FC2ブログ

「風街」と「ろまん」 (4乃2)

 【 自由の風を運んで来た少女《ろまん》 】


もう 病院とかでの検査は終わって、如月風街が 自宅に戻って来るかなあ? って思い、予定の無い ある日の夏休みの午後に 彼の家を訪ねました。
           170818aa.jpg
         コテコテの名人芸 スキでおます♪

「ゴメンください どなたですか? 新浜のリクちゃんでス お入りください ありがとう」新喜劇の 桑原和男を真似て 勝手に 風街の自室へと入りますと・・・


中には 風街の姿はなく、その代わりに「え?どぼちて??」って、ひとりの 垢抜けた《少女》、全然 地元で見たことない貌だ。

チョっとポカーンとしてましたなら、少女の方から『アナタはだあれ?』って 問いかけが。
         170818aa1.jpg

慌てて自己紹介をしますと 少女は、『あ アタシはネ。風街と1つ違いの《妹》夏休みだから ちょっと訪ねてきたんだあ』と。

リク「妹さん?? でもそれにしては、キミ ずいぶん流暢な関東弁ってか標準語しゃべりはりますねんネ」

すると『ああ 言葉か。アタシ 普段暮らしてるのは、神奈川のヨコハマだから。あのネ、うちのお父さんとお母さん、離婚したのヨ、アタシがまた7歳の頃にネ。で お父さんと風街がコッチの家に残って、アタシはママと、ヨコハマ。ママは他のオトコと再婚しちゃってて、今 苗字も違うの」と。

           170818aa2.jpg
   ぶっちゃけ ボロっちい 宮津駅なんか停まるのが不憫な豪華列車

で『風街は 午後六時半のタンゴエクスフローラーで戻るっていうから まだ帰るまで時間あるよね。出直す??』


リクめですが 当時から けっして「ガールシャイ」ではない。ってか スケベであ~る(笑)(^^;このよに 雑駁でフランクな云い方をする女のコ「基本大好き」で。

いきなり押し倒す・・なんてしませんが(←当たり前だろが…)ケッコ~調子よく、雑談が進みにつけて、『バスト何センチ?』とか、『今日のパンツ何色?』って(^^;

            170818aa3.jpg
            ノリがよいコで♪

初対面にしては ぶっちゃけロクデモない エロトークをば吐いて、『ヤだ えっちぃ~』とか『エロいわよアンタ!』って、カノジョもまんざらでもない感じで。


でも…タダ、エロトークに興じていたわけでもありませんで、リクめはリクめなりに、風街を軸として、周辺の色々なことを考え すり合わせをしていました。

なんとなくは感じていたけれども、あの 風街の環境は かなりフクザツなようだ。ある意味で、《天才》が誕生するって、それの背景には、ドコにでもありがちな 凡庸なリクめのように、標準的アベレージの家庭ではムリなのかも。

                170818aa4.jpg

風街の お父さんという人は、関西電力の研究室勤務の いわゆる 学者さんで。「視覚化なんたら」って、難しげな研究に勤しんでいるのだと。

一方 お母さんて人は、若いころに雑誌のモデルをしていたとかで、おふたりは、どうしても その相性が折り合わなくなってきて離婚に至ったらしい。

で、妹を連れて 関東へ戻ったお母さんは、今の男性と再婚を果たしたそうで。妹が云うには『新しいパパ?うん、ぶっちゃけ《やくざもの》だよね。よくわかんないけど、土地がどうだの、株がどうだのって 家でくつろいでても、ケータイでアレコレと話してる。正直 あんまり夫婦の愛情はナイんじゃないかなあ?新しいパパは、アタシにはなんでも買ってくれるよ、お小遣いもたくさん呉れる。でも…正直 心の底からスキにはなれないヒトだよね~悪いけど。。』
           170818aa5.jpg
       当時まだ存在した「バブル紳士」ですナ。。

そして『ヨコハマの方でサ、アタシも中高一貫の私立高に通っているんだけどネ、毎日 愉しいっちゃ愉しい。。。でも・・こうやって この丹後に来てみると・・意外にイイわネ こういう地方も。』

わたいは「そっかぁ??ワシなんか 毎日 息が詰まるような想いで、ゲンナリしながら暮らしてるのやデ。ああ…都会へ出たいわぁ・・・」

少女は『でもサ、仮に都会出たっていっても、《日頃の鬱屈さ》なんてのは無くならないものヨ?このアタシがいい例だもん』


そして『で ホントのパパが、風街と、神戸から この丹後に引っ越した。パパもちゃっかり再婚したってから(笑)そのヒトの顔見ておくかってことで 今回ココに来たんだけどねアタシ。ま~うちのママと違って《ジミなオバサン》ってか、アタシにも やたら気を遣ってくれちゃって 正直困惑するんだけど、ホラ、兄も風街だけど、もうじき・・・全盲になっちゃうらしいじゃん?・・・それ考えると、ああいう 特徴ないけどやさしそうな人が母親ってなるのは イイ事なのかもね』

         170818aa6.jpg
       このコにも「闇」がアリそうだナ。。。

・・・ふうん。。。このコなりに、案外と色々考えているのだなあ・・って。


 「ねぇ?キミやけど 名前はナンていうの??」 『当ててみてヨ♪』


 「じゃあ…いくヨ?? 名前はズバリ!《ロマン》とチャウか?どないや?」 『・・・ビックリした・・。悔しいけど正解。ひらがなで《ろまん》なんだけどネ ね?どうしてわかったの??』


・・コレもひとつの《相性のなせるわざ》か? リクめは この妹《ろまん》に なんだわかりませんが、《縁(ゆかり)》を 感じ始めていたのでした はい。

この《ろまん》には、ナニよりも『自由の空気』それを感じ取れる。この丹後の土地に わたいが嫌悪感を抱く その理由・・・

それは、ニセモノの「都会」と・・ハンパな「田舎」・・・。リクめと同じ年代の若い者らはみな、雑誌からの知識・情報で、テメエらのことを『ワタシら都会のコと変わらんよネ?』って、
          170818bb.jpg

週末ダケでも 試合とかで 都会へ出ている リクめなんかからするならば 正直『ナンぢゃ?この けったいな恰好と髪型は??』世の 若い者をカモにしたがるオトナの策略にスッカリとハマっている。。。


 みな どうして?? 自分が暮らし、生きている土地に もっとプライドを持たない??獲れるサカナは、東京の銀座では 垂涎の的なんだゾ

海を見ろ! どこまでも青く、砂浜は極上の質だろうが。秋になれば、小高い山に登り、下を見降ろすなら、半島全体に 雲海が広がる その風景たるや 1つの藝術だ。
            170818bb1.jpg
          真似っこしたところで・・《この程度》なんだお!!

オメエらの けったい極まる恰好 それは…「都会コンプレックスの裏返しだろうが?」


《ろまん》には それが「無い」。。。包み隠さず 丹後って街の、様々な断片を見せても、『へぇ~面白いネ、初めて観たぁ♪』って、ただただカノジョは「ナチュラル」

             170818bb2.jpg
        かの文豪「泉鏡花」も知らない『現代の都会の美』

わたいには「判る」・・・コレこそが 正真正銘の『都会の少女』だ。そこが都会でも、あるいはド田舎でも、肩にチカラ入れるまでもなく、ごくごく普通に暮らせるってのは、《ろまん》のようなコなんだ ああ。

この《ろまん》には、リクめが渇望する【 自由の風 】が在る。正直、色恋などとは違う。《ろまん》吹かせる 都会の風・・それがボクの「欲しかったもの」なんだ ああ。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《ろまん》とは その後も 風街を表敬訪問、「するフリに乗じて」幾度も訪れ 会話をしました ええ。

風街の愛犬 ステッキを連れて、 ろまんとイッショに宮津の街とかを散歩しました。

「都会に住む さばけた今風の少女」それが 丹後宮津なんて片田舎で暮らす 高校生のリクめにするならば、それは1つの「光」で。

正直 話題はあまりかみ合わないです、ろまん から、ファッションの流行やら 髪型とかって 聞いても「そ~でっか…」でしかなく。

         170818bb3.jpg

だけども、ろまん のクチから吐き出される その言葉 言葉ひとつには、リクめにとって、憧れであります大都会の《香り》が たしかに感じられ・・・

浮気者の「血筋」なのでしょうか? 隙間風が吹き始めたマミコや、セイキ楼の跡取り娘、わたいは 思えば、残酷で無責任なガキだったとも・・・

ワルいけど この二人は…なんか DNAを次代に受け継がせるための 産む機械ってか、なまめかしくも、「単なる肉体」それとしか思えなくなってきて。

それに比べて ろまん は「華が有る」、たとえばデートして 会話して、未成年だから ジュースで盛り上がってダベる、ただそれだけでも およそ《得られる情報量が違う》。。。

勝手な言い草はわかってます、だけど・・・本来「女のコと逢ってしゃべくる」っていうのって、こういった《ときめき》があってこそ しかりではないでしょうか??
           170818bb4.jpg
      美しき故郷の風景も…ボクには息苦しくなるばかりで…


なんとなくは理解していました。 要は『刺激』なのです はい。浮気ばかり繰り返す ロクデモないリクめの父親ですが、

オヤジのココロの内面ってのが なんか判る気がした。オヤジも このタイクツな丹後って 片田舎で燻って、せめて その日常に「新しい刺激」それを欲していたのであろうと。。。


それから、風街の お父さんとも逢いました。生真面目で誠実そうなヒトでした。
         170818bb5.jpg
          「いらっしゃい♪」

「確認したくて」お父さんに わたいは、「ステレオのとこの レコードコレクション観てもイイですか?」と。


・・・やはり 「それ」は有った。『え??なあに?』と疑問の声を挙げます お父さんに、わたいは 1枚の LPレコードをとって、

リク「やっぱ アリました♪ これが このおうちの 兄妹の名前の由来なんですよね」

      170818bb6.jpg


それは 1970年代初頭から半ばまで、日本の音楽シーンに革命的影響を与えた、YMOで世界へ出た 細野晴臣、大作詞家 松本隆 幾つものヒットを生み出したプロデューサーでありシンガー 故・大滝詠一 天才ギタリスト 鈴木茂

この 若き天才集団 【 はっぴいえんど 】そのセカンドアルバムである 『 風街ろまん 』


お父さんはチョっとだけ驚いた顔で、『いや…まさしく ピッタシカンカンなんだけどネ。でも、驚いたなあ。。。いっちゃなんだけど この宮津に・・それも息子の同級であるキミが、その はっぴいえんど の、《風街ろまん』を知っていたなんて・・・』


わたいは「ウチの父親ですが、表向きは 工場のボイラーマンなんですが、オヤジいわく《本業はミュージシャンや!》って(笑)ナマイキでっけど、家にはヤマのようにレコードやらCDもイッパイでおます。わたい幼いころ 家にはあまりオモチャとかなくて、父のレコード聴くしかなくて、いろいろと訊きました。ウチとこにも やっぱアレウんですヨ この《風街ろまん》のLPが」


 「風街」「ろまん」の お父さんは微笑んで。

うん《はっぴいえんど》のかれらとネ、ボクなんかはまったくの同世代、団塊世代青年にとって 希望の星だったんだ はっぴいえんど のかれらは。
         170818cc.jpg

リクくんだっけ?おそらくはキミの お父さんも、同じ世代なんだろうって思うネ、なんていうかなぁ…歌謡曲でもムード歌謡でも グループサウンズでもない、

ボクなんかが体験した《最初の【洋楽】だった》んだよね。「日本のビートルズ」だなんて、関係ない! なんというか、儲けようって人間らのフィルターとかとは無縁な、純粋ピュアな【文化】、それを感じたのんだよ うん。

正直、《はっぴいえんど》はバンドとしては、ライブは あまり上手とはいえなかったね。

当時でも 《ブルースクリエイション》や《フラワートラベリンバンド》《成毛滋グループ》の方がより上手だったとも。
          170818cc1.jpg

だけど そんなかれらを《はっぴいえんど》を 自分のバックバンドに起用した 岡林信康の先見性は見事だったって思うよネ、次代の音楽シーンは こいつらが牽引するだろうっての 気付いてたんだと思う。


《はっぴいえんど》には、「日本人がムリしてロックやってます!」って、気負いなんかまるで無くてネ、

なにより「センス」それが在った。思えば それ以後の日本の音楽シーンで、本当に、音楽がやりたいって素人連中に、

           170818cc2.jpg

《ホラな、音楽やるなんて簡単なのさ♪ オレらみたいに 気取らず気負わず ごく自然にすればイイんだよ》って、それ教えてくれたバンドだと。


それで 自分の子供らにつけたのサ《風街》と《ろまん》。モチロン・・ドッチ方の両親からは エラく怒られちゃったけどネ(笑)

《もしも やりたいって思うならば、アレコレ思い悩まず まずはやってみるとイイ》後悔なんて、文字の通り 後にならなければ出来ないだからネ、多少 風変わりでもイイ。自由な子供であって欲しいって一念で。


 そして お父さんは、

今日がリクくんキミとは初対面だけどサ、でもネ、キミのことは、子供たち、風街と ろまんからも、いっつも・・聞いていたんだよ 本当さ。

ふたりとも クチ揃えて云うんだ。『こんな片田舎の丹後宮津に リクみたいに会話して面白く感じさせる人間が居るなんて思いもしなかった!』って、口々に感心したように。


まったく余計な事だと思ってるけどサ、リクちゃん…キミみたいなヒトはサ、この静かで美しいけど、刺激もない土地には そぐわない人間なんだと思うネ。
         170818cc3.jpg

この丹後には 丹後ならでわって良さもイッパイあるのだけどネ。要は・・リクちゃんキミには この丹後って土地が 狭すぎてるんだろう。


 『リクちゃんにも見て貰いたいモノ、ボクの研究テーマがあるんだ うん』

おとうさんは言いました。

 正直なところ「ナンのためにあるのかさえわからない」って《パーソナルコンピュータ》が 最近、DOSVとやらで発展進歩した結果、
           170818cc4.jpg
      この「時代」は、windows登場前夜のハナシでス

超小型である CCDカメラ、それの映像を圧縮をかけ、パソコンを通じて再映像化が可能とするって、風街のおとうさんは、関西電力の研究室で その研究に日々 勤しんでいたと。


おとうさんは 急に、いたずらっぽい目つきで、『ジツはね、人間が撮影するってダケではないんだコレ。今繋ぐから、チョっと観てほしい、《ある動物》してみた結果の映像なんだ。果たしてリクちゃんキミがどのような感想を抱くかに興味がある』

ディスプレーに再生が始まりますと、最初のうちは 内容の意味がリクめには てんで理解できなくて。
       170818cc5.jpg

とても位地の低いアングルで 道の上 舗道を訥々と前進している そんな映像画面が延々と続き、時折 見上げるアングルででは、真っ青な 夏場の澄んだ青空が映り込み。

             170818cc6.jpg

それでも・・・次第に、《この映像、カメラをつけられた動物がナンであるのか?》《この映像の意図するその意味とは??》それが判ってきますと・・・



 『 ああっっ!? これはっっ!! 』 途端に ボクは思わず…滂沱とナミダがこみあげてきて それを抑えることが出来ませんでした はい。


 ・・・ 知らなかった いや、気付かなかった。。。《 世界とは…ジツは こんなにも美しかったのだ ああ!! 》
                170818dd.jpg


風街のおとうさんは やさしく『やっぱり、これを観て キミは泣いてくれたネ リクちゃん。』そうおっしゃって、やさしく 蹲ったボクの肩を背中を さすってくださいました はい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「わかってるよ コレはあまりに馬鹿げた事だってのは」風街はそう云った。
         170818dd1.jpg

わたいが、『ナンで??マルオの野郎なんぞに対して、絵画コンクール金賞で得た大切な賞金を 校内異種格闘技戦になんかへ注ぎ込む』ンなアホ行動を実行したのか??って わたいの問いに関しての返答。


「ああ アホやってのは十二分に 自分でも《わかってる》。せやけど、コレも判って欲しいのヤ。。。あのなあボク・・もうじき 目、光を失くしてまうやんか?それはもう覚悟の気持ちはアルしな。でも、《その日が来るまでに 一遍ダケ》超くだらないこと、一瞬でパ~っと 大散財してみたいんヤ それ・・この《目に》光景を焼き付けておきたいのや・・」

ああ・・・そういう気分に、この風街が陥るっていうのは 判らないではない。パっと、自分だけの大きな花火を打ち上げてみたいって気持ちなのだろう。

 だが・・・納得がいかない それだって「有る」。今回の格闘技イベントなんてのはイってみりゃ、地元の有名旅館のボンボン マルオによる古典落語《寝床》の世界だって ああ。
           170818dd2.jpg

義太夫に凝った 大旦那の自己満足のご披露に、みんなが仕方なく 付き合わされるって構図とイッショ。

マルオのヤツは、テメエで習っている キックボクシング。それの技量を効果測定、ガッコの生徒、女子らに披露して 賞賛を受け、自慢に浸りたい それだろが?


生徒間のウワサでは・・ウチとこ高校の 学級担任、学年主任、そして教頭と・・・マルオは 自分ちの超高級旅館へ「ご招待して」

「お酒と高級料理でございます」「芸者さん 豪華にも6名でございます」「お車代でございます♪」って・・《まんまと》籠絡して、今回のGOサイン イベント許諾を得たのだって噂。
           170818dd3.jpg
 花街のウワサ『寺の坊主とガッコのセンセほどスケベはおらへん』とも申します

コレが露見したなら さぞかしや かぐわしき事態も容易に想像されるけど まぁ ンなことにわたい個人は興味はない。


せやけど・・・気に食わんのは・・およそのガッコの生徒らは、『おそらく 決勝戦は マルオとリクとの一騎打ちやろう』って・・・ある意味で「期待している」ことなんだ ああ。

100円単位の トトカルチョもコッソリと校内で行われてルらしい。。。 ザケやがって・・・。
          170818dd4.jpg
 スイマセン・・コレはウチの会社での高校●球のトトカルチョでおます(^^;


なんだか校内に ヘンな興奮と期待が起きているようだ。。参加選手、我が身の鍛えた武術のガッコ最強の証明? けっ!ウソぬかせヤ・・。選手同士がリングで 闘っている、その《残酷な見世物を》・・・

まるで ローマ帝国時代の貴族気分で、ライオンと死闘を強いられる 奴隷戦士を酒食に浸ってニヤニヤ観ていやがル・・・ズバリ!それやろが?? ぶっちゃけ「その根性」がムカつく。。。
    170818dd5.jpg


ワシはナ・・・テメエ自身では マトモにケンカ1つ出来ないって、テメエっちらの 夢を委託されて相手選手と闘う義理なんざ コレぽっちもありゃせんのぢゃいっっ!!アホめらがっ!

闘う者らへの ナンの支援も もしもの際の保障も テメエらにゃ出来ひんやろが? 得手勝手な夢 コッチにおっつけて タニマチ気分でいるなってんだ!ワシは奴隷とチャうわい!!

校内で 調子コイた同級生や あるいは先輩が『よっ♪ リク坊 頑張りぃヤ♪』だなんて声を わたいに対してかけてくる度、わたいは そいつらを「視殺」してはビビらせてヤってました はい。
            170818dd6.jpg
        テメエで闘いもしないザコは『すっこんでろ!』


で 風街は こうも云いました。


・・・なぁリク。キミにだけは理解して欲しいって思ってるのヤ ああ。。。

ボクにはわかる、キミは あんなマルオよか 数段以上も強い人間だってことナ。それにケンカっ早いんじゃないキミは。

持てるレベルで 1か2程度のスキルを使うことで、挑んでくる相手に どんなに頑張ろうともリクって人間には太刀打ち出来ないのだってことを諭しているんだ ああ。

            170818ee.jpg

その・・・雄姿を この目の《記憶として焼き付けて 光を失くしたい》・・・期限を切られるとネ、なんか無性に焦る気持ちが出てくる・・・

 雄々しい姿、そしてキレイなものを 最後の記憶、記録として 脳に焼き付けておきたいんだ。《見えるうちに・・・》わかってくれるよな??


・・・でもな、風街よ、けっして自慢などではない。。。ワシがナ、イザって 本気出したとしたなら・・・

            170818ee1.jpg
     闘う相手の「光を消す」無残なツブシ合いなんだ。。

マジで云うけどヨ、《その構図》って、それは 美しきモノなんかでは無いのだヨ?むしろ 観てしまった自分のことを後悔する、そんなもんだ ああ。


でも、あえて「それ」は 風街には告げませんでした。「よっしゃ!ほならチト ヤったるかい♪ オマエも応援したってヤ な?ステッキ」

           170818ee2.jpg

そう云って 風街の傍らに居る 愛犬ステッキのアゴを撫でますと、ステッキは 喜びながらも『くうぅぅ~ん…』っと、さも心配げな声を挙げました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『あ~~あ・・・宮津に居られるのも明日までかぁ。。長いようで短いもんだネ 夏休みって』 っと 風街の 妹 ろまん が そう呟きます。

                170818ee3.jpg

「正直なところ、風街にいちゃんよりも、リクちゃんと こうやって遊べなくなるのが寂しいなあ。。ね??いっそのこと アタシにくっついて、ヨコハマ来ない??新しいパパ お金持ちだヨ、リクちゃんひとりぐらい、ヨコハマ近辺の私立高校に入れてくれるヨ♪アタシん家に住みなヨ」「無茶云うなヤ(苦笑)」

テメエのことながら・・ぶっちゃけ このわたいの ドコが気に入られたものか??

リクめは 風街の妹であります 「ろまん」、カノジョの、宮津滞在先での、「調達カレシ」って立場で、バイトや 部活の練習あれども、逢わない日はアリませんって状態でした はい。


『うん スキだヨ♪ リクちゃんのこと とっても! ヒカルゲンジよりスキ!チェッカーズの フミヤ…その次ぐらいでスキかな? リクは♪』って やれやれ。。。


リク「な? ろまんチャン、イッペン聞いておきたかったのヤけどナ?」

ろまん「なあに?」

              170818ee4.jpg

リク「ろまんチャンとしては・・兄さんである 風街、アイツのことは どないに思ってはりますのん??やっぱ、近い将来、視力を失う兄を持つって、この先が面倒だって考えてはるのかナ?」

そう問いますと ろまんは・・・


・・・ううん。いっぺんだって 風街あんちゃんのこと、そういう風に考えたことなんかないヨ。

昔から 風街あんちゃんって、風変わりじゃん?エキセントリックな兄だなあって実感はあったけど、でもアタシ ズっと大好きなんだ ホントだヨ・・。

素っ気ない妹に映ってるだろうけど、眼科の専門医師に尋ねて 決めていることアルの アタシ。

アタシが18歳とかになって、身体の成長が一応 終了した後なら可能らしい。アタシね、将来、風街あんちゃんに・・

 
 【 片方の 目の角膜、それ移植してあげようって・・・ そう決めてるんだ うん♪ 】

      170818ee5.jpg


  「・・・っっ!! ろまん チャン・・・キミ・・・」

            170818ee6.jpg

・・・なんたって血を分けた近親者 実の兄妹なんだから、親和性?? 角膜の相性にはなんら問題はないわよネ?

え?? うん・・まぁ・・アタシも 片目でのその後の生活って、なにかと不自由でしょうっていうのはチャンと理解してる・・・。

でも、最近では たとえ片目でも、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上アルならば、自動車の運転免許は取得可能だっともいうし♪

義眼を入れて、普段グラサンでもしてれば そうはボロ出ないッショ♪ あんまり考え過ぎも良くないってば♪


けどサ?思わない? 全盲のヒトが、たとえ 片一方だけでも その目が見えるとするならば、それってスゴいことだよネ??

風街あんちゃんの あの 絵の才能、視力の問題でダメにしちゃうのって やっぱ惜しいじゃん♪ この気持ちに アタシ…偽りなんかナイわヨ。。。


 『ろまんチャン・・・キミはやっぱり《天使》だ。。。そうに間違いない・・・』

            170818ee7.jpg
         このボクが、このコに惹かれた理由が「判った」。。

そして ろまんは こうも・・・

『でも、若いよネ アタシらドッチとも。今から10年も経って、今の《思い出》振り返るならば、思わず 吹き出しちゃうって そうなるかも。。。でもサ・・それでもよくなくない??ねぇ?過去は2度と再現できないよネ?で、未来はまだ来てもいない。実感をもって 色んな経験や体験それが出来るのは《今現在》それでしかないのだから。。。今 自分として感じる思いに、若くたって、未熟だろうと 真剣であるってこと、恥じる必要は無いってアタシ思ってる。。』


なんだかわたいは、この ろまんチャンの言葉、スゴく 《奥深いもの》そう感じて つい唸ってしまった。

…そうなんだ。。スグ足元、そればかり見ていたって仕方がない。そして、あまりにも遠い、遥か彼方を眺めて 杞憂にくれるなんてのもナンセンスだ。
              170818ff.jpg

大事なのは その中間・・というよりも、スグ足元と、遠い彼方、《ドチラをも確認しながら【今を】生きる事》 それこそが「人生を生きる《航海術》なのだろう」ああ。。


『それじゃあ、まだ逢ってる時間はあるかも知れないけど、予め言っとくネ。明後日だっけ? 格闘技の試合。頑張ってネ MYハニー リクちゃん♪』

そういって ろまん は、わたいの頬に、チュっとキスをして いたずらっぽい顔をしながら 走って 海岸を遠ざかっていきました。
         170818ff1.jpg


背後の草むらで ガサガサと音がして・・・

『お~お~っ! おモテになりますねぇ♪ さすがは色男 リク様』ヤブ蚊に刺されたのでしょう、忌まわしそうに 腕をボリボリ?きながら 出てきたのは《マミコ》 @@;

リク「いや・・あの・・・コレは チョっと・・っっ!!」

          170818ff2.jpg
       餅つけ…ぢゃにゃくて 落ち着け@@;

マミコ「ズ~っと観てたヨ わたしは!!可愛いコやん?いかにもアンタにゃ お似合いやんかって(嗤)エエんヨ?わたいのよな 年上のオバンのカノジョ ほかして(捨てる)しもたて 一向に」

リク「いや・・その・・・まぁ 落ち着いて・・っっ!! マミコちゃん ココ座れヤ な??(あたふた)」


 『 バカぁっっ!! 』 バッチ~~んっっ!! 強烈な「平手打ち」。。。 ぶっちゃけ 『 痛っっとてぇぇぇ~~っっっ!!!(泣) 』

           170818ff3.jpg
        って・・ナンでこぉ~~なるのっっ!(TT)

空手の師範の突きや蹴りにだって 顔色ひとつ変えない このわたいやけど・・・どぼちて?? オナゴの平手打ちってのは こうも痛いンだろ~か??

  マミコのやつも 走って去っていきやがった。。。



『・・・リクちゃん・・』 あああ~っっ!!! 今度はドコのどいつだ!こんちくしょうめいっ!!

その声は セイキ楼の娘《マスミ》で。。。

マスミ『もう 5年になる? マミコチャンとは 長いものネ。。。やっぱり・・アタシのことなんか リクちゃんは好きにはなってくれへんのかなぁ。。。』

リク「・・・っっ!!い、いや・・スキやのキライやのって・・・ンなモンとはチト違っててヨ・・ っっ!!・・キミとことワシぢゃ、立場が釣り合わんってゆ~か その・・」

マスミ『でも うれしかった。。。リクちゃんがアタシと、アタシの家 セイキ楼を背負って、あの 橋立楼のマルオと闘ってくれるって聞いて。おかあはんも喜んでる♪』

        vvv99h.jpg
            毎度おなじみの(^^;

 内心で・・・『 ちが~うだぁ~ろ~っっ!! ちがうだろ!このハゲぇ~~っっ!! 』って思うわたくし(笑)


マスミ『そんなリクちゃんならば、アタシ・・アタシのサイショ・・あげてもエエんヨ。あの お医者さんごっこの頃より、もうちょっと、成長してるンよアタシ(照)』
          170818ff4.jpg
      なんせがカラダは街でも「ピカイチの一級品」で

勝手に・・・マッカに頬を染め 去っていきました セイキ楼のマスミ。。。

              170818ff5.jpg
          スッカリ やさぐれた気分の リク坊でスた はいー

・・・ったく・・ナンなんだ?? この突如の《女難の相》は?? とほほのほ。。。

          170818ff6.jpg
     と…エロも無いまま 次回へと(^^;
   (次は 格闘技戦バイオレンス でス)




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR