FC2ブログ

ワルいのは「個人か?」「環境か?」

 探偵 八百政の備忘録・・・
         170314aa1.jpg

うん 今日はネ、ちょっと趣向を変えて、『 辞書 』のハナシをしようと思うんだリクさん。

     170314aa2.jpg

「辞書」・・・ってならば、「岩波書店」「旺文社」「三省堂書店」ってのが、誰でもスグ思い浮かべる 大手だけどネ。


本屋に行くとわかりますが、毎年 ジツに多くの辞書が、ネット グーグル検索に押されて、辞書を使わなくなった現代、それに出版不況といってます昨今でも、発刊されてて、それなりの利益を上げているんだよネ。
           170314aa3.jpg
   がいこつじんとデンワで喧嘩するのに役立ちますこのご本♪

「ある依頼」によって、ボクが調査を始めて判ったことなんですが、、正式な辞書って、メジャー出版ダケでも、ジツに「46社」から発行されてるんだネ。

でも・・・現実には 46社ではとても留まらない。かなりに分化・細目されたフィールド、リクさんとこの業種にだってアルだろ?いわゆる「業界 特殊用語」それにかかわる 専門書やら、テキスト類ってのがサ?

そういうのも含めて、辞書の出版事業は、数えきれないぐらいアルもんだ。その意味で、「出版」って世界は『教育部門の出版』想像以上にデカいんだネ。


依頼を受けた【 事件 】ってのはネ・・・1つの《労災適用の有無》それでサ、事件そのものの規模は 正直「たいしたことない」それだったんだけど。

チョイと面倒・・・それだったのが、《労災被害者》まさにそれにあたる当事者本人が、《一過性 人事不省状態》・・・
        170314aa4.jpg

なんか 相当のストレスとかに苛まれてたらしく、自宅や勤務先から遠く離れた 北海道のかなりの過疎地で、

いかんよねぇ・・・廃棄されてた牧場跡の施設一角で、首つり自殺行動に及んじゃって・・・。

発見されて、病院へ収容された、・・までは良かった(?)が、しばらくの間は事実上として、意識不明の寝たきり。

その後 意識は戻ったけど、ワルい言い方するなら、《生ける屍》・・・要は 問いかけの質問に関して、正常な返答が 未だに出来てないって そんな状態でネ。


だもんで、そのヒト、うん 38歳の 横浜市内の出版社社員、リクさんも聞いたことアルんじゃね?《アテッサ出版 株式会社》って、
         170314aa5.jpg

規模は大きくは無いけど、堅実な利益を抑えてる って感じ、細目化されてる各種の専門学校やら、地方行政局主催とかの 職業訓練校で使用するテキストとかを通年で 発注を受けてるらしいから、社会での知名度よりも、案外と会社経営としては良い部類の方で、勤務社員とするなら、安心感あるじゃん?


名前は《クリモト》としよう。ウチの八百屋稼業での 先代からの縁でネ、クリモトの両親から、『ウチの息子が自殺未遂した原因は勤めてる会社のせいではないか?』って・・・
          170314aa6.jpg

気持ちは理解できる・・『息子を追い込んだのは会社だ、だから 労災という申請が根拠確定する証拠をおさえてくれ』ってな依頼内容な。


・・・ところがねぇ・・・。ぶっちゃけ「この手の依頼」ってのが、ボクら 探偵稼業の人間、それにとっちゃ《最も かかわりたくない事案》で・・・。


「調査報告書」・・・それをどのように??まとめしたためるか? 調査行動を実際にした、コッチの 表現方法ひとつで、ある意味で《運命決めてしまう》・・・なんとも それが気重でさぁ。。。

それが浮気調査や 離婚訴訟とかなら まだマシなんだ ああ。周囲のヒトらに事情を訊くってなっても、その関係者らは みんなバラバラ、職業も居住地もそれぞれ違ってるじゃん?

コッチの質問に答える方も、自分以外の 他の証言者の《顔》それ見えないままだから、精神的な苦痛やストレスも感じないまま 自由に事を述べられる。

だけど・・・それが《会社内部》・・ってなるなら マジで苦労避けられないンだわ うん。

「出版社」ってのも、ネックなんだ。リクさんとこの 海運でも、《貨物取扱部門》《貨物保管部門》《船舶部門》《仕入れ 取引部門》って、各業務が独立に近いカタチでアルじゃない?

でも、「出版」ってのは、事実上として、最終の目標《 書籍を完成させ 販売する 》って、共通の目標は きわめて「シンプル」・・・

例として、ある程度の印刷技術と設備持ってて、レイアウトとかにも知識・才能が有り、そんで文章も書けるってするなら、本造りって《独りでも可能》そうだろ?

そう、その 独りでもできるって事を、出版社っていうのは、数多くの社員が寄って集まり、相当に細分化された項目 それを各社員らが責任分担する訳だ。

テキストの内容を編纂するヒト、写真や挿絵を担当するヒト、本とかのレイアウト担当、上がった内容をチェックするヒト ってネ。


 ボクがサ、調査活動を始めて スグに 気が付いたネ、出版各社によって規模の大小はあろうけど、共通していえるのは・・・
          170314bb.jpg
      知られてませんが7この手の本は大抵が、
     「編集者独り」で殆どの部分作っているそうで

「本を完成させ 売り出す」って、目指すゴールは共通でシンプルなのに反して・・・『 社員1人1人は、《孤立》していて、ゼンゼン仲よくなんか無い 』って、一種の「業種的な特徴点」それが存在してて、一向に改善される敬拝もナイ現場だってことで。。。

クリモトが勤務してた会社も、そういう、ワルい意味での《村社会》そのものでさあ、

ビックリしたんだ ああ。調査開始して、キチンとアポ取ったうえで、その出版社に方に、クリモトが所属する《編集部》の部門に訪ねて行くならば・・・


ドア開けた所に、受付のデスクみたいなのがあるから そこで ゴメンください って・・・2,3度述べても ナンの返事もナイ。。。

チャンと居るんだ、10名以上の社員がネ。でも全員が、自分のデスクに座ったまま、作業をしてて、マッタクの《無音》・・社員同士の会話もナイ。
           170314bb1.jpg
      普通『はい ご用でしょうか?』ぐらい言わないか??

ボクって人間が 訪ねてきて そこに立ってるってのも、把握してるようなんだけど、本当・・『アナタなんか知りません。ワタシには関係もナイ人ですよね?』って、
           170314bb2.jpg
        あくまでシカトかよって・・・

スグに感じたよネ、この《現象》って、ナニも この編集局に、礼儀も知らない連中が偶然 集まっているではないだろう・・・おそらくは「こういう雰囲気」それが、出版編集って部署の《体質》なのだろうってネ。

このアテッサ出版社が、現在 財務状況が末期的だってのは既にキャッチしてた。「末期的な会社特有の香り」がどこか漂ってたよね。

1つ 人間が座ってない空席のデスクが有って、見るなら 昨晩徹夜したらしい感じ、カップめんの容器とか、菓子パンの食べかけが雑然と転がってる。
         170314bb3.jpg
      『この先長くない会社』の典型例

そしたらギョっとした。その徹夜社員らしき人物が、ソファーならまだわかるけど、《フローリングの床に直で寝てるんだ》。イビキかいてる、だけど周囲のダレも・・・

毛布の1つも かけてあげようって雰囲気ではなくて。な?異常な光景だろ??

クリモト自身も、次年度に売り出す、とある業界用の専門辞典ってのを 独りで担当させられてたんだけどネ、

いやあ・・今回 出版業界を覗いて 正直 ゾっとしたヨ ああ。

まあ、ロコツに足を引っ張るとかは無いわけ。だけど「一切!」協力・協調体制 そんなのが1ミリも無いんだ ああ。

求められるが「それ」だから、仕方ない部分もあるんだけど、要は『100問中 百点満点で当たり前』って世界・・・

          170314bb4.jpg
      ウチとこの社が『ヤっちまった』誤植がコレ!
     後日 やったら喧嘩っ早いヤツらが来ました(うそ)

ごくごく・・些細な表現や 文節のケアレスミス・・『でしたが』が、『ですが』になってたって《それダケで》、

クチで発信は一切ない・・・ある意味 直で指摘してくれる方がよっぽどマシだって。『●●辞典編集の▼▼サンは、こ~んな!ミスをしました!』って・・・メールやラインで その些細なミスが電光石火で社内中に飛び交うって、イビツだろ?

    170314bb5.jpg
      こ~ゆ~陰湿な在り様 リクめでぇきれぇでス(--;

自信持っていえるけどサ、リクさんだったら、まず!半日で 社内の全員ブン殴って社屋に火ぃ付けて逃亡だろ~ネ(^^;
        170314cc.jpg
      世に荒くれ稼業があって良かったなヤ♪


「相当に 荒んだ職場の環境」いや 正確には、「その荒んだ状態が 常態化してるのだろう」って 判断せざるを得なかったネ。

クリモトが 自殺未遂起こす 直前の様子を訊こうって思ったのだけどネ、

やっとこ対応に出てきた まだ若い男の社員は、『クリモトさんの事って・・・。それは クリモトさんのドコの どういった部分についてか?細かく分けて、箇条書き的にでも尋ねてくないと、ナニ答えていいのか見当つかないですね!』って、いかにも面倒、迷惑そうに。

他の社員 男女を問わず、『さあ??・・クリモトさんと、個人的に深い付き合い等はしてませんでしたから』って・・・とりつくシマ無しで。

クリモトは大学新卒からズっと、そこの会社に勤務してるんだ。もう15年以上の、古参社員って呼んでもおかしくないだろ?

            170314cc1.jpg
        温厚な八百政だって憤るトキもアルのだお

それにだヨ、云いはしなかったけどボクは、『おいおい!いくら親しくないって・・同じ会社の社員同士だろアンタらは!?自殺未遂であやうく死にかけたんだ彼は。もう少し、身近な問題として感じないのか?』って。

でもネ、かれらですが、仮の可能性として、会社の上層部とかから、『クリモトの件について、外部へヤバいことは話すな』とかって みんなしてクチを閉ざしている気配は感じられない。それ敷かれてるなら 判るから、ボクにも職務の経験上。


で・・・ボクがココロで出した《結論》・・・『ココの職場は《アスベルガー症候群》それの 固まりだ』っていう。

         170314cc2.jpg

  ★★ アスベルガー症候 とは ★★


アスペルガー症候群は発達障害の一つです。アスペルガー症候群は比較的最近になって理解され始めた発達障害といえます。言語障害や知的障害の症状はないので、周りからは「変わった人」と思われがちです。

旧来の「自閉症」「精神疾患」とかと異なる点は、IQの低下は無く、社会での一般的行動で、奇特な部分《アラ》を出すことは まずあり得ないという点。

特徴としては以下の点 《社会的コミュニケーションの困難》そして《狭い興味と反復行動》が特徴。
          170314cc3.jpg


リクめのチームにも、ミツオってのが、かつて けっこ~なこの「アスベ」で。

でも イイ奴です はい。集中リョクは強いし、モノの考え方はマトモだし、性格の奥部には とても優しいところが溢れているって「見て取れた」

でも・・《受け取り方の幅が きわめて狭い》・・・リクめが得意(?)とする、《表情や声のトーンで、追及ポイントのボカし、暗に意味する点》

ぶっちゃけ それをマッタク!当時のミツオは受け取ることが不可能で。リクって人間がクチにする言葉には、《相当の 掛け値がある》ってのをマルで理解してくんない・・・。

採用当時の頃 当たり前ですが、貨物扱う作業がノロいもんで、『どや?この作業、今年中に終わりそうかヤ?』ってミツオにブツけるなら、ミツオは固まってしまうのでス はい。
          170314cc4.jpg
       ナンてことない事で「フリーズ」しちまうンですネ

わたいが 遠回しに『ノロいデ 仕事のペース それじゃアカン』って言いたいのを、ミツオ的には『・・いくら膨大な量だからって、年末までかかる訳ないじゃん。この親方なんかおかしい事云う人だ』って受け取るのでス。

各種の 比喩や比較表現、遠回し表現や、逆説的言い回し それとが、このアスベ相手にする場合、通用しない場合がきわめて多いのです はい。

ワル気はないまま、結果として 対峙するヒトを傷つけてしまう、でも 傷つけている事に なんら当人は意識がナイって、よくよく居るでショ?


・・・っと、この《ある意味で異常そのもの》の職場環境・・それが 必ず、クリモトの自殺未遂行動それに なしかしらの影響を及ぼしているだろうって フト、感じたのですけどネ、

1つの「仮説」・・・《この雰囲気に耐えられなくなって》って・・・パーセンテージとして「それ」は、違うのではないだろうか??
             170314cc5.jpg

・・・逆に クリモト自身が、このアスベルガー「そのもの!」だったって可能性も無いって訳じゃないのではなかろうか?

うん そう。クリモトこそが《あまりにものアスベぶり発揮してた》のであり、・・・周囲の同僚から《さすがにアレじゃあ・・》って、ハブられたりした可能性も捨てきれないし。

クリモトの そんな変異に気付いて フォローしようなんて雰囲気の職場ではないようだしネ。自殺の衝動を食い止める環境 それが皆無だったとも。。。

        170314cc6.jpg

知ってると思うけど、自殺衝動、恋愛ごとのもつれとかで、自殺未遂起こすのは、女性に多いよネ?

片や オトコの自殺には、なにかしら《カネとオンナ》が絡んでいるってのが 云うなら《永遠不動の法則》。。。


そっちの線から 探ってみることにしました。そしたら やっぱ・・・出てきた。。。

結論として その線はハズレも大ハズレだったのだけどネ、でも結果としては、ハズレたからこそ 真実に近づけたとでも言いましょうか。。。


クリモトなんだけどネ、過去に・・1年以上うつ病で会社を休んでいたヒトなのですが、結局解雇されませんでした。そればかりか、数年経ったら 今現在の地位に昇進していたんだよ ああ。

各種の専門学校とかで使う テキスト納入、その販路を開拓できたって事で、会社の財務状況がすごくよかった時期ってラッキーもあったけど、

でも、「それ」って、ワルいけども、良いテキスト作ったって、編集の部署の手柄ではなく、《営業サイドの頑張りの結果》じゃん?

『なんか匂うな』って思ったんだ うん。

    170314dd.jpg

・・・クリモトだけど、母方の一族ってのがネ・・・かの《岩波●店》の創業一族だったんだ ああ。。。

ぶっちゃけ あそこは《今時有りか??》って程 ヘンな社風だゼ・・・岩波●店のサイトを覗くと、《採用条項》に もう堂々と「岩波●店著者の紹介状あるいは岩波書店社員の紹介があること」と赤字のゴシック体で書いてあるのですからサ~@@;

    170314dd1.jpg
    今現在でも 賛否分かれる「同族経営」。。。

そこの一族の出身だったんだ クリモトは うん。なんか構図として似てない??持ち前の 頭脳の良さを ぶっちゃけ なっかなか発揮できずに居る リクさんとこ会社の サダヲさんと(笑)

ナンのことない・・代議士とかの「二世 三世既得権化」を批判する新聞や出版社、ぶっちゃけ「そっちこそが」知ってる仲間内でガッチリ!固められてるんだ ああ。。。

都会の超進学校で落ちこぼれても、田舎の凡才学校へ いわば《都落ち》してもサ、暫くの間は 『今度来たヤツ すっげぇ秀才だって』ってなるだろよく?


要するにだ・・・《出版業界の問題点》ってのは・・自分らこそが日本の文化のオピニオンリーダーだ♪って気取ってるようですが・・・

でも、その体質ってなるなら・・・まったくの旧態依然とした《一族支配》が当然のようにかかり通っていて、業界構成も 歌麿や写楽らを輩出した 江戸中期の《蔦屋》と変わってないとしか言いようがないんだネ。

出身の家柄が 1つの大きな「くさび」となって、よっぽどの不祥事でも起こさない限りは、社員としての地位は約束されてるとも云える、そんなクリモトが、ストレスで自殺未遂起こすギリギリまで会社のために頑張るモンだろうか??


それで、クリモトの 退社時間後の《足取り》ってのをリサーチしてみるなら、出た出た・・「オンナの線」がネ。

相手は素人の女性ではなくて ぶっちゃけ《キャバ嬢》それに入れあげてるってのも珍しいハナシとは思いませんがネ、チョっと風変わりなのは・・・

そのキャバ嬢が勤める キャバクラってのがネ、ヨコハマの西口付近とかならわかるけど、その場所ってのが・・・
             170314dd4.jpg

京浜急行の《横須賀中央》だっていうから『はてな?』って思ってネ。

快速に乗るなら、ヨコハマから僅か25分程度、おかしくはない。距離としてもネ。でもチョっとヘンだって思わない??


ぶっちゃけ《逆ならわかるんだ》ああ。横須賀で働いてるヒトとかがネ、退社後の夕方とかに、京急電車使って、ヨコハマの中心部へ 飲んだり遊んだりで足しげく通うって納得できる。

このボクなんかも 横浜の戸塚区の人間だからネ、わかるんだ。ヨコハマの繁華街へと足を運ぶ事は自然にあるけど、賑わってるエリアがホームタウンである人間が、仕事でもない事柄で、さびれた方向へと向かうだろうか??って。

ボクなんかも、横須賀や三浦市に夜になって 飲みに行くなんて経験が無いからね。
    170314dd5.jpg
   ヨコハマ住民が「わざわざ」横須賀まで南下するか??

クリモトの自宅は横浜の青葉区だ、そのキャバクラから自宅へ帰るって ある意味で余計 遠回りじゃんか。

で、辿り着いた 横須賀中央のキャバクラってのは、駅から3分の繁華街の中・・・なのだけどネ、
         170314dd2.jpg
      チトばかりDeepでファンキーな地域で(^^;

正直・・地元の遊び人とかでないと、その存在が知られてないだろうって そんな感じの立地条件で。ケナすツモリは無いけど、お客の殆どが、作業着に鉢巻、安全靴って いわゆるブルーカラーで。

バタ臭い 米国海軍の雰囲気とは むしろ真逆、昭和時代の キャバレーや アルサロって、ドメスティックな感じの店でネ。

で、クリハラが その店を訪れるたびに 指名していたキャバの子、漠然とだけど《あれ?どっかで逢ったかな?このコ》って気がしてネ。
          170314dd3.jpg

会話してるうちにスグ判明した。うん そのキャバのコね、《売れなかった女子アイドルグループのひとり》だったんだ うん。道理でカオつきに記憶が有ったんだね。

それで後日 確認のため クリモトの実家の彼の自室を探訪するなら、出たヨ そのアイドルグループのポスターやらグッズやらが わんさかと。

まず 間違いないだろって確信した、クリモトは、横須賀のキャバ嬢が 昔自分が《追っかけ》やってたアイドルの一員だってのを掴んで、それで「わざわざ」横須賀まで足しげく通っていたって。
          170314dd6.jpg
        正直 陽の目も浴びずに分解したアイドルユニットで

だけどネ・・・クリモトだけども、そのキャバ嬢に しつこく つきまとったり、店外デート申し込むって、そういった積極的なアプローチは、そのコの証言によれば 無かったようで・・・

キャバのコいわく《ただただおとなしくて、冗談も得意そうでない、ドッチかというと地味で暗い感じのお客だった》ってことで。

そんで、ボクなりに《これはどういうことだろうか?》って考えたら、1つの結論に行きついた。《クリモトの本当の狙いは そのコじゃなかったんだろう》ってね。

スポットも当たらず「消えた アイドルグループ」だいたい そのパターンですと、芸能の世界から引退余儀なくされて、一般の社会に溶けちゃうじゃんか?

おそらくクリモトは、本当に お気に入りの元メンバー、そのコへ辿る 道しるべとして、そのキャバのコにアクセスしてたんだ うん。

仮に《ミキ》としましょう。その 消えたグループ、3名のうち、いちばん地味で、正直 人気もパっとしなかったメンバーのコ。

直感だけどボクの、おそらくはそれがクリモトの「本命」だと睨んで、《ねえ?クリモトは、ミキのこと、現在の住所とか 職業とかについて聞いてこなかった?》ってなら《ううん 知らない》という。

だがボクだって、ダテにヘボ探偵してない・・あきらかに それはウソだ・・。《必要経費で出るかなあ??》って心配しながら(笑)
          170314ee.jpg

《シャンパン入れようかなあ?》って、そう水を向けますと、キャバのコのカオ パっと輝いて喜んで《あ?そういえば、年賀状とケーター番号、ミキのを教えたあげたかも知れない》って。現金だろ(笑)

情報を聞きだしたい相手が お水だった場合、売り上げで篭絡するって社交術 クリモトにも有ったようで。多分 相当貢いだよね その店で。


・・・それでね、辿り着いた その《ミキ》なんだけど・・芸能の世界とは完全に縁を切って、【 北海道の一角で 】自衛官の男性と結婚して 一児をもうけるって、ごくごく幸せに平和に暮らしていてネ。

        170314ee1.jpg
     ゼンゼン異なる世界で幸福築いたミキさん

そう。・・仕事や会社のストレスで ぺしゃんこになった挙句の自殺なんかじゃない、ハッキリした【失恋自殺だ コレは】うん・・。


直接ミキへ接触したかどうかは 正直判らないまま。でも、ミキにはナンも責任ないじゃん?接触の有無を確認したところで、今の境遇のミキには迷惑なだけ、得るモノないしね。
           170314ee2.jpg
       テメエ勝手に絶望しやがったダケだクリモトは

だから ミキへの聞き込みはパスした。ボランティアでもボクは探偵、クライアントは可能な限り有利な立場になるよう心がけるけどサ、

でも・・今回のケース、ワルかったのは クリモト個人・・・『 勝手に自爆したんだ 』その《真実結果》は覆してはならないんだよネ うん。



な??ショボいだろ?(笑)リクさんが、荒くれノベルでふくらませるなら、ドラマチックな展開にもなるかも知れないけど、現実の出来事・事件ってのは大概『こんなモンだ・・』

そんで「報告書」として、『おたくの息子さんは 昔好きだったアイドルの子が、もう結婚して家庭築いてて それ観た失意の果て 衝動的に自殺行動したに過ぎません』ってまとめたrくぁ ま~~怒った怒った(笑)両親とも。
           170314ee3.jpg
  いくら怒っても、八百政は《真実》曲げませんゼ おとさん

「名誉棄損だ!訴えてやる!」って 息まいたけど、そしたら・・意識不明だったクリモト、息子が目を醒ましてサ、『はい その通りです』ってクリモトが懺悔・告白して あらららら~っ!って(笑)
             170314ee5.jpg
         そのまんま「寝てやがれっ!」って思う(笑)



リクさん それにしても、現在の出版社って 問題が多いヨ うん。《儲かることが第》。つまり、売れることが第一。中身は関係ない。関係ないというよりも、新奇なものであり、タイトルが強烈であること。

クリモトが勤める会社の社長「ウチは破産寸前ですが打つ手はあります」っていうんだボクの聞き込みでネ。

その“打つ手”を後から聞いてみる・・・社長 胸張って『韓流コンサートのチケット販売に参入します♪』って・・こりゃアカン・・って思ったよネ。。。
        170314ff.jpg
      今時に「韓流」って・・・現実の動員なんざコレやデ?

《今年のトレンドは コレだ!》とか、サンザン世間を煽ってるくせに、ぶっちゃけテメエんとこがイチバン そのトレンドからボケボケの事しか考えてない。
              170314ff1.jpg
       ワリぃけど、こんなのに「トレンド」語られたくないって(^^;

やっぱ・・・個人的には悲しくもあるけど、《紙メディア》って、今世紀末には滅んでしまうかもネ。。。

だって社長のすぐそばで、人事の部長が、課長つかまえてハッパかけてるんだから・・《ダメだ!こんなの正社員に上げようなんて!派遣で出し殻まで使ってりゃイイ。それよりもっと、、クライアントの子息や取引先の関係者・・なんらかのカネになりそな広告受注につながりそな学生 早いとこ青田買いしとけヨ》だとさ。
        170314ee4.jpg
  今回、ストーカーの果ての性犯罪に発展しなかっただけ幸運かも

どこの業界にもワンマン経営者が君臨する企業があるが、雑誌から書籍まで幅広く手がけるC社もそうだ。

 要はサ、【 崩れゆく業界・業種 】ってのは、壊れるのはけっして会社ばかりでは無いんだってことだ。

もはや完全に 世間のアベレージから かけ離れた 社内環境から人事構成、社員個々の人間関係までグタグタになり果ててる事に 気付きもしてないし、まして改善の余地なんか。。。

          170314f2.jpg
       思えばクリモトも「業界の犠牲者」かも・・

そう考えるならば、クリモトって男も、勤めていた出版業界の【その異常さ】毒気にあてられ おかしくなってしまった犠牲者のひとりって 云えるのかねえ??

         170314ff2.jpg
      毎日荒くれてルけど、陰湿さはナイぞ我が業種♪

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

たしかに

文中 書かれていますように「ショボい事件」ですなあ。。。

だけど「すごく 重厚な内容」ですね。
小生も 出版業界には もっともっと!元気出して頑張って欲しいと切に願うひとりなのですが。
なんだか 哀しいね、斜陽へと向かう業界ってのは、
すぐに改善はむつかしいだろう、数々の問題点が横たわっているのですね。
でも それでも思う。ネットも素晴らしいけど、「紙文化」ってのは、世界で有数な 情動な文化なんだから!古くても残るべき価値はじゅうぶん

 「まだまだある」のだって。

No title

「筋を通す」八百政治さんの姿勢は立派だと思います。

自分らの業界でも 安易に妥協ばかりして、積載や速度守らないドライバーは やがて事故ったり、だめになっていきますからね。
不況あるいは 人不足もあるでしょうが、今 世の中に不足しているのは、それぞれの職場で 自分の職業についての「自信 責任 誇り」それなのかも。

斉藤由貴

自分は、すごく面白かったです。

《売れなかった女子アイドルグループ》に横須賀中央のキャバクラにて、出会えただけでも幸福だと思ったほうがいいかもしれないです。

調べていくうちに、推しの子が結婚して幸せになっていると分かったのなら、目の前にいる元アイドルのキャバ嬢と付き合ったほうが幸せです。

それが、推しの子以外に考えられないなら、現役のアイドルのファンをやった方がいいです。


あと、元アイドルのキャバ嬢と結婚して幸せになってしまおうと考えれば、衝動的に自殺はしなかったのではないでしょうか!
仮に、元アイドルに彼氏がいたって、出版社の人間で《岩波●店》のコネはあって、なおかつ売れなかった元アイドルのファンであれば、付き合う価値は十分にあるはずです。

ただおとなしい客なら、北海道にいる元推しと横須賀中央にいる元別メンバーだったら、目の前にいる子を指名するべきなんですけどね。


アイドルって、業界の権力者でもない限り、狙った子とは確実に付き合うのは無理です。
何年もファンをやっていれば、事務所やアイドルの癖がだいたい読めてくるんですけどね。

アイドルを辞めたって時点で、そっとしておくべきじゃないですか!?

個人の資質だと思えます

職業、職場環境が見落とせない要因だとしても、
「それだから おかしくなった」と 帰結する考え方はどうなのかなあ???
「それ」言い出したら、世の中キリがないって思うんですね。
厳しいですかね?ワタシはやはり、クリモトさんは、周囲の人 全般に、思いやりの気持ちが不足している 「性格」のせいだったと思うんだよね~~。
でも、クリモトさんが勤務してた 会社の直属の上司にも管理責任はあるって思いますね。
リクさんが 手厚くケアしたでしょう ミツオさんは、アスベ気質があっても、問題とかは生じていないように。
よほどに重症でない アスベぐらいの後輩や部下をフォロー、ケア出来ない上司にこそ大きな問題があるようにも感じます。

現実の問題として

 なかなかに今回は、自分の周囲に 置き換えたならどうだろう?って、考えさせられる、興味深いテーマだと感じますわネ。

アスベルガー症候の素地っていうのかな??
そういうのは最近の若い子ばかりではなく、中年以降の人だって 共通して心の内側に抱えている、、あるいは 眠っていると思います。
「べつにぃ」「興味ないしぃ」「自分 関係ないですから」そういうコミュニケ増えていると思いませんか?

旧世代のオバサンとしては(^^; やっぱ「イラっと」します。
『アンタが興味あろうがなかろうが、最低限度の共同責任はあるだろが!それが仕事ってもんだ!!』って怒ってしまうわたしは ふるいやつだとお思いでしょ~が(笑)

さすがは 名探偵八百政

 八百政さんの 推理・思考法手段、地味に思えて かなりに鋭いと感服しました ええ。
たしかに・・・横浜市とかに住んでる住民は、アフター5に、横須賀とかへ南下するって、そういう選択肢はとらない気がします。
「距離」の問題じゃないのですよね、横浜駅近くってきわめて繁華街である都市としての中心から、混んでる通勤電車、帰宅ラッシュで混み合う郊外の方向へ わざわざ向かうはずが無かろうって、
それ なかなかに気づいて無い、都市生活者の無自覚な習性。

八百政さんって、いかにも理知的で温厚そうですが、
でも「港のリクとは対照的か?」というなら それも違うような気が。
荒くれの「仮面」をつけてても、リクさんはすごく神経細かくて、人間性も重層的それゆえの魅力にあふれてて♪
八百政さんは、どうでしょう?頭脳の鋭さを駆使して 物事に向かうと思いきや・・・意外にも 警察犬のように、泥くさく周囲をコツコツ 追い詰めていくタイプではなかろうか?って考える次第。

共通項で非常に似た部分が多い 良いコンビ。

会社勤めを始めてから、家族との会話より会社の人との会話の方が断然多くなりました。その会社で社員同士の会話が全く無かったら、私もおかしくなるでしょうね。
1日8時間、一週間で40時間。ひとつ部屋で机並べ、会話が無い。考えるとゾッとします。

平日会社から自宅と反対方向へ飲みに行った事有ります。電車で30分以上かけて。
当然訳あり。

キャバクラにいた娘からメールがきて
「おっパブに移った」
その日のうちに行きました。

全く何を考えてたんだか。
これも、人の業でしょうか。
ミツオさんの事、ひとごとじゃありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も軽いアスペだと思うよ

>『どや?この作業、今年中に終わりそうかヤ?』
って、聞かれたなら「ミツオ」さんと同じように素直に「何言ってんの?」って思います。
遠回しの言い方で、相手の脳内変換を期待すると、あらぬ誤解や変なとらわれ方をされると、かえって混乱する場合があるから。
基本、直球です。

たぶん年数が短かったんじゃないの?
1億と2千年ぐらいじゃ無いと、理解されなかったりして・・・(*^_^*)

疑問文も”?”が付いてないと、問いかけに感じませんネ。(個人的に)

こと、記録という点においては紙媒体は長期保存に向いたモノですが、商売としての出版における状況はなんともしがたい状況ですね。

印刷物って今の生活を支える上で重要なんですけどもネ~。

田舎の風景

お昼頃に気が付くと南側の山の上にはまるでペンキ絵のような雲が増殖している
そのせいで、何時ものアタマだけのお富士さんはもういない

今迄都会でしか仕事をしてこなかったから、こんな静かな環境がウソのよう
都内のデザイン会社なら、ものの10分もいればテンパってしまうけど、ここはいつ迄もノンビリ(^^)

こうして田舎にきてみて、初めてクリモトさん事件の異常さに気が付く
きっと・・
彼は自分の中にできた幾つもの迷路に突然気が付いたのだろう
サイボーグ人間だらけの会社の中で、どうにか彼だけは機械にならなかったのは、彼が
唯一マトモだった、つまり人間だったからだ

元アイドルを追いかける人間は決して病んではいない
そして自分を見つめるもう一人の存在に気が付いていたのかも知れない
自分を苛む存在と肯定する存在
その狭間の中で、自分を見うしなっていく

都会には何処にもココロを解放してくれる場所がない・・
長い間ボクも気付くことはなかったよ
どれほど荒んでいるか、其処に居る以上は気が付くことはまずない
出口の無い、そして遣る瀬無さばかりがココロに刺さる話しだった

Re: No title

タキさん いつもありがとうございます♪

> 「筋を通す」八百政治さんの姿勢は立派だと思います。

ども♪ 我が盟友はマジでもって (多少 融通利かないですが ^^);徹底して筋を曲げない人間です はい。
それに比べると わたいなんざ、チョ~出たとこまかせってか・・あきらめと妥協ばっか!の生き物ですわなぁ うむうむ。

> 自分らの業界でも 安易に妥協ばかりして、積載や速度守らないドライバーは やがて事故ったり、だめになっていきますからね。

『頼まれるとイヤとはいえない』それで全部を済ませてはいけませんネ ええ。
でも なんか判る・・ってか、そういった『●●サンだったら』って、ムリなお願い事が集中しがちなヒトって 確かに居ます。
火中の栗を拾う役割ってか、結果 損をしがちな 報われてないヒト。

 はい??  ・・・そ~だヨ! まさに『ワシのこった!』(笑)(笑)

Re: 長生きの秘訣さんへ

 長生きの秘訣さん いつもありがとうございます♪

> 「ショボい事件」ですなあ。。。

まぁ 人騒がせな自殺未遂事件って「それダケ」なんですが。
「異常なイチ人間像」であると同時に、「異常な業界事情」それも加味されて
問題点は 「その異常さに気付かない 改善の余地もナイ」それですワ!

> 小生も 出版業界には もっともっと!元気出して頑張って欲しいと切に願うひとりなのですが。
> なんだか 哀しいね、斜陽へと向かう業界ってのは、

やっぱ・・「娯楽の選択肢が多くなった現代」それの影響をモロに受けてるってのが「出版の世界」なのでしょ~ネ ええ。
でも、「活字文化」って、いうなら『動かない 不動の世界』と、TV アニメ ネット文化って『動き 瞬時に変わりうる世界』思いますが、ナニも その2つを対立の構図だとわけ隔てる必要もナイだろ? っとも思うのですネ。
厳に今は、ラジオの世界と、インターネットメディアの2つ、それはかなりにおいて融合を見せていますよね?

『知恵を使う』やっぱそれだと思う。アタマ柔軟にして 既存のスタイルから「どうかして」
根っこの基礎は保守しつつも、次代のニーズを模索して我が身の姿を変えることに畏れない その勇気と判断だと思います はい

Re: 評論家きどりさまへ

 評論家きどりさん いつもありがとうございます♪

> 自分は、すごく面白かったです。

 おおっ!@@; はじめておホメいただいたきゃナ(笑)8^^;

> 《売れなかった女子アイドルグループ》に横須賀中央のキャバクラにて、出会えただけでも幸福だと思ったほうがいいかもしれないです。

きわめて「現実面」としては マッタクもって「その通り」ですよねぇ。。。
マトモさを有する人間ならば、「そこの時点で 満足するべき」我が身のラッキーさにネ。

> 調べていくうちに、推しの子が結婚して幸せになっていると分かったのなら、目の前にいる元アイドルのキャバ嬢と付き合ったほうが幸せです。

「それでガマン出来なかった」思いますが 昨今、かなり報道されてます「ストーカー犯罪」ってのの病理は「そこ!」ではないでしょうかねえ??
現実面と自己妄想がゴッチャになってて、『そこいらの部分で納得・妥協する』ってのが出来なくなってるような気も。。。

> それが、推しの子以外に考えられないなら、現役のアイドルのファンをやった方がいいです。
> ただおとなしい客なら、北海道にいる元推しと横須賀中央にいる元別メンバーだったら、目の前にいる子を指名するべきなんですけどね。

> アイドルって、業界の権力者でもない限り、狙った子とは確実に付き合うのは無理です。
> 何年もファンをやっていれば、
> アイドルを辞めたって時点で、そっとしておくべきじゃないですか!?

たいへん無礼な言い方で恐縮ですが・・・評論家さん「やさしいネ♪」
ホント失礼ながら 貴方に そういう想いがアルってのは、意外にも感じてしまうわたくし。
芸能の世界 辞めなければならなかったコ、今更・・・昔のファンにつきまとわれても おそらくは「うれしくもない」それでしょうからねぇ。。。
現実のハナシ、そのコの御亭主が自衛官で、住まいも 自衛隊官舎で幸運でしたヨ ええ。
一般住宅だったなら、侵入を許し、ロクデモない情痴事件に発展していたかわかりませんわナ うむうむ。

Re: ちゃー子さんへ

 ちゃー子さん いつもありがとうございます♪

> 「それだから おかしくなった」と 帰結する考え方はどうなのかなあ???
> 「それ」言い出したら、世の中キリがないって思うんですね。

ホントに まさしく「それ」。。。
ごく少数の事象をもって、それ全体をカテゴライズ「決めつけちゃう」それはホンマに危険です はい。

> 厳しいですかね?ワタシはやはり、クリモトさんは、周囲の人 全般に、思いやりの気持ちが不足している 「性格」のせいだったと思うんだよね~~。
> でも、クリモトさんが勤務してた 会社の直属の上司にも管理責任はあるって思いますね。

ま~ぶっちゃけ わたいのミツオへのケアなんて、たいしたこともないス。
気まぐれなショック療法ってか(笑) 要は『習うよりも 慣れろ!』それでしたから はい。
いやしくも「上司」と呼ばれる人間は、部下の事例について、正面から向き合う義務が有りますが、
「かといって」・・・敷かれている規範やルールを曲げてはいけません。それは単に「妥協の産物」メリットはございませんから ええ。

Re: 大黒の住人(♀)さんへ

 大黒の住人(♀)さん いつもありがとうございます♪

> アスベルガー症候の素地っていうのかな??
> そういうのは最近の若い子ばかりではなく、中年以降の人だって 共通して心の内側に抱えている、、あるいは 眠っていると思います。
>  やっぱ「イラっと」します。

ってか「もう既に」存在してるでショ? ぶっちゃけ「50代のアスベ管理職」が。。。

ホレ・・わかると思うけど、わたいらのごくそばに居てはる・・「Y・YUS●N」の個性的髪型の あのヅラ野郎(笑)(笑)(^^;
アイツなんか 完全アスベだよねぇ?アッチがヘマしやがってサ、謝りのデンワ受けてるのはコッチなのに、
途中で その謝ってる側のヅラ野郎が なんでか??逆ギレして 怒り出すって ぶっちゃけ しょっちゅ~じゃん?
その場の状況に合わせた クイック投法が利かないンだよネ~~。。。

> 『アンタが興味あろうがなかろうが、最低限度の共同責任はあるだろが!それが仕事ってもんだ!!』って怒ってしまうわたしは ふるいやつだとお思いでしょ~が(笑)

おお お仲間発見か いひいひ♪

Re: サンシャインさんへ

 サンシャインさん いつもありがとうございます♪

>  八百政さんの 推理・思考法手段、地味に思えて かなりに鋭いと感服しました ええ。
> たしかに・・・横浜市とかに住んでる住民は、アフター5に、横須賀とかへ南下するって、そういう選択肢はとらない気がします。

八百政の推理ってのか?進める 思考法は 案外に古典的でス はい。
ジツのとこ、近代の「興信所現場職員」では、『その手法には頼らない事』って、指導されてるンですなあ うむうむ。
現代は「名探偵を必要としない」・・・ガキの使いの如く、機械的に報告書に挙げるって、それが求められる 味気ないネ(--;

> 八百政さんって、いかにも理知的で温厚そうですが、
> でも「港のリクとは対照的か?」というなら それも違うような気が。
> 八百政さんは、どうでしょう?頭脳の鋭さを駆使して 物事に向かうと思いきや・・・意外にも 警察犬のように、泥くさく周囲をコツコツ 追い詰めていくタイプではなかろうか?って考える次第。

なっかなか「突いてますね」♪

彼は ある意味 反転投射した リクといって良いかも。
つきあいも長くなってきましたが八百政とは、フシギにも イッペンも殴り合いしてない(笑)(^^;
その関係性ゆえに 続いてルのでしょうか??

Re: アツシさんへ

 アツシさん いつもありがとうございます♪

> 1日8時間、一週間で40時間。ひとつ部屋で机並べ、会話が無い。考えるとゾッとします。

ホントの「アスベが集まった集団」ってのは、その在り様が どんだけか異常であり得ざるモノか ってのすら、自覚し無いようでして ええ。。。
思うのですが・・こういった連中が亡くなって、行くべき死後の世界ってのは、
生きてるトキと変わらぬ、ダチも居なければ、会話もしない 個々で孤立した 無音の世界なんじゃないかなあ??
「それ」は地獄と呼んで間違いないのだろうけど、当人らは きっと、それすらも気づかないンだろって そう思えます はい。

> 平日会社から自宅と反対方向へ飲みに行った事有ります。電車で30分以上かけて。
> 当然訳あり。

> 「おっパブに移った」
> その日のうちに行きました。

「おっパブ」かあ♪ おもろい過去噺がアリますのだお。

チト昔 元カノのひとり「満身創痍」が、『イイ金になるバイトあるよ リク』ってから・・・
「それはナンぢゃ?」っと問うなら『うん おっぱいPUB♪』ってから 「あのなぁ・・・(--;」で(笑)
『そこのPUBの店長と知り合ったの。リクのこと話したら《是非っ!》って大ノリで。1回 面接だけでも行ってみて 』あっちゃ~~(><)

無論・・わたいのチチ、野郎に揉ませる気なんざナイ(^^;
でも 満身創痍がそこの店長に かなりご馳走になったって義理もあり、あくまで「お断りに」その おっパブ 客としていきましてン。
・・・ったら・・♂だとわかってて、わたいなんぞを欲しがった 店長の「その理由」がイッパツでわかりまして はい。

お店にいました 6名のコ ぶっちゃけそれの全員が『ごく 控えめな お乳』で(笑)(^^;
皮肉にも ♂のわたいが イチバンに「巨乳」。そのお店ですが 半年持たずに撤退しまスた なはは~(^^;
> 全く何を考えてたんだか。
> これも、人の業でしょうか。
> ミツオさんの事、ひとごとじゃありません。

Re: 鍵コメさまへ


 迷惑ではございませんよ。 むしろ 光栄です はい。

でもネ・・・ブツけるならナンでも 跳ね返ってくると思われても、チト困惑してしまうのです。

 袖すり合うもなんとやら 次回作で お答え申し上げましょう。

Re: 菊川鈴音さまへ

 菊川鈴音さん いつもありがとうございます♪

> 私も軽いアスペだと思うよ

いやいや~ ぶっちゃけ『ゼンゼン違います』よん マジでネ。

機転利かないとか、引っ込み思案とかって そういったレベルは段違いですから マジでのアスベってのは。

> って、聞かれたなら「ミツオ」さんと同じように素直に「何言ってんの?」って思います。

ってかネ、ミツオってのは、中学終わりまで東北に住んでまして ご一家で。
で その後 神奈川に来た。地域性もアルんですよネ、
やっぱ上方から来ましたリクの「物言い」TVの関西芸人のおかげで、関東でも通用することが多いのですが、
東北の方のヒトには 『この意味わからんか??』ってなっちゃう確率が高いですわなあ。

> こと、記録という点においては紙媒体は長期保存に向いたモノですが、商売としての出版における状況はなんともしがたい状況ですね。
> 印刷物って今の生活を支える上で重要なんですけどもネ~。

殊『想像を喚起する』って意味では 活字文化こそがダントツであるって わたいも思ってます はい。
GAME脳 それにズブズブってのも、なんかヒトとして せつない気がしてなりません はい。
でも 深刻ですよネ? あの ジャンプやマガジンですらが、実質として最盛期の半分だっていうのだから。
小説が売れないってのは ある意味で末期的状況のようでス。

Re: pierrot le fou さまへ

 pierrot le fouさん いつもありがとうございます♪

> 今迄都会でしか仕事をしてこなかったから、こんな静かな環境がウソのよう
> 都内のデザイン会社なら、ものの10分もいればテンパってしまうけど、ここはいつ迄もノンビリ(^^)

誤解を恐れず 云いたい事いわせていただきますが。。。

古来よりいわれる《ヒトが経験すべき3要素》
「1回は 結婚してみる」「1回は 大きな病気にかかってみる」そして
『一回は 牢屋に入ってみる』って。

ピエロさんは 只今、その牢屋に入っていると想定できると思うのです はい。

だけど・・それは まごうことなく【 人生に必要であり、とても有意義で 愉しい牢屋だ 】ってことで♪
ナマイキな言い方になりますが 今の環境って、「次の展開」それに欠かせない とっても!大事なアイドリング期間なんだって確信出来る気がしますから ええ♪

昨晩 Tドラマ眺めてたら女優の「音無美紀子さん」出てまして。
考えれば 音無さんスゴいですよね?も~40年間ズっと、『なんらかのカタチで出続けている』。
これって 出来そうで出来ないって思いますマジで。
「主役しか出来ない」って役者はくさるほど居るけど、2番手3番手に あえて下がっても、
納得できるポジションをかっちり押さえて、活動を継続するっていうのも、「プロ」としてホンモノだって思うのですネ。
富士山眺めて たそがれちゃあいけませんゼ いひいひ♪ イザって際に備えて 牙は磨いておかないとネ♪

素直に「凄いナ」って そう思えるのは、ピエロさんは 未だに(この言い方も失礼ですけど)
ヒトとしての『発展し続ける 伸びしろが有る』っていうことに他なりません はい。
このわたいがピエロさんだったならどうだろうか?? とっくに 枯れているような気がしてなりません ええ。。。
オトコはやっぱ その生涯が 動物 『動くもの』なのですネ♪

> 元アイドルを追いかける人間は決して病んではいない
> そして自分を見つめるもう一人の存在に気が付いていたのかも知れない
> 都会には何処にもココロを解放してくれる場所がない・・
> 出口の無い、そして遣る瀬無さばかりがココロに刺さる話しだった

・・ジツは また「例のヤツ」から(笑)お便りってか(^^;フト考え込んでしまう命題がまいりまして。
『ンなことまで 知るかっっ!!』って気持ち3005なのですが(笑)
ピエロさん 書かれます通り『出口の無い そして遣る瀬無さばかりがココロに刺さる話』それでして。
突き放すのは容易いですが、拙者も侍・・「惻隠の情」がございます はい。
御多忙でしょうが 一読いただき ご評価をお願い申し上げます はいm(__)m
プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR