FC2ブログ

穢猥なる都市の片隅で・・・


 行儀よく まじめなんて 出来やしなかった(by 尾崎豊「卒業」)

ってかよぉ、こんな マニラくんだりまで ワシを飛ばしやがって・・・

    170627aa.jpg

1ミリの義理も 責任さえも存在しない 文字通りの《厄介ごと》・・・

それ… ワシに「おっつけた」以上はだ・・・「それ」の途中の 方程式や、目標へ 辿り着くまでの手段・・・

それについて、イチイチ、夜の蝶のケツ撫でながら やかましく、現場で汗かいてる こちとらにモンクつけたってヨ、


 ・・・ ダレが素直に従うかいっっ!! 気に入らんならばワシをとっとと《潰せ!》。。。


しっかし・・・本音で云わせて貰うゼ…『 穢ったねぇとこだゼ マニラってとこはヨ 』

このハンパに 豊かさに甘んじている 日本人ヤロ~からすんならば、ココの土地は、
          170627aa1.jpg

『貧しさ』・・でも、それは必ずしも、恥じ入るべき理由には 値しない。

同じく 貧しいでも、中東や 東欧州の極貧国には、貧しさという名の「絶望」の中にも・・・

どこか…太陽が沈み 灯がともる頃ともなるなら、家族が寄り添い、ささやかな夕餉を分け合い、今日という日を送れた事を 神に感謝するっていった、

明日への「希望」それを失わない そういう けなげさと、清潔さが たしかに感じられた。


だが・・この都市ってどうなんだ?? けっして街の風景の 汚泥ぶりではナイんだ ああ。

貧しさ?? ンなモンはもはや問題とは云えないって。豊かとされる 日本にだって、3大ドヤ街ってゆー 貧しさの面で 吹き溜まりはアルのだからサ。

         170627aa2.jpg
      この国ではカラダ売れる者が「エリート」って皮肉…

このマニラの「汚らしさ」は独特だと思う。便所どころではなく、おそらくココは、『この地球上の たん壺』それなんだとさえ思う。

         170627aa3.jpg

その街で・・・1人の クソッタレ・ジャパニーズを 見つけ出せってか? 上等じゃんか(嗤)


あえて断言しましょう、この都市で、正規の手段・・法規に則り お行儀よく作業を進めようって試みるぐらい《ムダな事は無い》。。。

「お役人仕事」で どうにかなるモンとは 根源的に「違うんだ」。。。なんたって 一瞬でも目の前のヤツに 気を許したなら、ビルの陰の路地で ブスリ・・・って世界だゼ。


『そっちの方の適性』それを認めてくれたなら ぶっちゃけ 誉めてやらぁ♪

イっとくがヨ このリクめの 本性ってなら《野生の 狼》だからヨ・・・

日本という社会で いかに、その牙を包み隠し、テメエの自我を押さえつけて暮らしているか アンタら知らんやろが。。。

こうして 腐った都市で、鎖を断ち切った 野生のケダモノが どのように動き回るか? まずは ご覧なさい お代は負けとくデ♪


まずはナンたって・・・テメエにとっての《手足が必要だ》。土地勘の無い場所で、オノレの勘に頼るのは、キケン。それは単なるヤマ勘でしかあらへん。


頼れるのは、地元のヤクザとかでない。 必要とするのは『ヤクザより 巧妙で《汚い》 限定にせよ 一定の権威を身に纏う者』それだ。
                170627aa4.jpg

このマニラの土地で それに匹敵するのは 唯1つだけ・・・「地元警察」だ。

                  170627aa6.jpg

でも、制服警官とかじゃあダメだ。私服刑事で、今までの経歴にキズが無い、警部補以上の「正しき警察官」(嗤)ぶっちゃけそれが この都市のディープゾーンを司る《実質上の権威者》だ。

                 170627aa5.jpg
             せっかくの女性化(嗤)利用しない手はネエって♪

イっとくが ワシかてナ『鼻は効くのだ』 こちとらの事を、やや歳がイってるのをムリして、夜のマニラの街に繰り出し オトコ漁ってル 日本人GALと思い込んで 寄ってきやがる、半グレを

ビルの木陰に回り『やさしくシメ挙げて』(笑)で 「それ」を4回ほども繰り返したなら スグに「掴めた」。
               170627bb1.jpg
          今回ばかりは『オレ流』でいかせて貰う…

《グレゴリオ・カスティーヨ》ってゆう 経歴にキズこそ無いけども、もう それ以上の出世は望み薄ってんで、カネに転ぶ人間へと転じた マニラ警察の警部補に辿り着いた。
         170627bb.jpg


フィリピン ナショナル・ポリスは 日本の場合の地方公務員とは違い その全部が 軍隊と同じく内務省の管轄です はい。

みなちゃま御馴染みの、NBIやイミグレーション。 これらは、法務省の管轄です。

現在のところ、士官(管理側)

Director General (P D/Gen.)
Deputy Director General (P D/DGen.)
Director (P Dir.)
Chief Superintendent (P C/Supt.)
Senior Superintendent (P S/Supt.)
Superintendent (P Supt.)
Chief Inspector (P C/Insp.)
Senior Inspector (P S/Insp.)
Inspector (P Insp.)

って構成されており、「士官」ってなるなら、基本 大卒であり、出身も中層階級以上の家のコでないと まずムリだとか。

こちらが兵隊
          170627bb2.jpg

Senior Police Officer IV (SPO4)
?Senior Police Officer III (SPO3)
Senior Police Officer II (SPO2)
Senior Police Officer I (SPO1)
Police Officer III (PO3)
Police Officer II (PO2)?
Police Officer I (PO1)

ぶっちゃけ どんなにか優秀な人材であろうと、このフィリピンにおける 警察内部の「事実上のカースト制度」(武勲出世はほぼ無い)により、

グレゴリオ警部補のように、スモーキーマウンテンにて ゴミを漁る子供時代を過ごし、軍隊へ入隊。

ミンダナオ島のゲリラ組織壊滅という武勲も挙げて 警察へ機構へと転身、その彼ですら、《Chief Inspector (P C/Insp.) 》って階級が 精一杯で。

       170627bb3.jpg

 グレゴリオ『それゆえオレは、絶望でもヤケになったのでも無く、生きる為に《カネで動く警官》それになったのサ』
 

そんな かれらとてプライドがあります、馬鹿にするのはいけないってかそれはキケン。

待ち合わせのダウンタウン地区の マニラ名物《GOGO BAR》のシート席で、

      170627bb4.jpg

わたいは『Sir?』とワザとに敬称で呼びかけたならば、グレゴリオはサングラス越しに ニヤリと笑った。


グレゴリオは『 Es grosero, pero sexo a pervertido?(無礼承知で訊く。アンタはレディーBOYか?)』

スパニッシュで尋ねるって、この人間なりの 気遣いなのでしょう。わたいは

『 Tengo clase de un enfermo. Este organo se convirtio en el demonio en un capricho. Usted no quiere y yo llorando.(いや 病気やねん この身体は。悪魔の気まぐれでこうなった。ベツにアンタにゃ 泣いて欲しいとは思わん)』

グレゴリオは『 Me ha gustado. Mi gente por lo que puede ser.(気に入ったゼ オレら仲良くやれそうだナ♪)』


「で?具体的に訊く。このオレにナニをさせたい?」

         170627bb5.jpg

「数か月以前から…このマニラに身を潜めている 1人のジャパニーズ・ジェントルメン・・・だが、特記すべきは、そいつ 現在進行形の《トランスジェンダー》でヨ。。。正直 詳細はわからんが、今減の《見た目》はあきらかにレディーBOYなんだろうって思う。そいつの居所(ヤサ)突き止めて欲しいのだ。」

「ふうん…で?アンタはJapanの《Yakuuza》か?Hitmanってなら 職務上 見逃すわけにもいかんのだが」

「ワシャな 893ではあらへん。日本のYOKOHAMAには893のマブダチも居るがヨ、非合法組織には属しておらんけん安心しろ。ま…ある意味では ハンパな893なんぞよりも これまでにヤバい橋渡って来た生き物ヤけどナ・・」

「やっぱそれって、カネが絡んだ案件なのか?」

「カネなら むしろ それは単純やて。。数字いじくって 精算つくやんか…あのナ、ワシやけど《そいつ》に逢って、どうしても 言い渡したい事 委託されててヨ、ダレもやりたがらん伝言役だからヨ、ワシに貧乏クジ回って来た。イイ迷惑ヤ」

「ふうん。カネ以外の事象には 興味湧かないからオレは。」

        170627bb6.jpg


リク「で・・・ぶっちゃけ、せかすようでワルいがヨ、何日ぐらいで 成果揚げてくれますんヤ?アンタ この街の裏社会にも精通してますのやロ当然?」

そう云いますと、グレゴリオは「No No」と軽く 右の人差し指をヨコに振りながら かれは・・・


・・・ある程度以上 アタマ良いよナ アンタ? でも、やっぱり フォリナーに過ぎない。この国の《本質構造》理解してない。


いいか?【 フィリピンには、893組織は存在しない 】・・驚いたか ははは♪ でも本当なんだこれは。。。

この フィリピン とくにマニラ市内における 刑事犯罪事案のすべては、イってみりゃ《官製談合》・・・

《必要性が高まった結果として起きる》・・・まぁ 1つの《公共事業》みたいなモノでナ。

士官の警察官(含 軍)上層部などの一部がナ、昼間は警官でも《兵卒》な、そいつら指揮しては 夜893 見たいなことをヤラせてんだ。

在比日本人の893の中にも、コッチ勢力と結びついて、特権を得ている人間も少なくないゼ?

            170627cc1.jpg

Mrリク、それが《この国の現実》ってモンだ。見ない聞かない関係しない が鉄則だわさ、正義感ふりかざす人間は あの…《狂犬大統領》だって、見事に消されちゃうから。ああそうさ、ドウテ●テ《政治的に勝ったんじゃあない》・・アイツが保有する《私兵組織》こそが、この国の《軍隊・警察・裏社会》を制覇したってことだ。
          170627cc.jpg
      「軍隊&警察」って暴力装置を握った【 帝王 】

JapanのTVNEWSでも観てないか? 今バカバカと、ヤクの売人だのジャンキーだのがとっ捕まってるだろ?

そりゃ一生懸命ヤルって!だって捕まえる連中の全員が《ドウテ●テと対立するファミリー側なんだから》(嗤)

なぁ?この国を軽蔑するか Mrリク?? だが もう1つのハナシも聞いてから 軽蔑するならスキにしなって。ああ。


あのなぁ・・マニラの警察署長や副署長の一番の仕事は、兵の管理。これが一番頭を悩ます仕事なんだワ。

それはどうしてか?? シンプルだ、【(警察官が)充分に喰ってける程の給料 支払われてないから】すべては「それ」に尽きる。

サイドライン…それするなとは本音では とてもとても署長は言い出せない、せめて凶悪な悪事だけは働いてくれるな!としか。

信じられるか??新卒巡査の初任給って、屋台ソバ屋の小僧と同じなんだゾ! 二十歳越えて 妻子も居るよな警官一家が コレでどうやって生活できるかヨ って!
     170627cc2.jpg

Lechon(レチョン フィリピン風 子豚の丸焼き)どころか、 ルンピア(lumpia フィリピン風 春巻き)もロクに喰えねえンだワ。

ある程度違法でも、市民に役に立っている商売。例えば、違法ショー、違法店舗、露店等をお目こぼしして、安い罰金を取るくらいならって そう働くのが人情ってモンじゃないか??

Mrリクよ、このマニラ社会ではナ、マジでもって チカラ(地位、権力、政治力)の強さ それを持たない奴が抱える恐ろしさは、想像を絶するものだゼ?

このオレが軍隊から マニラ警察へと転属したトキにナ、配属されたチームのボスってのが、無謀にも(嗤)警察機構内部の自浄作用を掲げて・・・

で・・どうなったと思う?? 真夜中の3時に…住んでた家が ガス爆発で、一家6人ごと《吹っ飛んだ》んだ 事実だから。。。


そんトキ オレは目が覚めた・・・何のチカラもない、貧民あがりのオレが、中層、上層部と揉めずに、《生きて年金を貰い受ける為には》生活の知恵。自分の本分をわきまえて生きる事なのだってナ。

それゆえオレは… カネで転ぶ《ものわかりの良い親切な おまわりさん》になったのだ ああ。

                170627cc3.jpg
          グレゴリオ『この国では警察こそがデンジャラスなんだ』

Mrリク、アンタに家族は居るか?考えてみろ・・その 愛する家族の【 生首が 】・・ナイフでグシャグシャに切り刻まれた生首が・・朝のゴミ集積所に並べられてる後継は見たくないよ な??

コレは 言い訳でも、開き直りでも無いゼ、オレは小金で生活費補填する程度のワルさ。覚悟の上《それ以上の悪事には身を投じない》ああ。


だからナ…その レディーBOYのジャパニーズぐらい 見つけ出すのは割に楽でもある。

が・・・案外に 厄介と呼べるのが、そう…《警察組織内部の 根回しと 付け届け》それなんだ。
       170627cc4.jpg

だから、この…メモに書いた《料金》、オレが欲かいて独り占めだと思わんで欲しいんだ。マジで 方々に 平等に(笑)配らにゃならん。


リク「判った 承知したデ。あと、も1つ お願いがアルのやけど ええか?」 グレゴリオ「なんだ?」

リク「拳銃が…1挺 用意して欲しい。安心しろヤ、ハナっから 撃つ気などは無いけん。弾丸なんぞも2発ぐらい入ってりゃ問題ない。作業終わったなら この手でアンタに返す。間違っても日本へ持ち帰るってトチ狂った真似はせえへんよって」

グレゴリオ「押収品の、スカイヤーズビンガム社製のコマンチ38口径リボルバー拳銃ならスグ用意できるが」
          170627cc5.jpg

リク「それって、たしか コルト・トルーパーのコピー銃やろ?エエやん♪」

グレゴリー「意外に詳しいんだなアンタ。1発でも引き金引いたなら…銃創痕から 4年前に地方で起きた 雑貨屋強盗死傷事件それの、Main Offender(主犯)に祭り上げれちゃうゼ、庇い切れないから憶えとけよ ああ」


 汚れていようと「警察はやっぱ警察」・・・たとえ日本の 外務省の「外交ルート」を使っても、

半年 1年経過しても サッパリ 1つとして成果が挙がらない案件が、ぶっちゃけ ボクちんの「尋ね人」は、

まるで 泣いてる幼・児の迷子の親を見つけ出す程度の「手間で」、潜伏先と云うのかな?? とにかくそこが判明しました はい。


案外と 大胆に隠れてやがりました「尋ね人」は、日が暮れて 街が宵闇へとなるなら ほぼ毎晩、繁華街に出かけ、決まっているらしい 2つ3つの店に顔を出すって情報をゲットしましたわたい。

トランスジェンダー、レディーBOYらの 情報交換の場であるPUB、それと 性欲盛んな労働者階級のオトコらで賑わう 地元の酒場とかで。
          170627cc6.jpg

集めました情報によるなら、「そいつ」は、お決まりのメイク&女装して、夜毎 オトコ求めて街を彷徨うってのとはチョイとばかり違うらしい。

ってか・・地元の人間の証言によれば『まだ あのパーソンは、《それのレヴェルにはいってない》♀に間違えられるまでにはネ』と。


どうやら、いわゆる《オンナ修行の 効果測定》のようです はい。よほどにオンナに飢えてる人間 もしくは酩酊したオトコから 声かけられ 誘われることは よくあるらしい・・

でも それに応じ 一緒に店を出ていく事は 稀で、要は 間違われるにせよ ナンパされる そのこと自体を愉しんでいるって感じだそうで。
        170627dd.jpg
       Heyギャルソン このマズいビール も一杯くれヤ


観た・・・なるほど、アレは ぶっちゃけ《オンナにゃ観えないワ まだまだ》・・・

       170627dd1.jpg

自慢する気も 嬉しい気なんか1ミリもあらへんけど、まだ・・・リクめのレヴェルにまでは 到達してない。。。


でも・・・ずいぶんと、体型変わったよナ・・ワシも かつて経験してます、か細き体にムチ打って 喰って喰って 築き上げた筋肉が削がれていくって「あの感じ」。。。

おそらくは、(女性)ホルモン・ジャンキーなんやろナ、同郷のルルでのケースでそれも観てる、副作用がハンパなくて、胃腸障害とシャレにならない食欲不振でドンドンと体が小さくなっちゃうんだ ああ。


手元にある そいつのオトコ時代の顔写真、怖いモンだわナ ホルモンって・・スッカリ別人とは言い難いが、おそらくアイツに♀兄妹なりが居るならば、ああいった顔つきなのだろう。

パッド入れてるかどうか?わからんけど、胸も かなり《膨らんでる気配が》。。。

イっとくが、「説得する気」なんかは 無い。。。アイツはもう 走り出した機関車だ、ワシにそれを止めるチカラなどあらへんからネ。

       170627dd2.jpg


 そっと  背後から近づき「そいつ」に 声をかけました。『…探したゾ。。。そないビックリすんなって。そう 日本からはるばる来た。説教とかじゃあない 《伝言》がある・・カオ貸してくれるよナ? 【ワタル】よ・・・」


「ワタル」、そいつは リクめの 元カノのひとり、通称「未遂」のダーリンそのヒトでした はい。
            btbt77.jpg

東大卒 某省庁のキャリア、神奈川県庁への出向って文字通りの出世コース その人間が・・・

それが、大学同窓の仲間らと、当時 産声を上げた「クラウドシステム」IT関係会社を立ち上げ、役人つながりのメリット活用し、神奈川をはじめ 多くの堅調に納入を果たし 要は「大儲けをした」。


破格のサクセスで その当時は まさに【ダレも気付かなかった】。。。

いつだか…読んだ記事がある《世に 12人に1人は LGBTの素地を有しているのだ》と。。。

それが・・まさか こんな身近で起きるだなんて。。。築き上げた栄達、それの・・すべてを放り出してまで オメエは オンナになりたかったのか ワタルよ・・・
      

ワタルが 潜伏(?)している マニラは マグノリア通り沿いのアパートメントで。
        170627dd3.jpg

「・・・リクさん相手じゃ、逆立ちしたところで、適うはずも無いし、ジタバタしませんよ。で? ボクを殴りに来たんですか??」

「率直に言う、ワシに向かって《アタシはぁ》だなんてクチ走ったならば、0・5秒でブチのめすツモリだったが。ボクと云ったからには それ勘弁したるワ ああ」


ワタル「無論…悪いとは感じています。未遂には。。。でも、ボクが 消えても、その後の生活に困らないだけの慰謝料と 生活費は遺したツモリですから・・」

リク「銭金の問題で このマニラまで来たのと違うけん、他人の家の金額交渉で動くほど 今のワシはヒマやあらへん・・」


ドライ・ジンを無理して呷ったワタルは、

「やっぱり、軽蔑しますか?ボクのことを・・・」

わたいは ムリでも 不動心を装いつつ

「ワタルよ まあ聞け。ワシは、オメエの人生を背負いきるだけの甲斐性は無いけん。ナンもかも捨てて、オンナへと変わりたいと オメエが そう思うならば、それもひとつの人生の選択肢なのやろナ。それについて 四の五の説教する気はない だが・・」

「・・・・・」


トイメンでの「話し合い」に 長時間はロクな結果をもたらさないものです。コッチが ワタルを一方的に《責める》だけでは、この案件は根本からナニも解決しないのです。

 『チョイと 街に出てヨ、歩きながら話さへんか?』と、ワタルを誘い 夜の街へと繰り出しました はい。
             170627dd5.jpg


夜の10時過ぎに、繁華街 Malate Ermita (マルタ・エミルタ)地区に出かけるってこと自体が、この地域では《ワタシはカタギの人間じゃありません》って証左となる。

上等さ、こちとら そんな、いかがわしき「花街」で生まれ育った人間。国は違えども、いかがわしさ ヤバさの空気にこそ、自我を満喫出来るってモンだ ああ。
              170627dd4.jpg

思っていた以上に、夜の繁華街の通り、そこに建つ 各店舗はキレイに整備されているようにも映る。だけど・・・どんなに「表向き」整えたように思えても・・・

ぶっちゃけ「それ」は、荒んだ生活をしてきたもはや老婆が、その 深い皺に ムリやり ファウンデーションを塗りたくっているのと なんら変わらない。

街の通りの舗道上に、いたるところ這いまわる「虫」、カナブンかと思うなら それはゴキブリ、それもかなり大量の。。。


要するに、街として 大事な部分の整備、「ゴミ収集」が 街の規模と伴っていないって証拠なんです。町中の 至る所に残飯とかがブチまかれているに近く散乱し、

それを 糧とするゴキブリにとっては、まさしくの「この世の天国」、この マニラってとこは、そういう土地なんだと断言させて貰う。

それは、家の中にウッカリと 便所を作らなかったせいで、家じゅうが便所と化してしまった…その 薄汚さが わたいはどうにもスキにはなれない。


「ワタルよ、キミが興した会社・・・正確には 元居た会社か・・経営状況は順調だが、今チョっと…苦境に陥っててナ」

「おおよその事態は聞き及んでいますよ リクさん。でも・・正直、今のボクが出てったところで、ナニ出来るものか? って・・・」


「クラウドの、システム構造に隠れていたバグだっけか・・それは テクニカル部門の問題、メカとかではない、主に 営業・売り込みを担当してたワタルよ キミのミスなんかではない。ああ でもナ・・・」

「でも??」


リク「ああ。《でも》ヤ。ぶっちゃけワタルよ、キミは未だ、《官僚当時の気分》が抜けてへんのとチャウか??」

ワタル「っと 云いますと??・・・」


リク「官僚の身分のままならばヨ、他の部署のライバルのシッパイを テメエの出世の追い風ヤ♪って、せせら嗤ってりゃよかんべ・・だがナ・・それが《イチ企業の人間》となった以上は、世の中 そうはいかないモンやデ?わかるか?」
         170627dd6.jpg

ワタル「でも・・・会社を去るにあたっては、ナニひとつ 瑕疵のない手段で、すべての始末と、責任の有り様は果たした気なのですが・・・」


リク「ああ それはマッタクもって《正論》。。だけどナ・・考えろ、今の社会、ビジネスシーンにおいては、PCのシステムそのものって、とくにもう《社会のライフライン》それなんヤ!」

ワタル「・・・・・」

       170627ee.jpg

リク「ちいさな町があったとして・・その町中の電化製品を面倒みている 街の電気屋が・・・テメエの都合で イキナリ、店畳んだなら、町の住人は困るやろが?会社って いわば《内部手続き》の問題じゃあないのだ、さいわいテクニカル面の救済措置はカンペキに修復できているそうヤ。しかしだ・・」

ワタル「しかし・・っていいますと??」


リク「あのナ・・日本って国の、その《商い習慣》それ スッ飛ばしては、この先 キミが去った会社、エラいことに陥るゾ・・・ハッタリカマシ澄まし顔の弁護士が出てくりゃ事は済むってモンではないゾ、やっぱヨ・・最初に、官僚時代のコネクション 最大に活用して、システムを各企業なりに納入した、《会社のカオとしての代表》・・ワタルよ、キミが 納入先1軒1軒、《ご迷惑おかけしました》って、詫び入れる、それをしないことにはどもならん・・・」
            170627ee1.jpg
         謝罪の「絵面」が欲しいだけなんだ

ワタル「でもそれじゃあ・・・去った筈の会社の為に、ボクに 一時帰国して、お詫びの行脚をせよと??・・・率直に言って、それはボクにはナンのメリットは無いような・・・」


リク「わかるよ その気持ち・・・。ワシかて 同じような想い、これまでに何十回となく思った・・。でもナ、その《詫びを受ける会社》ってのもナ、ぶっちゃけ 心底からキミに謝罪して欲しいなんて思ってはおらんのヤ?わかるか??」

ワタル「よくわかりません なぜですか??」


リク「なら教えましょう。キミの詫びを受けた その会社の社長か?もしくは営業部長はだナ、《納入担当者からの正式謝罪》って、【 その図が 】欲しいのだってことサ ああ。あちらさんかてナ、ワルいのは納入した 営業のキミの責任じゃないってのは十分理解してル。が、その「絵」がナイことには、《まぁ実害も無かったし、担当者からの謝罪も受けたし、従来通りってことで♪》って、そう・・物事の《収束》が出来なくなるんだ ああ。納得いかないかも知れんがヨ、コレが《売り込んだ人間の責任》それなんだ ムリでも理解しろ な?」
       170627ee2.jpg
     善悪とかでなく、それが「日本社会」ってものなんだ

ワタル「でもなぁ・・・率直に言って・・せっかくココまで伸びた髪の毛 お詫びの為CUTするのもイヤだし、もっと正直・・進行形のこのカラダとかカオ付き、元の姿知ってる連中に観られるのはイヤだなあ。。。」


リク「おい バカにすんなヨ・・マッタクのNOプランで、ワシがこのマニラまでやって来たって思うか??オメエ独りを恥さらしになどさせん。。ああ 交渉した、納得もいかない このマニラ行きの引き換え条件としてナ。お詫び行脚には同行としてヨ、与党の▲▲衆議院議員と、ハマの協議会《議長が》オメエに随行して、すべてマルく納めてくれよるからシンパイすな!ハラの中で舌出して、ドタマだけ機械みたいに下げとけ それで済む♪ダレひとりキミ観て笑ったりはさせん!」

ワタル「相変わらず 抜け目ないですね リクさんは 適わないなあ。。。」


 『 しかし《コレ》は あくまで 表向きの案件ヤ・・ワシの、港のリクとしての本題は むしろココから 』


・・・なあ?ぶっちゃけ 事が事だけに、みんな妙に必要以上に キミへ気を遣っちゃって、ダレも言い出せずに居るから、便宜上 ワシがあえて悪役になる・・・

            170627ee3.jpg

なあ?どないすんねん?? 他ならん《未遂》と・・それと大事な キミと未遂の 一人息子の事・・・責任果たしたとは どうしてもワシには《そうは思えない》のやけどヨ・・


わかってル!ワタルよ、キミも長年 悩み続けた性同一の問題、それについて あの 気の強い《未遂》ヤ、詳細はわからへんがヨ、たぶん 立ち直れないぐらいに、酷い言葉をブツけられたのだとは理解する ああ。。。

正直なところ・・今現在の時点においては、この世の中で ダレよりも《二度とカオ合わせたくない》そやろ? そやけどナ? フラットに聞いてくれ コレはワシからの《お願い》だ。

         170627ee4.jpg

やっぱヨ、世の中には、委任状と 印鑑証明ダケでは 事が全て完了不可能なモノがアルのヤ、かつての《愛の住処》それを処分するにしても、法的にいまだ 持ち主である、キミが売り手業者との折衝に同席するのとしないのでは、ヘタすりゃ セコ業者にサンザンに買いたたかれる結果になっちまうデ?

まぁ 気は強いし 弁も立つオナゴやけど未遂は(笑)でも・・・突如ダンナがオンナに替わるって、放り出されたに近いオンナ…その 哀しさと絶望感を考えてやれヨ??

コレはナ、元のカレシだから云うのではないけん、思えば 《未遂とは》・・・タイミングがワルいってか、ベッドインのチャンスが事あるたびにスカされてヨ、結局は 最後の一線まで越えられなかった。

            170627ee5.jpg

でも、そんなんで関係切れてもナ、このワシにとっては、大事な 元カノ。それ以上に・・【 大事なマブダチ 】やねん ホンマや。

未遂に 謝罪しろとは云わない。だけども・・たとえ 悲惨で酷い最期だったにせよ、この世で 縁有って、暮らしを共にした人間じゃないか!

望むってなら 今ココで 土下座してもいいデ?預金通帳ダケ渡して 事が済むとは限らん、【逃げてないで】・・その 責任の取り方を完遂して欲しいのヤ 頼む!!


ワタル「・・・・・わかりました。。。リクさんには これまでにも、圧倒的に《借り》が上回ってます。こうして わざわざマニラまでおいでになった、それを無視できない」

リク「じゃあ・・1回 帰国してくれるか 日本に?」

ワタル「ええ。でも・・・言っておきますが、一対一での話し合いはイヤですよ。お互い 第三者同席の冷静な話し合いが保証されない限り 未遂とは会いません」


・・ああ それのセッティングについては ワシに任せろ。けっして ワタルよ、キミに独り 恥はかかせないから。


  ・・・だが・・ぶっちゃけ ココまでは、あくまでも事後処理としての交渉ごとに過ぎない。

ワシのつまらん生涯で、ぶっちゃけ 今回ぐらい 気が進まない 使者の役目は無くってヨ、胃袋から血を吐く思い・・・覚悟決めて それを云う。。。

ワタル「それ以上って なんでしょう??」


 ・・・じゃあ 云おう。。。ワタルよ、【 息子には どう? 説明するツモリなんヤ?? 】
            170627ee6.jpg

パパはパパのままでは いられなくなりました…って、わかってル まだ息子は5歳、むつかしくて、フクザツな部分までは理解出来ひんよナ?

だが、幼いなりに、大枠は理解出来る筈ヤ、置手紙1つで その責任から解放されただなんて思うなヨっっ!!少なくともワシは 認めンっっ!!

たとえ 身を割かれるぐらい辛かろうと・・・逃げずに 息子と向かい合って、説明を果たせっっ!!
        170627ee8.jpg

《パパのバカぁっ!》って、息子からなじられ、ドタマをドツかれようが、逃げないで【 向かい合え! 】


いいか?夫婦は 別れてしまえば他人やけどヨ、【 父と子の関係はどうやったところで 断ち切れないんだ! 】それ忘れるな!
             170627ee7.jpg

それから、ワタルよ、《未遂》の実家の父親にも 1度でエエから 直接逢って 詫び入れてこいって。あの昔気質のおやっさんからゲンコツ喰らってこいヤ、

キミも さぞかしや 辛かろうが・・・いいか?キミの行動で、ココロに傷を負ってヨ、糸の切れた凧のように 彷徨ったココロを引きずっている そのヒトたちの事、オメエも人間ならばチっとは 考えたれヤ このアホンダラぁっっ!!


 それらがすべて終了してからが・・・ワタル、オメエの 本当の 第二の人生のスタートとなるんだ ああ。。。


『Hey! Elder sisters nice lady bellboy.(WWW) Don't you play with us? I make them satisfied sufficiently♪.(よぉステキなレディーBOYの姐ちゃんら、遊ばねぇか、満足させてやんゼイ♪)』

泥酔した いかつい 米軍属らしき 大柄白人の二人連れが、わたいらに声をかけて、無遠慮に肩に腕を回しながら、リクめの乳をば 乱暴に揉みしだきました。
          170627ff.jpg
           テメ ナニしやがル。。。


甘めぇナ・・まっすぐ歩けないぐらい酩酊してたなら、体躯のデカさなんてのはヨ、ナンのメリットもネぇのだ。

むしろ ワシが修練してきた武道は、カラダ小さく 非力な者にこそふさわしい それなんだ。。。

         170627ff1.jpg

「1人目」のヤツは 《四方投げ》でカンタンに仕留めてやった。190cm超え 120kgが大きく 夜の舗道に回転し 果てた。明日の小・便はコーラ色だゼ(嗤)

もうひとりは、《隅落とし》にしてやった。極めた相手の左腕を離さずに、迷いなんかするかって・・そのまんま【 折った 】
        170627ff2.jpg
       高くついたナ♪ ヤロ~の乳にヨ(嗤)

デカい図体して 泣きワメく白人。心配すんな 折ったといっても、骨はたぶん無事だ。イカレたのは肘の靱帯だから、明日になったら整形外科行けヤ。


ワタルが呆然と 硬直しながら「相変わらずだなぁ・・・見事ですが なんとも・・・」

わたいは「オメエ ナニ ボ~っとしてんのヤ!」 「だって。。。」

「オメエ、今 キャッシュ持ってるか?」 「よ、4500ペソ(約1万円)ぐらいなら」 「それでエエ 寄越せ」

わたいが持ってます 120$と加え、通りの反対側で さっきからジっとコッチを見ている マニラ現地の オンナ警察官に走り寄り わたいは、


『 Because the act now is justifiable defense to the end. Please take care of a settlement.(あくまで 今のは正当防衛ですけん。後始末よろしゅぅ~に♪) 】と札を握らせた。
           170627ff3.jpg

♀警官はニヤリとして『 OK♪ 』 「こら!ワタルっ!ナニをボケっとしてんねん!とっととズラかるんだヨっっ!!MP来たなら監獄行きやゾ!」


ワタルのアパートへと戻りました。
     170627ff4.jpg

「牛乳貰うデ カルシウム補給しねぇと、高まったアドレナリン抑えきれん」

「しっかし・・本当に注意してかないと、いつか…死にますヨ リクさん・・・」アキレ顔のワタルが云います。


「さてと・・・。さっきまでのハナシの続きしないことにはナ?」

ワタルは顔を曇らせ「それなんですが・・・」

ワタルは云います

・・・ねえ リクさん?このマニラくんだりまで出かけてきてくださって それは本当に感謝しています ええ。

今ですからココロの底から云えます・・・未遂は本当に、リクさんっていう 良いトモダチを持った。。。

だからではありませんが・・1度…日本へ帰国して、カタつけるべき責任を果たそうと思いますよ 本当に。。。

未遂当人とも逢います。すべての後始末を責任以ってカタつけますよ。あの怖い 義父さんにもゲンコツ喰らうのも致し方ないかも(笑)


・・・ですが・・・ムシがいいってのは充分 承知してます。だけど・・・

やっぱなぁ・・・・・今の姿で・・息子の前へ出るのは、出来るなら 手控えたい・・・。リクさんはこんなボク 軽蔑するでしょうが、
         170627ff5.jpg

アナタほどには 強くもない、弱虫ののボクって人間は どうしても、息子に会う勇気が湧いてこないのですよ・・・。


わたいは「あのなぁ。。。ワシはガキの頃から 藤山寛美の お涙頂戴の人情風味の 説教劇がキライでヨ、寛美サンの世界観で割り切るなら、ワタルよ オメエも このワシもこの世におけるゴミ!みてぇな人間だワ♪ゆえに説教するよな資格はあらへん。せやけど 云わせて貰うド・・・」

「・・・・・はい。。。」

          170627ff6.jpg
      ぶっちゃけ それはオメエの勝手な都合だろ~が!!

リク「テメエっちの息子やけど、ありゃ処女懐胎で産まれよってンかい?オナゴとヤローが ひぃひぃ はぁはぁ…アホみてぇな狂態サラシての結果やろが!?エエかっ!生き物なんてのは どんだけか気取ったところで、そんな生臭さと不潔さの過程をして生を受けるんだワ。たしかに、突如パパがだ、オナゴに替わるって、居らんよになった家の息子は不憫といえる・・・。けどナ、《そうなったからには》それをも受け入れて…他の子供よりも早めに《オトナになる》、それが息子にとっての 今後の成長の糧って思わへんか??どないやねん!?」

「・・・っっ!! でも・・それって、あまりにも 酷くないですか??息子だって ひとつも微笑むべき事柄なんか無いし・・・」泣き出すワタル。

リク「泣くなっ!!ってか、オメエにゃ まだ泣くべき資格すらあらへん。おいワタルっ!テメエっちは自分が 西行法師にでもなった気分でおるのんか?」

ワタル「だって!・・だって、《人生にムナしくなる瞬間》ボクにだって有っても不思議はないでしょう!?官僚キャリアだなんて もてはやされたところで・・要は定年間近まで神奈川県庁で飼い殺し・・・呼び戻されて せいぜいが課長補佐…だから、ボク、仲間と起業したのですよ。だけど、一度は運命共同体だった仲間も、儲けが出るにつれ、よそよそしく、上辺ダケの関係になって・・・」

リク「それはナ、成功者の勝手な愚痴泣き言ヤ。銀の匙咥えて産まれてきた者が当然に味わうモノなんだ」


ワタル「そうはいえけど!そういう《リクさんだって!》アナタだって、リッパにキャリア・・いいえ 準キャリアじゃあないですか!」

リク「え?? このワシがか??アホ云うなヤ。コ汚いドブ川の水すすって泣いた 叩き上げやゾ ワシは・・」
              170627ff7.jpg
            ワシなりに 少しは努力もしたのだ ああ…


ワタル「そうはいうけど!アナタは 国立大出てるし、現社長の甥っ子って立場、完全に出世するに値する 恵まれたスタンスじゃあないですか!」

リク「あのなぁ…《隣の芝生は青く見える》って、まさしく《それ》やねん。ワシはイッペンだって テメエのことエリートだなんてウヌボレた事はあらへん。思いもよらず、さあ人生これから!ってトキにカラダが 女性化してヨ、それでもって 人生投げ出すのもシャクやから、クソ意地張って 結果が 今でしかあらへん。ワタルよ、オメエにはわからんやろけどナ、泣き言とチャウよ。。だが、このワシが 女性化しちまった その事で、ドレだけの それまでに抱えていた《夢が》・・・ポロポロと 掌から零れ落ちていったかを知らない・・・」
           170627ff8.jpg


  『 ドレだけか オレが泣いたのを 知らないだろう オマエは・・・ 』

        170627gg.jpg

・・・いいかワタルよ、西行法師・・・西行は《西行はおもしろくてしかも心ことに深く、ありがたく出できがたきかたもともにあひかねて見ゆ。生得の歌人と覚ゆ。おぼろげの人、まねびなどすべき歌にあらず。不可説の上手なり》って、新古今の、藤原俊成と並ぶ大歌人と呼ばれるが・・・

どっこい! ワシ個人は1ミリもアイツ認めンからヨ ああ。北面の武士ヤメて出家するってなら・・ぶっちゃけ《どうして??》捨てられることとなる妻子を、自ら手を下してコロしてやらなかったンだ!?ってナ・・・
         170627gg1.jpg
       妻子を捨てた ロクデモ野郎やんか!

あの時代 テメエの勝手で捨てられる 妻子の気持ちなんぞアイツは完全に 放棄して テメエの浪漫 優先して勝手に逃げて・・・その悔悟のココロを 和歌や詩でもって誤魔化すって、自己韜晦してやがったダケの【世紀の卑怯者だわサ!】

ワタルよ オメエが、オンナになりたいって気持ち・・云うナっっ!!ンなモン聞きたくも無いし 興味もあらへん。オメエのココロの奥側なんざ覗き見たくもないワ!

せやけど、一切の 文学的にして情緒的な《その言い訳》排除して、冷徹に考えてみようやんか?

       170627gg2.jpg

その動機は【 性欲 】やろ?? それが有るのを恥じてもどもならへんデ?ワシかて充分ある!ダレにだって有って当然の、生き物としての当然の本能なんやからヨ。

人間は・・・その《本能》をサラケ出すのが怖くて、長い歴史の中で 百万通りの《言い訳》を創りあげた。
          170627gg3.jpg

勘違いすなヨ? 問題はワタルよ オメエじゃねぇンだ!残される運命となる オメエと未遂の間に産まれた息子にはナ、オメエのことを《パパのバカぁっっ!!》って、ドツきまわす【権利があるのだ】。。。

ああ お節介だ 完全にナ。。だけどヨ、この【 禊 】が終わらないうちは、少なくともワシはオメエを認めん。それが 未遂の《マブダチ》であるワシとしての《矜持》だ ああ。。。
                170627gg4.jpg
             ワタルよ 償ってキミも身軽になりなさい…


いよいよと 泣きじゃくるばかりのワタル。 しゃあない・・・いっちょ ショック療法でいくとすっか。。。


観ただけで粗悪品とわかる 汚職警官 グレゴリオ・カスティーヨに調達して貰った 38口径のリボルバー。
           170627gg5.jpg

わたいはワタルに向かって「しゃあないナ・・説得してもアカンようやから、これでもワシかて忙しい身、早いとこシロクロつけよヤ?」


・・・この銃 1パツだけ弾丸入ってル。いっぺんヤってみたかった♪ そう…【ルシアンルーレット】な。

ぶっちゃけ・・《最後の1パツ》まで 引き金引き続ける度胸はワシかてあらへん(笑)(笑)そこまでメンタル壊れてへんしヨ。

せやから・・・お互い 1回ダケ…引き金を 引き合おうやんか?そんでなお無事に済んだならば、もうワシは ああだこうだ云わへん。決定権はキミに委ねる。

え??バカげたキチガイやて? ははは♪ 今頃気付いたか♪こうしたキチガイの悪魔とかかわりを持ったのも ワタルよ オメエの運命なんだって納得せぇヤ。じゃ 行くデ。


ンなアホの究極の行為 考える秒数が多いほど 恐怖心は高まるってのはハナからわかってル。あえて考えないフリして 銃口を額に当て 引き金を。。。


「カチャリ」って、ある意味むなしい音がして。


おおおおおおぉぉ~っっ!!ビビったぁっっ!! ぶっちゃけタマがキュっと体内に引っ込んでまったやんケ・・竿さえ無ければ わたいこそが『オンナの子』やんかって(笑)

『さ…お次はオメエだ。逃げるのは許さん ワタル・・・』

おそらくは 生まれてから初めて手にした凶器・・・ワタルは・・・「それ」を額に当てることすら出来ないまま、ブルブルと蹲って震えながら・・・

           170627hh.jpg

『 出来なあああいっっっ!! 勘弁 勘弁してくださああい!す、すべて 云う事聞きますから どうかっっ!! 』

よおし、話し合いでは ぶっちゃけ一週間かかっても結論出ないだろうモンが、ものの1分で 解決したやんか♪世の中『シンプル・イズ・ベスト』だわナ いひいひ♪

         170627hh1.jpg

蹲り 大量の汗をかきながら ブルブルガクガクと震えている ワタルの手からリボルバーを奪ったわたいですが、


  そのシリンダーあたりを確認したなら・・・「おや??」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 翌朝、日本へ帰る 空港へと向かう前に落ちあった

   170627hh2.jpg


「じゃ 約束通り コレ返しまっさ グレゴリオはん」

「これって 事件の報告も受けてない。どうやら、平和裏に事が終了したようだナ まぁよかったよかった」とグレゴリオがリボルバーを受け取り云います。

グレゴリオ「《探し人》は、いったん帰国するってかい??」

リク「ああ おかげさんでナ。首に縄つけて しょっ引いて飛行機乗ったろかいとも考えたが…後日《必ず帰国します》って、アイツの言葉を信じてやろうって そう思ってるワ うん」


わたいは・・・「それにしても…随分と 気を遣ったっていうのかナ??マニラ警察も ぶっちゃけ おもろい真似しますのやナ??」

グレゴリオはとぼけて「ん?さあ ナンのことか判らんが」
        170627hh3.jpg
       くそったれのナイスガイ グレゴリオ…


「トボケなさんなって。その銃・・たしかに弾丸は込められてた。。。けど・・グレゴリオ、アンタ・・・ワザとに【撃針折れてるの 渡しやがったろが…】アレじゃあいっくら引き金引こうと、永遠に弾は出ぇへんやんか(嗤)」

グレゴリオは サングラス越しにニヤリと 猛禽類を思わせる笑いを浮かべて 云いました。

            170627hh4.jpg

「Mrリク云っただろ? オレは多くの欲は持たない。夜の食卓に《カレカレ(フィリピン家庭料理)》が載ってりゃそれで満足。信じなかろうがこれでも、街の平和と人々の安全を祈る《しんせつなおまわりさん》なのサ♪」


・・・コイツ… なっかなか《喰えねぇヤツ》だ♪ だが あんがとヨ・・・おかげで マジ犯罪者にならずに済んだワ ああ。。。

グレゴリオ「アンタは、善悪でいうなら あきらかに悪魔に近い側の人間だよナ?だが 長年の刑事の勘かナ??アンタは、チンケな悪事に手を染める人間とは思えなかった。もしも…仮に実行するなら、要人暗殺か 政権転覆だろうヨ♪ そんトキはぜひ呼んでくれ♪かなり頼れる助太刀だゼ俺は。まあ、だからこそ要望に応じた。・・・細工付きでナ」

初めて 感情をさらけ出すように グレゴリオは がははは!! と、腹から声を出して 笑いました。


「Hey Mrリク いつか、このマニラに、プライベート・ホリデイで来いヨ。色々 面白いとこ案内するゼ♪ ガイド代はお廉くしとくからヨ」

「けっっ!ンなクサりきった街にダレが2度と来っかヨ!!頼まれてもゴメンだわっっ!」

           170627hh4x.jpg
         やるダケの事はヤった 後悔は  『無い』


  ・・・グレゴリオよ いつかキミこそ日本に来い。港ヨコハマの街にも このマニラとたいして変わらん風情がアルのを キミに見せてあげたい フト、そんな気がするのだ ああ。。。


              《 完 》

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  《 Tom Waits - Downtown Train 》


Outside another yellow moon     外では いつもの黄色い月が   
Has punched a hole in the nighttime 夜空に (ぽっかりと)穴を開けている
I climb through the window     俺は 窓をすり抜けて 這い出ると
and down to the street       市街へと 繰り出して行く
I'm shining like a new dime    俺は 新品のダイム(10セント硬貨)みたいに 輝くのさ

The downtown trains are full   ダウンタウンの列車は 満員で 
with all of those Brooklyn girls ブルックリンの娘たちで (あふれている)
They try so hard to break out   彼女たちは 抜け出そうと必死でもがいているのさ 
of their little worlds      彼女たちの 小さな世界から

Well, you wave your hand      そう、お前が その手を振れば
and they scatter like crows     連中はカラスの群れみたいに 四散する   
They have nothing          奴らは 何も持っちゃいない
that will ever capture your heart  お前の心をとらえるようなものを
They're just thorns without the rose 奴らはバラの花が無い ただのイバラに過ぎないのさ

      170627hh5.jpg

Be careful of them in the dark   暗闇にいる 奴らに注意しな
Oh, if I was the one        もし俺が その一人だったら
you chose to be your only one   お前が決めた 唯一人の男だったら
Oh baby, can't you hear me now   俺の声が 聞こえるかい
can't you hear me now       俺の声が 聞こえないのかい?

Will I see you tonight      今夜 お前と逢えるかい
On a downtown train       ダウンタウンの列車の中で
Every night it's just the same  毎晩 いつも同じさ
you leave me lonely now     お前が去ってから、今は独りきり

 
I know your window       お前の(家の)窓は 知ってるさ
and I know it's late      でも もう遅いことも判ってる
I know your stairs       お前の家の階段も 知ってるし
and your doorway        お前の 出入り口も わかってるさ
I walk down your street    俺はお前の 通りを歩いて
and past your gate       お前の門の前を 通り過ぎて
I stand by the light at the four-way 四つ角の 灯りのところに立つ 

You watch them as they fall   お前は 奴らが倒れるのを 窓から見張っている
Oh baby, they all have heart attacks 奴らがみんな 心臓発作で(倒れるのを)
They stay at the carnival    奴らは お前のカーニヴァルに居残るけど
but they'll never win you back でも誰一人 お前を取り戻せないだろう

Will I see you tonight     今夜 お前と逢えるかい
On a downtown train       ダウンタウンの列車の中で
Where every night,       どこも毎晩、
Every night it's just the same 毎晩 いつも同じさ
Oh baby

Will I see you tonight     今夜 お前と逢えるかい
On a downtown train       ダウンタウンの列車の中で
All of my dreams         すべての 俺の夢は
they fall like rain        雨のように 落ちて行く
Oh baby, on a downtown train   そうさ、ダウンタウンの列車の上へと

        170627hh6.jpg

Will I see you tonight     今夜 お前と逢えるかい
On a downtown train     ダウンタウンの列車の中で
Where every night,      どこも毎晩、
Every night it's just the same 毎晩 いつも同じさ
Oh baby             ベイビィ

Will I see you tonight  今夜 お前と逢えるかい
On a downtown train    ダウンタウンの列車の中で
All of my dreams      すべての 俺の夢たちは
Just fall like rain     ただ雨のように 落ちて行く
All on a downtown train   全て ダウンタウン・トレインの上へと

All on a downtown train   全て ダウンタウン・トレインの上へと
All on a downtown train   全て ダウンタウン・トレインの上へと
All on a downtown train   全て ダウンタウン・トレインの上へと
...... a downtown train...     ダウンタウン・トレインへと・・・

 

 https://vimeo.com/31168238


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

鬼の仮面をつけた

抱えきれないぐらいの やさしさを秘めた 荒くれた天使が リクさん。。。

本当 他人の事とは思えませんで、手に汗して読ませていただきました。

自分にも、いくつもの『けりをつけておくべき事』わかっていながら、
怖くて、傷つくのが怖くて。。。放置したまま なにもしていない事がいくつも浮かんでは消え。

ですが、人生のリスタートを真剣に突き進めるのならば、1度は 辛い思いを乗り越えませんと、
真の意味で ワタシも「解放」されないのですよね。
なんだか 多くの事を 学ばせて貰った、今後の指針になりそうな 得難い 経験でした。

 だけども やっぱり ワイルド過ぎるなぁ…(笑)(笑)

人選にミスなし

 やっぱり、名作には、シブい相棒が登場しますよね!

今回は それが、汚職警官のグレゴリオ刑事♪ やること なかなか泣かせますね。
映画化されたなら きっと この役は、準主役級のすぐれた役者さんが ふられることでしょうね。

フィリピンには1度だけ行ったのですが、マニラ市内ではなく、完全に 西洋資本でリゾート化された 島とかでしかなくて。
首都マニラの リクさんが感じた 荒くれて 腐敗と いかにも希望がない部分は全然わからないままでしたわたし。

それにしても…思ってもいない、すぐ身近の人が 突然!!
自分はLGBTであると宣言して、そっちへ行動を起こしたとするなら・・・
おそらくは ビックリするのは当然、混乱もするだろうし 悩みこんでしまいますよねぇ。。。

「アンバサダー」としての 今回 リクさんが抱えていたでしょう、つらく 気が進まない お気持ちがよくよくわかる気がします。
だけど、協議会の 議長の人選に 間違いは無かったって そう思います。

 この作業、まとめあげるスキルと度胸は 港のリクだからこそ! それなんだと♪

しかし

『 そこまでしてやらないと 』・・・
使者としての リクさんの仕事は 完了しえないって、
同じ 勤め人として、なんだか ため息が出る思いですな。。。

わるいですが、やっぱり、元・高級官僚は つぶしが効きませんね。
今 急速に 賞味期限が切れかかっている(笑) 例の M川氏の例でも まさにそう感じます。

No title

男女をこえた 元カノ「未遂さん」への 友情の念で動く リクさんは 美しいと思う。

でも なんだか 納得できない気持ちもやっぱり消えなくて。

ワタルさんって、仕事面の後始末も、そして 家庭の面での残務整理も、
殆どの部分 リクさんはじめとした 他人の世話になって。。。

それで本人は、たぶん アツシさんも感じたおられる感情だと思うのですが、
浮世離れした諸行無常の心で 西行法師きどってるんじゃあ、
世間の 労働者のひとりして「ふざけるなよ」って気分になります。

乱暴だけど なんともやさしい

 やはりというか、リク人脈の間での 最近 最大の「大事件」について、
隠すことなく 書かれたのですねリク様はv-7

トラ子さんという 新しいおともだちも いらっしゃることですしね、
正直なところ このトピックは、書き手であるリク様にも 相当のプレッシャーがあったと思うのですが。

でも本当に、LGBT問題は、遠い他人事ではなく、すぐ身近に いつ起きるかわからない大きな問題になってきてますね。
宅の子供らにだって、そんなのは関係ありません とは けっして『言い切れない』し。。。

リク様の手法は いかにもの ガンコおやじ的だし アナクロだし、正直「超法規的」(笑)
でも、その手法こそが、淀んで停滞するばかりの状態を えいっ!! っとばかりに かき回し、
「生きている以上は 1センチでも前へ進もうゼ!」って、それへ 『 喝っ 』を入れたのだと思えますワv-42

あのなあ。。。

 イヤハヤすっかりと、この 八百政の役割を グレゴリオ刑事に奪われてしまいましたねえ(笑)

でも、マジで マニラまで付き合わすのはヤメてよね!(^^; 本業の 八百屋業務に響くから(笑)

しかし 責めて解決するものではありませんよ LGBTの問題については うん。
あの エリートそのものの ワタル氏が 『まさかっっ!!』だったものねえ。。。
真の意味で 不憫だとも思えますよ、役人から民間事業 それが成功し、
ホっと 息をついたなら、今まで心の奥に鍵をかけて封印していた「思い 願望が」、
大きく 飛び出して、きっと当人にも制御が効かなかったのでしょうね。
自分にも 惚れた彼女が 実は 性転換者だったって過去ありますが、
それって 大きな問題に観えて、人を愛するって それでの過程の中では、「だからどうなんだってんだよ」
って、そう思えてくるものでありましてネ、立ちはだかるのは 世間という名の 根拠もなく人が築き上げた1つの「幻想」なのですよ。

だけど…ホント リクさん『 いい加減にしないさいよ!! 』って(笑)
軍属ぶちのめすのも あんまりといえますが、ロシアンルーレットだあ?? @@;

 毎度のように言わせてもらいますが・・・『 アンタは狂ってる!! 』(^^;

”ワタル”世間は鬼ばかり?

鬼じゃなくて、”般若”が来た?

上手いコト言おうとしたけど、思いつかない・・・orz
LGBTってのは、ただの逃げ口上なんだよね?
仲間との距離感も自ら離れていった結果で、問題の根源は自己の中にある様に思えます。

”意識高い系”であっても、自己解決能力は別問題であったと言う事なのでしょうネ。

顔を突き合わせて話さないと理解し合えないコトもあるという、当たり前のコトを教えられた気がします。

とてもとても 深ぁ~~い内容でした

 いやはや…眩暈がするぐらいの 文字通りの「骨折り仕事」でございましたネ。

なんでもそうだと思いますが、トップに君臨する 代表人間よりも、その陰で 必死に物音を支え、お膳立てを講じるって、
その姿を隠した 裏側の人こそが いちばん苦労が多いんだていう、なんだか小生 人生の悲哀を感じてしまいました。。。

だけど! 停滞していた じつに『多くのものを』リクさんは 見事に(こわい手段も使って:笑)
一挙に 思う通りの方向にラインを導きましたね♪♪

でも、考えますなら ワタルくんって人も、なまじエリートであるがゆえに、孤独というのか?
自分の気持ちを忌憚なく 発散できる環境がないまま ひたすら「その想い」に苦しんでいたのでしょう。。。

でも、『てめえは西行にでもなったつもりかっ!』っと憤る リクさんの叱責こそが 小生は『まったくもって正しい』って思います。
人間は誰しもが 孤独ともいえますが、いやしくも人間の親となった者が、「本当の自分探し」の為に 財産だけ渡して 後の事放り出し・・・
アジアの片隅で隠遁するって・・小生とて 自分の娘がそのような立場となったなら、婿さんボコらずにはおれませんから(^^;

小賢しい理屈や評論は誰だって可能。だけど やっぱり「行動力」それなんだ!!
今回名わき役 グレゴリオって刑事も、きっと リクさんに秘められた能力を感じ取っての協力体制だったのでしょうね♪

アレコレ(^^)

>デカい図体して 泣きワメく白人。心配すんな 折ったといっても、骨はたぶん無事だ・・・

ひょっとして、これって久っさびさの立ち回りでしょ?(^^)
過去ブロでは週3~4の割で闘争本能に身を任せていたことを考えると、まぁどれだけ長いことフラストレーションを溜め込んでいたことでせうね
ここんとこ文章のキレがイマイチだったのも頷ける気がする(--;;)
とは言っても、まぁ~喧嘩慣れしたリクさんのこと、あっと言う間の出来事で、"fullfillment" 出来なくて残念でした

フィリッピンって、ダイバーに取っては料金も安いし、キレイなポイントが多いけど、トンガやフィージーやハワイ、バヌアツのような伝統・文化がまるでない(>_<)
カソリックの宣教師によってネイティヴの大切なアイデンティティが失われ、中途半端な近代化の失速例になってしまった国
インドって道に落ちてるものは、干からびた犬の糞くらいで、残飯なんかあるはずが無い
けれど、マニラはゴミの山だ
どちらが不潔なんだろうね

>だけど、一度は運命共同体だった仲間も、儲けが出るにつれ、よそよそしく、上辺ダケの関係になって・・・」
あのマーク・ザッカーバーグがハーバードの学生だった頃立ち上げたfbが一応軌道に乗り、降って湧いた会社売却で、他の仲間と分裂し、彼一人反対派となり一緒に立ち上げた仲間は、皆去って行ったと言う経緯がある

会社を立ち上げ、それを運営して行く上では
必ず仲間との亀裂や乖離が生じるモノで、これは成長には欠かせないもの
その意味ではワタルは折角ホンモノになるチャンスを逃してしまったってことか・・(p_-)

ストレスから性同と言うストーリーは、単なる逃げる為のエクスキューズにしか過ぎないでしょ、

しかしそれでも、人を突き動かすモノって、
人をトランスに走らせる衝動ッてのはいったいなんなんだろう?

ピエロにもユラギがあることは、前にお話しした通り
でも今の僕は地球の自転や月の潮汐を感じることのできる方を選びたい
人を超えた途轍もなく大きな存在と一つになってみたいのだ
↑変なヤツ

ラストの
Downtown train
イイね(^^)
ビックリした‼️
秀逸!

ありがと(^^)

今回とは全く関係ないけど、ザッカーバーグがハーバード大の卒業式で commencement をしてて、これがあのジョブスのスタンフォードでのソレと並ぶ素晴らしいものです
一点の曇りも無い理想論の迫力は凄まじい(@_@)

https://m.youtube.com/watch?v=nFaCasVBvD8

「申し訳ございません」最敬礼

「あんたが、そこまでするんだから、今回は、あんたの顔を立ててこれで収めましょう。」

段々減っていく光景でしょう。

「この件は、あーだこーだ、弊社の不備ではなく…」
とか
「謝ってもらってもしょうがないんだよ!」
とか
頭を先に下げたら負け!
という、嫌な世の中になって来てます。


「生活に困らないだけの事(現金)は、するから。じゃ、さよなら!」

私には、そんな甲斐性(財力)ありませんから、やれやしないですけど。
子供の頃は、欲しい物、やりたい事が全部出来たわけじゃなく、むしろ、叶った事の方が少なくて。
でも、当時ごくごく普通の家庭だった訳で。
悲しくても、寂しくても、辛くても
仕方ないやと思っても
耐え切れずに、大粒の涙がポロッと出る事があって。
自分の子にそんな思いは、させないと頑張る訳です。

ワタルをとっちめてるリクさん、
ココロの中では、大粒の涙がポロッ、ポロッと、止め処なく流れていたんじゃないか?
と、思うのです。

Re: トラ子ちゃまへ

 トラ子ちゃま いつもありがとうございます♪

> 本当 他人の事とは思えませんで、手に汗して読ませていただきました。

いえいえ、かりそめにも、チミは ワタルなんぞとは マッタク異なる、少なくとも家族を傷つけたりなんかしません そんな御方だと信じてりますよ♪

> 自分にも、いくつもの『けりをつけておくべき事』わかっていながら、
> 怖くて、傷つくのが怖くて。。。放置したまま なにもしていない

エラそに申しまして汗顔の至りですけども、「こういった事象 問題」にはサ、
ゼッタイに 百点満点の答えなんかは存在しないって そう思うのですよ ええ。
要は 四角い部屋を 丸く履く、無理はいけません、ご自分として「出来る範囲」で 誠意を尽くす それで間違いなどないかと♪

> 1度は 辛い思いを乗り越えませんと、 真の意味で ワタシも「解放」されない

いかにも つらい しんどい事がネ、後になってから判ります。
「ああ アレこそが 本当は 早道だったのだ」ってネ。
わたいかて 何度も何度も 運命にクサって、自暴自棄に陥りましたよん ええ。
でも、春の小川のような人生を送っていたならば 今の自分には辿り着けてないだろうって気がしています はい。

>  だけども やっぱり ワイルド過ぎるなぁ…

むはは♪ 要は いっくら 能書きタレてもだ、わたくし所詮は ハマの 荒くれヤローってことなので いひいひ♪

Re: ちゃー子さんへ

 ちゃー子さん いつもありがとうございます♪

> 今回は それが、汚職警官のグレゴリオ刑事♪ やること なかなか泣かせますね

でも 実際 マニラ現地の警官は、仕事のタイヘンさに ゼンゼン、支払われる給与が 釣り合ってません。
人間は》カスミ喰って生きてませんからネ~~、ハンパなカタチで近代化したフィリピンって国の「暗部が」
グレオリオのような汚職警官を産み出しているのだって事実、それ失念してはハナシは進みません はい。

> フィリピンには1度だけ行ったのですが、マニラ市内ではなく、完全に 西洋資本でリゾート化された 島とかでしかなくて。
> 首都マニラの リクさんが感じた 荒くれて 腐敗と いかにも希望がない部分は全然わからないままでしたわたし。

あのねぇ ムリに「それ」覗いて回る必要などはございませんから ええ。
そういうモンに遭遇しないで済みました ちゃー子さんは、行いが良いゆえの幸運に恵まれたと胸張ってイイです。
信じられないkも知れないけど(笑)(^^; このわたいだってネ・・・
木陰から差し込む太陽を浴びながら、窓際で日がな 読書して暮らしていたいって、密かに思ってル。
だけんど ヒトには「宿命」ってのがどうもアルようで・・おそらくはこの先 一生そんなんは たぶん無理(笑)

> それにしても…思ってもいない、すぐ身近の人が 突然!!
> 自分はLGBTであると宣言して、そっちへ行動を起こしたとするなら・・・

ぶっちゃけ「それ」が 今回でのメイン・コンテンツとも申せまして。。。
半世紀以前の親は、息子がオンナになりたい なんて言おうモンなら、即!病院 精神科に連れてった。
今なら 病院行ったからって 治るモノではないって ダレでも知ってますよネ?
ぶっちゃけ それだけでも「大きな進歩」なのですよ ええ。
大きな天変地異や、世界的大戦とかが発生するなら LGBT者は激減するって統計もアルようでおますが・・・
「それは違うんだ」・・減ったンじゃなくって、それは ココロの奥深くへと《仕舞い込んでるだけ》。。。
もはや「問題の先送り」は効かない局面へと 世の中そのものが直面しています。
当事者ではない、周囲の人間であるボクちんらとても、混乱は致し方ないにせよ、逃げないで「受け止め 立ち向かう」べきなのだろうって。

Re:サンシャインさんへ

 サンシャインさん いつもありがとうございます♪

> 『 そこまでしてやらないと 』・・・
> 使者としての リクさんの仕事は 完了しえないって、

くくくく・・・(泣いてまス:笑)(^^;
さよう・・・ぶっちゃけ・・『ダメなんス』・・・(--;
わたいが TVなんかで いっちゃんシンパシー抱くのは、歌舞伎や文楽とかでの「黒子さん」だもん(笑)

> わるいですが、やっぱり、元・高級官僚は つぶしが効きませんね。
> 今 急速に 賞味期限が切れかかっている(笑) 例の M川氏の例でも まさにそう感じます。

ってゆ~か、巷間のよもやま事を 理解しすぎては、高級役人は逆につとまらないから 皮肉でございまして。。。
例の 「正義の人」から 最近ぢゃスッカリ『 性技のヒト 』になっちまった(笑)M川サンででもそうなんですが・・・
役人の最高位 政務次官たって・・アレも 長くとも たった2年で明け渡さないとなりません(次の年度の人間がつかえるから)
考える程に『儚い』・・・

Re: タキさんへ

 タキさん いつもありがとうございます♪

> 男女をこえた 元カノ「未遂さん」への 友情の念で動く リクさんは 美しいと思う。

って・・・あのネぇ…ぶっちゃけ ンな キレイ事ではおまへんってばサ。。。
想像してみ?? コッチは疲れて グウスカ寝てるとこに・・・あの『未遂』が 夜中の2時過ぎにデンワ寄越しやがって、連日 泣き言聞かされルって コッチの身になれヤって・・・(--;

 ああ!!うるさい!うるさい! イイよっ!!やりゃあイイんだべ!?とりあえず今夜だけは寝かせてけれ!ってなっちゃいますから(^^;

> ワタルさんって、仕事面の後始末も、そして 家庭の面での残務整理も、
> 殆どの部分 リクさんはじめとした 他人の世話になって。。。
>
> それで本人は、たぶん アツシさんも感じたおられる感情だと思うのですが、
> 浮世離れした諸行無常の心で 西行法師きどってるんじゃあ、

うん そうですよね。
「自分が今 ココに存在している」ってこと、それだドレだけか?多くのヒトらに支えられているかは、
それをドタマの片隅に置けでないってのは、ヒトとして迂闊であり かつ「未熟」でス。
そういう概念を カネと裁判訴訟でケリつけようってのが あの、「グローバルスタンダード」ってやつ。。。

Re: JJさまへ

 トラやんを 気にかけてくださって ありがとネ♪ 親切にしてあげようヤ エエひとやけん。

>でも本当に、LGBT問題は、遠い他人事ではなく、すぐ身近に いつ起きるかわからない大きな問題になってきてますね。
宅の子供らにだって、そんなのは関係ありません とは けっして『言い切れない』し。。。

親になるのも 昔と違いフクザツなものへとなってきましたわナ?
『もしも そうなったなら…』って、リスクも脳裏に刻んでおかないといけない世の中ですから はい。

>リク様の手法は いかにもの ガンコおやじ的だし アナクロだし、正直「超法規的」

まぁ そ~言いなさんなって(^^;
あのナ?「悪役」ってのが、膠着した物事には 必要になるんヤ ああ。
あくまでも 「悪役」 役であって、「悪人」とはチャウでぇ(笑)
例えるなら 冬の寒い朝 グズってます息子のフトンを「起きろ!」って ひっぺがす役割それナ。
感謝は されなくってもイイや♪ どない思われましょうが、にっちもさっちも進まない物事、
それを打開するには 荒療治もトキに必要なんだって それがワシの矜持でス。

Re: 八百政どんへ


> しかし 責めて解決するものではありませんよ LGBTの問題については うん。
> あの エリートそのものの ワタル氏が 『まさかっっ!!』だったものねえ。。。

未曽有のワシら周囲の「大嵐」でしたわなぁ。。。
ぶっちゃけ・・『なぁ~~ンか 最後はワシとこにババの札が回ってくるよな気がする・・』って思ったが 案の定(^^;

> だけど…ホント リクさん『 いい加減にしないさいよ!! 』って(笑)
> 、ロシアンルーレットだあ?? @@;
>  毎度のように言わせてもらいますが・・・『 アンタは狂ってる!! 』

でも その説教は ぶっちゃけ、ワシへ向かって「空気吸うな」「メシ喰うナ!」ってのと等しいと思わんか??
ルシアンは ホンマ ごっついデ。。体中の血液が逆流すんのがモロわかるから イッペン君もヤってみるか?(笑)

Re: 菊川鈴音 さまへ

 菊川鈴音さん いつもありがとうございます♪

> 上手いコト言おうとしたけど、思いつかない・・・orz

ぶっちゃけ「真の感想」ってのは そういうもの♪
ぶっちゃけ 内容…コレでも(笑)キレイに抑えとぃる方なんでおますけど(^^;
文字に起こすと いかにもの荒唐無稽ぶりが目につきますわよねぇ??

> LGBTってのは、ただの逃げ口上なんだよね?
> 仲間との距離感も自ら離れていった結果で、問題の根源は自己の中にある様に思えます。

まさに「その通り」だと思うの訳ですが・・・
と同時に 逆に「そのご意見は」菊川さんやボクちんらが、ブレのない「日常に」疑問も抱かずに生きているかって証拠なのだとも思われます はい。
ぶっちゃけ 「異形への扉」それを開けちゃったンだよね~~ ワタルは。。。


> ”意識高い系”であっても、自己解決能力は別問題であったと言う事なのでしょうネ。
> 顔を突き合わせて話さないと理解し合えないコトもあるという、当たり前のコト

菊川さんも お判りとは存じますが、殊 日本におけるビジネス習慣は、この先100経とうと、欧米の「それ」とは異なる、
独自っていうか ガラパゴス化した それからは解放されないと思います はい。
『結局 大事なのは《お約束の構図かよ!》』ってそれ。
家庭面もそうですし、もはやヤメてるからって 言い訳は、なっかなか通用しないのが ナンともなところだとも。。。

Re: 長生きの秘訣さんへ

 長生きの秘訣さん いつもありがとうございます♪

> いやはや…眩暈がするぐらいの 文字通りの「骨折り仕事」でございましたネ。

ぶっちゃけ も~2度とゴメンでおますだヨ(^^;
ってか、マジですが・・・『どうにか出来ちゃった』ってのが マジでもって「怖い」ッス。

> だけど! 停滞していた じつに『多くのものを』リクさんは 見事に(こわい手段も使って:笑)
> 一挙に 思う通りの方向にラインを導きましたね♪♪

ぶっちゃけ ココんところが、わたいも♂ゆえに、オトコ的発想なんでショが・・・
『この先は どうなるものだろうか??』ついつい それを懸念してしまうテメエっが居りまして はい。。。
最大 譲っても・・・ワタルには今後 幸福などは訪れないような気がして。。。
本音ですが・・「遅過ぎてねえのか??」ワシら同年代 四十路の人間が 今から♀目指したところで、
それが完成迎えるコロってなりゃ そこに居るのは コ汚いジジイやんか?? って気持ちがどうにも拭えない。。。

> アジアの片隅で隠遁するって・・小生とて 自分の娘がそのような立場となったなら、婿さんボコらずにはおれませんから(^^;

それこそが「正しい 日本人のと父親像」であると真に思いますよわたいも ええ。
相手を おもんばかるダケが能じゃないス、間尺に合わない事には 正しく「怒らなくては」。
わたくし常に思ってます。日本の 教育評論家こそが、家族関係の有り様を破壊する存在であると!

> 今回名わき役 グレゴリオって刑事も、きっと リクさんに秘められた能力を感じ取っての協力体制だったのでしょうね♪

やっぱ 思いますが グレゴリオには 『同じ匂い』を感じました はい。
ぶっちゃけ「あんな国 あんな都市」で、そこから『逃げないで』・・自分なりの矜持と生き方を貫く アイツも「オトコ」です はい♪

Re: pierrot le fou さまへ

 pierrot le fou さん いつもありがとうございます♪


> ひょっとして、これって久っさびさの立ち回りでしょ?(^^)
> 過去ブロでは週3~4の割で闘争本能に身を任せていたことを考えると、まぁどれだけ長いことフラストレーションを溜め込んでいたことでせうね

 まぁ~~さすがに『歳ですから』(笑)(笑)

あの軍属どもを「仕置き」した背景ですが・・・
日本でも その傾向はアリますけど、マニラって場所ですとネ、ぶっちゃけ レディーBOYってのは、
マニラにおける 最弱の生き物なんですナ うむうむ。 レディーBOYらの まさしく天敵は、街の酔った酔漢なんでして、
もうハンパなく ボッコボコにされるそうで・・・わたくし そんなヤツらの行為 わたいは許す気はなれませんので。
どのような人間だって 堂々と 通りの真ん中を歩ける、荒くれノベルの根本思想は そこにこそございます はい。
>
> フィリッピンって、ダイバーに取っては料金も安いし、キレイなポイントが多いけど、トンガやフィージーやハワイ、バヌアツのような伝統・文化がまるでない(>_<)
> カソリックの宣教師によってネイティヴの大切なアイデンティティが失われ、中途半端な近代化の失速例になってしまった国
> インドって道に落ちてるものは、干からびた犬の糞くらいで、残飯なんかあるはずが無い
> けれど、マニラはゴミの山だ どちらが不潔なんだろうね

あきらかに それはフィリピンこそが「異様の姿へ変貌した典型例」だと思えます はいー。
ホント、川沿いの掘っ立て小屋に住もうが、それはイコールで貧困だとは断言できません はい。
むしろ 腐敗の限りを呈する マニラとかって、都市としての構造に、『それ在ってこその自分』って 耽溺してしまうヒトとしての 生き方そのものが、「なんとも卑しく 不潔」なんだと思うのですよん。

> 会社を立ち上げ、それを運営して行く上では
> 必ず仲間との亀裂や乖離が生じるモノで、これは成長には欠かせないもの
> その意味ではワタルは折角ホンモノになるチャンスを逃してしまったってことか・・(p_-)

むしろ・・『以前と変わりなく 同じまま』って方のが稀有ってか、ぶっちゃけ なんか気持ちワルいでス。。。
哀しいかな 人間は、独り勝ちするならば、今度は『内部に』・・敵を求めてしまうって そんな「動物」。。。
ヒトの優劣では無いって思う、数々の歴史の事実が証明する それこそが「真実」。
結局、他人に対して テメエとしての勝手な幻想を抱き過ぎたワタルが いかに甘チャンだったかって証明で。。。


> しかしそれでも、人を突き動かすモノって、
> 人をトランスに走らせる衝動ッてのはいったいなんなんだろう?

それについては 依然としての「迷宮の回廊」ではないでしょうかネ??
ぶっちゃけ わたいも なんら判りません はい。
ってかサ・・ぶっちゃけ『このカラダつきしてて なおかつ わからん!』ってンだから、(^^; コレは相当にネジくれててフクザツなんだろうって思えてなりません。


> ラストの
> Downtown train
> イイね(^^)
> ビックリした‼️
> 秀逸!

お誉めいただいて うれしいですね♪

今回のマニラでの案件とは 必ずしもマッチングしません 歌詞ではございますが。
あの、映像での「光と影の印影」が、どこか ワタルのココロが抱える 鬱屈とした感情とシンクロするような そんな気がしたのです はい。

Re: アツシさんへ

 アツシさん いつもありがとうございます♪

> 「申し訳ございません」最敬礼「あんたが、そこまでするんだから、今回は、あんたの顔を立ててこれで収めましょう。」
> 段々減っていく光景でしょう。

平成5年生まれの フレッシュメンらは「いかにものアナクロ」って そう思うでしょうけど・・・
どっこい! この日本での「商習慣」とは、若いのがバカにする その「土着的構造」に 今も根付かれたモンなのです はいー。
ってかサ・・・ぶっちゃけ こういった「ひとのなさけ」が 少しでも働く環境であることに アツシさんもどこか安心感を抱きませんか??

わたいはヤだなあ。。。先月まで エリートだった人間が、1度のシッパイで 今日はホームレスとして街でゴミ箱漁るだなんて構図は・・(><)

> 頭を先に下げたら負け!
> という、嫌な世の中になって来てます。

儲かるのは ぶっちゃけ 弁護士ダケですから(--;
でも、ちぎれてしまった「互いの信頼関係」それあ、どんだけか敏腕な弁護士だって、それを修復させることなんか『 出来るかアホっ!! 』なんでして。


> 私には、そんな甲斐性(財力)ありませんから、やれやしないですけど。
> 子供の頃は、欲しい物、やりたい事が全部出来たわけじゃなく、むしろ、叶った事の方が少なくて。
> でも、当時ごくごく普通の家庭だった訳で。
> 悲しくても、寂しくても、辛くても
> 仕方ないやと思っても
> 耐え切れずに、大粒の涙がポロッと出る事があって。
> 自分の子にそんな思いは、させないと頑張る訳です。

・・・なんか 泣けてきちゃいますねぇ。。マジで。
いたって『ウチもおんなじ!』・・・
父親が「あれ」だってので(笑)(笑)必要上 少しダケ早めに わたくしはオトナの概念になりまして。
衰え行く チンケな街の片隅で、癒されない思いに 膝を抱えて蹲る かつての時代でした はい。

でも、息をしてて 心臓が動いているうちは、「どうあっても生きなくちゃ!」
そうやって 次第次第に 成長していくのが「人間ってもの」。

> ワタルをとっちめてるリクさん、 ココロの中では、

っていうか、なんだか ワタルが 不憫で仕方ありませんでネ。。。
見当違いだって なんら構わん! なんで?? どうして、このワシに 悩みの底を打ち明けて 話してくれなかったんだ!? って。
ナンのアドバイスも たぶんあげられなかったのは判ってる・・だけど、少なくとも あいつの肩を抱いて・・
『イッショに 泣くことは出来た筈じゃないか!!』って、そんな思いが。。。
プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR