FC2ブログ

 「たからもの」を キミにあげるね (完結篇)

 王 錫山(ワン・シーシャン)は こう述べました・・・。

「結論から述べよう。 答えは 《YES》だ。 しかし!・・・今、この時点の状況では【 決定的に《足りないピース部分》 】それが在る・・・」
           170311aa.jpg

見返りとしての 王への「報酬の額」 それを積むのが少な過ぎたか?? ブラの生地に包まれている 胸の谷間に、冷たい汗が流れるのを実感しました はい。

そのリクの動揺を見透かしたかのように 王は さらに述べました。

       170311aa2.jpg

「誤解はするな。極東の国の《息子よ》・・かつての儂の再来よ。儂はナ、かつての《平成バブル期》か?その時代の日本人ビジネスパーソンは 大嫌いだった。皆 金に魂を売って ヒトとして持つべき矜持を失った 醜き禽獣そのものだった」
         170311aa1.jpg
      嗚呼・・わたいはやっぱ「ちいさい」なぁ。。。

「・・・・・。」


「だが、リクとやら、オヌシは会社や自らの国ダケではない、欲望は有っても良い それを恥じるな!それは行動原理なのだ。オヌシが、かかわる仕事、国籍や人種・民族を超えて、皆が 安穏で平和でありますようにと・・それの実現に この台湾の地にまで訪れたのには正直 感服した。協力してやりたい気持ち ウソは無いゾ」

「では・・・??」

     170311aa3.jpg

「聞け。・・・この台湾は、《いかにも小さい》・・中国本土は当たり前、日本や朝鮮半島よりもズっと 矮小な島国でしかない。判るか?基本的に社会における《世界観のスケール》それがミニマムなのだ」
          
「ですが・・・その 台湾を事実上、陰で支配 動かしているのが、王センセイ 貴方そのひとではありませんか・・・」


「社会構造の規模が小さいという事だ この台湾はナ。そうなるとナ・・・儂のような立場ともなると、色々様々・・・ため息が出るヨ・・・。清濁併せて、一方では世界を相手にIT産業でバリバリ金を稼ぎ、また一方では幼なき子供らに教育を説く。で、陰では悪党らを率いて、夜の繁華街に恐怖政治を敷く。まるっきりの分裂症だ(嗤)その役割から、棺桶におさまるまで解放されそうも無い・・・」
       170311aa4.jpg

「王 錫山・・・存じてます。貴方は、活動の大元は、台湾民族派の《政治活動家》それがスタートですよね?」


「どうかリクよ、理解してほしい・・・。儂は儂でしかないが、しかし儂は、けっして、老いぼれたジイさん、イチ個人という訳にはいかんのだ・・」

「はい・・・」

         170311bb.jpg

「次の間に控えている さっきの子分たちダケでない、儂が抱える立場である いくつもの企業、少なくない数の社員・・それに付帯する 家族も居る」

「よくわかります はい・・・」

               170311bb1.jpg

 ・・・「同じ匂いがする」・・・そう思えた。このヒトも 大きな苦悩の中、それを逃げずに抱えながら 生きているのだ・・・。


「その《かれら》に ひもじい思いをさせる訳にはいかない。それは儂の責務だ。《お墨付き》など 容易い。が・・・可能性の問題・・行動結果として、今まで対峙した事のない、強大な《敵》・・・それと向き合う覚悟 それが必要になる わかるな?」

「ええ・・・充分に。。。」


「先程の《贈り物》、それの額が不満だと述べているのではないのだ。むしろ十分過ぎる。ああ。しかし・・・《リスクを冒してでも オヌシに助力してやろう》そう思わせるには、もうひとつ・・・ナニかが足らんのだ ああ。」


いよいよだ・・・。切り札をきるゼ・・・。《 Kill the 【 TRUMP !! 】 》

            170311bb2.jpg
             いよいよ「切り札」だ!

日本から、厳重に隠匿して 持参した 忌まわしき「これ」・・・。それを ようやっと「成仏」させられる。委ねられるのは この 王 錫山しか他には居ない。。。


「無理からぬ話です・・突然ご訪問した、日本のヘンな若造、そんなのに運命預けるなんて とてもとても・・。しかし・・コレはどうでしょう??世間に露見するならば、イチコロで このわたくしなんぞ 葬り去るコンテンツにもなりますが」

持参した もうひとつの包装紙から「あるもの」それを 王 錫山の前へと出しました。

「?? それは??」
            170311bb3.jpg

 ・・・はい。(Ulysses Simpson Grant)要は・・・米国政府発行 50$札・・・それの【 基板 】。。。上手に刷るなら、低レベルの紙幣鑑定機を楽々クリア出来る・・・【 贋札が刷れます 】。

「なんとっっ!! ・・・っっ」
        170311bb4.jpg


 ・・・申し訳ないですが、それ・・・表側【片面のみです】。もう片面は・・8割以上の確率で、この世に存在してると思います。おそらくは・・・日本国内でしょう。行方は不明です はい。

かつて 1993年に 《和D-53号事件》って おおがかりとも呼べます 偽札事件がおきましてネ。ヨコハマの港界隈で、正直・・善玉とも悪玉とも呼ばない《稼業》してますからわたくしもネ、

それで ひょんなことで知り合った 重病に喘ぐホームレス 通称《師匠》って人間、その基板・・・その《師匠》から、忌わの際にわたくし 託されたのですよ ええ・・・。

そのトキですが もう既に、もうひとつ、ウラ面の基板は 何者かによって 盗み出されたらしい・・・。


いやあ・・ぶっちゃけ 悩みましたヨ(笑)ンなヤバヤバなもの託されて、何度 警察駆け込もうか?ってビビりました はい。

だけど 落ち着いて・・・こんなボクに師匠が託した・・「その意味」をジックリ考えました ええ。

          170311bb5.jpg

 ・・・そう・・。師匠もわかっていたのだと思う・・・。【 自分は《魔物》を この世に産み出してしまったのだ! 】ってことに。

贋作・・・贋札にも《芸術作品》はアルんだと思います。知識ございませんが、その基板は、まさしく!芸術と呼べる域のモノであると思う。


興味深い《実話》を お教えしましょうか?その 《和D-53号事件》で、師匠が刷ったとされる、贋札の 一万円札。

公式の警察発表とは 真実は異なり・・・ジツのところ、警察の鑑識部署は、《見た目では》・・・それの真贋を見極めるのは不可能だったのですと。
             170311bb7.jpg


じゃ、どうして?? 贋札だってのが発覚したのだって言いますとネ・・・それはマッタクもって ひょんなところから。。。

大阪の下町地区に代々 店を開いている、中華式大衆飯店・・日本の巷では《ラーメン屋 中華屋》って呼びます。

そこの店主ってのが、当人の自覚以前に、音楽に例えるなら《絶対音感》、要は 味覚の天才だったようでしてネ。

店の営業が終了した毎晩、ビールを飲みながらの 帳簿付け、それを行うのが日常の習慣で。

以前からの《癖》で、レジに一万円札の入金があると、無意識に、札の一部を ペロって、舐めるって、そんなヘンな癖があり・・・
        170311cc.jpg


で・・・『味が違うっ!!』って 気が付いた店主が、警察に駆け込んだ っていうのが、発覚の経緯だそうで ええ。

正規の 万札の「味」よりも、ホンの微妙に『酸っぱかった』そうです ええ。。。


ね?面白いでしょう♪ 見た目では真贋が付かない カンペキとも呼べる贋札、それが 事もあろうに《味》でアシがついたって 皮肉なハナシ。

未だに 謎です はい。どうして?味なんかに差が出たのか?? 推定の範囲ですが おそらくは・・所詮は民間人らの悪事、日本銀行発行の 正規紙幣で使用されるインクとか・・それ100%同じモノを入手できなかった・・そのせいではないか? って。 


かつての日本に、そんな 贋札創りの天才が存在したって お判りいただけましたか?

その天才が、この世での最期のみやげに、こさえました 米国50$札の《基板》・・・・・。

           170311cc1.jpg

しかし・・《そんなモノ》、なまじの人間って生き物が それを手にしたなら、言い切れます・・【 確実に狂う 】・・・。

警察組織も 残念ながら《信用に値しない》・・・。星さえ見えない 暗い世界で・・・それを奪い合い、幾多の 血や屍が築かれるかも。。。
          170311bb6.jpg

・・・センセイ、これは お世辞で言ってるのではございません。この基板を手元に置いて 確実に制御できるのは・・・【 貴方をおいて 他には存在しない 】そうでしょう?


ご懸念には及びません、《片面ダケ》です ただいま現在は まだ。それを所有していても ナンの罪にも匹敵しませんから ええ。

どうでしょう?? ご興味があるなら・・・もう片面を行方、アナタほどの実力者だ、捜索の手を伸ばすなら、案外と容易に 片面の所有者を発見できるのではないでしょうか?
       170311cc2.jpg
        「友愛の精神」ではムリだ・・・
     死屍累々の屍に立つ「勇者」でなければ

正直・・・ボクには 荷が重すぎます。そろそろいい加減、この轍の中から 降りたい。。。

王センセイなら ご存知でしょう? 100$ 50$札には現在、その札が 米国以外へ持ち出された際、追跡可能な機能、《追跡用の極細 ワイヤーチップ片》それが密かに混入されてますよネ?
        170311cc3.jpg

贋札には 当然、その機能は無い。だけど・・王センセイにとっては ある意味《そっちの方が都合がよい場合も少なくは無いでしょう??》・・・

からかっているツモリはございません 誤解無きよう。センセイの活躍される現場では、アレでしょ?・・その国の国税庁を通さない 金銭による組織間での精算、有っても当然ですよネ。
     

・・・センセイ、ボクは正直、《なんだかわからなくなった》って、悩んだ時期があったのです はい・・・。
        170311cc5.jpg
      「理想と現実」「本音と建て前」に苦悩した

長い期間 貿易の仕事に携わるじゃないですか、そうするとネ・・・テメエの年棒をも遥かに上回る額の《金》それを・・悩みもせず 右から左へって、無造作に動かしている自分が居る・・・。

そうすると ココロの内部に・・・『紙幣制度とは何なのだろうか??』って 社会経済ってモンに目覚め始めた 中・学生みてぇな疑念が。

・・・そう・・・気づいた。。。《紙幣》なんてのは結局、単なる《紙切れ》、国の中央銀行が保証した、信用手形でしかない。。。
           170311dd.jpg
          正義と邪悪の概念すら五里霧中へと・・・

実際 2008年に アフリカはジンバブエで起きた ハーパー・インフレでは、《年率 2億3,100万%》って!終いにゃ《100兆ジンバブエ$札》までが発行され・・・
         170311dd2.jpg

市場での買い物、荷車一杯の紙幣でもって 食パン一斤も買えなかった。絵空事ではありません、【実際に起きた 真実】なのです はい。

額面上、世界でダントツの《借金大国》我が日本が・・どんだけか債務が膨らんでも マルで潰れる気配が見えないのも「それ!」
        170311dd3.jpg
      国有不動産総額と国民貯金額が「担保」

資産・財産を保有する人間【 その資産額は常に不動だ 】って事。たまたまサイフに入れてる額が足りないで、借金したに《過ぎない》。保有の資産は瓦解なんかしない。

          170311dd1.jpg
       有事ともなれば、紙幣は「ハナ紙」頼れるは金塊

この台湾国内に 3つ以上の銀行を傘下にする 王 錫山・・それはイコールで、「台湾経済社会そのもの」ってことを指し示す 違いますか??


案外と便利ですよ その基板♪ 何故なら、贋札が発覚しやすい条件NO・1、《紙幣通し番号》、その基板は 一種の機械でもありますから、通し番号 それがランダムに1枚ごとに変えられる。


そう・・・西側経済社会のおける まさしく【 パンドラの箱 】ですそれは。それを破滅を避け、制御できる人間は センセイしか思いつかない 真意です。

この若造なりに、悟り・・・ってまではいきませんが、現実とボクは 1つの「折り合い」つけました ええ。

             170311dd4.jpg

この世には いったい?何枚の《紙幣》が存在するのでしょうネ??《兆》なんてモンじゃなかろう・・《京(けい)》かな?《垓(がい)》かな? 《載(さい)》《極(ごく)》《恒河沙(ごうがしゃ)》《阿僧祇(あそうぎ)》《那由他(なゆた)》遂には《不可思議》って、気が遠くなる数かもしれない。

そんな状況、『この経済社会には 1枚の偽造紙幣など存在しない!』と のたまって、一体ダレが信用するか?(嗤)

ねぇ センセイ・・・違ってますかネ??【 この世の経済活動とは、一定量の《贋札》が混じっている前提で 正常に回り続ける 】って、その考え・・・・・
           170311dd5.jpg
        いつまでも悩んでられっか!ワシは「港のリク」ぢゃ


首領「・・・熱血の日本青年と思いきや・・・オヌシ、侮りがたき《悪魔》でもあるのだナ・・・」

リク「述べましたでしょう?《欲望の権化》だと(笑)どないでしょうか?? これでもはや、わたいはキ●玉 貴方に握られました。同じ船に乗り合わせた乗客同士でス。もうこれで・・・頂けますよネ?《お墨付き》♪」


首領「・・・おかしな気分だ。。。何十年ぶりか? 同世代の すべて打ち明け相談できる かつての懐かしい朋輩に出会った気分だ。なあ?お若いの。ひとつ、この老い先短いジジいに 教えてはくれぬか??儂は・・・このまま、儂が儂として生きてきた道、それを 突き進めばよいのであろうか??」


リク「センセイほどのお方だ。真に強いヒトでしょう?ならばご懸念は不要。ワルい取り巻きに囲まれていようと、それの言うなりになんかなりはしませんって♪それに・・・心配要りません、人間って・・《遊びながら 真剣に働く》そんなものです はい。《善行を行いながら、無自覚に悪事もしてしまう》そして・・・《悪事を働きながらも、やはり無自覚に 善行を愉しむ》ナマイキですが それが人間。その《二面性》が無い人物などこの世には居ないと思います。誰もがココロに《魔物》それを飼ってます。勧善懲悪では 世の中は割り切れない。王センセイ貴方も無自覚なまま、ジツに多くのヒト、その命と 営みを支え 護っておられるのです はい・・・」

ダレだかが ワシに《言わせている気がした》ま~た いつもの・・・おセンチでPessimistの 天使の仕業か??
 
          170311dd6.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「出向かえ時」とは うって変わって、いわゆる 「最恵国待遇で」(笑)

    170311ee.jpg

銀色に光るBodyのベントレーで 宿泊の安HOTELまで 送って貰いました。

         170311ee1.jpg

「戻ったでぇ」ゲタ代がドアを開けてくれました。「みんなは?」訊きますと、

「うん。カークイさんは酔って寝込んでる。メコンウィスキー全部開けちゃったんだヨ、オムツ履かせた方がイイんじゃない(笑)ロテさんと八百政さんは、泥のように眠り込んでる。よっぽど 疲れたみたい。」

「そうか」

「お仕事・・・ウマいこといったの?? アタシなりに心配してた・・」
        170311ee2.jpg

「へっ♪ この段階でもってヘタこく程 トーシロとはチャウわいワシはヨ♪」

「リクさん、アンタって 見た目は♀にしか観えないけど、やっぱ《親方》だね」

                    170311ee3.jpg
                 ビッチのハマGAL よくやった♪

「でだ・・・。とりあえず、ゲタちゃんヨ、キミの任務は無事終了でヨ。もう日本にいつ戻ってもよろし~デ。明日・・って もう今日か。早い便、やっぱ日本の航空会社がよかろ?ワシがチケット予約しといたろか?」

スマホを取り出しますと ゲタ代は。


「アリガト。でもイイ、リクさん お風呂入って休みなヨ、チケットぐらい自分で買える。で・・いよいよ 香港・マカオに乗り込んで 本番だよネ?《邪魔で迷惑》・・ってのじゃないなら その前提だけどサ、アタシも・・・そっちの方 手伝わせてくれないかなあ?ダメ??」

「居てくれるのはマジで 大助かり♪ そやけど・・・ぶっちゃけマジで 鋭いナイフの上を綱渡りすることになるのやデ?ガチで怖いデ?」

ゲタ代は 深夜でも 静かだとは呼べない 龍山寺の街の喧騒を 窓越しに眺めながら。
      170311ee4.jpg


・・・アタシさぁ、チョっくら、《中国人に恨みが有る》のよネ。京急富浦の駅前でサ、アタシの実家って 小さなタイヤSHOPしてたんだあ。

ムカつく・・・《かながわ中国信用組合》って在ったの知ってる?もう日本国内からは店舗引き上げて撤退したけど。そこの金融機関にハメられて 土地とられたんだぁ ウチの家。
         170311ee5.jpg
      かつて ハマの街にもこのよな傾向があった

ウチの ひいおばあさんってヒトが、大陸から日本に来たヒトだったって縁で、三代に渡って そこと取引してたんだけどネ、

ある時、《どうしても 金借りてくれ!そうでないと困るのです!》って、そこの営業社員が 父親に設備投資資金それ貸し付けて。そしたらスグに起きたのが あの・・《リーマンショック》・・・。
         170311ee6.jpg

イキナリ!態度180度変えて、《今まで貸し付けた資金 一括で返済しろ!契約条項だ》借金返すために またよそから借金するって、潰れて当然だよねぇ。。。


でも、潰れる瀬戸際 家族全員で とにかく頑張った。アタシも高校中退して・・・あ?でも、悲惨だって思わないでネ、出席日数と取得単位の問題で、既に留年決まってたモンでサ あははは♪
           170311ee7.jpg

で、ハマ駅西口のキャバクラ勤め始めた。ギリッギリ、落ちるか落ちないか?って手形決済の日時迫っててサ、思い出しても吐き気がする ヒヒおやじに抱かれたりもした・・・。やっぱ、アレは  泣いたなぁ。。。

             170311ee8.jpg

そんでネ、「やっとこ・・」家族全員働いて、手形のために口座振り込みは完了して ホっと一息 そんなトキだった・・・。


入金した・・・100にはちょっと欠ける枚数の諭吉サン、その・・・【 僅か 一枚の紙幣が《偽札》だった 】って・・・口座は県警によって一時凍結、父親もしょっ引かれて拘留。
           170311ff.jpg
          有ってもイイのか!ンな事が!?

・・・結局 手形 落ちなかった。ウチは倒産、債務精算で 正直・・あまり良い条件ではなく 土地と建物手放すってハメに。


だけど・・・「それ」一種の謀略だったんだ・・・。その例の、中国系の信用組合の担当のオトコがサ、アタシが入店してるとも知らず そのキャバクラに客で来て・・・
         170311ff1.jpg

シャンパン開けて 自慢たらたら、《最近デカい仕事をした♪駅前一等地の店 破格で地上げ・買い取りに成功したゼ♪》だって・・・。

       170311ff2.jpg

アタシ・・・なびくフリしてサ そいつに。店外デートで、店舗も閉まった時間帯、ハマ西口の ダイアモンド地下街の隅っこでサ、

        170311ff3.jpg

・・・ケリ入れて地面へ転がしてサそいつを。馬乗りになってボッコボコにカオやハラ殴りつけて、白状しろ!って迫ったら、ワンワン泣きで 吐いたヨそいつ。


「・・・ヤっちまえ!そんなヤツ。 許す! 少なくともこのワシが っっ!」
       170311ff4.jpg
     連れてこい!そのクズ野郎・・・

単純な構図、中国人実業家、そこの金融機関の理事とかだって。そいつが事業展開のために ウチとこの土地と場所 欲しがったんだって。

「ってか・・おかしいじゃんっ!あきらかにヨ・・。必死の思い・・・で、家族協力でやっとこ・・入金するって際やデ?それ1枚1枚・・・《コレはホンモノの札だろうか?》なんて確認するヤツ 居るってなら 連れてこいっっ!!三代の付き合いの金融機関なのやろ??このクライアントに限ってそんな訳はない!って、顧客庇ってこそ しかるべきやんか!」

うん でもサ、《証拠》たって、罪の告白それダケで、シロートの小娘がサ、いやしくも銀行とかを相手にリキんでも どうにもならなかった。

その遺恨で アタシは中国を恨んでる。でもネ、リクさん 勘違いして欲しくない・・・。アタシね・・・【 そ~ゆ~自分がいちばんヤなの! 】・・・。

       170311ff5.jpg


「 ゲタ代ちゃん・・・ 」

           170311ff6.jpg

そんな恨みの気持ちを抱き続けて 歳をとっていく自分を想像するとガクブルじゃない?ぜってぇ それって《醜い ババぁ》間違いないじゃん?

だから・・1度でイイ。へっ!!ザマみやがれ!って♪中国の連中に あっかんべ~して スカっ♪とした気分で、すべて忘れてフラットで 出直したいんだ アタシの【 人生 】をネ♪
          170311ff7.jpg


でネ・・・《香港マカオのラウンドはボランティア無償で!》って・・・カッコつけたいのはヤマヤマだけどサ(照)

欲はかかない、ホント 少しでイイんだぁ。ギャラのオプションはずんでくれるなら うれしいなあ って♪


リクめは、次の間のドアを開けました。

           170311gg.jpg

中では ロテ公と 八百政が ゲタ代が云った通り、ノートPCを横にして 死んだように 眠りこけていました はい。

ふたりとも、目の下に 夜目にも判る 色濃いクマが。・・・スマンな。そして 有難うな・・・。キミらの頑張りのおかげで【 王の封じ込めに成功出来た 】


眠りに落ちる数秒前まで、打ち込み作業をしていたと思えます ロテ公が その手に握りしめている 100$の紙幣の束、それをわたいは慎重に「受け取った」

       170311gg1.jpg
      罪深き人間だなぁ わたいは・・・

ロテ公の掌は「あたたかかった」。このわたいがモノホンの♀ならば、抱きしめてキスしてやりたい気持ちでした はい。(ロテにしたなら大迷惑でしょ~~が)(^^;


十数枚はアルだろう。『ホレ、これ取っとき。追加分のギャラの前払いヤ』っと、ゲタ代にそっくり渡しました はい。


「えっ!?イイの??こんなに。。。日本に戻って 会社に怒られない?リクさん・・・」

「けっっ!《この程度の決裁権》それがダメだってンなら、ンな なさけない会社ヤメて、ワシャ 台湾マフィアにでも鞍替えした方がマシってモンじゃい!取っときヤ♪ バーキンのバッグは とても買えへんセコい額で恐縮やけどナ ああ」
          170311gg2.jpg
       プレミア付中古で 600マン円ですと!@@;


ゲタ代は微笑んで、「ううん アタシ バーキンのバッグなんて欲しくもナイよ!そんなのが 今のアタシには似合う訳もナイってぐらい わきまえてるもん」

「だけんど 若いコとかの憧れやロ?バーキンのバッグは。あのナ・・ワシが親方つとめるチームに、《貞子》って、ぶっちゃけ《野放し》(笑)居るねん。そいつ・・・エラい事 目論んでやがった・・・。コッソリ、このワシにナ?生命保険かけて、早晩クタバったなら、それの保険給付でバーキンのバッグや、中古マンション取得資金狙ってやがった!@@;笑えるやろ♪」
         170311gg6.jpg
      てめワリ~やっちゃナ 貞子っち(笑)


ゲタ代は云いました。

・・・アタシはさぁ、バーキンのバッグよりも・・・せっかく《職人大国》ニッポン、それもハマで産まれたんだヨ?
       170311gg4.jpg
     片やキタムラのバッグ 3万円から♪

《キタムラのバッグ》それチョイスしてこそ ハマっ子のいなせと粋ってモンでしょが♪ それでもわかってる・・今のアタシのままじゃあ そのキタムラでさえ、バッグが泣くってのかな? 身にそぐわないってこと。


でもサ、アタシ思ってるんだ うん。キタムラのバッグ買ったならば、それ、大事に大事に・・・なんせが 殆どの場合の故障は無償で!修繕してくれるんだヨ キタムラは!

いつになるかなあ?・・・気分よく晴れた 日曜日にサ、アタシ そのキタムラ持って、山下公園とかに お散歩に出たいって思うってるんだぁ。
          170311gg5.jpg

そのトキって、も~アタシは おばあさんになってるかも知れない・・・でも、道行くヒトの目に《ああ このおばあさんに よくよく似合っているな 手に持ったバッグがいかにも》って・・・

そう 思って貰えるなら、なんか無性に 嬉しくなるって気がするんだぁ 大事に使って、もし娘や孫がアタシに出来てたら、そのコらに引き継いでやりたいって思ってる うん♪
        170311gg3.jpg



  ・・・《アレ》を贈るべき人間が こんなにも近くに居たか・・・

わたいはサイフの奥から 『はい。 コレあげますキミに』って、お札にも似た「それ」を ゲタ代へと差し出しました はい。

      170311hh.jpg

いぶかしげな眼で ゲタ代は、「なあにこれ??え??・・・【 ZEROルピー】って??」


・・・ゲタちゃんヨ それはネ、実際に インドで発行されている《ゼロ・ルピー》って、それこそ価値は《ZERO》、買い物にも使えないけど リッパに《紙幣》なんだ ああ。

公務員による あまりにもの《賄賂要求》それを是正しようってマトモなインド の政治家や哲学者らが、知恵を出し、《次に賄賂を要求された際は、敢然と このゼロ・ルピーを その相手へと渡しましょう》って思想の運動。

その札ナ、わたいは、体重300キロ近い、ひとりのサモアンの男から受け取った。
           170311hh1.jpg
           元気してはるかなあ・・・

そいつやけど、ぶっちゃけ・・《天使のココロ》そのもののヤツやったワ ああ。イビツに凝り固まった こんなワシにヨ・・・《 I Presant You 》って、満面の笑顔で贈ってくれたんだ ああ・・・。

で・・ズ~っと・・・テメエを恥じてた。《コレ》を持つべき 資格なんて とても無いって思ってた。いや、今だってそうだ。。。

                170311hh3.jpg
             正直「その資格にあらず」だからネ・・・

どうカッコつけたところで、わたいは 【 富への執着 】・・・それから逃れられない。我を捨てきれないカネの亡者なのかも。

いつもいつだって、1秒の安息よりも増して、テメエの家族に あれ買ってやりたいとか、会社の部下 ロテ公とかにも もっともっと、マシな額の給料与えてやりたくて ジぃジぃ歯切りしてる。
       170311hh4.jpg
     イチ労働者に過ぎない自分って生き物・・

そんな・・・テメエから 逃げたって意味などナイって思わへん??そやから 決めたんヤ。。。

が、サモアンが呉れた この ゼロ・ルピー札は・・・【 金で持ち前の生き方・価値観が 揺らがず替わらない素晴らしいヒト 】

そのヒトに出逢えるまで、ワシは 一時預かりの係しているのだってネ。でもって、見つけたんだヨ こんなコ汚い 台湾の土地でネ。

          170311hh5.jpg
            ゲタ代チャン はいこれ♪


    ボクの「たからもの」 キミに 差し上げましょう♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「なっかなか・・感動的なハナシだったアルな Mrリクよ」

やっぱ 狸寝入りしてやがったか 喰えない野郎だ レイモンド・カークイ。

シャワーをかぶり、出てきたトキには ゲタ代も既に熟睡していて。酩酊して眠り込んでるはずのカークイが皮肉に ソファーで座りなおして嗤ってやがりました。

カ-クイ「そんなにシブい顔することも無いよろし。このワタシだって無垢で純情って そんな当時は有ったのだヨ♪」

リク「けっ 到底 信じられませんがヨ。な?現在只今、ワシらは《チーム》やド?いい加減 仲間内での 探り合いはヤメとかへんか??」

カークイ「《契約内容通りに》・・リクよ リーダーであるオマエが、怖気づいたり 妥協したり、オマエの最もの要注意点・・・情に掉差してあらぬ方向に事態が流されないか?それを見極めるのがワタシって人間の流儀だ 悪く思うな」

リク「過去に ココロに傷を持つ少女との 感動の触れ合い・・・それでジ・エンドって程、お花畑な 生き物だって思ってたか? 港のリクが」

カークイ「ホント・・面白いヤツあるナ 君は(嗤)掛け値なしで、背負っている半分が天使、で もう半分が見事に《悪魔》こんなに見事に判りやすい人間は初めてだ♪興奮するよ、ああ。」


リク「カークイ オメエ・・・ホンマ《喰えんやっちゃナ》・・・かつての地位から転落し、メコンウィスキー耽溺して アル中になってたって・・・ぶっちゃけ、【それ自体が《アングル》だった】ってか・・・。アキレてまうワ」

カークイ「ははは♪ 見抜いたか」

リク「数時間前、ココ出かける際にヨ、景気づけにと思って、オメエが飲んでたメコンウィスキーのハイボール ひとくちクチにしたんヤ わたい」
         170311hh6.jpg

カークイ「柄にもないナ。《別れの杯》ってことか?」

リク「アル中 ウマいこと演じやがって・・・中身《アイス・ティーやんか》ぶっちゃけ するかぁ??ソコまでの騙す演技・・・」
        170311hh7.jpg

カークイ「《よい演技者であってこそ 大きな仕事が可能になる》それがワタシが長年で習得した《哲学》だ」

リク「しんどいやっちゃ ったく・・・」

          170311jj.jpg

カークイ「で??・・・どうなんだ?王ファミリーへの《封じ込め》・・見事成功したのか??」

リク「ああ。ダテに 前世紀の骨董品に大金  貢ぎに出かけた気はナイけん。思ってたより《熱いヒトやった》(笑)キミの進言通り、《イチバン横取りしそうなエネミーを篭絡して味方につけよ》ってクヤし~が正解やナ・・。孫氏の兵法かヤ?」

カークイ「うむ 良い生徒だ(笑)だが・・・あなどれないキミだ」

リク「オメエにダケは云われたくない!」

カークイ「追跡装置・・・仕込んだのだろ?王へ贈った10万ドルに・・・八百政クンと、ロッテルダム君が、ここ3日間 眠る間も惜しんで、PC入力していたアレだ」」


・・・ああ。あくまで《合法的に》仕込んだ・・・。強大な 虎の【王】それに立ち向かう オレら裏町の野良猫は、正規な手段こそが唯一の対抗手段ヨ。


日本の 経営の神様と呼ばれた 松下幸之助知ってるよナ? おっさん買い物で会計の際、サイフから札出して 渡す際には《早よぉ戻って来ぃや!》って、呪文かけてたそうヤ。
        170311jj2.jpg

思うやんか?《今 自分のサイフにある札って、どういう経由で自分へと巡ってきたんだろう?》って。ぶっちゃけ 今の時代『 それが可能になった 』ああ。


カークイよ、《 Where's George? 》(米国1$札の肖像がG・ワシントンから由来します) って知ってるかナ?アマチュア運営のサイトなんやけどネ。
         170311jj1.jpg
         現存するサイトです はい

ぶっちゃけ・・・ケツ持ちには、CIA、DIA、NSAとかのラインがカラんでるってワシは 睨んでる。

今 自分のサイフに存在する【 札 】・・・それがナ、どういう経路を辿り ドコの口座から引き出されて、結果 今自分の手元へと巡ってきたのか??

そんな 小・学生が夢想するような事が・・・《その紙幣の 通し紙幣番号をサイトのHDに登録することで可能になった》のだヨ うん。

大事な事・・・【 これは正規で発行された《正規の紙幣だから可能だ》って事だ 】。。。ロテ公と八百政が、必死で【すべての札 登録完了してくれた】

《旅に出た》その紙幣がサ、金融機関口座に入金されたり、大手店舗とかの紙幣チェックマシンを通過するなら、自動的にWWW.のクラウドシステムに情報が打電されるって仕組み、あなどれへんデ。



 な?? 笑っちゃうやロ♪ 東アジア圏で 名うての《ニセ金使い》の 王ファミリーがヨ、

ワシらが 贈った10マン$って 冥加金、金庫の中から出されて 流通がはじまったなら最後・・・以後の動きが 事によっちゃ《まんまと ガラス貼り》になりよるんやワ! ああ 愉快♪愉快♪

けっダレが平身低頭で 命金よろこんで差し出すかって! コレは今後のワシらの 防波堤であると同時に・・・イザって際の手強い《武器》になるでぇ♪


カークイ「・・・共産党内部にも、数々の《ワル》が居て、随分とそれも見てきたが・・リク、オマエは それらと比較しても、【最高部類的魔王】たいした《 mother-fucker(クソ野郎)》だ。こみ上げる笑いが止められない♪」


・・・ああ そうだ。《それも疑いも無く 真実》なんだ。コレはピクニックじゃない。これからワシは、数々の 虎や獅子、常識はずれのクルった大蛇 そいつらが相手にする。

仲間であるチームにも、1秒でも気を抜いたなら、足元すくわれかねない ワシと共に地獄に堕ちるであろう人間を装った 魔族も。

       170311jj0.jpg

それでも・・・あの ゲタ代の「ひととしての きよらかさ」・・・それもまた 1つの《真実なのだ》。。。

そして、昨晩・・・ホンの一瞬ではあったけどサ、まさに台湾ウラ社会の首領 『 王(ワン)錫山(シーシャン)』 と、親友(マブダチ)のように、ココロ通わせ胸襟を開いて 語り合えた・・・

それだって けっして夢 幻ではない【 この世の 真実 】それなんだ ああ!


 王 錫山は最後に ボクにこう告げた。

「一度しか言わぬ、メモもとるな。。。夜が明けて 10時から正午までの2時間内に、台南の《高雄(カオシュン)》国道17号線沿いにヨットハーバーがあるから、そこへ行け。あえて地味な高速作業船を用意しておく。オマエらチーム、その手段でダイレクトに香港島へと渡るがよい。どの手段よりも現地に早く着く。追手監視の目を一時的に封じるにも都合がよかろう?で・・現在のミッション終了まで、オマエらに仮名・・《建 王順ファミリー》と名乗るがよい。この名は1つの【共通ドメイン】だ。香港マカオででも、裏通りの住人との交渉には何かと役立つだろう。」

      170311jj5.jpg
     船旅かぁ ワシらに向いてるやん♪

素直に「有難い」。が・・・それはアレやろ? 調子コイて、その仮名を乱発したなら、ワシらの今後の動き、王センセ、アンタらの耳に 筒抜けってことやろが・・・


 『では気を付けて旅立つがよろしい。 我伯共度辻的快采时光,我一直会留在心里的。我叔以后経常保持朕系掴!(あの楽しかった瞬間はたぶん忘れない、機会が有ったらまたツルもうゼ) 再見」



 とっくにもう 「賽は投げられている」チマチマ悩んでるヒマなどは無い。いよいよ香港マカオに乗り込んでの 「本番」だ。

      170311jj6.jpg
    ご一同! ご陽気に出かけましょ~「いくさ」に

        さあ みんな 行くゼ。


             《 完 》


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【  ごめんね  】 By ふくろうず


   あたしたち違う人間になりたかった

   青春の夜明けはひび割れたガラスのよう



   誰より本当は傷つけられたような

   やさしい瞳はひび割れた子供のよう



      ごめんね

        170311jj7.jpg



   正しいも正しくないも意味はないのさ

   君はすてきだ!困った顔がよく似合う



     ごめんね 忘れてくれ


   あらそいも、約束も、流した涙さえも

     ちっぽけだった

     ごめんね



   殺してくれ!と叫びだすような恥ずかしい夜は

   抱きしめててくれよ、ほんとごめんね

      ありがとう



   あらそいも、約束も、流した涙も

   ありふれてるあたしたちの運命も

      ごめんね
   
       170311jj8.jpg
 




https://www.youtube.com/watch?v=-VtpxorBkUY





スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そのまんまWOWWOW制作の重厚なドラマで通用しそうな そんな情報量と内容でした。

書き手のリクさんの「熱」もじゅうぶんに感じたようにも思います。

『現時点で公開できるのはここまでだ』ということなんですよね?
それですら このレベルだとは。。。

いつか禁が解けて、すべてが拝見できるのを 首長くして待ちますね!

台湾料理がフト食べたい気分

 今回は「会話劇」の部分にウェイトがさかれていましたが。

それでも、香った香った、あの独特の、漢方薬と中華調味料が入り混じったような、「台湾の路地のにおい」が♪

ゲタ代ちゃんは、泥の中に咲く 水連の花だったのですね。
「そんな自分がいちばんヤなの!」泣きました そのセリフに。。。

今宵は 台南屋台料理に出かけて、紹興酒 痛飲したい気分です。

リクさんの「よわさ」が素敵

 怜悧そのものの レイモンド・カークイよりも、
折々で リクさんがふと見せる「弱気の部分」
だけど、『それがあってこそ』1つ1つコツコツ、舞台を用意し、したたかに強力な敵対勢力を「カタにはめる」それが可能なのですよ きっとね。
不器用であるから 嫌味を感じることなく読めます。

リクさんならば、「平成の 海賊と呼ばれた男」になれるのだろうなぁ~♪

今回は意外な部分で・・・

 泣けました。

バーキンのバッグよりも キタムラを一生大事に「育てよう」ってゲタ代さんの その けなげさに涙v-395

そしてラスト曲 「ごめんね」。。。
なんだか 聴いていて せつなくなっちゃう良い曲ですねえ。

今回ほどの えぐい作業をこなしたリク様が 最後にチョイスされた曲が「ごめんね」。。。
それは本当の部分での 偽りない「本音」でしょうし、
それを思いますと 余計せつなくなってきたりしますのv-416

や~~あの時はきつかった(笑)

 本チャンの 香港・マカオでもそうでしたけどね。

あの台湾では、マジで コンビニすら行かず、ホテルの1室で缶詰。
途中 幻覚は見るわ(笑)ロテさんは なんだか訳のわからないことを大声で叫びながら踊りだしたり(^^;

「ちきしょうリクの野郎!」「そーだそーだ!食事に下剤混ぜてやろうゼ」とか(笑)(笑)悪態つきながら なんとかミッションこなしたのを いまだに悪夢として 時折苦しめられてます。

素敵な 春先のプレゼントを感謝

 相変わらずの お見事な伏線とストーリー運びでした。

ある意味で すべてが「ひっかけ」すべてが「虚偽」
心を通わせながらも「見事に裏返す」。。。

タキさんも言われてたように、現代版の「赤と黒」にも近いですなあ。

旅行本では なっかなか理解できない、台湾の暗い一面も よくよく学習となりました。
みみっちくて、喧騒で薄汚い そういった「街」の中で どこか安らぎを覚えるという、港のリクの それが原点か?

それにしても ミスター・カークイのだんなは「喰えないやつ」ですねぇ(感嘆)味方につけるなら、冷徹な参謀まちがいなしですが、
敵になったなら、もはやシャレでは済まないですよネ~~。。。 

No title

権力者と野心家の戦いですね。
このような者が、突然出会うと親しくするものの、裏では利用して潰してやれと考えているんですね。
ええ、勉強になります。
両社に共通するのは、いかにして、一番利益を得るかということです。

ちなみに、自分は、一番利益を求めなかったりします。
こんな自分が、港のリクさんと戦ったら、かなりすごいことになります。利益より、気分や直観などによって、選択は変わるからです。
しかも、突然忍びとして、優秀な人物が現れたら一番利益の低い選択をするかもしれないのです。

そうはいっても、港のリクさんとは、死ぬまで戦うことはないと思いますが。

リクさんの中の天使と悪魔。
どちらが、本物?
ではなくて
どちらも本物。
なのですね。
全くの善人。全くの悪人。という人は、居ないのですね。
ただ、善人の仮面の下に悪人の素顔がチラチラ見える奴はいますね。

ゲタ代さん様な生き方、中々出来るもんじゃないです。
酷い目にあっても、そこにとらわれず。
たまたまの機会に
「一矢報いる」だけ。
前向きな方です。

港のリク御一行様と行く、台湾・香港・澳門の旅

もう、10年以上前に行ってきましたが、素の台湾が見たくて路地裏探検をして来ました。
本当に一歩裏手に入ると、懐かしの昭和初期が漂ってきますね。
昼間だけで良かった、、、ホッ!
もちろん、龍山寺も行きました。台北101も。

香港・澳門も有名観光どころだけだと、安全です。

H●Sがツアー組んでたら、『行く?』
料金は「残りの人生」だったりして・・・(^_^;

3部作お疲れ様でした<(._.)>

物語ではこれからいよいよマカオへ向かうってのに
なんだか、つい今しがたリクさんが台北から横浜へ戻ってきて、コレを書き上げニコニコしてるような気がしてならないんだけど・・(^^)

もし、イチハラが生きていたら、案外このワン・シーシャンのような歳のとり方をしたかも知れないなんて、寒風吹きすさぶ甲府の独居房でのんびり空想するのも楽しい(^^)
しかし待てよ、
ひょっとして今回の物語は、一貫して『贋金』がテーマだったのかな~?

いくら「大きな苦悩の中、それを逃げずに抱えながら 生きているのだ・・・」と云っても、自分の一族郎党だけは幸せな人生を送り、一方でワン・シーシャンのお陰で苦渋を舐めた一般の人たちだっていただろうに・・

案の定ゲタ代は正に「『贋金』のせいで、ささやかで幸福な家庭を破壊され、苦渋と恨みの人生を送る事になったわけだ・・・
ヤクザな世界に身を置く以上、そこには孤独で非情なエゴイズムが必ずある
一見それはホンモノに見えるけど、所詮はニセモノ
だから、
50$の贋札製造基板と50ルピー紙幣に似せた『0ルピー贋札』
のどちらが相応しいかは誰もが分かる

インド紙幣の顔はマハートマー・ガンディーだが、欲につかれた人々にとってはガンディーもネール同じ価値でしかない
でも、贋紙幣の『0ルピー』は不正をするもののココロに何が正しいかを気づかせてくれる

不正なココロを浄化する『0ルピー贋札』には正にカンディーの魂が宿っていると言っても決して言い過ぎじゃない
だからこそ
『0ルピー贋札』が今回の「たからもの」だったっことがよくわかる
一度はまやかしの『贋札』で苦渋を舐めた彼女だからこそ、ホンモノの『贋札』を持つにふさあしい
そして
元町K2のバックを愛する彼女をとてもセクシーだ

最後に・・

>《キタムラのバッグ》それチョイスしてこそ ハマっ子のいなせと粋ってモンでしょが♪ それでもわかってる・・今のアタシのままじゃあ そのキタムラでさえ、バッグが泣くってのかな?

コラッ、貞子はん!
ゲタ代さんのこの言葉よ~くかみしめなさいッ!!

1つのおおきな「人間劇」

 今回の 3部作を通して より鮮明に浮き出てくるのは、

人間という 生き物の「2面性 複雑性」の それだと思います。

「見た目で他人を決めつけている 自分の勝手な思惑」それも。

台湾暗黒街の首領が、善悪のはざまで、自分の生き方に悩みながら それでも歩みを止められない苦悩も本当なら、

自由奔放に見えた ハマのビッチGALこそが、一番の「すばらしいひと」だったという皮肉。

巨悪とも呼べる大きな存在に、立ち向かう 港のリクチームも、もうひとつの1面では、したたかに、
ひれ伏す態度の陰で、逆にハメるって まさしく「悪い企み」で、舌を出して敵をあざ笑う。

リク作品の魅力とは、「そこの部分に」いっさいの 自己正当化も、読み手への 説教も無いまま、
数々の 落胆や絶望に直面しても、それでも 人間への希望を諦めない・・・
それが 読み手の我々にとっての「希望の光」であるように 強烈に感じる次第です。

Re: タキさんへ

 タキさん いつもありがとうございます♪

> 書き手のリクさんの「熱」もじゅうぶんに感じたようにも思います。

 や~~(^^;当初のあらすじより、なんか・・間口が広がっちゃいましてネ・・・
あらためて コンパクトにまとめる才能が欠如してるテメエのていたらくを実感。。。
長々としたモンを お読みいただいたこと感謝申し上げます はいm(__)m

> 『現時点で公開できるのはここまでだ』ということなんですよね?
> いつか禁が解けて、すべてが拝見できるのを 首長くして待ちますね!

申し訳ございませんネ。チョっとばかり この先は『Hotにして レア過ぎる』のでございまして 今現在。。。
あの巨大な 赤い隣国、それの幹部構成にチョっとでも変化があったならば、
この先 ポツポツと お話 公開していきたいと思ってます。

正直、わたいも ある意味で充分に、あぶない橋渡りましたが、
「あの件」については、ヘタをコイたなら、揚子江の藻屑になってかも知れないって思うと、
チトばかり ゾクっとしてくるのでありまして はい。

Re: 冬忍草さんへ

 冬忍草さん いつもありがとうございます♪

>  今回は「会話劇」の部分にウェイトがさかれていましたが。
 
元々 才能もナイ 情景描写をリクめがトライしたところで無謀以外なにものでもござんからネ いひいひ♪

> それでも、香った、漢方薬と中華調味料が入り混じったような、「台湾の路地のにおい」が♪

それは素直にうれしいです はい♪♪ 台湾って、どこか 旧き日本の風景に近しいモノも多く、
また半面で、チャイナ文化の正統路線もこれまた色濃く継承されてます感じですよね。

中国本土も、文革で、守っていくべき価値あるモノの多くを もったいなくも捨て去った気がします はい。
やがては 台湾の文化を お手本として、正しい方向での「正しい文化の在り方」それに気づいて、
本来の 美しい 原点回帰の芳香へ進んで欲しいなあ って気がしてなりません はい。

> ゲタ代ちゃんは、泥の中に咲く 水連の花だったのですね。

求めるモノは なかなか見つからない。だけど「それ」は 必ずや、スグ足元や、傍らで 見つけてくれるのを騒ぎ立てたりもせず、にこやかに探し迷う自分を 見守ってくれているのだってこと この回では学びました はい。

> 今宵は 台南屋台料理に出かけて、紹興酒 痛飲したい気分です。

台湾の屋台料理はメッチャおいちい♪ とは思うのですが。。。
ぶっちゃけ あの「油」がネ~~・・この胃腸が頑健とはいえない京都人には チト荷が重いトキがあるってのが、いかにも残念でありました はい~~

Re: ちゃー子さんへ

 ちゃー子さん いつもありがとうございます♪

> 折々で リクさんがふと見せる「弱気の部分」

うむうむ(--; わたいって、ワルい意味での『坊ちゃん体質』そいつがいくつになっても抜け切れない、リーダーとしての おおいなる欠点がございましてネ、まぁ そこんところが いつまでたってもアマチュアから脱却できづらいってか。。。

> リクさんならば、「平成の 海賊と呼ばれた男」になれるのだろうなぁ~♪

ってか それは『 無理っっ!! 』(笑)(^^;
かの 出光佐三 翁は、昨今の百田センセの小説で再評価されてますが、
でもネ・・正直、海運関係者筋には しっつれ~でっけど、必ずしも 礼賛ばかりの評価って御仁でもございませんでネ。
まあ 賛否入り乱れのヒトだったのですよん ええ。
ウチとこの会社が 出光的な体質だったならば・・・ま~~リクめはとっくに 追い出されるか、『ヤメたらあ!』ってなって、台湾でギャングでもヤってるかもしんないス いひいひ♪

Re: JJさまへ

> バーキンのバッグよりも キタムラを一生大事に「育てよう」ってゲタ代さんの その けなげさに涙

なんかサ、人間の「気高さ」ってのは こういう際に 見事に出るよネ?
歳ダケくってりゃ リッパな人格が身に着く訳ではござんせんデ うむうむ。

> そしてラスト曲 「ごめんね」。。。
> なんだか 聴いていて せつなくなっちゃう良い曲ですねえ。

うん 今回はネ、あえて キザったらし~洋楽曲は控えて、ONEアイデアの ごくシンプルな曲にしました。
『こんなわたいの 意地とこだわりにつきあわせて《ゴメンね》』って意味でス はい。

今だからいえる・・・ぶっちゃけ キンさんなんかは、真剣に、
リクめが 生きては帰れないんじゃねえか??って 随分と心配したそ~ナ。
トキとして 物事ってのは、華麗なプロの技 ってのいりも、
このトキのような マッタクの『イタズラ小僧らの集団』それがミョ~にウマいこといった典型かもネ。

Re: 八百政どんへ

>  本チャンの 香港・マカオでもそうでしたけどね。
 
はいはい おつかれさまでございました。なんかもはや 10年も前の出来事みたいに感じへんか・

>> 途中 幻覚は見るわ(笑)ロテさんは なんだか訳のわからないことを大声で叫びながら踊りだしたり(^^;

ホンマ、みんな どこか愉しみながらも、思えば「ギリッギリ!」やったよなぁ うむうむ。。。
台湾では、ドコに遊びにも出かけなければ、おいしいモンも食べさせず 正直スマンかった。

> 「ちきしょうリクの野郎!」「そーだそーだ!食事に下剤混ぜてやろうゼ」とか(笑)(笑)悪態つきながら なんとかミッションこなしたのを いまだに悪夢として 時折苦しめられてます。

まっさか 千数百枚もの紙幣を 「すべての枚数!」登録してくれるとは 正直思わなんだ。。。
ぶっちゃけ「あの作業」こそが、作戦成功の原動リョクでした あんがとナ!!

Re: 長生きの秘訣さんへ

 長生きの秘訣さん いつもありがとうございます♪

> ある意味で すべてが「ひっかけ」すべてが「虚偽」
> 心を通わせながらも「見事に裏返す」。。。

ロクデモない内容ですネ、改めて読み返すなら このハナシ(笑)(^^;

少なくともココに「熱い友情」は存在してません いひいひ♪

でもネ~・・事の発端ってのは、『リクめの 貧乏性』からスタ-トしたことでして ええ。
「大豆」ってのは、ご存知の通り『畑の牛肉』ってぐらい、栄養に富んだ食物の代表。
大豆いただいてれば人間は、アホみてぇに ウシさんのお肉は必要としないのネ。

そんな穀物を日々 取り扱っております身として、3万トンもの大豆が、
経済というよりも、政治的な「やりとり」で、中国の港に放置されたまま 廃棄される運命を待つのみって ンな状況を眺めてるダケ ど~にもガマンなりませんで はい。

> 旅行本では なっかなか理解できない、台湾の暗い一面も よくよく学習となりました。
> みみっちくて、喧騒で薄汚い そういった「街」の中で どこか安らぎを覚えるという、港のリクの それが原点か?

恒例のラスト曲ですが 星野源サンの『地獄でなぜ悪い』にしようかと思ってましててネ。
『♬無駄だココは元から 楽しい地獄だ。産まれ落ちた時から 出口は無いんだ』
極東から東アジアのスラム 繁華街の独特な「魅力」はそれなんだって思ってます はい。
その「コ汚さ」ヘンに隠蔽しない方がイイのです。そんな中にでも、日陰に咲く 一輪の花の美しさに ハっと出来るならば、
そっちの感動は より上回るってモンではなかろうか?って思ってます はい。

> それにしても ミスター・カークイのだんなは「喰えないやつ」ですねぇ(感嘆)

ぶっちゃけ ありゃバケモノでス(笑)
盆と正月にはゼッタイ!自宅には 呼びたくないッス いひいひ♪
だけど・・・どこかアイツ『ジツに 恰好イイ』ンだなあ うむうむ。。。
あの 風采もあがらない Mrオクレにクリソツな中年男が。。。

Re: 評論家きどりさまへ

 評論家きどりさん いつもありがとうございます♪

> 権力者と野心家の戦いですね。

局面によっては、野心家の代表である リクめの方がよっぽど、悪の度合いは強かったとも考えてます次第で。
ある意味で 「首領」って立場のヒトは、邪気も少なく 純粋でイノセントですから はい。

> ちなみに、自分は、一番利益を求めなかったりします。

ナマイキですが『それがよろしかろう』とも思います はい。
利益は 後ろからユックリついてくるって思えるヒトが、大きなシッパイは避けられますから。
ただ 物事における「帳簿記載」ドコへ 売り越し、買い越しが存在してるかってのはキチンと把握しなけりゃネ。
支払うべきモノは早起きしてでも即支払う。相手の支払いは可能な限り待ってやる(が・・けっして妥協はしない 敢然と取り立てる)こういった姿勢に揺るぎが無ければ、いつしか「それ」は 周囲が『あのヒトの主義だ』って認めるようになりますから ええ。

> 、優秀な人物が現れたら一番利益の低い選択をするかもしれないのです。

ぶっちゃけ それはワルいことではございませんと思うのですが。。。
注意するべきは『悪い局面、タイミングで、サイアクの行動を選択してしまう』って、それは厳に忌避しないとヤバいッス。
その良くないお手本が ぶっちゃけ・・今現在の「韓国」(笑)
正直 アキレてモノも言えん・・アレぐらい見事に、テメエでテメエのクビ絞めてる国もありゃせんやろって思う。。。
来年ですか?冬季の平昌オリンピック。開催できるのかなあ??(--;

Re: アツシさんへ

 アツシさん いつもありがとうございます♪

> リクさんの中の天使と悪魔。
> どちらが、本物?ではなくて
> どちらも本物。 なのですね。

コレはけっして自慢ではありませんけど、かつてダレだかからわたくし『鬼平(犯科帳ネ)のようだ』って言われたことが有りまして はい。
ぶっちゃけ 「悪党」は、どこかブッ壊れてるってか、云って聞かせても無駄ってなばやいが少なくないです はい。
ヒトとしての道理が通らない生き物には「なさけ」かけてはなりません。
身内や自分に被害が及ばないように それは「排除」しませんとネ。

しかしココで ひとつの命題が・・・『それを判断する資格が自分にはあるのか??』悩むポイントはいつも「それ」。
世の模範的「正論」それを 大上段にふりかざして、大暴走しちまっては、シャレにもなりません(><)
「善と悪」それの 境目、それを身をもってわきまえていませんとネ。
わたくしめは云うまでも無く、トキとして『げにワルい奴』で、でも、言い訳と思われればそれまでですが、
『今までいっぺんも悪と交わった経験が無い者に、その悪を処しきれる訳がないだろう』そう考えるのです はい。

> 全くの善人。全くの悪人。という人は、居ないのですね。

己の逸脱した 善人意識は危険でス、遂にはテメエの おぞましき排泄物さえ 穢くなどないって思っちゃいますから ヒトって生き物は。
だけども・・やっぱヒトは、100%悪に染まって一生を生きるのも それは不可能なのだと思います はい。
 なんかネ~、ヒトは『悪49% 善51%』って割合でもイイって思うのですよん うむうむ。。。
シーソーに例えて、ホンのチョこっとでも、「善」の方に傾きが向いているならば、『この世は何とかなる♪』
>
> ゲタ代さん様な生き方、中々出来るもんじゃないです。
> 酷い目にあっても、そこにとらわれず。
> たまたまの機会に
> 「一矢報いる」だけ。
> 前向きな方です。

Re: 菊川錫音さまへ

 菊川鈴音さん いつもありがとうございます♪

> もう、10年以上前に行ってきましたが、素の台湾が見たくて路地裏探検をして来ました。
> 本当に一歩裏手に入ると、懐かしの昭和初期が漂ってきますね。

台湾は ぶっちゃけ中国本土よりも、ドッチかゆ~なら「南国的たたずまい」が色濃いですよね。
あの どこか南国的な空気と気候に救われている気がします。同じ 未開や貧乏でも、寒いとこってのはどっか 寂しいしせつないス。

> もちろん、龍山寺も行きました。台北101も。
> 香港・澳門も有名観光どころだけだと、安全です。

ホンマ 仕事ヌキにして、『安全でコ綺麗な 観光の旅』してみたいッスよねえ(^^;
思えば わたくし、商用とかで ロクデモないとこばっか!訪れてます気がいたします はい~~。

> H●Sがツアー組んでたら、『行く?』

本文には書いてませんが あえて。
いちお~こんトキの台湾来訪には、「現地コーディネーター」雇ってました(例の親分のとこには同行させず:笑)
「美伶チャン」って、新婚さんの可愛いコで。
ったら・・・運がワルいってか、当たった団体さんが ぶっちゃけ「我々だから・・」(笑)
早朝から晩まで『恐怖の下ネタ攻撃』「ねぇねぇ 週に何回すんの?・」とか、「好きな体位5つ挙げよ 早く!」とかとか。
ゲタ代ってのもオナゴでっけど、平気で チ●コだのマ●コだの発言しやがります そんなんだから。。。
アキレ果てたカノジョ、遂には来なくなっちゃましてン・・・マジで ずいぶんと親日感情をワルきしちまいました我々一行でスた はい~~(^^;

Re: pierrot le fouさまへ

  pierrot le fouさん いつもありがとうございます♪

> なんだか、つい今しがたリクさんが台北から横浜へ戻ってきて、コレを書き上げニコニコしてるような気がしてならないんだけど・・(^^)

わたいや 八百政なんかは 逆に、もう何年も前の出来事のような気がしています はい。
ってか・・・案外と あの当時から色々有った。。。
事が「無事(ドコがぢゃ??)終わり」、中国の港から まんまとせしめた♪大量の大豆、
「それ」神戸港まで運ばせた船ってのが あの・・「韓仁海運」でしたから ええ。。。
同業者として 率直に『よくこんな運賃価格で経営が成り立つモンだなヤ・・』って思ってたら「成り立たなかった」(笑9
やっぱ ダンピング商法は続きませんネ。韓仁ツブレてから 世界的に運賃が2割ほど上がっちゃいました。
ってか あのアホ会社が、バランスのとれた世界の標準価格を2割も押し下げてたって、スゲぇハナシでおますだヨ。

> ひょっとして今回の物語は、一貫して『贋金』がテーマだったのかな~?

う~ん するどいってか・・・やっぱどっか・・『好き』なんスねぇ わたくし「贋札」ってのが♪(^^;
職人家系の体質に由来するとこが大きいって思います はい。
「流通」「行使」よりも むしろ「それの作成の現場」それにかかわってみたいって気持ちが否定できませんで。ええ。

> ワン・シーシャンのお陰で苦渋を舐めた一般の人たちだっていただろうに・・
> 案の定ゲタ代は正に「『贋金』のせいで、ささやかで幸福な家庭を破壊され、苦渋と恨みの人生を送る事になったわけだ・・・

矛盾するようですが、断言できます事は・・・『ニセ金は この世のダレひとりとして《幸福にはしない》』って事です はい。
ある意味で「伝家の宝刀」とイッショかも。『それを遣っちゃったならマジでシャレにならんのだ』ってこと。

> 50$の贋札製造基板と50ルピー紙幣に似せた『0ルピー贋札』
> のどちらが相応しいかは誰もが分かる
>
> インド紙幣の顔はマハートマー・ガンディーだが、欲につかれた人々にとってはガンディーもネール同じ価値でしかない
> でも、贋紙幣の『0ルピー』は不正をするもののココロに何が正しいかを気づかせてくれる
>
> 不正なココロを浄化する『0ルピー贋札』には正にカンディーの魂が宿っていると言っても決して言い過ぎじゃない
> だからこそ
> 『0ルピー贋札』が今回の「たからもの」だったっことがよくわかる
> 一度はまやかしの『贋札』で苦渋を舐めた彼女だからこそ、ホンモノの『贋札』を持つにふさあしい
> 元町K2のバックを愛する彼女をとてもセクシーだ

昨晩ですが・・・隣り合わせた 家庭農園のオーナーさんから「おナス」いただきましてネ、
路地モノで今頃のナスも貴重ですが、いただいたそれは、ご存知でしょうか?九州鹿児島由来の「白茄子」で♪
関東の土質ですから、チト 異なった性質のモノになっちゃてるのですが、やっぱ タイヘンに美味しくて♪感激。
マジですが・・一万円札 五千円札 それダイレクトで呉れるよりもズっとボクちんには 嬉しくて。
カネやるゾってヒトに 米つきバッタみてぇにペコペコするって ンな生き方からは いつか脱却しませんとネ。。。
教えられた『薄めに割いた茄子をホットプレートで軽く焼いて 赤みそで作った甘tクァレ塗って、それを玄米パンにはさんでサンドウィッチで食すとウマイよ♪』それがマジ 目が覚めるぐらい 美味しくて。。。
わたいもホント・・そろそろ 資本主義経済社会の呪縛から 冷静にテメエって存在を見つめなおす時期にかかっているのですネやっぱ・・・

> コラッ、貞子はん!
> ゲタ代さんのこの言葉よ~くかみしめなさいッ!!

まあ(^^;コレは1つの『貞子っちなりの わたいへの励まし』でもあって♪

ロコツに見える場所に 保険のカタログ置いてあって、
『ナンぢゃコレは??』って問うなら 貞子は『えへへへ~ バレちゃいましたか!』ですと。。。

『アタシにバーキン購入資金にされないためには・・・ゼッタイ!無事生きて帰ってくださいよ!』って(笑)
エキセントリックな貞子なりの「はなむけ」だったとゆ~ヒネクレた荒くれ同士のココロの会話だったとゆ~おそまつ♪

Re: サンシャインさんへ

 サンシャインさん いつもありがとうございます♪

> 人間という 生き物の「2面性 複雑性」の それだと思います。

あの・・ンな 御大層でリッパなシロモノとチャイまっから てへへ(^^;

> 自由奔放に見えた ハマのビッチGALこそが、一番の「すばらしいひと」だったという皮肉。

はいはい、ホント 第一印象でヒト決めつけてはなりませんわナ。
わたいなんざ ゲタ代最初に観た際は『いっくら時間が切迫してるからって・・コレはあんまりやんか・・』って感じたのですが。
ぶっちゃけ ロテ公のチョイスに 1ミリの狂いは無かった♪ 大きな収穫の1つでした はい。
> リク作品「そこの部分に」いっさいの 自己正当化も、読み手への 説教も無いまま、

ぶっちゃけコレで説教臭かったら ダレひとり眺めてもくれませんって!(^^;
わたいかて イヤですから(笑)ただネ・・『人間が生きて 行動する上において、避けて通れない《業(ごう)》』
それをば 常識や正論ばかりをふりかざし、エラそ~に糾弾するってのダケは クタバっても避けたいって そ~思っているのでおますだヨ はい~。

駄文と糞文

>>「首領」って立場のヒトは、邪気も少なく 純粋でイノセントですから

リクさんが女体化していなかったら、もっと堂々としていて、円滑に首領と面会をしていたかもしれません。
でも、女体化していて、見た目はなめられているせいで、裏の裏をかく戦法にしていて、百戦錬磨をしていたのです。

例えば、ハリウッドのアカデミー賞授賞式では、男性がタキシードで女性はドレスですよね。このような場所では、きちんとした正装にしないと、排除されてしまいます。
仮に、リクさんがこの舞台に参加したとなれば、ドレスを着ているほうが目立たないのです。
自分だって、タキシードを買って、喜んで着てしまいます。
これは、日本国内でも同じなのです。
この手のTPOに関しては、リクさんの方が詳しいですね。

それでも、抜けている部分があったのです。
女子更衣室の話なんですけど、大人になると、女子しかいないのでだらけてしまいます。だが、子供の頃は、違うようなのです。
変なサイトを見ているわけではなくて、アニメや漫画で、まだ女子学生のブルマを使っているせいで、偶然にも調査をしていたら発見してしまったのです。また、アキバでは、ブルマ姿のキャバクラ店もありました。コスプレイヤーも、まだブルマをはいています。
ブルマが、これだけ人気はあるなら、新型のデザインにしたら復活するかもしれないと考えました。そうしていくうちに、下着とかスカートとかの新デザインを思いついたんですけどね。肝心なブルマは、全くアイデアは出ませんでした。
そしたら、動画サイトにて、ブルマを検索していたら、昔のジュニアアイドルが制服からブルマに着替えていたのでした。(アイドル画像を研究していたので分かりました)
体操服の上着を着ておいて、器用に中にあるセーラー服の上着を脱いで、首部分から出していたのです。
ようするにこれは、女子中学生だと、異性にも同性にもブラジャーやパンツは見せないよという脱衣行為だったのでした。
男子学生だと、プールなら下着見せても平気だし、銭湯なら裸を見せないといけないのとは逆ですよね。
前置きは長くなりましたが、リクさんには、少女時代の更衣室の経験がないんだと思います。それでも、子供時代には、女子に間違われるような顔と体だったと聞きましたが。
しかも、高校生になると、女子だけ更衣室はあるので随分とリラックスするのではないでしょうか! で、大学以上になると、女子更衣室では、だらけたり体を休ませたりしているのです。これはたぶん、小学校高学年・中学校と、女子は大変だったよねという意味なのかもしれません。

このような結果から基づくと、女子学生にブルマを復活させるのは不可能だという計算になったのです。

すごく話は脱線していますが、実はブルマ廃止へ動いたのは自分の地元の中学校が原因だったのです。どこよりも早く、ブルマを廃止にして、女子だけが短パンと七分丈を用意したんですね。
こうなった背景には、自分が中学時代にバレバレの隠れエロだったせいなのです。
家乗っ取り朝鮮人のババアが、小学校時代に、自分の母親にエロと脅しをやって家乗っ取りの準備をしていたのでした。
しかも、中学時代に恋人がいた人には、家乗っ取り朝鮮人のババアが、邪悪なエロで問題を起こしていると知っていたのです。本人は知らないという、灯台下暗しだったのでした。
その影響もあって、自分の姉が同じタイプの男性に10年以上も騙され続けているのです。




>>バーキンのバッグ

超高級なカバンなどは、特別なパーティに使うくらいで、日常生活は使えないと思います。しかも、自宅に置いておくときは、厳重に保管しないといけないので面倒です。
これだったら、自分の経済力に合わせて、ぼろくなったら買い替え可能なカバンやバックを買った方がましです。


Re: 駄文と糞文

> 仮に、リクさんがこの舞台に参加したとなれば、ドレスを着ているほうが目立たないのです。
> これは、日本国内でも同じなのです。
> この手のTPOに関しては、リクさんの方が詳しいですね。

はいはい。「この手の話題」については 因果と女性化が起きて以来 いろエロに「百回噺」がヤマほどアルのですが。
一時期なんかはわたくし『いっそのこと、ズっと《和装》で通そうかな?(男性和装ネ)』って ワリと真剣に考えたッス。
『スーツ姿vsワンピース』それが♂♀の境界線をクッキリ分けてますから、いっそ 紋付羽織袴でいこ~かと。
だけんど・・現実世界で「それ」許されてしかるのは ぶっちゃけ 歌舞伎役者ぐらいなんスよネ~~

>本人は知らないという、灯台下暗しだったのでした。
> その影響もあって、自分の姉が同じタイプの男性に10年以上も騙され続けているのです。

慌てる必要はないのかも知れないですが、「放置せずに」
日頃からの その疑惑の人物にかかわる 細かな「証拠固め」は欠かさないことをお勧めします はい。
代理人を依頼(弁護士ネ)いよいよヤバくなってきたら、「接見禁止の仮処分」
裁判所ですから『近づかないようにしましょうネ?』じゃなくて『近づくな!』完全に命令ですから ええ。

> >>バーキンのバッグ
> 超高級なカバンなどは、特別なパーティに使うくらいで、日常生活は使えないと思います。しかも、自宅に置いておくときは、厳重に保管しないといけないので面倒です。
> これだったら、自分の経済力に合わせて、ぼろくなったら買い替え可能なカバンやバックを買った方がましです。

ぶっちゃけ かのバッグの命名となった 仏の「ジェーン・バーキン」なんてのは、
ワリぃけんども・・『たいした女優でもない』それがオーダーしたバッグだからって、
プレミアム中古が ベンツ1台とセイムだなんて『馬鹿げてる!』訳ッス。
要は ファッション業界と一部 出版編集者らによる、悪フザケに近い、「神話つくり」に 世界中のオナゴ衆らが踊らされているって構図でおますだヨ うむうむ。
プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR