FC2ブログ

「風街」と「ろまん」 (4乃3)

 【 16歳リク 鬼と化す 】


『え~それでわ! 栄えある宮津高校、《校内格闘技決定戦 第一回大会》を開催します!』
             170818aax.jpg

なんとも間延びした、人が良いだけが取り柄の 生活指導のセンセの開会宣言がなされて。。。

・・・へっっ! ナニをえっらそ~~に! たかだかが、調子コイた高校生による ワルノリ企画イ
ベントやないかって!

          170818aa2x.jpg

特設リングって聞いてたが、それも「やっぱムリ」で(笑) ナンのことぁあらへん・・・剣道部の練習場、板の間にテープ貼って そこにて戦かえってか 泣けてくるやん。。。


けっこうな数の「ギャラリー」集まってル。女子生徒の数も多い。。。それの殆どは、マルオの「おっかけ」要するに そんな色合いのイベントだって事なのさ。。。

参加する 8名の「猛者」(笑)

    170818aa4x.jpg

■ マルオ(キックボクシング) ■ ウチムラ(柔道部) ■ ノジマ(レスリング部) ■ アンザイ(相撲同好会) ■ シマザキ(一般生 少林寺拳法) ■ タバタ(一般生 地元のヤンキー) ■ モトヤマ(外部高校特別参加者 ボクシング) そして リク(合気道 空手) といった 『 8名 』。。。


で、まあ… 観るまでもなく、ギャラリーらは みな一様に『こりゃ 決勝戦は マルオVSリクだぁナ』って、そう睨んでやがるようで。

ヤンキーのタバタを除くならば、マルオとリク以外は みな「田舎のヒトのよい高校生」に過ぎなく、これから真剣勝負に臨むって緊張感よりも むしろ、愉しいイベントに参加するんだって、ぶっちゃけ『カオがニヤけたまま』それで。

          170818aa5x (2)

「試合」は、剣道場の和太鼓 ドン!! って音で試合が早くも始まりました。

2ラウンド制 一回5分間で。決着つかない場合は 更に 延長戦が3分。それでも決着しないトキは、レフェリーの判定で決着ってルール設定で。
          170818aa5x (1)

その「レフェリー」は、マルオがマンツーマンで キック習ってるって そのヒト、《タイガー喜多川》が、白シャツに黒のズボンって、 K-1スタイルで臨戦していた。


ナマイキそのものですが、わたいは おそらく決勝で当たるだろう マルオとの一戦を考えていて・・『勝負がもつれたならば、おそらく…判定でワシが勝利って その目は薄いやろナ・・』って そう思った。完全KOか、マルオから「まいった!」引き出すしかナイやろう。。。

なんせが タイガー喜多川・・キックのコーチとは云うが・・実態はナンのこともない、大阪でジム経営にシッパイして、丹後まで都落ち、マルオの実家 橋立楼の大旦那に拾われ、
        170818bbx (2)

今じゃ 昼間は 旅館のハッピ羽織って、旅館の下仕事してやがルって伝え聞く。喜多川にとって マルオは 大事な主人家の 坊ちゃまだ。。。

                170818bbx (1)

『マルオVSウチムラ』正直このバトルは、残酷な、典型的『ライオンと金魚』それだって思った・・・。

街場でのケンカで、意外にも「柔道のスキル」ってのは あなどれなくキケンだ。とくに アスファルトに「投げ捨てられたなら」・・軽量な者であろうと、内臓等への大きなダメージ それはけっして無視出来ない。

しかし・・・柔道を純粋に稽古する人間ほど、云えることは、かれらの柔道スキル、それは『相手の衣服を掴んでこそ それは発揮される』ということで。。。

要するに、柔道を稽古する人間は、「殴られる」「蹴られる」って作業、それに『殆ど 耐性が無いのだ』ああ。。。


マルオは、正直 意外にも・・・流麗とも呼べる ステップワークを操り、およそ5秒に1度で繰り出す《ローキック》で、着々と 柔道のウチムラを 追い詰めていた。

          170818bbx2 (2)

『え? ナンだヨ?? 聞いてへんがな! 痛ってぇ~ このローキックっての・・脚があがんないがナ チョっと・・痛いって!!』ウチムラのココロの叫びが わたいは手に取るように理解出来る気がしました はい。


・・・ウチムラ、キミは けっして!弱くはない。ただ この「組み合わせ」は、純粋に柔道オンリーの キミには「不利」…それなんだ ああ。

こんな なんちゃってイベントに命なんか賭ける価値などはあらへん!無理なんかしないで、さっさと試合 放棄しろヤ な??・・・

           170818bbx2 (1)
         冷徹に 勝ち誇る「マルオ」

グッタリとした様子で 両膝を板の間に屈するように付けて これ以上 地球の重力に逆らい 立っている事が不可能になったウチムラ。。。『戦意喪失で マルオの勝ち!』喜多川はそう宣言 ドっと!ギャラリーらの興奮した歓声が挙がり。


ノジマ(レスリング部)VSアンザイ(相撲同好会) シマザキ(一般生 少林寺拳法)VSタバタ(一般生 地元のヤンキー) 

ぶっちゃけ 次のこの試合は、『いかにも高校生同志らしい、観衆は笑いながら盛り上がれる そこそこの勝負内容』で。

相撲のアンザイが、レスリングのノジマを その体重を充分に活かし、覆いかぶさり 軽量級であるノジマは耐えきれず タップ「まいった!」するって展開。


次の 少林寺拳法のシマザキが、ぶっちゃけ 街場でのケンカ・スキルのみしかない、タバタを「徹底的に空振りさせる連続」
            170818bb4x (2)

ブンブン!と、ガキのケンカそのものに、両の手を大きく 振り回すダケって そういうタバタを シマザキはフットワークで受け流し、遂には スタミナ配分って問題なそ1ミリも考えていない ヤンキーのタバタは、ゼイゼイと、文字通りの《OVERペース》へと追い込まれ、喜多川の最終判定で シマザキの勝ちってことに。
                170818bb4x (1)

  
   さあてと・・・ワシの出番ヤ。

          170818bb6x (2)

ボクシングの モトヤマって外部高校の人間、無論やけど、コイツに 恨みも因縁もあらへん。けども、こうやって クジで当たったからには ぶっちゃけ・・『仕留めさせて貰うデ・・・』

             170818cc1x (2)

ドン!!『開始っっ!!』わかってンよ 旅館の番頭見習いサン(嗤)そう せかすなって。JRのダイヤでもあるまいに、定刻通りとはいかないのが格闘技ってモノなんヤ。


やっぱりナ・・・。モトヤマは、セオリー通りに まずは《アウトボクシング》から コッチの動向を探ってル・・・。

せやけど、イイ機会ヤ 覚えとけモトヤマよ・・・。《インファイト》ではない アウトボクシングを選択したってことは すなわちが・・・【至近距離での《フック》それは打てない】ってことだ ああ。。。
         170818bb6x (1)
        「確実な 有効打」は封じられるって事だ。。

さあ…来いヨ♪ ムダなボカスカってヤリ合う展開は ワシかて望むところとチャウよってナ。さあ・・・手を伸ばし『打ってこい』・・地面蹴って 腰入れてワシのこと本気でドツきに来いヤ♪


耐えられなくなったか?? 用心が続かなくなったか モトヤマは、中途半端かな?っとも思える右ストレートを リクめに繰り出した、そんなモトヤマの腕を「キャッチして」・・・


柔道技でいうところの、『払い巻き込み』で、モトヤマを投げ捨てる。無論 カラダはピタっと密着 離さないゼ。。。

『 ふんっっっ!! 』腹筋と背筋精一杯使い、モトヤマの背後に回り込む。ぶっちゃけ 寝技の経験が無い ボクシング戦士には これからは未知の領域さ。


モトヤマさん、ワシはネ、アンタのこと 無暗と傷つけたくはナイねん ああ。スパっと!一気に『極めさせて貰うデ』・・絞め技の教科書みたいにナ。

・・・相手の背後を取り、裸絞めのような体勢から相手のあごの下に二の腕を通して襟を掴む。そして、もう片方の手を脇の下から腕を巻き上げ、腕も制しながら絞める・・・

          170818cc1x (1)

変形《スリーパーホールド》 古式柔術名で《片羽絞め》それだ。首の部分 頸動脈を完全に極めるならば、ヒトはホンの3,4秒で 【 落ちる 】。

ぶっちゃけ しくじり はあらへんデ。ワシは《ブラジリアン柔術》で この技を習い、ほんでもって、柔術の師範のセンセ 絞め落として(笑)いぶっちゃけ それ以後の人間関係がビミョ~になったのやけん いひいひ♪

モトヤマはそれでも数秒間 バタバタと「あがなった」。そして、下の顎がダランと垂れ、目の瞳孔が開き チカラを失って・・・「落ちた」。。。

            170818cc3x (2)

 『勝負あり! それまでっ!!』慌てたように レフェリー喜多川が 「落ちた」モトヤマに《活を入れて》いました。

周囲を取り巻くトーシロ ギャラリーらは 訳がわからないようで、『え??なに、もう終わったの??』 『ホンの20秒もかかってないやん。ホントにリクが勝ちよったんかい??』って不完全燃焼のようなツラしてやがります。


 けっ!! イったロ? ワシの《術》とはナ、オメエら お気楽な見物人を満足させるって ンな愛嬌などとは無縁なモノなのやからヨ。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それぞれ インターバル時間をとって、準決勝が開始され。。。

向こうのヤマでは、やはりマルオが、相撲 体重130キロって、アンザイを 開始から3分40秒で「仕留めた」。

            170818cc3x (1)

前から感じていたけど、やっぱ マルオは冷酷なサディスト気質がアルって そう思った。リクですが、今現在でも『元・相撲取り』とはゼッタイにケンカしたくはない、そういった範疇なのです 相撲とは。

相撲という競技の、その 現場での戦闘能力はスゴいものが在るものです はい。

            170818cc5x (2)
     ぶっちゃけ、この「突き」素人が喰らったなら『首折れます』

だけども、他の競技熟達者 要は 「強い人間」と、ヤリ合ったばやい、ぶっちゃけ 決定的な弱点が生じます。


基本として「相撲競技」ってのは、《無呼吸で勝敗を決する競技》それなのです はい。

ゆえに・・・勝負の時間が長引くほどに、一気呵成に 僅かな秒数で決する いつもの相撲の立ち合いと異なり、

有酸素運動的に 呼吸の「吸う」「吐く」それの運動行為を繰り返すたびに、その巨大な体躯は、ブツかるに有利な武器とはならず・・・

むしろ真逆に・・・俊敏に 動き回る必要のある場面では、その体重が《マイナス面のハンデ》となる。要は『血中酸素不足状態』です はい。

               170818ddx (2)

息が続かなくなってきて、ゼイゼイと苦し気な 相撲のアンザイ、マルオはそれを余裕の笑顔で 次第次第に《追い詰め》・・・

        170818cc5x (1)

ただでさえ 息苦しいって中に、その上 シャープな ローキック、蹴りを喰らう。。。ぶっちゃけ それが野生動物だったなら、100%攻撃受けてます野生動物は《ガマン出来ずに 逃げます》、ムリしてガマンするのは人間ダケなんです ええ。

あきらかにローキック連発を受け、アンザイは 泣きっ面のまんま ナニも出来ない でくの棒と化し、苦悶の表情を浮かべているダケ。。。

『それまでっっ!!』 マルオ贔屓なんだろが、でも この喜多川の TKOの判断は げに妥当であると思えました はい。

続けるならば それは一方的な「リンチ」 公開処刑でしかない。。。いくらデカいアンザイとて、単に大きいダケの 人の良い田舎の高校生なのですから。


わたいの準決勝、ある意味では 『少林寺VS空手』って 夢のカードだとも。
    170818ddx (1)


しかし・・「こんな戦い」でもって、お互いに 長い歴史と実績を持つ 2つの流儀の武道、それの最終決戦だなんて 有り得ないし「あってはならない」。。。

こんなわたいが云うのもナンでおますが・・そんなのは まさしく『武道への冒涜行為』です。こんなヘタレのイベントが 空手VS少林寺の 最終決戦であって 良いはずがナイ。。。

        170818dd2x (2)

わたいは そう思い、も~徹底的に、『ビジュアル的《プロレス》』それに終始しました はい。

         170818dd2x (1)

プロレスです。 ぶっちゃけ、「アイアンクロー」や、「コブラツイスト」まで繰り出した(笑)

ギャラリーらは やんや!と盛り上がった。カラダをブツて合う同志 「無言の会話」わたいの「意図を」汲み取ってくれたらしい、少林寺のシマザキは、見事に付き合ってくれて♪『 飛んだり跳ねたり 』♪

ボクら ふたりは、しばし 『あえて道化』を続け「踊った」。

途中 幾度も、レフェリーの喜多川が小声ながらも、『こらっ!!ナメてんのかオマエらっ!マジメに もっと真剣にガチでやらんかい試合を!』っと小言を言った。

ふん!知ったことか♪ ワシらなりの「ファンサービス」の一環だヨ!黙っとき!!


「演じている中」、スマートな頭脳を持っているだろうシマザキは この道化を続ける最中で、『でも やはり…このリクにオレは勝てへんわナ』って悟ったようで、

シマザキも「酔拳」「カマキリ拳法」まで繰り出し(笑)

ぶっちゃけ シマザキは たいした役者だった・・・まさに、GOODなタイミングでもって『ギブアップ』してくれて♪
            170818dd4x (2)
         アンタの「男気」に感謝する。。。


  『おおっ♪いよいよ 次は マルオさんとリクの 決勝戦ヤ♪』
               170818dd4x (1)


勝手に盛り上がってヤがります 観衆ら、正直『反吐が出る思い』だった。。。

オメエら! 他人のバトル観て そんなにも留飲下がるってのか!? ナンなら この場でかまわんからヨ『かかってこいやぁっ!!』何十人だって それ受けたるデ?半殺しのヤマ 築いてやらあ。オメエらは テメエが一瞬 オオカミになったとカン違いしてやがる 哀れな『山羊だ』イザ恐怖に遭遇するなら、怖い者から背を向けて 角っこにドタマ突っ込んで メエメエ!泣くしか出来ないクセしやがって ザケんなヨっっ!!
                170818dd6x (2)

少し前までは マルオがムカついて仕方なかったが、『むしろ今は・・・』真の「敵は」… 酷く残酷で 無責任な、観衆の「テメエらだ!」



決勝の 1分前、会場の隅でわたいは 一応の準備 掌のテーピングを巻きなおしていますと・・・

『・・・リクちゃん・・』思いつめた表情でもって、 マミコが現れ。。。ッタクよ~~・・出てくんなって!! こんな際に。ぶっちゃけ『邪魔ヤ』。。。

マミコ「リクちゃん アンタ・・ホンマにやらはるの? あの…マルオさんと・・」

リク「ああ。。しゃあないやんか、ハナっから気は進まんかってンけど、コレも 浮世の義理ぢゃ」

           170818dd6x (1)
         出たヨっ!・・・そのセリフ。。。

マミコ「・・・アタシのこと・・取り合いするっていうので 乱暴な事して欲しくないのやけど わたい・・・」


・・・けっ!!オメエは 河合奈保子かヤ??♪わたぁし~のためにぃ 争わないでぇ~♪って、とんだヒロイン気分かよって?オメエが野郎なら、決勝戦の前哨戦 この場で血祭りにするとこやデ?

・・・違うンだヨ ああ。。。そりゃナ 元はというなら、原因は マミコよ オメエを巡っての 恋の鞘当て、それからすべてが発生したと言える。。。


だがナ…もはや事態は 次元の異なる段階へと昇華しているのだ ああ。ワリぃけんど、『もはや』マミコよオメエがワシかマルオか? ドッチのオトコを選ぼうとも『そんなの知ったことか!!』。。。


こんなにもセコいレベルの なんちゃってイベントだけどヨ・・・イザ、それに『乗った』以上は、とことん・・最後まで 雌雄を決する、それこそが『勝ち残りし者に架せられた《ノルマ》ヤ』 ああ。。。

でなきゃ、無残とも呼べる 敗残した あの6名の《金魚ら》に対する 落とし前がつくってのか??


 『イヤで仕方ないけど ヤラにゃあならん』のだって。オトコ稼業の 辛いとこヤって。。。

       170818eex (2)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 どんっっ!! 『開始っ!』 いよいよ 始まった 決勝戦が。。。

ま・・くだらん 舞台装置だって思うが、マルオよ ワシって生き物と 正式にヤリ合うって その為に、
             170818ee2x (2)

色々と苦労して このイベント実現させた オメエの苦心はのほどは 認めてやんゼ。

だけどナ・・マミコが絡んでよーと なかろうとも・・・オメエに負けるなんてツモリはワシは 百分のイチミリ あらへんからヨ。

イっちゃナンだが・・この 決勝にくるまでの 2つの戦い観てナ・・・マルオ【 オメエが技繰り出すタイミングは全部《見切った》 】ああ。。。

ほら♪ かかってこいヨ。どんだけウマい 言い訳も通用しないぐらいに、テメエのこと 葬ってやっからヨ♪

マルオが ローキックを繰り出す。 わたいは、脚を 軽い「くの字」に曲げて それをさばく。。。

ぶっちゃけ、現場でのキャリアが足らんなオメエは。ってか・・《腰が高いンだヨっ!》ジャンプしながら繰り出すローキックなんざ 畏れに足りずってことヤ。甘いナ。

ほら・・今、2秒間、ワシの上半身のガードが 空いてたゾ。わざとやけどナ(嗤)ナンで?そこパンチで打ってこない??コレがもしかして、命のヤリ取りだったなら 致命的大シッパイやデ?


そりゃ「判るよ」・・マルオ、オメエは あきらかにワシの事が怖いのだろうって。でも 心配すな、ワシかて こうやって勝負の舞台に立つ以上は、オメエのことが おっかなくて仕方がない ああ。


ってか、その「相手への恐怖の念」それがアルからこそ!オレらは共に 100%のスキルを発揮しあえるのだって事ヤ。


さあ、知ってるように ワシって生き物 いたって短気やけんナ、受けてばかりは ぶっちゃけ「飽きた」・・・行くでぇ そろそろ。。。


格闘技用の「オープンフィンガー・グローブ」フェイントとして、思いっきり・・アゴが地面に着くかってとこまで 身をかがめ、そのまんま 屈伸運動のように、突き上げるようにして、

          170818eex (1)

アッパー気味に、コ綺麗な パンチワークなんざ使うか! 《ど突合いヤ》・・日本拳法での《直突き》でもって、マルオの顔面を ブチ抜いた。 どよめくギャラリー。

『ダウン! コーナー角で待機』喜多川が云う。カウント8で なんとか立ち上がりファイティングポーズをとるマルオ。 そのカオはドス黒く腫れあがりはじめてて。


マルオの 華麗なる勝利を信じて疑わない 女子らが絶望的な 悲鳴を挙げる。『頑張ってぇっっ!! 負けないでマルオさ~ん!!』 うるせえ。。。


ややフラつき始めたマルオ、それでもステップワークで コッチへと近づいて来る。わたいは 地面を這う低さでマルオに足元に突進した。

キック、パンチではない。。ぶっちゃけ 繰り出したのは『両足タックル』それだった。


なあ? マルオよ、ワシの「選手プロフィール」、チトばかり記載が足りンかったようだナ。。。

「合気道 空手」でも《それダケではない』。。。今のリクはナ・・・【 ラガーマン 】なんだ ああ。。。
            ggtr44s.jpg


軽量の身の哀しさ、何百回となく 潰され、弾き飛ばされ ズタボロになったけどヨ・・・。

              170818ee2x (1)
           その都度 絶望の中から「立ち上がった」

それでも「掴んだ」あなどれない 技… 【 フロントタックル 】狙うところはただ1つ・・『一発で仕とめること』。。。

腹で地面を 雑巾がけする気持ちで《とにかく1センチでも 低く》・・・狙うポイントは 相手の腿やひざではない。先輩からは こう教えられた『リク、相手の《足首》を刈れ!』

そしてこうも、『それには 相手よりも素早い速度でタックルかますんだ、恐れるな!オマエならば それが出来る。それだからオマエを部に誘った。ガチっと足首をキャッチ出来たなら、倍の体重のヤツだって、見事に 止めて、引き倒せるのだからヨ』と。

             170818ee4x (2)
         血と汗で刻み込んだ【練習結果は噓をつかない】…

16歳のリク、カラダに覚え刻んだ「頼れる武器」それは…この「タックル」なんだってこと 考えもしなかっただろ? マルオよ。。。

見物に興じていた 風街によるなら、わたいの その姿は『え? 陸上競技 短距離のダッシュ??』って そう観えたそうだ。
              170818ee4x (1)


 その「小またすくい」とも呼べる その技で、あえなくマルオは 後方に あっけなくも上向き、腹出して天井眺めの姿勢で倒れ、

ひっくり返すのが 最終の目的ではない・・間髪おかず、わたいはマルオの側面に「へばりつき」。。。マルオの「首」「肩」「前腕」を シッカリと固定し、『 ふんっっっ!! 』おもいっきりのチカラでもって 締め上げました はい。

「テコの槓桿作用」・・・首肩腕を極められ、その状況で 攻めますわたいのありったけのチカラ・・それは ドコに「作用点」として発揮されるだろうか?? 答えは『 肘の関節部分 』

              170818ee5x.jpg

そう・・・『 腕ひしぎ十字固め 』・・・この技の成否はすべて、最後に締め上げる肘、それへのチカラの加減では無くて、それへと移行する事前段階における各部署への『極め』それにかかっているだ。


 隙も無く ガチっっ!!っと 極まるならば、もうどんな達人とて『その地獄からは 抜け出せない』・・・そいつが どんだけかトレーニングを重ねようとも、「肘の関節面と周辺靱帯」それは 鍛えようが無いのだ ああ。。

それでも マルオはバタバタ!と なんとか自由な下半身をさかんに動かしながら 必死でもって抵抗した。でも、それは「無駄だ」。。。


 ぐぐぐぐっっ!! ギリギリギリ!って感じの 締め上げます「音が」・・・やがては 『 みちみち・・ 』って具合の音に変わったなら いよいよの最期です はい。あとは・・・【 折れるより他はナイ 】。


『マイッタせぇヤ マルオ!』わたいはマルオに そう囁いた。しかしマルオは『けっ!誰がするかヤ ギブUPなんざ!』って無駄な意地を張ります。


  「そっか・・・。 じゃあ… 全治二か月の 地獄観てこいヤ、マルオ・・・」 最後の仕上げの 我が腹筋にチカラを入れる。。。

               170818ffy (2)


 『 びちっっっ 』・・・ぶっちゃけ 濡れた雑巾を床に叩きつけるような音が響き、わたいは マルオの肘を  【 折った 】。。



ダランと、ありえない方角に 曲がります マルオの腕と 肘の関節。 次の瞬間『 ぎゃあああああああっっっ!! 』っと、ワメきながら クルったように剣道場の床を転げまわるマルオ。


脳天直撃の まさに激痛だ ムリはない。ホンの数秒前まで 勝手に盛り上がっていた会場は この瞬間に「凍り付き」・・・このイベントですが、勝敗うんぬんってよりも、 まさに『トンデモない幕切れ』へとなってしまい・・・。

後で聞いた情報ですが、最前列で試合を見守っていた 女子生徒、その数名は、『その場で 失神しよった』と。。。

            170818ffy (1)



 『 折ったあああっっっ!! 折りよったデ!! リクが・・マルオさんの肘をっっ!! 』

 『ありゃマジでキチガイや!1年生のリクってのは!!どうなっちゃう??マルオさん・・』

見物の 男子生徒らは クルったように そう叫び 大声でそう叫びだしながら、剣道場から駆け出して行きました はい。


ふん…コレが 勝利者である ワシへの賛辞か まあエエわ。。。後悔も懺悔の気持ちも「無い」。。。すべては もう終わったのだからヨ。。。

俄かに「大パニック」に陥った会場を後に わたいは校舎の陰で、帰り支度をしていますと。


『・・・なんていう事を。。。してしまいよったン リクちゃんアンタって人は・・・』 声をかけたのは マミコ。

『まさか あそこまでするやなんて・・・。可哀想やって気持ちナイのんかアンタ??』


 『・・・ホンマ、オメエが野郎やったなら、・・コロすゾ マジで。。。』


けっ!やらなきゃナ・・反対に こちとらが無残にヤラレてかかも知れんのヤ!全力でマルオというエナミーを 叩き潰してナニがワルいっちゅうねん ああ??


『正直・・リクちゃん、アンタってヒトが こないにも怖いヒトやって思いもしなかったワ。。わたしら・・・チョっと、冷却期間置こう??』

蒼ざめて 堅い表情のまま、そう言いますマミコ。「チョっと 待たんかいマミコ!」


ビクっと、硬直し 振り向くマミコ「なに??・・」

            170818ff2y (2)

わたいは「ナンであれナ・・・クソ勇気きめて、あの マルオはワシと 正々堂々ヤリ合ったんヤ。元はといえばオメエの取り合いやデ?たとえ負けたって、マルオの その《勇気》をおおいに 称えてやれヤ マミコ・・」

「・・・・・っっ!!」


「明日にでも、おそらくは暫く入院やろって、マルオは。麻酔が効いてるうちに、見舞いに行ってやれ。自分の為 闘っったオトコや、それに《礼を尽くす》オメエのノルマやろがそれは・・・』

『 リク・・正直・・アンタってヒトが 怖くて怖くて仕方ない。。。 』そう呟いて マミコは 「去った」。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 でも・・「それから後が」ぶっちゃけ タイヘンで(笑)(笑)(^^;

生徒発案による自主的な交流イベント(←よくゆ~ゼ(呆))それが・・マルオが被った 「上腕骨剥離骨折 肘部靱帯一部断裂」って ぶっちゃけ「あっちゃなんねぇ 大怪我」
     170818ff2y (1)

そのことが 府の教育委員会へ「見事に露見し」(笑)まさに大騒動へ発展。数々の「お叱り」を受けて、センセ方らは 「良くて訓戒 戒告処分」ってなり・・・

教頭なんざ 教育委員会への道は閉ざされたぁ!! って、泣いてやんの いひいひ♪


わたいですが、さすがに・・停学とかって処分こそ受けないものの、もはや、『開校以来の危険人物』って、そ~ゆ~レッテルが 完全に「貼られ」。。。

担任からは『リク坊 もうキミやけど、私学大学推薦は期待すなヤ・・・』って言われまスた。『あと、生徒会長立候補も職員会としては許諾出さへんので』って、ダレが立候補なんざするかいナ(笑)

           170818ff4y (2)

まぁムリもない。。試合後の「事情聴取」で、学年主任のセンセが、ワシのことをビビりながら 恐々『な?リク坊・・《あれ》は事故やろ??キミと3年のマルオ、試合の熱中のあまり、偶然的に発生しよった 事故行為だよナ??』

って、尋ねるのに対し わたいは、「いえ、《腕ひしぎ》は、相手の肘 破壊する気でないと決まりません。アレは・・・《まいった!》をしよらんかった マルオが悪いのです はい」

こんなセリフを 真顔で吐く 生徒 受け入れる度量の教師など  ・・居ないよナ。。。
          170818ff4y (1)
       ワシは バサラ大将だ 悔みなどしない・・・
      それが 打ち負かした者らへの「儀礼」なんだ。。。



自暴自棄に陥った気は無いですが、ボクは なんだか・・前よりも「一層」テメエが息して暮らしてます この 丹後の土地ってのが、いかにもウソ臭くて、痩せて衰えていくばかりなクセして、

その事実には 目を背けたまま、自分にはとことん甘く、そのくせ 他人のする事には、なにかっちゃクチばかりはさむ、テメエではナンのしよらん「評論家ばかり」って、気がして ココロの中は すさむ気持ちばかりが上回り。


 だけど・・・こないだ 風街のおとうさんから 見せられた「あの映像」・・アレは 本当の事なんだ。あれこそは 疑いようもナイ 究極の美であると。。。


     そして それからスグに・・・・・

「悲劇」は フイに起きました はい。愛犬のステッキと いつもの散歩へと出た 風街が。。。

          170818ff6p (2)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          170818ff6p (1)
        次回で 完結篇でございます はい

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

すげえ

 夢枕獏の「飢狼伝」を読むのと 同じ感覚で、一気に読み込んでしまいましたよ 格闘の場面全部を。

文才もですが、やはり リクさんが、真剣に格闘技を稽古続けた人だというのが判ります。 経験者で無いと出せない 空気と圧力 それがあって。

しかし「闘い」というのは、心の中で 凄く様々なことを考え、その頭脳をフルに回転させているのですね 勉強になった。

せつなくて。。。

 引くに引けない 闘いに望む リク少年のけなげさと。。。

それとは反して、バトルに火が点くなら「鬼と化す」その悪魔性。

そのどちらをも内包する 16歳のリクさん 「せつなくて」

マミコちゃんとは これでもう 別離になるでしょうか??
哀しいラストにならないように 祈るばかりです。

Re: サンシャインさんへ

> しかし「闘い」というのは、心の中で 凄く様々なことを考え、その頭脳をフルに回転させているのですね 勉強になった。

あいあい どもどもあんがとねぃ♪
たしかに ドタマは カラっぽのくせして(笑)やったら 試合って 最中だけでなく 前後でやたら考え、
ただそれだけでグッタリ!することが往々なんですよん ええ。

Re: トラ子ちゃまへ

> マミコちゃんとは これでもう 別離になるでしょうか??
> 哀しいラストにならないように 祈るばかりです。

ま~怒涛の展開はこれで終わりましたので、シンパイしないで 気楽に完結篇読んでちょんまげ♪

どんでん返し とまではいかないけど、チョイと驚く ラスト付近での展開が在るヨ♪
プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR