FC2ブログ

Paradise of a purgatory(煉獄の楽園)《 それでも・・・ 》

 『 お早う 』

気持ちよく晴れた 翌日の朝、朝食の後 ジイさんがわたいに云いました。
          170401aa.jpg

「ワシなりに《反省》してヨ(笑)なるほど・・・リク坊が飛び出してってから、あの・・貰ってきたという 牛肉をよくよく見て 触って、吟味してみた・・・」

「そうですか・・・」


「ワシの《目利き》も捨てたモンやないデ? 確かにアレは、近頃では珍しい、キチっと・・・肉の捌き方のイロハから習得した 職人としての技量持った品減の手仕事ヤ」

「・・・・・」

          170401aa1.jpg
      長崎湾に面した崖地で育てられるウシさん

「それと・・おもろい事にも気づいた。あの牛肉・・・但馬でも松阪でもあらへんわナ。あの風味は おそらく・・・九州は長崎・・たぶん《平戸牛》間違いないって思うワ。平戸はクセがあってナ、旨味は濃いが、柔らかみに欠ける、捌きが難しいねん、それにチャレンジする姿勢は好感が持てる ああ」

「・・・ってことは・・??」

        170401aa2.jpg

「ウチとこ店のイチ押し看板料理は《ビーフカツ》やろ?どうしても、仕入れ単価の問題で ¥1280円になる・・・ワシ、それ なんとか、も少し安価にしたい・・・。あの肉使えば千円はムリでも,端数の80円は下げられるって思うねん。リクよ その娘の父親に、時間成る時 いっぺんカタログとサンプル持って、ウチとこの店 訪ねるよう伝えてくれへんか?」

「えっ!ホンマに?」


「そやけどリク坊・・・勘違いするなヨ?《おなさけ 人情》とは違うけんコレは。あんな 吹けば飛ぶような店やけど、その主人であるワシなりの経営施策なんやからヨ」
      170401aa3.jpg

「アリガト おジイはん!」


高校の正門前にひとっ走りして、登校するマミコをつかまえ、この事を興奮しながら告げました はい。
        170401aa4.jpg


でも そういや 一昨日 昨日と、ガッコですが《ムケやん》休んでいる・・・。今日も出てこないなら いっぺん顔身に行かないとナ。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ああっっ!!いよいよ アカン!マジでウチ 廃業の瀬戸際になっちゃった!」嘆きのムケやん。 どうしたん??
            170401aa5.jpg


「福井の海でさえ・・・手頃の大きさのイワシが獲れへんようになってまった・・・。ど~なっちまったんヤ?日本海の海は・・・。網にかかるんは、7センチ以下の極小サイズのばっか・・。どないもならん!!」

ナマイキですが、ボクはチョっとだけ、昨夜の経験で モノの考え方が《オトナになった》。

ムケやんヨ、嘆くのはカンタンやけど、でもそれは、問題の解決には1つも近づかないゼ?

この苦境を 家での出来事とスライドして考えてみよう・・・今 《雨漏り》してるんだ家が。屋根裏の修繕や、屋根瓦とかをしっかり修繕、修理する必要じゃモチロン必要だ。

だけど・・《とりあえず 雨漏り箇所にバケツ置く》それは安易だと批判するヒトも居るかも知れんが、ぶっちゃけ それだって!リッパに状況に即した 対応手段なのだってボクは考えるのだ。


「ムケやん。チョっと、ワシの家の台所 着いてきてくれへんか?マミコも お手伝いで協力してくれ」


リクめの家の 土間 タタキの調理場で、

リク「エエかムケやん?ワシら ナンたって、《まだまだガキや》出来ることってなら、根本的な打開策はムリ!でも、知恵をヒネって、親とかにアドバイスは出来るやん?今日はそれ考えようヤ」

ムケやん「その気持ちありがたいが・・具体的にナニすんのん??」

        170401bb.jpg

リク「キミとこの生簀から持ってきたヒコイワシ・・要は《新規製品》の可能性を模索してみようやん?。ワルい予想として・・もはや昔のような丸々太ったイワシは もう獲れないかもしれへん。じゃどないする?泣いてもしゃあない、《在るモン使おうヤ》それ」

ムケやん「新規製品かあ。。。」


・・・エエかムケやん。今からヤル 1つの料理はナ、ウチとこの家が いよいよ月末で家系苦しくなったトキに作る料理やねん うん。
        170401bb1.jpg

小さいサイズのイワシを、1つずつ丁寧に開いて、ワタを抜く。希釈した酢と塩分に15分ほど漬けとくねん。腐敗防止処理と風味付けの目的ナ。

通常の場合、コレはよく《マリネ》って方向に行くのがセオリーなんやが、あえて そっちには行かない。。。


コレ・・なんやわかるかムケやん? うん《オリーブ油》。それも ぶっちゃけかなりの上等品、《国産 小豆島の手絞り エクストラヴァージンオイル》や。
         170401bb2.jpg

オリーブ油ってならば、ナンたってイタリアって、常識は排除や。当たり前やが 油脂は《生き物》ヤ、遠いイタリアから海路で 赤道渡ってはるばる日本に来るモノよか、200キロとは離れてない、小豆島産の絞りたて 信用できるやん。

知ってるやろけど、よくノルウェー産の缶詰で、《オイルサーディン》がアルがヨ、アレのイメージで作るねん。今から作るコレは、もっともっと《オイル漬け》って部分を強調する。

ニンニク、ショウガ、エシャロットを出来る限りカスミ切りに小さく切って、ごく少量のオリーブ油でフライバン 弱火でソテーする、焦がさないよう注意。


火を止めたなら、そのまましばらく放置、ホンの少し、鷹の爪(トウガラシ)の輪切りを入れ、利尻昆布を5ミリ四方にしたのを投入する。最後に月桂樹の葉を少量投入ナ。
           170401bb3.jpg

で 全体が熱を放出したなら この段階でナ、ウチのばやい 山口県産の やや甘い味が付いてる醤油の 薄口を コレもごく少量・・・味付けやなくて、あくまで《風味付け》な。

        170401bb4.jpg

コレでもう味付けは完了、出来たこの下地に、さっきのイワシを《漬けとく》ねん ああ。漬けのタイミングの好みは個人差アルわナ、浅い方がエエってヒトも 深漬け好むヒトも。


・・・どや?? この味はヨ? 大きな声ではイえんけど・・なんか ビールが欲しくなる味やと思わへん?(笑)

マミコがクチを挟んだ「だけど・・・コレを新たな 売り上げの柱としての実現はどうなのかなぁ??製造ラインに居るワタシとかからいわせて貰うとネ、《手作業の部分》がイワシの醤油漬け缶詰より増える分、熟練が求められるやんか?正直・・現状のパートのおばちゃん連中、連いてこれるか??労働単価の問題でも、《完成品個数》上がらない気が・・・」


リク「ふむ、冷静で賢い評価やわナ。そう・・確かに、コレは手間が 今よりかかる製品ヤ。」

ムケやん「ワルいけんど、ウチとこ工場のオバハン連中に、あまり高いスキルは期待出来へんデ・・・」


リク「ぶっちゃけ《そこの部分》やがナ。イワシの醤油漬けって、キミとこのロングセラー商品、それにあまりにも囚われて、失礼やけど 発想が固定化されてる、それから一度離れろヤ?」

ムケやん「っというと??」


・・・エエかムケやん?キミとこの製品 イワシ缶詰・・賞味期限近くなると、スーパーのワゴンで《100円セール》って・・・それの発想から脱却するのヤ!

カナダって国あるやろ?カナダは健康政策として、タバコの抑制目的で、従来の価格 250円程度だった1箱を ジツに1000円!って値上げした。

みんな《それじゃあ 街のタバコ屋は滅ぶやろ》って思った。が・・・事実は【 逆だった 】本当なんヤ、確かに、売り上げとしての《個数は激減した》そやけどナ・・・

1ケ売るごとの《販売利益が上昇したゆえ経営的にはトントン、ケースによっては微増》したのやて うん。

前から思ってた。ムケやんとこみたいな、失礼やけど零細な工場が頑張らはって、関西地域で有名な缶詰製品をマルハやニッスイに対抗して よくよく作ってはるってナ。


せやけどヨ・・・もはや そう《時代》・・・いつまでもキミとこも、安価な価格帯の缶詰 それ大量に売り捌いてって状況から、そろそろ脱却するべき時期やって思わへんか??

薄利多売はどない頑張っても、大手資本会社には適わない・・・。ムケやんも 工場継いでいくならヨ、これからは【 少ない個数で大きな利益 】それ検討するべきやないかな??


この《オイルサーディン》やけど、ぶっちゃけ、安売り乾物屋なんぞに卸すべき商品とチャウねん。ああ。

ナンボで卸そか?? 200円? いや!もっとヤ! 思い切って《1缶 ¥400円》で卸せ!(※今現在価格は 550円です)


大丈夫!売れる!丹後湾 宮津のイワシやデ 小さくともコレは♪広島岡山あたりの軽油まみれのイワシとは質が違うんだ!


それからナ、これからの時代は、《ナニがナンでも安けりゃ正解》って時代とはチトばかり違ってくるデ ああ。

     170401bb5.jpg
スッカリと「第2の名物品」となった 竹中商店の『オイルサーディン缶』

主に 三菱系商社がナ・・《高品質スーパーマーケット》それに着々と動いてるねん ああ。丸の内キャピタルって、社会からの《ファンド》集める会社がナンボでも、資金を調達するんヤ。

ムケやん もはやナ、物売りショーバイは、《ナミダと汗と根性》って時代とは変貌するんだああ。いよいよ 大きな商社が、日本人の食卓に上がるモノ取り扱う。

大きな資本力でもって、世界中から 良いモノ すぐれたモノを仕入れては、今の時点でも、大都市にはヨ、紀伊国屋スーパー や、UNION、成城石井ってな 高級スーパーがアンテナ店として おおいに流行ってる。
     170401cc.jpg


《この新製品》・・ぶっちゃけ そういうコンセプト狙うねん。ムケやんヨ、世の中にはナ、《アーリー・イノベータ》って、早いハナシが《流行先取り人間》ってのが存在してるのヤ。

《こんな新しいモノ知ってるゼ オレってスゴいだろ♪》って、ある意味で・・アホなんやけど(笑)
        170401cc1.jpg

そやけどナ・・そういうイノベータ人間らの《クチコミ能力》は無視できないんだ ああ。現に精密家電のSONYでも、イノベータらに 新規製品の、あえて《アラ》探させてヨ、

そのイノベータの批評を元に、すぐまた《改良版》を創り上げて売るねん。東京の青山、大阪の梅田に住んでるイノベータは、このイワシのサーディン缶詰が、まっさかこんな宮津のコ汚い台所で作られたモンだとは思わないだろう(笑)


普段サカナそのものを あまり食べない、自分ではサカナも捌けないって《そういう層》こそがターゲットや!


わかっとると思うが ムケやんヨ、だからって・・こういった新製品に突っ走って、キミとこの社運を賭けるってのは いかにも《危ない》。。。

暫くの間は、行けるとこまでは ネームバリュー高い イワシの醤油漬けで可能な限り 引っ張るべきヤ。新規製品のウェイトは段々と増加させtくのが正しかろうヨ うん。


手前味噌やけどナ・・なっかなかウマいデ これは♪ イワシってサカナ凄いわナ やっぱ。。。日本人の舌が感じる 旨味の基本なんヤ イワシの味ってのは。

白メシで食べても旨いし、パスタ、スパゲティーと合わせてもコレが案外イケるねん♪ おとうさんやお兄さんと協議してみろヤ トライする価値はあるデ♪
        170401cc2.jpg
        マジでコレ美味しいから♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・思い出すならば ぶっちゃけ《アレ》は・・・

リクめが もっとも畏れ、《出来れば見たくもナイ!》って思ってた《それ》でした はい。


なんの帰り道だったかは失念しましたが、自宅の場所からホンの100mほどの場所に、神社、といっても常駐の神主さんも居ない 単なる 祠(ほこら)ですが、それが在って。
           170401cc3.jpg

そこの脇を通過していた まさにそのトキでした。


夕暮れめいた風に乗って、複数の人間による《一種 独特な感情のこもった息遣い》それが 流れてきて・・・。

ボクも花街のエロガキです、イッパツで《それ》は、カップルとかが《姦(や)ってる》声なのだと理解しました はい。


聞こえてないフリで ヤリ過ごす、それぐらいの世間智はアリました。とっとと その場からラナウェイしよっと そう思ってましたなら・・・


・・・違う・・・コレは、フツーの 男女カップルの《それ》とは あきらかに異なる・・・おそらくは ♂と♂によるヘンタイ行為のそれだろうって・・・

それと・・・どうしても気になる・・・片方の声、ぶっちゃけ それが・・よく知っている人間の声質にクリソツで。。。


・・・結論から申しますならば・・・その祠の陰で、『 千代彦が作業服の大柄なおっさんに 後ろから突っ込まれていた 』。。。
        170401cc4.jpg

正直、《醜悪であり おぞましい》としか思えなかったです。可愛いマミコの その弟だからといって、とても許容する気になれない・・・。

『いっそ 蒸発して消えてくんないかコイツ?』って思ったです はい。


だが・・・千代彦の声・・ハッキリはわからないけど、アレは・・・歓んではいない・・ドッチかいうなら、拒絶し 嫌悪している声だ・・・。童貞にはそのへんが難しい機微で。


だったら《しゃあない》・・いっちょ 救出してやるっきゃないか やれやれ・・・。

どうしたって きっとバイオレンスな状況となるだろう覚悟で、ボクはユックリと近づきました 声のする方へと。


あれれ?・・心臓の鼓動ドキドキして 怖い気持ちもアルのに・・・ナンでやろか??【 笑ってるじゃないかワシは・・・ 】

          170401cc5.jpg

ぶっちゃけ『この瞬間』なのかも知れません、テメエの中に、泣き虫の天使と同居して、堕天使ルシファー そいつが巣くってやがるのを意識したのが。。。


 『おいオッサン!エエ加減にしてれヤ 《可愛い子チャン:嗤》イヤがってるやんケ。たいがいにしとき。まだ夜半にゃ早いデ』


オッサンが怒りクルうのは承知の上だ。《あえて》・・一発目は 殴らせた。そりゃ痛いけど、ナニ 空手の師匠の正拳突き受けるのに比べりゃ ガキの遊び以下だゼ♪

『はぁ~い 正当防衛成立♪』 あとはリクちゃま独演会(笑) 心配ないス、コロしちゃいません♪

        170401cc6.jpg

『ぶふぉ~!ぶふぉ~!』って、おっさんはベソかきながら、地面に落ち転がった テメエの上の前歯4,5本を掌に拾い集めて 泣き声あげながら逃げ去った。


千代彦は 乱れた衣服を直しながら 怯えた顔つきでリクめを見ながら、それでもどこか 不貞腐れたような表情で・・・


          170401dd.jpg

『ちぇっ・・余計なことしやがって・・・。貰える筈のお小遣い 貰いそこなってまったやんか けったくそワルい・・・』

そう悪態つく 千代彦の5センチの距離まで カオを突き合わせましたリクめ。

「ひっっ!!カ、カオは殴らんといて!カオはっ!!」

わたいは「殴らへんヨ。それに説教もせん ああ。ワシらももう15、カンペキにガキやあらへん。テメエの人生ヤ 好きにするがイイさ」
          170401dd1.jpg
      ボクはもう知らん スキにするがいいサ

千代彦「・・・家のモンには・・。マミコねえちゃんには云わんといてくれるか??」
         170401dd2.jpg


リク「ああ 云わへん。封印するこの出来事はナ。せやけど・・気ぃつけヤ?今さっきみたいにヨ、この地元にもヘンタイはよぉけ居るけん、そいつらに 千代彦、オメエ《良い 餌》それになってまってたなら・・・【 いつか死ぬデ お前 】いつもワシが近く通りかかると期待すなヤ」


千代彦「同情・・してくれとは言わへん。でも・・・わかって欲しいんヤ。わたいナ、ココロはホンマ オンナやねん・・・」

リク「ってか、ぶっちゃけ《わからん!》てんで理解出来ない領域にはナンも言及出来ひん。だけど・・コレだけは云わせろ。マミコの弟やから助けたのとはチャウ。それはナ・・ナンであれ、千代彦、オメエはわたいの【ダチだから】や。それに♂も♀もあらへん。ナンでも性別をダストシュートにするなヤ?じゃなっ!」


・・・ボクらももはやガキではない。《かかわりきれない事柄》・・・これがきっとドンドン増えていくのだろう。

千代彦よ、ワシはいかにも スケベ男子 それに間違いナイけどヨ、だけど あまりにカルトで淫靡って、隠花植物の世界は好かんのヤ。

その意味では お前とワシ、近いようで いっちゃん遠く離れた立ち位置なのかもナ。

           170401dd3.jpg
          孤高な 狼でいたいボクは
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それからして・・・ウチとこの ジイさんの理解とかあって有難かったですが、残念にも・・・

          170401dd4.jpg

マミコのお父さんらが展開する 肉卸の協同組合は 努力奮闘叶わず、解散の憂き目と相成って。。。

ムケやんところも、レクチャーしました新製品、実現化には まだまだクリアすべき難問がいくつも有りますようで。。。
         170401dd5.jpg

肥え太ったイワシも、まだ完全に全滅した訳でもない、以前の時代のように ほぼ無尽蔵に近いぐらい獲れた時代ではありませんが、ボクらの街の海は《まだ 生きている》

         170401dd6.jpg
        もはや周囲もサジ投げてました はい

それと 千代彦も・・・正直 ココロ入れ替えたって風向きでもナイようですしネ。。。 そう・・・事はナンも解決したとは呼べないのです はい。


それでも この丹後 宮津で暮らす ボクらの生活は、アっと驚くような変化などは無く、丹後湾の波の如く おだやかに過ぎていく。。。

ハっとする 思いがけないヒトの賢さや冷静さも、反対に いかにも愚かしく、哀しくせつない、地上における 三文オペラを繰り返しながら。
         170401ee.jpg


この故郷の地は《煉獄》でもあり、かつ《ハーレム》だ。よくは判らない正確にはネ。きっと・・この世のダレにとっての「ふるさと」も こういう感じなのだろう うん。


いつもの 太陽が昇りきらない ごく早朝。いつものバイト仕事、ボクは地元の漁連までの道をアクビしながら歩いていました。


反対側 駅へと向かう方向から、ライト点灯した自転車が走ってきました。「おおい リクちゃんヨ」
         170401ee1.jpg

その声の主は マミコ、千代彦の お父さん そのヒトでした はい。


「色々すまんかったナ。ワシなんやけどヨ、西舞鶴にありよる ハム・ソーセージの工場に採用決まって、で 今日が初出勤なんヤ。2番の上り列車これから乗るねん うん」

「そうでしたか・・・」


「しばらく毎日早起きヤ 正直それ辛いわナ(笑)まぁワシ、肉の事しかわからへんし、頑張るワ。マミコのこと いつもやさしくしてくれて有難うナ。いつも家で云ってるデ、《リクちゃんが リクちゃんが♪》って、この色男が!(笑)千代彦も・・長い目で見てやって欲しい。じゃっ そろそろ行くけん頑張るワ♪」
         170401ee2.jpg

少し」キイキイ軋む軋むペダルの音を残し 次第に遠ざかる お父さんの背中を見送りました はい。


こないだ、ムケやんとジックリ お互いの将来の事 話し合いました。

     170401ee3.jpg

ボクはムケやんに云いました。・・・やっぱボクやけど、高校終わって進学ならば、大きな都市・・・親戚が居る 神奈川のヨコハマに出ようと思ってる ああ。

《なんや結局オメエ 故郷捨てるのやないか》って、誹謗する声もアルやろナ。でも・・自分だけ 楽な方へ逃げてしまおうって、それとチャウねん ああ。

なあムケやん? ボクはナ、その大都会で・・【 大泥棒 】それになろうって思うのヤ。
     170401ee4.jpg

知識やノウハウ、人脈含めて、ある程度の社会的肩書も必要やろナ うん。それ努力してつかみ取る。ほんでナ?いつの日か、それの《大きな土産》手にして、この街に帰るんだ ああ。


正直 この街 ボクら産まれた 宮津って街は、もはや小手先の細工じゃ もうどないもならへんぐらい疲弊してるやんか?観光地としても、その賞味期限は 正直切れてる。。。

そうなると《新しい血脈》それを導入することが必要だとは思わへんか? まかせろ!こちとら 先祖は 忍びの者やけん♪その斥候の役はお手の物ヤ♪

ムケやん キミはこの宮津で頑張れ。そんでもって いつの日か、この街で合体しようやんか。

ナンでもいい 事業起こそうやないか。人口の流失を食い止めるにはそれっきゃないやろ?労働人口が定着し、産まれる子供が増えれば、この街にも きっと再び 笑いが甦るって期待したい。
        170401ee5.jpg
      「港のリク」基礎設計図の完成

風景ダケじゃない。 いい街なんだから!オレらの この街はヨ!


ボク思うのだ。けっして贔屓する必要は無いだろう。けど、マミコ、千代彦のお父さんとか、ボクとこの知り合いの 丹波の猟師のおっちゃんとか、

不遇に置かれてても、メゲることなく 懸命に生きてはるヒトたち。そのヒトらが・・【 流す汗と努力が正当に報われる そんな世の中じゃないといけないんだ! 】

     170401ff.jpg

理想論ダケじゃムリだ。それには確固とした《地元の産業基盤》ってモンがないとネ。ボクはナ ムケやん? 貿易や流通って、《実業方面》へ 進もうと思う ああ。


ぶっちゃけ・・・愛と正義 理想、正論を語るキャラでもないしヨ(嗤)危ない橋や エゲつない、法律スレスレの事もきっとしてくのやろって思う。。。天国はもはや 諦めてるヨ(笑)


  まだまだ・・・  先は長いゾ な?ムケやん。


           《 完 》
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   《 harlem blues ~ハーレム・ブルース)》

 You can never tell what's in a man's mind

 And if he's from Harlem there's no use of even trying

 Just like the tide his mind comes and goes

 Like March weather when he'll change Nobody knows,nobody knows


 The man I love Well,he just turned me down He's a Harlem brown

 Offtimes I wish that I was in this ground Six feet underground

 He allows me as no other could  NO,no

 Then he surprised me leaving me a note saying he's gone for good

 And since my sweetie left me hollow Well,it ain't the same old place

 Though a thousand dandies smile right in my face

 I think I'll mooch some home-made hooch and go out for a lark

 Just to drive off these mean old Harlem blues


 You can have your Broadway Give me Lenox Avenue

 Angels from the skies stroll Seventh And for that thanks are due

 From Madame Walker's beauty shops to the Poro system too

 That made those girls angels without any doubt 

 There are some spots up in Harlem Where I'm told it's sudden death

 To let somebody see you even stop to catch your breath

 If you've never been to Harlem

 Then I guess you'll never know about these mean old Harlem blues

 There's one sweet spot in Harlem known as Drivers'Road

 Ditty folk song call'em One thing you should know

 Is that I have a friend who lives there I know he won't refuse

 To put some music to my troubles and call them Harlem Blues

 To put some music to my troubles and call them Harlem Blues


  Harlem , the Harlem Blues


アンタに何がわかる?人の心にあるモノなんて 決して伝えることはできないのサ

 アイツもこのがハーレム出身の者ならばヨ、ちょうど潮のように、彼の心は(波のように)寄せては返し

 まるで 3月の 天気のように、そいつが変わりゆく様を 誰も知らない 、 誰も知らない。。。

  170401ff1.jpg

 愛すべき男、そいつは ただオイラを倒したヤツの名ははハーレム・ ブラウン

 ぶっちゃけオレとしてはだ、この地面が 、 地下 6フィートであることを望むのサ

 ヤツがオレのことを偶像化するってなら、いっそヤツを地面掘って

 アイツ生きたまま埋葬してビビらせてやる・・・


 オイラの甘いお菓子チャンが オイラを残して逝っちまって以来 、

 ハーレム ・・・オレの街は段々と昔と同じ古い場所ではなくなっちゃってナ

千人の ダンディがカオ観ては笑う オレはテメエをバカだと無理にも納得させ

 豚野郎どものために出かける だろうと思う オレの旧いHarlem Bluesを追い払うためにも

 アンタははブロードウェイを持ってりゃいいサ、オレにもレノックス アベニューくんないか?

 空見上げりゃ天使たちが7thアヴェニューを歩いてるだろ?

マダム ウォーカーの美容院からプロロシステム へ

 それは疑いの余地のない 女の子らは 天使になり 一層汚れていくのサ


ハーレムに は、 サドンデスの場所がいくつもアルもんだ

誰かがアンタが息を止めてる事すら気付かないよう忍び寄るから気を付けナ

 アンタがハーレムに行ったことがないなら、まず一生わからんだろナ

それがこの街のアヴェレージ 《ハーレム・ ブルース》の所以さ

 ああ、 だけどハーレムには、 交錯する通りの中に1つダケ スイートスポットがアルんだ 知っておくべきだ
 
 そこに住んでいるダチがいる そいつはオレをけっして否定しない

 まあ オレの幾つもの悩みについて音楽を入れて、「 Harlem blues 」ってそう叫ぶしかナイ野郎なんだが


 なあ?・・・景色ばかりが風光明媚で、訪れる旅人のアンタにはナンの不満もナイわナ?

 だけど この街にもリッパに悩みも地獄も存在してて、それだけは他と見劣りしない

 困ったことには それの「出口」それの在り処さえ皆目見つからない・・・

 だけども見つからなくて当然、むすろそれだから《ハーレム》なんだ 間違いない

 そう・・・《 Harlem blues 》なんだ・・・
            170401ff2.jpg


 https://www.youtube.com/watch?v=J1g6OUq8i9U


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

1つの 叙事詩が

ここにひとつ 完成したかのようにも思います 読後の素直な感想として

名言の泉でしたね今回。 とりわけその中でも

>ハっとする 思いがけないヒトの賢さや冷静さも、反対に いかにも愚かしく、哀しくせつない、地上における 三文オペラを繰り返しながら。
この故郷の地は《煉獄》でもあり、かつ《ハーレム》だ。よくは判らない正確にはネ。きっと・・この世のダレにとっての「ふるさと」も こういう感じなのだろう 

この表現 言葉には、ものすごく深く、胸をえぐられる「想い」がありました。
手放しで礼賛も出来なければ、全部を否定する気にもなれない
それがまさしく それぞれの人にとっての「ふるさと」なんだって、
思いました 今回の作品は 荒くれ風味満載の「トムソーヤの冒険」なのだと。。。

不思議なもので・・・

 僕は皮肉にして変わり者ですから、
オカルトものやホラー映画を観ては ゲラゲラ笑うって そんななんですがね。
そんな僕が、昔 黒澤明 作の「天国と地獄」それの 横浜黄金町 麻薬街の描写、ホラーじゃないのに、心底で 震えあがりました。
現実の「ありよう」それにはどんな精巧な「つくりもの」はかなわない。

1つの地方都市における衰退 停滞ぶりというのって、
それ専門の白書とかってより むしろ、この寓話めいた思春期正面の目ってフィルターを通したもの、そっちの方がより 現実感をはなっていますよね。
地域での 同和、差別問題もそうだった。
いろんなヒトが当然居ます。ひとくくりにするのが一番よくないよね?
ミツヨシさんや、マミコのおとうさんのような健気な人だって大勢居て当然なのだから。

内容を 短めに はしょれなかったリクさんの気持ちがなんかわかります。
このボリュームには当然の意味が存在しますよ。

苛酷にして恵まれた環境

 それこそが「少年 リク」それであったと実感しています。

都心部に育つ 裕福家庭であったなら、きっと「港のリク」は誕生してなかっただろうって断言できます。

斜陽に傾く故郷の姿 それを眺める少年・・・数々の問題もあって。

だけど、少年のすぐそばには、何人もの「神」がいましたね。

お家のお祖父さん、ミツヨシさんという聖人・・すごいの一言 脱帽です この御仁には。。。
マミコのおとうさん マミコ・千代彦 そしてムケやん。
すべてがリク少年を形成する上で なくてはならない登場人物。

思います、書いている最中のリクさん、きっとおそらくは「痛かっただろうな」って・・・。
さらけ出して書いていくのは 本当に「痛い」。。。
安直な体験談をはるかに越えた、独自の世界観を読み取りましたよ小生は。

No title

 地方に仕事で行くことも少なくないので自分

文中描かれた リクさんの故郷 丹後の宮津 それと ほぼ同じような、数々の難題をかかえている 地方都市は数え上げたらキリがありません
東京1都だけに じつに27%もの国内GNPが集中するって、それがおかしいって思います。確実な問題として、ごく少数の大都市 それの繁栄ぶりは、行き詰まり苦悩する 地方の犠牲で成り立っている。
それを 多々目にするのです。

ミツヨシさんのような人にこそ 学校のよき教師になっていて欲しかった。
この社会の歪み、不条理を強烈に感じました ええ。

なるほどねぇ。。。

 ハマへと上京して以後の、オイラも共に過ごした 港のリク、
それに至るまでの「リク ZERO」あらためてよく理解できたよ うん。

こちとらは 15のときなんざ、まるで ボ~っとしたまんま、本能のみで生きてたなぁ。。。お恥ずかしくも。

しかし立派に 心の病だったんだなリクおぬしは。
でも、その多く悩んでた分だけ、周囲の 同じく悩める人間 その心をサルベージ出来うる今の人格になれたのだよ♪
その意味で 本当に佳き人 ミツヨシさんと知り合えたことは 人生の福音だったネ♪

終わりましたね 見事に

 正直 はじめの頃には『収集つくのかこの話?』って つい心配してしまいましたが(笑)(^^;

思えば、1月前の 例の「鍵コメ」さんの回から、どこか つながっているのですね今回作は。
性同一とかの領域の問題に、身近な例を取り上げ リクさんがどういう概念を持ち、それはどのように形成されたか?
「被差別集落の住民にして性同一」っていう(このモデル 確実にル●さんですよね?)同級生 千代彦」それが隠れた主人公であったような気がします。
世にはびこる差別を考える場合、オトナ世代の皮算用や諸事情っといった観点か論じるより、純粋な少年それの視点で真剣に向かい合う事が必要なんですね。

ココロに染み入る

 ラスト曲「ハーレムブルース」。。。

リク様の ふるさとに対する 愛憎の想いを表現するのには この曲目しかない!詩のシビアさに反比例して、女性ボーカルの透明な歌声。

今回作の 世界観を まさしく表現するお見事ですわんv-207

親の一言で傷つくことあります。

親もその親から言われていたのかもしれません。

間違った事は、次の世代に伝えない。
世の中の不条理は、すぐに是正できないけれど、日本各地のすみっこから少しづつ

いつかは、きっと
と信じたい。

When you wish upon a star~

裏日本で何時も思い出すのは、夢千代日記裏日本と云えば何時も思い出すのが
『夢千代日記』

胎児の頃に被爆した業を持つ芸者夢千代がいつ消えるとも知れない生命の炎を灯しながら、静かにそして同時に懸命に生きる物語

救いようのない哀しみの中、過去でも未来でもない「今」という時を生きる
裏日本には何故かそんな切なさがあるよね
以前からルルさんとの関わりで言及されて来た『差別』のことが、果たして今回、夢千代の持つ救いようのないやるせなさと共に描かれていた
そして如何に書き手であるリクさんがココロを砕き、そして筆を置いたかが判る気がする
第三話では泪を流し、四話目のあの竹中のオイルサーディンの誕生秘話に驚きつつ、気づけば、三角屋根の向こうに見える小さな、けれど濃い碧い空にココロがときめいていた

本筋とは余り関係ないけど少年リク坊はホント可愛らしいね♪
端正で知的な顔立ちは最近特に見なくなってしまった
謙虚な人ほどとかく自分を卑下するけど、リクさんがただのエロガキなんて誰も信じないよぉ(^^)
ラストに予想外のCynda Williamsの歌唱力にはノックアウトされちゃったけど、
ピエロなら、Keith Jaretta の「星に願いを」もいいかも知れない(^^)

https://www.youtube.com/watch?v=gyntl24zkZs

Re: ちゃー子さんへ

 ちゃー子さん いつもありがとうございます♪

>1つの 叙事詩が ここにひとつ 完成したかのようにも思います

叙事詩はチト大袈裟化も(^^;ざっくり書きの方がイイでショ?
今回のように、含む 問題の要素がいかにもシビアで 哀しいトーンのものは。
あえて 過剰な「劇場型」の表現は避けたツモリでございます はい。


>ハっとする 思いがけないヒトの賢さや冷静さも、反対に いかにも愚かしく、哀しくせつない、地上における 三文オペラを繰り返しながら。
この故郷の地は《煉獄》でもあり、かつ《ハーレム》だ。よくは判らない正確にはネ。きっと・・この世のダレにとっての「ふるさと」も こういう感じなのだろう 

とくに、人間が成長する過程においては、踏み出して まず!ブチ当たるのが、日々暮らす街、それこそが「社会全体像」なのですヨ。
まだ毛も生えそろわないガキが、国際情勢語ったってナンも意味ないス。
どんな小さな街でも ハっとする美人が居て、正すべき数々の問題点が横たわってる・・それが「社会」でス。

その意味で 今の親の世代は 意味のない「過保護」をしてますわナ・・・
足元に展開している各問題は、イヤだっても いつか・・ブチ当たるものですから ええ。
親が庇護して どんだけ「先送り」にしようと目論むのは、かえって 後になって子供らは苦しむことにもなる・・・
ナマイキですが 大事なのは 1日1日をボ~っとせず、テメエの足元、視線の範囲に注視を怠らない事だろうと。


>思いました 今回の作品は 荒くれ風味満載の「トムソーヤの冒険」なのだと。。。

マジなところ・・文中ほどに 当時のリクめが 老成していたとも思われませんが いひいひ♪(^^;
少年期には 少年期だからこそ考えられて、その年齢ゆえに展開する世界観もアルんだってことですネ はし

Re: 冬忍草さんへ

 冬忍草さん いつもありがとうございます♪

>寓話めいた思春期正面の目ってフィルターを通したもの、そっちの方がより 現実感をはなっていますよね。
地域での 同和、差別問題もそうだった。

ぶっちゃけ・・・初恋でもなく、何人か目に好きになった(笑)そのネーチャンが、
『おい、せやけどアイツは被差別部落の人間やゾ』って 云われたなら・・・
どないしはります?? 『ああそっか じゃあアキラメよか』って 果たしてなるか??・・・
ネーチャンが部落に産まれたことで、ベツにわたいはナンも迷惑などはしておらんし・・・
ホント、ごくごく素直に『だからどないやねん??』それでしかない訳で。。。

思うのですが・・人間 ひいじいさん ひいばあさん って代ぐらいしか、実際に ヒトとなりを観られないじゃないですか?
それ以上の御先祖ってなるなら・・マジでもって、《ドコの 馬の骨》だかわかりませんゼ・・・
そこ突き詰めてくなら・・・ぶっちゃけ 菊の御門の やんごとなき一族までもが、けっして純血なまま継続してきたとも呼べず・・・(--;

「血統書」は いい加減の部分で《現実での 折り合いつけてかないと》一歩も前へは進めないって思います。
過去をばいっくらほじくり返そうとも、《そこに存在する 個人》なによりもそれが基本であらねばってわたいは思うのです はい。

>ミツヨシさんや、マミコのおとうさんのような健気な人だって大勢居て当然なのだから。

 それが希望であり、自暴自棄に 人間を諦めてはいけないのだって思います ええ。

>内容を 短めに はしょれなかったリクさんの気持ちがなんかわかります。 このボリュームには当然の意味が存在しますよ。

しっかし チト「長過ぎた」(笑)(^^;
この後 しばらくは、反比例したズタボロ・モードの回が続く予感が いひいひ♪

Re: 長生きの秘訣さんへ

 長生きの秘訣さん いつもありがとうございます♪

> 都心部に育つ 裕福家庭であったなら、きっと「港のリク」は誕生してなかっただろうって断言できます。

ぶっちゃけ・・それだったなら、おそらくは、わたくし いかにも「使えない」(笑)アホ坊ん でしかなかったでしょう うむうむ。

いつになるか??マッタクわからないのでありますが、「いつか」・・故郷へは帰ろうって そう思っております はい。
でも 今の現状じゃねぇ。。。まだまだハマでアバレ回り、蓄えるべきもの積み重ねませんとネ♪


> 斜陽に傾く故郷の姿 それを眺める少年・・・数々の問題もあって。
> だけど、少年のすぐそばには、何人もの「神」がいましたね。

人間は どんなヒトでも、それが「四つ」でも・・・
ココロの中に 神様や仏様を蓄えているのだと思います はい。
その 神の言葉を受け止められる、忌憚のない素直なココロ、それを失わずに持ち続ける、
大袈裟ですが それこそが ヒトが生きる上での「一生涯のテーマ」ではないでしょうか?


Re: タキさんへ

 タキさん いつもありがとうございます♪

>少数の大都市 それの繁栄ぶりは、行き詰まり苦悩する 地方の犠牲で成り立っている。 それを 多々目にするのです。

そうなんですよねぇ・・・、ホント 大都市圏は 地方都市の犠牲で成り立っていますから ええ。
その象徴が、例の・・福島全域の「放射能汚染」それですから(--;

でも・・日本って国としての 発展進歩は それの足を止める訳にもいかない・・・
ぶっちゃけ 現代に暮らす我々が、今より100年前の生活に戻れる覚悟なんてナイでショ?
問題はそこだ・・・一挙解決の 特効薬などは無い。
数々の 矛盾の中で 我々は日々生きているのです ええ。

>ミツヨシさんのような人にこそ 学校のよき教師になっていて欲しかった。 この社会の歪み、不条理を強烈に感じました ええ。

ただ・・純粋な意味で《人間の幸せ》って視点で 考えるならば ぶっちゃけ どうなんでしょうネ?・・・

いつも豪快にして おもろい、ミツヨシのおっちゃん像が形成していた保証はないわけで。。。
「それも1つの運命」って、安逸に受け入れるってのもナンでございますが・・・
数々の変遷や経過をたどり、今の自分、それに疑いを持たない 誇りを抱くって、それも大事な事だと思えますね はい。

Re: エロし会長へ

> それに至るまでの「リク ZERO」あらためてよく理解できたよ うん。

わしゃ リングの貞子とチャウよん いひいひ♪

> こちとらは 15のときなんざ、まるで ボ~っとしたまんま、本能のみで生きてたなぁ。。。お恥ずかしくも。

それはワシかてイッショやがナ うむうむ。ヒマありゃボコチンばっかイジってたし(^^;
どんな環境で産まれて 育ったとしてもヨ、それぞれの ご家庭には なにかしら悩みや問題がアルのだお。
社長の家に生まれたことを恥じるな。それゆえに経験した苦労も十分アルやんかキミにはさ。

> しかし立派に 心の病だったんだなリクおぬしは。

そんだけ ナイーヴで繊細だったんヤ バカにするな!(笑)
でも正直 チトばかり『イイ子であろうとし過ぎて苦しんでた》当時のワシな。
正直 今かてワシにはわからへんヨ、公式的なリクってのと、アンオフィショナルなテメエ、ドッチがホンモノなんだろか??ってとことに。まぁ ドッチも本当なんやろけどネ~~

Re: サンシャインさんへ

 サンシャインさん いつもありがとうございます♪

> 正直 はじめの頃には『収集つくのかこの話?』って つい心配してしまいましたが(笑)

な??そうですやロ? 書いてるわたいが いっちゃん不安でしたから いひいひ♪(^^;
いっそのこと 禁断の手法《未完》で放っぽるか??とも思ったッス いひいひ♪

>思えば、1月前の 例の「鍵コメ」さんの回から、どこか つながっているのですね今回作は。
性同一とかの領域の問題に、身近な例を取り上げ リクさんがどういう概念を持ち、それはどのように形成されたか?
「被差別集落の住民にして性同一」っていう(このモデル 確実にル●さんですよね?)同級生 千代彦」それが隠れた主人公であったような気がします。

おおお~~!お見事!ズバリ「その通り」でおます はい。

正直なところ、ボクちんは あの「ルルでさえ」持て余すってか、『ナニ考えて息してるンやろか?』って、それが正直なところなんですネ ええ。
理解しようにも「限度」ってモンが当然有って、ぶっちゃけ そこんところ越えてしまった部分は マジでもって『てんで 判らない・・・』
その理解不能なモノと 正直どのようにして 付き合っていくか??
それぞれの ヒトとしての悩みってのは おそらくは、自己内部のモノでしかないって、不文律があると考えます。
立ち入り 関与するにも おのずと限界がある。。。違う人間の脳内構造100%見通せる能力有りませんからネ。
それゆえ 例の悩める御仁に陰ながら提唱してたのは・・『共通語で尋ねてきなさいネ』ってこと。
凝り固まったテメエの脳内言語をブツけられても、コッチとして どのように返答して良いかがホント判んない。
けっしてルルとこ家庭ダケじゃなくて、この社会には 悲惨な状況に置かれている家庭なんかは星の数ですからネ、
他と比較し 自分を反省する必要もナイですが、それでも、色々あっても、「今を生きている幸福」それを感じられるアンテナ持ちませんとネ、
身分制度もGID問題も どこか、シンクロする部分が横たわっている気がしてならないのです はい。

Re:JJさまへ

>  ラスト曲「ハーレムブルース」。。。

なかなかエエやロ♪ 前からスキだったんヤ あの曲。
スパイク・リー監督の「more better blues」DVD廃盤なんだよね 惜しい。

ぶっちゃけ・・候補曲として なんだかクラい曲しか浮かばなくてヨ・・・
かとイって ノンキに明るい曲も 冗談じゃない!って気分やし(^^;
あの美しいソプラノヴォイスに モノ哀しいメロディー 合ってますかねえ?

Re: アツシさんへ

 アツシさん いつもありがとうございます♪

> 親の一言で傷つくことあります。
> 親もその親から言われていたのかもしれません。

問題は そこに「家族としての愛情」それは間違いなく存在するから ある意味で面倒でもあります はい。

実際 わたいですが、厳しくしつけられましたようでいて、半面として とっても過保護であり、多くの愛情を受けることについては不感症であったって気もして。。。
ホント ウチとこの お母ンもタイヘンやったと思います・・3日に1度は血だらけで帰ってくる息子でしたから いひいひ♪
それゆえか?? 一見「マザコン」に観えて、そのジツ マッタク!マザコンとは無縁だってゆ~、
いかにもヒネクレたリクめの人間像が出来てしまいましたとさ(^^;

> 間違った事は、次の世代に伝えない。
> 世の中の不条理は、すぐに是正できないけれど、日本各地のすみっこから少しづつ
> いつかは、きっと   と信じたい。

ハマの港界隈で わたいらの世代が「唯一」・・・誇れるべきことがアリますのは・・・
『長年続いた 若手イビリ イジメの体質を撤廃した』それでして♪
だって 同期で入った人員30名にして 残ったのがわたい含め「5名!」でしたからネ はい。。。
ぶっちゃけ みんなイビリ、イジメでヤメてった。。。『それじゃアカンやろ!』ってんで。
ボクら世代は、その後入ってきた後輩らに いっさい!それまでの悪しき伝統を再現することをヤメました 勇気をもって。
今ではもう かつて職場イジメがあったことなど若手はダレも知りません。コレでイイのだ♪♪

Re:  pierrot le fouさまへ

 pierrot le fouさん いつもありがとうございます♪

「裏日本」・・ホント 丹後は 京都ってゆーよか、むしろ北陸、マジでもって「裏日本煮しめた場所」です はい。

で、ぶっちゃけ「そんな街でさえ」、ナンも無いくせに・・『差別ダケは《平等に》存在する』・・・。
っていうよか むしろ、その「差別」が顕在化することで、どこか、片田舎の都市としての在り様をなんとか維持してるって そんな哀しさ。

付き合いだけは長いですが、ボクは本当は ルルの事など ナンもわかってはいないのです はい。
まぁ 現在、ボコチンの有る無しって以外、同じようなカラダつきしてるんですが(笑)
でも、「それでもわからない」・・・ある意味で ルルは リクめとなんら変わりなくイノセントでピュアでもありますが・・・
反面で アイツも わたいと変わらないぐらいに、ココロの中に《魔》を囲って ふたり同じように悪辣な部分が拭えませんで。

開き直りではありませんが「それが人間なのだ」とも思います はい。
わたいが女性化きたした事実も、ルルが被差別部落に産まれ なおかつ性同一だってのも、
だからといって それはけっして被害者100%って・・《そんなはずなどナイ!》
みんなそれぞれで どうしようもないトホホな部分を持ち、それをいかにも持て余して・・・
高尚なオペラのつもりが、傍から眺めるなら どんだドタバタ喜劇でしかない それがヒトの「生きざま」なのかも。。。

・・・ココだけのハナシ・・・マジで「いたかった」ッスねぇ 今回のハナシ書くのは。。。

いつまでも 夢見る少年期ではいられない・・15の春 あの短期間で起きました「少年期の強制終了」・・・
でも 当たり前ですが それが在ったゆえに、今のリクめの基本構造が辛くも出来上がったと。

>本筋とは余り関係ないけど少年リク坊はホント可愛らしいね♪

ところが・・・昔のわたいですが、テメエの「そのカオつき」がイヤでイヤで。。。
母親の容貌に似てるってのが とにかくイヤでしてネ。
なんていいますか ジャン=ポール・ベルモンドとか、リチャード・ブロンソンみたいなカオにひたすら憧れてたわたいでスた はい。
40になっても未だ「リクちゃま キレイ♪」って声に どこか抵抗感じてしまう背景は それなのかも。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさまへ

ガンプラですよね? S●Sなる組織体は。

個人として そっち方面詳しくないもんで、すみませんが、確実な事は云えないのですが、掴んでいる範囲での お話書きますね。

S●Sの結構 大胆な、著作権無視の あの背景には、確実に『日本国内最終販売業者によるニーズ』それが在りますネ。
あのS●S製 のは、高額なモノだと 24万円もするようですが、ヤフー統計によるなら、平均価格は 4500円程度だといいますから、
やっぱ 良い悪い(ワルいんですが)ヌキにして、正規品よりも、『数として入手したい人間』それにとっては都合がよいのだと思えますね。

案外、かの「まんだ●け」とか、「おたか●や」ってな、著名なワリには 中身相当にブラックな販売業者が介在してて、
私的に 再販売する目的で、まとめ買いする個人ユーザーの 結果として窓口になっている気配がしますね。

要は バン●イは製造元法人であって、まんだ●け とかは、卸の代理店じゃないですか。
そうすっと、製造元バン●イとしても、卸の代理店の販売展開には あまりクチを挟みたくないってゆ~か、
お互いがマジになってでの 法廷闘争とかで疲弊するのを避けたいって意志が働いても これは当然かな?って気が。

わたいのよな 物品輸送の観点からいわせて貰うならば、「香港の業者」ってのは、
事実として、「著作権無視のための方便」みたいなとこがアリましてネ・・・
仮に 可能性の範囲としてでス・・日本国内でダレだかに作らせた ガンプラをだ・・ワザとに「ゴミとして」香港に輸出する訳だ。
で、受け取った香港側が、それをパッケージングし直して、それを「香港製 完成品」としてに再び 日本へ輸出する。
「日本語のマニュアルが無い」ってのも、わかった上でワザと それらしさ演出の為しているって。。。

元社員って推理は成立しますが 確かに。
ですが構造はもっともっとフクザツな可能性がアリますわナ。
その「元社員」って御仁が、孤高なるリベンジ作業として 単独でヤってる それだとはどうも思えず・・・
世の常、『保険をかけとく』って、それの作業ネ。

で・・こうなると、世の常なのでありますが・・・被害をイチバンに受けるはずの バン●イの中に・・・
なにかしら 海賊版製品展開業者と 利益をウマいこと分配共有する「ユダ」が居ますネ・・・。
ホントに どうにかしたいとするなら、内側の中に潜むネズミをあぶり出すのが早いかもって思います はい。
こういう輩は 大胆に観えますが、反面で作業が どこかラフだから、必ずや 証拠どこかに在ります。
すべての書類をシュレッダーする前にチェックして観るなら 驚きの事実が発覚するかも。。。


あと「過剰在庫」についてですが。

今ねぇ、マンガ・コミックにかかわらず、出版界全体が「再編成時期」にブチ当たっているのですヨ ええ。
徳間書店は株過半数押えられて ツタヤに落ちましたしネ、教育出版大手だった「文理」ってのも、小学館グループへ事実上の吸収。
「紙メディア」は激変にさらされているのはご存知だと思うのですが。

Toppan・・ご存知だと思いますが、業界における「巨象」で。毎年 連結で1兆5000億って数字出してる 超巨大企業。
当たり前ですが、ほぼすべてに近い書籍の印刷をする会社ですけど、と同時に・・廃棄書物の裁断業務も請け負っているわけで。。。

上記の方のハナシと いささかリンクするんですがネ、この日本国内で 要は「売れ残り」・・元のパルプへと裁断・処理される筈のマンガとかが・・・
取り扱い項目「ゴミ」として、アジア圏とかの国へと、大型船で輸出されてるのですナ うむうむ。

無論「それら」はゴミでしかない。。。だけんどゴミであるのを承知の上、なんらかで暗躍する輩も居りますようで、
海外の オタクSHOPにて けっこ~法外なプレミア価格で再販売されてたり。。。

で、そうなりますとネ?文字だけ、ごくまじめな内容の一般書籍よりも、ぶっちゃけ エロ表現も有る マンガ・コミックの方のが、
二次利用、三次利用って面では かなり有効なコンテンツでもあるって 皮肉。
鍵コメさんは 知ってますかね?「岩越国雄」って、70年代初めの ぶっちゃけエロマンガ家。かの 日野日出志の長年のスタッフ。

ゼンゼン報われてもなくって、売れたためしがないス。だけんど、岩越氏が世に出した単行本(さしたるセールはなかったと)
今になって、40年前とかに 本屋で立ち読みして そんトキは買いそびれた かつての若者、エロおやじとかが、
まんだらけとかで 1冊 「5千円!」ってな 法外な価格のを喜んで買いあさるって始末。。。

ある意味 皮肉ですが、「エロマンガ」とかってのは、《ゴミと化してから 価値が生じる》ってのが実際アリましてネ・・・
岩越氏のばやい、売れないままですけど、1カ所にとどまらず、いろんなメディアで描いてたんですナ~、それゆえの「作家知名度」。

それゆえ、「世のヒトらに作風を知られる」ってのが大事なのかもネ~~。画風のタッチが浸透するなら、コアなファンを獲得できますし。

日本の出版の現場は、このよに ある程度の量の廃棄もしくは裁断処理、それを「見込んだ上で」業界全体が動き 息をしている部分がたしかにアリますようで。
本末転倒なんですが、出す本のすべてが 中途半端に売れるってのが逆に困るらしいです はい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさまへ


 今更を承知で ココ提示しときますネ。

 http://knpt.com/contents/news/news00026/news26.htm

で どんなだろか?? 例のモノの 完成形態をば考えますに・・・
抜本的「発明」というよりも、大元の原型が存在し、その上で 2次的に展開するという 製品の価値と在り方から想定するならば

やはり 実用新案の方が より具体的ではないか? って、そう思える訳です はい。
「モノの 形状」に 価値を見出す方のが、それで利潤を生み出すにはより具体的手段になりやすいかとも。

で、ダレを選ぶか??ってことでありますが・・・あくまで「それぞれのケース」により 相違点は大いに出るだろうって前提でありますが。
「飛び込み」は やはり お気を付けになった方がよろしいかと はい。
ウチとこの会社(やっとこ東証二部上場ネ)程度ですと、当然ってか、顧問弁護士が居る訳です はい。
弁理士も 司法書士も、それぞれ有用性はアルのですが、商法に詳しい弁護士はなにかにつけ「便利」

コレはですネ、ナニも 弁理士が頼りない 信じられない ってンじゃありませんでネ、
早いハナシが・・かれら自身にも やっぱ専門的分野があって当然ですから、
懸念されるリスクは、コッチ クライアントとして訴求する「ポイントが全然理解できてない」って場合が往々にして在る。。。
当人が善良でも、スキルや知識が追い付いて無い場合、結果 徒労に終わりかねないのですネ。
現実に 依頼仕事のたびに 1から猛勉強する弁理士も知ってます(笑)

それゆえ やっぱ・・水面下に情報とかを隠しておきたいのに、それが業界内部に広まりやすい、自分の最近の動向をキャッチされやすいってリスクあったりもしますが、
それでもやはり、貴方の業界仲間とかに それとなく打診 相談して、『このケースの場合 ダレに委嘱するのが正解か?』って、
その上で 選定するのがよろしかろうと。

1点ダケ 云うときまス・・・デカデカと、(無駄に)デカい看板 掲げてる事務所は ぶっちゃけ「あきまへんデ」
それは反面で『ワタシはアホでス』って意味ですから うむうむ。
使えるエキスパーターほど 掲げる看板は小さい。依頼仕事が常に切れてないという1つの証明ですから はい。
プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR