金儲けに走ったり、与えられた能力だけで終える方が多いのも事実

しっかし 京都地域にやったら目にする「五芒星」・・・訪日する外国人観光客なんかには、そ~と~誤解されてるでしょ~ねぇ・・
あの イスラエルと日本は同盟国なのか?? って。

> 何故かそれが嫌ではなく、喜んでいたと言うのは多少変わっていたのかも(^^)

 人間社会の「エンターテイメント」それは 寺院から発生しているそうですから ええ。
昔の時代 寺院とかは 当時の情報発信基地でもあったとなりますね。
ある意味で お子さんでも聞いて「おもしろい」って そう思える話法こそが とてもすぐれているだと思います はい。

インド哲学ていう項目は、わたいのばやい どうしても・・
(否定とかじゃありません あしからず)ドメスティックとしての インド原産というのかナ?
源流であるのはたしかでしょうが、ドッチかとゆーなら、
1950年代が過ぎて、発祥である米国国内でスッカリと時代遅れになってた「ブルース」が、
欧州にて、R・ストーンズとかって そのブルースに影響受けた NEWカマーの誕生により 再び評価され、
やがて 「逆輸入・再翻訳」された従来とはチト異なる ブラックミュージックへと昇華したって歴史を彷彿といたします。

むつかしいですよネ、浮世絵なんかも まさにそうですが、伝わった先の方面より、
それまでは考えてなかった その魅力を逆に教えられるのって うむうむ。

No title

安倍晴明がお天気お兄さんだったとは(笑)

役小角ね~!
私が知ったきっかけはサンデー漫画の鬼切丸でしたね~。
阿吽の鬼を従えてた人でしょ?
あ、鬼切丸の作者は愛知県出身なんですよ~。

安倍晴明が九尾の狐の母親を持ってるっていうのも、お金儲けがうまかったっていうのと関係あるのかしら?
稲荷神社と関係あるの?
知り合いの作家さんにも稲荷神社の氏子の家柄出身者がいまして、小さいときからイヤな怪奇現象に悩まされてるらしいですが。
私は諏訪神社の関係なので平和でのんきなものです。
まあ、父方も母方も祖父母の世代が早くから面倒くさい類の宗教的因縁から離脱した類の筋なので、私はまんべんなく神威のある存在には一定の尊重を感じながら一歩引いて見てますわ。
ただ、狐だとかカーリーだとか羅刹女だとか鬼婆だとか、女性形としてよく描かれる魔神は妖かしの美や芸術のシンボルのようなかんじで見てるところはあります。

Re: Shoukoさんへ

 Shoukoさん いつもありがとうございます♪

> 安倍晴明がお天気お兄さんだったとは(笑)
> 役小角ね~!

わたいとこは 出が熊野ですから やっぱ どこか役小角の贔屓が強いといえます うむうむ。

「陰陽師」というのは朝廷の中務省という役所の管轄の「陰陽寮」という部署に所属する 安倍晴明は、役人でれっきとした朝廷の官職です
ま=平安のコロなんてのは、雷をマジで魔物の仕業って信じてた時代ですからネ、陽明学と風水学を共に学ぶなら、ある程度の気象観測的(あくまで《的》な)それ可能ですから、
きっと 当時においては、世襲以外の手段で、朝廷の官職に就くのには、かなり具体的に《おいしい手》だったとも思えますナ はい。
そういった意味で、晴明は 政権中枢にシンパも作り、『はしこいやっちゃナ』って風に、周囲からジェラシーも受けてたかも。
後の 太閤秀吉、 今太閤といわれた田中角栄みたいな評価を町の庶民らからされての結果が、キツネと相まって 商売繁盛のシンボル的に使われてるのではなかろうか?ってのが わたいの読み。

役小角は 外法師という呼ばれる 修験道ツマリが 山伏(やまぶし)の元祖で、日本全ての山を制覇しましたそ~ナ。
伝聞でしかないのですけどネ、古代の頃は 千メートル超える山には荒神もしくは鬼神が住んでいて、人間がむやみに立ち入ると厄災があったと・・。
それで 小角がそれをば開山させたのだとか。

気がクルった訳でわにゃいから 安心して欲しいのでありますが(^^; なんかネ・・どうも 役小角ってのは、マジで超能力者もしくは「異星人」だった気配も。。。
一生涯 小角は、時の政権にいっさい従わないから、最後は捕縛(逮捕)命令が出ちゃうのですよん。
そしたら、母親を連れて、『大きなすり鉢に飛び乗り(すり鉢、ひっくり返してみ?アダムスキー型のなにやらだと思わん??)瞬きする間に はるか上空へと飛び去った』って、古文書にもチャンと出てたりするから あながち古代の神話だとばかりいえないかも。

> ただ、狐だとかカーリーだとか羅刹女だとか鬼婆だとか、女性形としてよく描かれる魔神は妖かしの美や芸術のシンボルのようなかんじで見てるところはあります。

古来の時代の そういった♀の魔物ってのは、当時の政治的な事象が絡んだ ある程度以上の身分の高いダンナが失脚とかして、
あおり受けて 追放の憂き目に遭った女性らが 逃亡先として山奥などにひっそり隠れ暮らしたって、「それ」が伝説となっているのが大半の真相のようですって。
リクちゃまの故郷 丹後半島にも 有名な「酒呑童子の鬼 伝説」ありますが、
アレなんかも 今の常識で考えるなら、ど~考えても、冬の日本海で船が遭難して 命からがら丹後半島に辿り着いた『ロシア人船員の一団』ですわなあ うむうむ。平安の頃の大和民族にとっちゃ ロシア人は鬼に見えたのでしょうネ。
プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR