FC2ブログ

「たからもの」を キミにあげるね (中篇)

 え~~ まことにすみません はい。
「前後篇」ってツモリでしたが、要らん筆が滑るってゆ~か、
ぶっちゃけ「まとめきれず」(^^; やむなく(?)3部作と させていただきます ごみんネ~~
     aaq22.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   170309aa.jpg

 なるほどね・・・。ハマーJeepってクルマ初めて乗ったが、ごていねいにも「警察車両」だってか(呆)

夜間の軍事演習は かえって もってのさいわいだよナ。本来なら 夜中でも渋滞が当たり前の 台北の環状線をまっしぐら。

1度も 赤信号にもつかまらない・・・わかってるツモリだヨ、『台湾警察も 組織の傘下にしてるのだ』って、その威容を誇りたいハラだろが 違うか?

でもナ・・今 アンタらが拉致した気持ちで 後部席にちょこんと大人しく鎮座している 港のリクって 生き物・・・。

知らないのは当然やけど、チワワの如く プルプルふるえてるほど、純情可憐ではナイけんナ。

って・・・思えば わたいも、ホンマ、図太くなったよなぁ。。。正直・・・『恐ろしい』って ンな気持ちがチビっとも起きよらへん。。。

いや それよりも 奥深くに潜む アドレナリンジャンキーのココロが「もっと もっと!」って、ひぃひぃ ヨガり声挙げてやがる。。。

やがて車は 滑るように、「仰德大道」と呼ばれる 富裕層台湾人が好んで住みたがる 高級住宅街へと入り。

褐色のレンガ塀に囲まれた 西洋 仏蘭西と、古式中華風と そして昭和初期の和風建築がMIXされたよな、日本人のわたいからすんなら、ナンともカオスっぽい瀟洒な邸宅へと着き『降リルヨロシイ』


侵入してきた「そいつ」は、無言のまま『早くしろ』と せかす。チョっと 待てヤ、「おみやげ」を 色々と持っていかなきゃならへんよってヨ。

次の間で 2台のノートPCに つきっきりになってます 八百政と ロテ公に声をかける。

「チョっくら これから出かけてくるからヨ。ご丁寧にも お迎え付きだってから。(超小声で)《喰いついてきやがった♪》例の・・・Benjamin(100$札のスラング)束で10セット分(10万$って意味)用意出来てるかヤ??」
         170309aa1.jpg

ロテ公が答えます「あいヨ!たった今、それだけの分が完了したところッス。ってか 相変わらず 悪運強いよナ リク部長殿は♪」って皮肉にニヤリと嗤う。

そして盟友 八百政が、「今まで一緒に、幾度もヤバい橋を渡ったけどサ、本当 今回ばかりは 否応も無くヤバいから、リクさん 気を付けてナ!」
            170309aa2.jpg
      合点だ盟友!「明日の太陽」観ずに 死ねるか!

わかってるがナ♪ それとドタマの隅に入れとけ」ヤ。万が一、ワシが夜明けまでに《戻らなかったら・・》イコールでそれは、作戦全体が無残に頓挫ってことだから・・・。

エエか? 約束やデ? ワシの身の心配は一切 無用で、即!撤収に踏み切れ!ハナから このリクなど存在しなかったって、エエな?

最低でも、ゲタ代とカークイの 身の安全を最優先して、漁船使用してでも《無事に逃がせ》。で、キミらは、韓国の仁川ハブの迂回経由で なんとか成田まで『 逃げ通せ 』頼むデ。。。


・・・しっかし・・洋の東西を問わず、ぶっちゃけ コ金持ちの「居間」ってのは、豪勢なようでいて、そのジツ 無個性でつまらんモンやナ うん。

やったら 位置の低い、ミョ~にシメった触感の皮張りソファーがあってヨ、壁面にはフェイクかどうかわからんけど 暖炉があって。
          170309aa3.jpg

釣り下げ型の、ワザとタールと煙で燻したようにした シャンデリアがさがってて、動物のはく製があり、そのヨコには、陶磁器の大きな白い壺。

で、ナンでだか? 床の間モドキのスペースがあって、そこの壁面には 水墨画が掛けてあるって・・・まさに金満家のステレオタイプ。。。

おそらくは、根拠も無く 自家用車は、スキでもないのに、ただ安穏と、ベンツを幾台も乗り換えてるンだろ~ヨ。


要するに・・・《一代 成金》やわナ ココのボスである人間は・・・。

           170309aa4.jpg
        ゲタ代の頑張りのおかげで ココへ辿り着けた。。。

ゲタ代が クエスチョンを寄ってくるオトコらに 持ち掛けた、組織内の幹部4名の名前。誰が そのどいつなんだかは、不明だけど、どうやら その4名全員がそろっているようだ。

で「親方」はスグに判る。無論 見た目での年齢それもアルけど、ぶっちゃけ『ヒトとしての たたずまい、存在感が段違い』だ うん。

・・・ 目だ。 この「目」には 記憶が有る・・・。この目は、太極拳、陳家太極拳の総帥 《陳照奎》その人の「目」だ ああ。。。
          170309aa5.jpg
       すべて得心の上、ヒトをコロした人間の「目」

けっして 殺戮などは毛頭 好まない。しかし・・・そこに「忠」と「義」が存在するならば、顔色ひとつ変えずに 障壁となる あらゆるものを《排除・駆逐する》

ぶっちゃけたハナシ・・・『 ひとごろしの目 』それだ・・・。コロした作業を おそらくはこのジイさん、1ミリも後悔などしてないのだろう。「この目」に比べりゃ、日本の Vシネマの悪役役者の目つきなんざ、幼稚園の お遊戯だって。


ジイさんは鷹揚そうに述べた「こりゃまた、今晩は《奇怪有趣的人物》・・・けったいでおもろい♪ 輩の来訪だな。我が あばら家にようこそ♪」

「・・・お時間を作っていただき、感謝に耐えません」

「なに♪ タイクツで息が詰まってる毎日だ タマにゃ 余興でもナイとたまらんって♪」

「それにしても・・・台湾のご当地には多いと 聞いては居りますが。随分と 流暢な 日本語使われるのですネ。」

ジイさんは「ああ そりゃそうだ。ワシの世代の人間はナ、昔・・股間に毛が生える頃まで、ポツダム宣言発効までの期間、事実上の《日本人扱い》「赤とんぼ」も「ふるさと」も、今でもカラオケで 淀みなく唄えるゾ。」
        170309aa6.jpg
       台湾のカラオケ 日本の曲だらけ!

「さようですか」

そしてジイさんは「不躾だが・・・お前、《Lady-boy》か??」

・・・ふ~ん たしかに不躾 も~そういったことを訊いてくるってか。ンならコッチも 気を遣い過ぎるのも損するわナ。

         170309aa7.jpg

わたいは「チャイますがナ。こ~観えても オンナ大好きってか、ホモ気はいっさいおまへんレッキとした♂ですねんデ わたい。中国の女妖怪に見込まれたか?こんなカラダつきになり果てました はい」

「おお!《呪泉郷》にハマったひとりかオヌシ。・・・でも マジでアルのか??呪泉郷ってのは??」
         170309aa8.jpg

・・・あのネ そりゃ らんま2/1だって(--; アニメファンかヨ ジイさん。。。


そのジイさんの目がキラリ・・と光り・・・

「《均躰性体(ホモ 同性愛者)》ではないというオヌシが・・・なにゆえ?街の路地裏で、クイズにも似た《判じ物》で、オトコどもらに色目使って近づいてきた??」

「はい。あの一連の作業は、云うならば、このわたくしの《影》、性別、本物の♀、それに指令出して実行させました。すべての責任はこのわたくしです。ご了解願いたい」
           170309bb.jpg
       『テッペン』はワシや。罰だってならワシが受けますゼ


「仮に・・・ワシが《ああ!頭上のハエが五月蠅くてたまらん!》って感じていたなら どうするオヌシ??」

「ま~~、台湾くんだりまで来て、ハエ叩きでペシャンコにされるってのも、正直 報われない気持ちでイッパイですが(笑)テメエの悪運もコレで尽きたってことで、あの世とやらでジックリ悔やみますかねぇ?」

わはは! っとジイさんは大笑し、「ホンの少々だけ《気に入った♪》この瞬間から オヌシは今宵のワシの《客人》として扱う よいな?」


 みなちゃまは《大禹嶺高冷茶》って、聞いたことがアリますでしょうか? 最高級ウーロン茶で有名な《凍頂山烏龍茶》ぶっちゃけ それを遥かに上回る、

    170309bb2.jpg

正直「茶葉」の優劣には 様々な基準が存在するのも事実なのですが、この 大禹嶺高冷茶ってのは、アジアにおける 文字通りの「幻の銘茶」です はい。

「客人」として 扱われるってことで、目の前のテーブルには、台湾の珍味が これでもか!っとばかり、並べられたのではアリませんでした ええ。

正直なところ、焼いたアヒルの肉や、腸詰とかが並んだ方が よっぽど、緊張などはしなかったでしょうと思います。

茶うけの、小麦粉で焼かれた 薄く甘い味のせんべい、そしてこの寿司屋のアガリの如く 茶碗になみなみと注がれた 大禹嶺高冷茶が出たってダケ。

ぶっちゃけ ・・・ 『 正味の意味で 最大級の《もてなし作法》 』・・・福いくたる その茶の芳香をクチの中で感じながら わたいは、さいぜんよりも緊張しているテメエの「ちいささ」を実感しました はい。

         170309bb1.jpg
      この茶の「もてなし」の意味は とてつもなく「重い」

中華圏に よく在ります『冷茶』って表記、日本や欧米の それと違って、中華圏の「冷茶」とは、熱っつ熱つの 淹れたお茶を指します はい。

「暑さ」への同調効果、でも タダお湯を飲めばイイってモンではないです、ネックとなるのは、「茶葉の質」。


ジイさんは「ほほぉ♪ この茶の価値がオヌシはわかるようだナ?親から 良き躾を受けて育ったと見える」

わたいは「トンデモない。お恥ずかしくも 至って《野にして粗》な人間でしてわたくし・・・」

「だが《卑》ではなかろうが?」ってニヤリとコッチを覗き込むようにして笑う。・・・喰えないジイさんだ。。。

「ウチの《冷茶》は、暑さも吹っ飛び忘れるほどの 良い茶葉使ってますヨ♪」 という意味なのです。『マジで、スゲぇモノを飲んだ・・・』それが そのトキのリクめの気持ちで。


しかし・・・気圧されてばかりじゃ居られない・・・。そろそろ 手勢に無勢って際の、荒くれサバイバル交渉術を開始するデ ああ。。。
          170309bb3.jpg
       こちとら 嗤われに来たツモリは無いのだ・・・

リク「日本の・・・我が社の在り様に関しては、いくらかの情報はお掴みであらせられますか??」


首領「ああ。なかなかに手堅い、評価できる方の企業だな。《屏図和屏障,不可打?多。那是必定倒?束(衝立と屏風は開き過ぎてはならぬ。それは必ずや倒れて終わりだ》身の程を知る企業はいつの世でも残る」

      170309bb4.jpg

リク「っと・・その手堅いが売りの会社に・・・このわたくしってゆ~《鬼子》が居りましてネ♪かいつまんで説明させていただきましたように、あの中国から、3万トンもの乾燥大豆、ものにするってプラン。手順もお話ししました。興味ございますか?《寄越せ》って、ヨコから手ぇ出そうって思われます??」

首領「そんなもの無いナ うん。そんな大量の穀物をだ、仮に 貰い受けたって、次のタイミングで発生するだろう《それの販路》それを有さない我々にメリットなんかあるか?ムダに倉庫代がかかるダケ、無駄だそれは」

リク「その お言葉、とにかく信じましょう はい」

首領「勝手に期待を抱くのは自由だが、企業人として 利益も薄そうだから 興味がわかないってそれダケだ」


リク「そう《勝手ですが》・・可能ならば かかわって欲しい。ご面倒はけっしておかけしません。《お墨付き 善しとする意向》王 錫山センセイよりの《それ》を 真に欲しているのです はい」

首領「それはどうかな?? 龍山寺(ロンシャンスー)の お守り札よりもズっと効能は薄いのと違うか(嗤)ウチの如き、主流から外れた古典的組織にそんな」


台湾の「闇組織」それは 日本における「ヤクザ」それの【 すべての面でのお手本 】なのです はい。
      170309bb5.jpg

コッチで「結義」ってのは まんか、日本ヤクザの世界で「義兄弟」を指します。

          170309bb6.jpg

黒社会には 2つの 大きな派閥 流れが存在します。「本省掛」と呼ぶ、大昔より この台湾の地で 自警団や政治的闘争から発生し、反社会組織へと成長した筋。

対して「外省掛」 大東亜戦争が集結し、それまでの日本国管理より、元の中国管理へと返還がなされた以後、中国大陸内の権力闘争に敗れた 国民党 蒋介石の残党に準じて この台湾の地へと流れてきた筋。
             170309bb7.jpg


外省掛勢力の大部分は古い幇の制度を受け継ぎ、警察や軍隊の勢力を融合し、組織制のある?派に発展していきました。

台湾で有名な外省掛暴力団には《竹聯幇》、《四海幇》、《松聯幇》、《北聯幇》、《三環幇》、《飛鷹幇》がある。彼らは、殺しもためらわない団結で有名であり、速やかに強大な勢力を築いています。

本省掛の大部分は形態を組織していない。本省掛の親分は《角頭(サアタアマア)》といい、意味は部分の地区の地元勢力。

地元ヤクザの親分(角頭)の勢力範囲のため。本省掛の暴力団で有名なものは例えば《天道盟》、《牛埔幇(台北)》、《十三鉄衛幇(桃園》、《東門幇(台南)》、《七賢幇(高雄》)、《西北幇(高雄》など。)


外省よりの新興勢力に押されているとはいっても、首都であります 台北から、有数の観光名所 龍山寺地区までを網羅し、ウラ社会で権勢と利権を牛耳る《天道盟の角頭 王 錫山》のネームバリュー それがボクは ノドから手が出るぐらい「欲しかった」。。。

           170309bb8.jpg

『遅くなりましたが、これが、本日のご挨拶料および面談料 そして《お茶代》です』ロテ公と八百政による「ある作業」が完了した、《新光三越デパート タイペイ南西店》の包装紙でくるんだ「それ」を差し出しました。

「それは ご丁寧に 痛み入ります」礼儀正しく 深々とコッチへ頭を垂れた首領は、子分らへクイっとアゴで指図。

さっき HOTELの部屋まで 迎えに侵入してきやがった幹部の一人が、テーブルに置いた その包みを鷲掴みしやがりましたので、
             170309cc.jpg
        ワシはナ、オメエらにまで頭下げる気はナイのだ

わたいは『おい・・・。その中身は まごうことなきCooLなマネー。もチっと丁寧に扱えヤこら。少なくとも《それ》は モノホンの《正規紙幣》なのやからナ!』

場の空気が 凍り付くのを感じた。リクに言われた そいつは やや紅潮した顔つきで 『 ・・仰在的対白,打算着什公?(今のセリフは・・ナニを意味してるのかな?)』
             170309cc1.jpg


わたいは『今述べました通りヤ♪知ってるデ、アンタら組織・・・。苗栗(台湾の北西部)のどかでイイ田園地帯ですわナ♪そこにホレ、世界中から 優秀な職人集めた・・・《特殊な 印刷工場》持ってはりますやロ?残念にもイイ腕の職人が集まっているのにかかわらず、そこでは 名刺もスーパーの広告も受けてはくれませんって」
         
『・・・想説称什歴?回答(貴様・・ナニが云いたい?? 答えろ!)』
      170309cc2.jpg

『ははは♪ ンなカタくなりなさんなって♪ ナニも云うてへんデ まだ(笑)。アレやろ?世界中・・・その国の偉人さんの肖像画、それにお詳しいンでショ?ってこと。日本なら、福沢諭吉センセの、縦76mm、横160mmって、小さ目サイズの肖像画・・・とても精巧に造らはってる・・・違ってませんやろが?』


 カチャリ・・・・・。ヒトが この世で手にする「最も禍々しき 鉄製の什器類」それの 撃鉄が起こされただろう音だ。。。

               170309cc3.jpg

・・・ふんっっ ナンだ・・案外と 【 怖くもねぇヤ 】。つまんねぇ。思えば このワシって人間も スッカリと すれっからしに成っちまったって証拠か??

あのなあ・・・コレでもワシは、カタギの日本人 ビジネス・パーソンやゾ? そりゃドタマに1パツ、38口径のスペシャル弾食らうならイチコロだけどヨ・・・

だが・・オメエらが普段(?)ウラ通りでコッソリと、街のゴロツキ始末するようにはいかへんド。後始末も骨が折れるし、ナンたって、ワシにも《眷属》が居る。それらがマジで 地の果てまでテメエを追っかける。その覚悟有るか??試されてるのはテメエの方なんじゃ ああ??
       170309cc4.jpg
     《敵》にするなら、ぶっちゃけ厄介やデ ワシはヨ♪


『客人に対して その態度はナンだ!?そんな作法オレがいつ?お前に教えた!?』うまいところで 首領が双方にとっての「助け舟」を出してくれました。やっぱ・・相当数の 修羅場踏んでやがんな このジジい♪

首領は子分の脚をステッキで小突くようにして、『請感謝預先領受。東西平時的向金庫(有難く頂き物は頂戴しておきなさい。いつもの金庫へな)』 『・・・了明白了(わかりました)』


  ・・・おい お前たち。少しの時間席をはずせ。この客人は、サシで儂と話がしたいようだ。


さすがに場数を踏んだ大物ってのは 察しが良い。リクめとジイさん以外 他にはいなくなったリビング。

         170309cc5.jpg
        いよいよ帝王とサシで交渉だ・・・

「この部屋には 隠しマイクもビデオカメラも無い。ゆえに、リクとやら・・虚心坦懐に真実を述べるがよろしい」ジイさんは云う。とりあえず 信用する他はあらへんわナ。


首領「本音述べよ。儂の《お墨付き》・・・マジでそんな 守護の証文欲しさに 台北まで来て、危険な思いをしている そんな筈があるまいて??」


リク「申し上げます・・・。竹のカーテンの向こう側で、わたしらを待ち受けているのは、けっして・・・虎ダケではなさそうだって事で ええ・・・」

首領「どういうことか?具体的に述べよ 日本のビジネスパーソンよ」

リク「未だ 実像はよくわからんのです ええ。それゆえナンとも不気味。。。その見えない連中こそが、恐怖の正体でもありまして」 「ふむ・・・」



・・・もはや既に・・・今の瞬間、ユルい感じでですが、《監視の目》それがわたしら一行の背後に目を光らせているってのは とっくに承知しています ええ。
           170309dd.jpg
       それは 日本にまだ居る時期からズっと・・

それはこの 業界の異端児がなにか動きを開始してるってのと同時に・・・レイモンド・カークイって、かつて中国共産党 最高指導者グループに雇われ、主席の交代により あえなく自分を見限った祖国を・・得意の経済分野でリベンジしてやろうと牙を磨いてる・・その動向を注視している。

ですが「そいつら」は、ナニもコッチの命まで狙うってことはあり得ないと思う。要は 事態をキャッチして、先回りで おいしい部分を かっ攫おうってのがハラだと思えます。

         170309dd1.jpg

が・・・この人間社会で 最も・・と呼んで過言でないぐらいに 凶暴にして凶悪な《テロ犯罪》・・・それは、【 横取り組織 】・・それの暗躍です はい。

センセイも ご存知ですよね?《鹵獲(ろかく)》って軍事用語を。そう、敵側の武装兵器や補給物資を奪い 敵の戦力を削ぐ行動を指しますよね。
        170309dd2.jpg
        
どうやら・・・その連中が 牙を磨いているって雰囲気を感じましてネ ええ。

もちろん、《そいつら》は、乾燥大豆なんてモノ狙ってるわけもナイ。公然とは 社会では知られてすらいない、《フクザツな業界事情》・・それに由来する事柄です。


あのですネ・・・3万トンって、量の 乾燥大豆《それの容量》って 想像できます?? ええ・・野球グランドそれの2面分 それに約17mの高さが加算されます。

ケタ外れの光景ですよ、アフリカ象だって、間違って転落したなら 完全に隠れちゃって、そのまんまオダブツです はい。

倉庫に置いてある段階では 判りもしない状況・・・それが荷揚げされ、船で 海路へと船出した後、その運んでいる船の乗組員、関係者らは、云うまでも無く、船の空間に いたるところ 大豆って穀物に囲まれることに相成ります。

「マメ科の穀物」って、侮れない・・ぶっちゃけ 怖いモノなんです ええ・・・。
         170309dd3.jpg

シャレじゃ済まない症状・・・『急性 高タンパク中毒症状』・・・ええ 女性の妊婦さんが陥りがちな『妊娠中毒症』それに類似した急性症状が発現。


体全体に《浮腫》そして《高血圧》《尿たんぱく症》《肺のうっ血 梗塞》そして《心臓・肝臓・腎臓の機能急低下》《脳出血》・・・《癲癇発作》起こす場合もあります はい。

              170309dd4.jpg
             まさに降雨が「死の雨」と化すのです はい

で・・・それに輪をかけてヤバいのは・・・船での輸送途中に・・【 突然の予期しない 降雨があった場合は 地獄です 】。。。


本当に 倉庫で備蓄段階ではわからない、広大な海、照り付ける太陽の日差し、その条件下で、雨が降り出したなら??


《気温 湿度》《水分》そして 海ですからネ、《塩分》が加算されたなら、現象結果として 次に起きるのが【 大豆マメの 発芽現象 】・・・それなんです。
             170309dd5.jpg
        最近までこの構造は判らず、多くの船員が死亡した

要は《光合成》です、も~~ハンパなく、船一杯に積載している 大量の大豆が生命を吹き返し、バッカバカ!! 周囲の酸素を消費し始めますから ええ。

ヘタすると そのタイミングに居合わせた船員とかは、【酸欠による ショック死】起こします・・・。ジツに 怖いです・・植物にも 命が当然あり、その量が膨大なら、わたしら人間なんてのは、食虫蘭に食われてしまう ハエと なんら変わらないのですよ ええ。。。
           170309dd6.jpg

海の上では 少数でしかない人間らが、それがマメたって、3万トンもの量の穀物と、酸素の奪い合いしても勝てませんから ええ。。。


首領「穀物の船搬送がキケンだってのは理解した。だが・・そのことが、儂の庇護を必要とする その意図が正直 判らん」


ご説明します。あってはならないアクシデントですが、《もしも》に備えて、大豆にコロされないようにって、防御の手段 それを講じます当然。

「高タンパク除去剤」・・コンタクレンズの洗浄でも有名ですが、基本、それと類似してます。
     170309dd7.jpg

《Wobenzyme,Phologenzyme》とかって、専門的過ぎるので割愛しますが、要は 血中タンパク分解剤ですね、それを航海に際して準備する訳で。


・・・ところが・・その除去物質、価格なんて本当 たいした事ない、低廉です。1リットルで1$とチョっとってぐらい。

ですが この製品・・その国々の 保健省だったり、厚生省とかの厳格な管理の下、使用のたびに 数量とかを確実にチェックしなければならない そんな製品で。


その理由は・・・その、正規の手段で購入するなら、ジュース1本分とセイムなモノなのですが、それが テロ組織に渡ったならば・・・

     170309ee.jpg
    あまりにも知られていない 日常に潜む「恐怖」

大学の実験室レベルで案外と簡単に、【 神経ガス兵器が作れてしまう 】

お役人は気づいてさえもいません、今回だって、中国政府の役人は、取引の書類を差し出す際に『ホレ、イザって場合はコレ使用するように』って、ナンの危険意識も無く、コッチへ タンパク除去剤をオマケのように渡してくるでしょう。


・・・「横取り屋」の標的は《まさにそれ》。全体合わせても正規の価格なら 100$いくか? って、その薬剤が、闇のネットワークでは、数百万ドル単位でヤリ取りされ・・・

結果として、数万人ってヒトの命を奪える、神経ガス兵器が作成されちゃうって事です。。。


それでですねセンセイ・・・いかに ひとでなしのテロ集団「横取り屋」でも、今回、上海港あたりから、日本の 神戸港までの《海路ルート》・・・

テロ集団にするなら それって、完全に《アウェイ》、海の上での 海賊行為は、正直、確率が高いとは思えない。


そうすると・・・テロ集団は《下請けチーム 実働部隊》を雇うでしょ? おそらく・・・その 海賊行為は、与那国の直前、日本国の排他的経済海域に入る直前・・
   bbqq333.jpg

台湾の 鳳翔建設開發股份有限公司が在ります、沖合の海上が おそらくは【戦場】・・になると思う。

「雇われるるのは誰だろうか??」・・・センセイ、もうお判りですよね? 周辺海域にも長けて、度胸もあり 手際も良い、

                170309ee1.jpg

消去法の論理でいくなら 答えは明白・・・この台湾の原住民族である【 高砂族 】・・・ぶっちゃけ それ以外思いつきません ええ。。。

               170309ee2.jpg
               頭脳明晰で勇猛果敢な「高砂族」

大東亜戦争の際、日本軍の指揮下《高砂義勇隊》 その勇猛さは、戦史に刻まれています。ね!センセイ?・・その高砂族実行部隊の動きを牽制・指揮できるのは、

《本省掛》であるところの、【 王 錫山 】センセイ、貴方しかこの世には居りませんっ!! お願いします!・・・というより【祈ります!】

「ナニも起こらず 粛々と作業が進み やがて終了する」それを具現化するための、今わたくしが必死に動いている作業は、【 平穏への おおいなる保険 】それなのです。

王 錫山という人物、とても・・正規での手段では その面会希望は叶わない・・・。ゆえに、お叱りを承知で、このような非礼極まる手段で飛び込まさせて頂きました。お許しを。


王 錫山は、目を閉じ なにやら沈思黙考しておりました。やがて 目を上げ・・・

「リクとやら、オヌシ 気苦労が絶えない職務を担わされているようだナ。若いのに御苦労 オヌシが儂の身内の人間だったなら 大層 不憫に思うゾ。自分の昔を思い出す気がするヨ ああ・・・」

           170309ee3.jpg
         そうではない・・・「欲望の権化」なんだボクは・・・

「すべては 《欲》との二人道中で動いています、が・・・己の欲を完遂させる為に、無辜の他人や家庭の幸福を奪う、ボクにはとても出来ません・・・。お墨付きをいただけないでしょうかセンセイ!?」

王 錫山は重たい態度で、「うむ・・・答えは・・・」

         170309ee4.jpg
       次回へ続きます(ホントに次で終わりまス)(^^;

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

『ぶっちゃけ ・・・ 『 正味の意味で 最大級の《もてなし作法》 』・・・福いくたる その茶の芳香をクチの中で感じながら わたいは、さいぜんよりも緊張しているテメエの「ちいささ」を実感しました はい。』

いやいや、それは「ちいささ」ではありませんよ。

本物のもてなしを知ってらっしゃるからこそ。
ことの重要性を知るからこその緊張でしょう。

台湾の黒社会は、複雑怪奇だそうで。
一人でいくつもの帮の構成員だったり。
「鶏口牛後」の言葉を実践する。
大組織の下っ端より、小さい組でも頭を張ろう。とする奴もウヨウヨ。

心配し過ぎか? 次回で完結するのか?

No title

気品のある緊張感、文中の首領の方が支配する空間だからこその雰囲気ですね。
続きが気になります。

Re: タイトルなし

 はいはい♪ どもども アツシさん♪

> 心配し過ぎか? 次回で完結するのか?

終わらせます(笑)(笑)この作品でクタバるツモリはござんせんので いひいひ♪
でも「まとめかた」って、何度トライしても思い通りに 行かない行かない!(--;

Re: No title

 はいはい♪ どもども Shoukoさん♪

> 気品のある緊張感、文中の首領の方が支配する空間だからこその雰囲気

気品のカケラも無い わたいなんかが書いてて 恐れ入ります(^^;

> 続きが気になります。

本文は「出来た!」チト 待ってておくれやス~~♪
プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR