FC2ブログ

「女装」悔悟録 の巻

 リクでおまんにゃワ
    180503aa.jpg

GWに入って さしたるNEWSも無いって、捕まりやがた逃走犯だのTOKIOのぐっさんだのの話題を やったら使いまわしてル現状と思えば・・・
              180503aa1.jpg
         テメエ的には『てぇへんだ!てぇへんだっ!!』のNEWSで

フイを突くタイミングで、ギターの有名老舗メーカーであります 米国本社の【 GIBSON 】それが 日本でいうところの会社更生法を申請したと @@;
       180503aa0.jpg
       ロックの時代を築いたリーダー企業とも呼べて

しっかし この【大NEWS】も、今の10代 20代のヒトには 正直あんま たいした報道では無いような気もして。。。

わたいのよな おっさんロック野郎で、ギタリスト経験者としては・・・

スポーツブランドの「NIKE」が突如倒産した!! って それと同じような意味でもアルのですが ええ。


やっぱ・・・「時代」ですかねぇ??・・・聞くところ ギブソンのギター、けっして 売れなくなったって訳でもなさそう・・・

事実 日本でも、数年前から 例の「けいおん」人気で、レスポールって型のエレキがバンバン!!売れたって言うし。
                180503aa2.jpg
        この「レスポール」って型、女のコが持つにはチト「重い」

なんかギブソン社 本業でありますギターの製造販売以外の 多方面への「企業投資」それが 足かせとなり今回の破たんを迎えたのだとも。。。


でもやっぱ わたくしナマイキに思いますには・・・『思春期迎えた《男子》の興味が《ギター弾けるってこと》それが《脱落》』したのであろうナ と。。。

わたい産み出したオヤジ、年齢的に 団塊後期、それからはじまり、昭和40年代前半生まれの男子、

目立たなくて イケてない奴でも、《ある程度以上のレベルでギター上手に弾ける》ぶっちゃけ それダケで、ある程度は【 女子にモテてた 】コレってデカいぞお うむうむ。


しかし今どうだろうか?? 現在TVの歌番組でも、バックバンド連れて 演奏ってスタイルそのものが少ないし、オンエアでも、ギタリストのソロとかが画面に ドUPで映るって あっましナイじゃん?
             180503aa3.jpg
         時代の流行と その変遷は『時に任せるしか無い』…

ギタリストの 頑張りよりも、三浦大知や、エグザイルとかが、「ダンス」華麗に踊っている方のが【格好いい♪】 時代の気分ってのは変えられないスから ええ。

               1_0503aa4z.jpg
          「演奏」以外にも「打ち上げ飲み会」の愉しさも♪

ロックにかかわらず、「バンド活動」って、コレは独特の 楽しさがアルものなのですが・・・今でいうなら、バンドで熱心に頑張っているのは・・・ドッチかゆ~ならガールズ・バンドの方が多いかも?


リクちゃまが 大学生で、バンド活動してました その当時から…『スタイル抜群!ピン立ち(美貌)したネーチャンら集めて 本格的ロックバンド組ませたら最強じゃん♪』って、業界内でも ンなプランは「有った」


しかしでス・・・コンセプトが やっつけ仕事ではない「本格的バンド」ってなるなら・・・

ぶっちゃけ そこには「大きな乗り越えるべき条件」が立ちはだかる・・・それは【 最低でも2年間ミッチリ!!技術を磨く《仕込みの期間が必須》 】ってことで。。。


女子バンドのばやいですが「花の命は短い」・・・芸能的にも「2年間」その熟成にあてるって、ンな余裕をもって構える芸能事務所は なっかなかございませんから ええ。
          180503aa5.jpg
        ヤバい育ち方 しないとは云えませんからネ

それに・・・なつかしの「たまごっち」と似てルってか、2年って時間の間に そのバンドそのものが【どう育ってしまうか判らない・・・】って、事務所側のリスクが。

            180503aa6.jpg

拙い 歌もダンスも、物量作戦・・・「人数で誤魔化して」、とにかく若いネーチャンらが キャッキャ♪ 舞い唄うって図式が、今の日本ではハズレも少ない安定路線ですからネ。

シッカリと熟成期間を要して 結果、出来上がった「バンドが」・・・そのメンバーらが【目覚めちゃって】・・『おっかしくてチャラいアイドル形態なんざゴメンだわヨ!』って言いだしたなら?・・・

               180503bb.jpg
           寺田恵子率いる『SHOW-YA』がよい例

バンドとしてなら《モノホン》には成った・・・が・・皮肉にも「だからって」・・その成長したバンドそのものが、面白いとは限らず 世間にもウケるって保証などはドコにもアリませんから はい。

それに、ナンで?どぼちて?? だか判りませんのですが・・この日本の場合に限り、ガールズバンドで『すっげぇ上手い!』って そのバンドは、不思議に 敬遠されるって傾向が有って・・・


シャレになんなくなってた バンド活動での「赤字解消」をば目論み 姑息にも「女装」してまスたわたくしですが(^^;
                 180503bb1.jpg
           女性化はしてたが、まだ♂の面影つよい当時で

「チケット売れるようになる・・・かも」って、一縷の望みで(?)ブチかました そのプランではアリましたが。

面白半分ってか、「面白全部」で(笑)突っ走っちゃいましたアホアホ大学生の怖いところ・・・

げに いかがわしき けしからん衣装借りてきて、ガイキチみてえなクルったメイクも施し、出来上がった 宣材のチラシやポスターに 純情男子らはスッカリと「釣られて」・・・

それ以後 我々バンドのライブは、倍々ゲームで その動員が増えまして。。。あんだけ悩んだ バンドの負債は、アっという間に完済♪

収支はプラスへと転じて、『熱海にでも大名旅行行かね?』(発想が貧乏人:笑)

       180503cc.jpg

音楽性ダケは・・・マジメでマトモにヤってたって自負はアルのですが、なんせ・・・てんで!「売れません」で トホホ。。。

わたい以外の他のメンバーは皆 お坊ちゃんだったけども、こちとらは 当時から今も変わらぬ「荒くれ そのもの」だもんで、
             180503bb2.jpg
         無風なライブなどは むしろ珍しい荒くれの日々

相性のワルい PUNKのバンドの連中と楽屋とかでモメて、光りモノ 出されても、ビビりもせず、片っ端から連中 シメ上げてはボッコボコに仕留めルって、恐怖人間でもあって。


それが・・・ヒョンなきっかけでもって「女装」に走るって行動も、今考えれば 苦肉の策であると同時に、それはジツに『発作的』でもございまして ええ。


わたいの身体の女性化のことは メンバーも当に理解してて、『ロックにゃ♂♀関係ねえだろ』ってことで、メンバーも気にもしてない感じだったのでおますが・・・
             180503bb3.jpg

練習場所や ライブハウスの楽屋とかで わたいが居眠りしてます「そのカオ」・・・『おい・・寝てるリクのカオ。これ利用っていうか、女性キャラで売ったら イケるんじゃネ??』って流れとなり。

ほんだもんで、『なあ?アンコールあった場合、ラストの1曲ぐらいは、チチでも露出して お客に見せてやれば??』って、
             180503bb4.jpg
          チチぐらいケチらず見せたるワ

わたいも 「チチぐらいエエよん。そんでオーディエンス喜ぶならヨ」って、時折、ビキニ水着の上部分ダケ着込んでるのを 見せるって、それ始めた。。。


そうしましたなら、ダチがヤってますバンドのライブ観に行きましたなら『困っちゃった・・・ドラムが急に虫垂炎で入院しちゃって』っと。

で わたいが「ほなら、ワシがトラ(エキストラ)で叩いたろか?」気軽な気持ちでステージ上へと。そしたら・・ギター弾いるってよりも、ドラムは、演じている人間が♀だと「目立つ」のですネ~~、

ギターのばやい、ヨコ向いてたり、後ろ向いている時間も短くないですから、でも ドラムはズっとお客に向かって 正面向いてますから。
           180503bb5.jpg
          大掃除で 20年近くぶりに出てきたこの写真

で バンドのライブ自体も 予想以上に盛り上がっちゃって、わたいも つい調子コイて・・『ああっ!!暑いぃぃっっと!!』って、着てましたシャツ脱いじまって「ブラいっちょ」(^^;


当然ってか、客席は『わぉっっ!!すっげぇ!あの♀ドラマー!!』ってひと騒ぎ起きて、っと・・・この時点で…従来の《男キャラのギタリスト リク》は崩壊(笑)
             180503cc2.jpg
        もぉ「♂ロッカーのリク」は お払い箱ってことに。。。

本来のバンドの方も、プロレス的な「ギミック」、『ギターのリク坊はかねてから揉めていた 中国マフィアから逃亡する為に失踪して行方不明となりました。代役メンバーとして《ミステリアス・リク》(←ドコがぢゃ??)がギタリストとして入ります』って(^^;

前々からの多くはナイ、ファンのコらは、ギミックだって事にチャンと理解してて《ニヤリ》ってするダケ。が・・・
           180503bb6.jpg

ぶっちゃけこの「ギミック効果」それが大当たりってか、今まで全然ハケませんでしたチケットとかが 飛躍的に《マジで伸びてって》・・・

そうすっと、今までの我らのバンド活動とか ナンも知らない ご新規さんのファンが増えるわけわけヨ、
          
怖いハナシでゴンスが・・このリクちゃなのことを《マジで♀》って、そう思い込んでルオトコのファンとかが、予想以上に多くなってて。。

当初計画で途中でもって『えへへへ~♪すんません ジツは・・』って、カムアウトしようにも・・・『今更真実バラしたら、暴動が起きるかも・・』って(^^;なっかなか出来なくなりまして ええ。。。

『あくまでコレは、サーカスとか、お笑いのコントの世界と同じような ギミックなんだからネ』って、それまでに通用してた「お約束」それが通用しなくなっちゃいまして ええ。
             180503cc3.jpg
           ノリはあくまで アホアホ大学生のまんま・・・


物事が「流れ出しますと」怖いッスええ。「ワシ、男やでぇ~」ってのも、『ヘタなジョークやめろ!』『そうだってなら、パンツまで脱いで証明しろっ!!』って空気になって・・・

仕方がない・・・(--; ヤっちまった!以上は…このギミックを可能な限り 貫徹するっきゃなかんべいって方向となり・・・
            180503cc1.jpg
          左側の目隠しのコ「JJさん」でおます♪

出演しますライブハウスに当日 INしてから、帰りにつくまで『 一切っ!! 』リクはクチを利かないって(--;

それは…自動的に『シモネタ禁止』って意味で(笑)ある意味 わたいにとっちゃ「拷問」みてぇな(笑)不条理なノルマがキツく課せられ・・・。


ほんでネ、ンなヘンテコな日々をば続けてますなら・・・よくは解説出来ないのでありますが、「精神の乖離(かいり)」みてぇな現象がチラチラ起きましてネ・・・。
              180503cc5.jpg
               なんかがおかしい。。。

ぶっちゃけ・・テメエが今の瞬間、♂♀ドッチを「演じているかが」判んなくなって一瞬 混乱をきたすってのが 現れて・・・

もっとヒドくなると、「もしかして自分にゃあ 2つの性別がアルのとチャウやろか??」ってナ 妄想すらが 出て来ると @@;
             180503cc4.jpg


気温が暑くなる季節ですと 当然、薄着になるのですが、ベツに 隠さねばならない お客とかが居る訳も無い 自宅でさえでも・・・

同じ 薄着にしても、どこか・・・「♀チックなアイテム」とかを無意識的にチョイスするようになり・・着こなしなんかも気にしては 鏡の前での時間が増えてきて、これには 母親や姉も けっこ~心配してましたネ ええ。オトコそのものがイヤになったか?? って。
           180503cc6.jpg

その後遺症(?)は 未だにチョイと引きずっているかも知れません ええ。女性化に「慣れる」って事は このよな事象がついて回るのだとも。『慣れ』とはホント 怖いッス。。。


 っと・・・まあ・・・ 我が青春期の 悔悟録でもアルのでおますけども、

今考えますと・・・『ひでぇ事してたもんだよナ 自分・・』って、マジで悔む気持ちが強いです はい。。。


それは・・18で 突然、女性化現象が始まって、ドタマに幾つもの 円形ハゲが出来るぐらい「悩んだ」…それにはウソなどは無いの・・・のですが・・・

それなのに・・発生から僅か2,3年で、テメエの身に起きました身体の変化を、セコい小銭稼ぎにちゃっかり利用していた【 自分がそこに居る 】・・・

リクコノめに元来からして 「女性になりたい」ってナ願望が存在していたのならば、まだ その罪は薄いかとも。でも、そこに有ったのは 目ざといソロバン勘定のみで。。。


世の中には、潜水艦のように 水面下に、声を挙げられず悩む、性同一障害のヒトは沢山おられますが、そういう現実に 当時のボクは1ミリも「気づかないままで」。。。
       180503dd2.jpg

それに、「LGBT」を潜在的に抱えているヒトの数っていうならば、ナンと!!【全人口の 3~4%】にも匹敵すると。。。「左利き」「AB型」の割合と変わんないってから驚きますよネ?

コレはもぉ・・・『ホンマに居るのかそんな数が??』って、疑ってル場合ではございません!無碍に否定し続ける事は、現実面から目をそらし、問題を累積させながら「先送り」にするだけで。。。


わたいは本当にアホですから ええ。ヤっていた当時は それに気づかず、バンドが解散した後になり ようやっと、それに気づきましたが、あまりに「遅かった」。。。

気付かず 迂闊なまま、ボクはきっと、多くのLGBTのヒトらのココロを傷つけ、神経を逆なでしていたのだろうナ・・・と。


その贖罪にもならないとは思いますが、ボクはこの先も、同郷の性転換ニューハーフのルルに 迷惑持ち込まれ、怒りつつも、その手を離すことダケは避けようと思う。
               180503dd3.jpg
        かれらは「敵」や「リスク」では無く、「ダチ」であり「仲間」なんだ

そして、自分自身を レアケースの 性同一ならぬ、「性自認障害」と位置づけ、たとえば トラ子ちゃまとかから、相談を受けても、自分なりに誠心誠意、お答えしていく姿勢を守りたいって そう考えるのです はい♪
              180503dd4.jpg
           マッタクの非力だけどサ、肩を抱く事は出来る♪

そう思い続けて 生きる事が、本当の意味での食材と 贖罪とケジメの取り方なのだろうって思うのですね はい。

           180503dd5.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

過ぎ去りし青春の日々ですよね

おおっと!!なんとも 懐かしいお写真の数々が♪

たまに大掃除はするものですわネ リク様(笑)

それにしても、いいところで バンドのヴォーカル・リーダーの急死で 残念な終わり方したものです。。
葬儀 出棺の際に、棺の中に、今から思えば 遺しておくべき貴重な資料や写真とかめっちゃ入れちゃって・・・
肝心の多くの部分が、記憶の中のみだっていうのも ある意味で寂しいし 惜しいですよね。

リク様は 反省しきりのご様子ですが、ワタシはちょっと そこまでは思いませんねぇ、
あの路線は誉められないにせよ、手持ちのコンテンツ、それをフル有効に使った、それを正論で 咎める人は偽善者だろうってワタシ思う。

「演じられる」才能と特技

僕もJJさんに賛成ですねえ。 女性ギタリスト、それを「演じきれる」ってのは リクさんが持つ 才能の一環なのだから。
すべてのギミックやフェイクそれら全部を否定するならば、芸能っていうジャンルは成立するしないじゃん?
「真剣に《演じた》からこそ 周囲も信じた」歌舞伎の女形役者を「男じゃんか!!」って怒る人間はいませんって♪

救われてます自分

 おやさしい言葉を 返してくれるリクさん それだけでワタシは もう十分なのです(*^^*)
リクさんは ワタシのグチにも けっして突き放さず考えた上でのお答えを下さいます。
そういうことは些細に観えて とっても、枯れかけていた心に お水がさされるかのように響き なによりうれしく 勇気が出るものです。
見た目は 乙女でも、リクさんは 良い意味での 荒くれオトコ それの気骨で応えてくださいますから♪

No title

 楽器が出来る人は本当 ウラましい限りです。
今でも高校とかの学園祭では、バンド演奏はスター扱いですよ。

やはろお父さんの影響 手ほどきでギター覚えたのですか?
過去のJJさんのコメでは、入ったばかりのJJさんに ブギウギとかの演奏方法を教えたのはリクさんだったとも。
音楽の教室とかにも通わず 独学である程度以上 楽器こなせるっていうのも才能。
バンドとしての音楽性が しっかりしていたからこそのギミックがよい方へと働いたのですねきっと。

ナルホド、ナルホド・・

そういや昨年12月に閉館した八重洲のティアック、オンキョー、ギブソンのコラボショールーム
「Gibson Brands Showroom TOKYO」は、水曜の昼ころによくライブをやってて、かなり人気はあったのに、何故って?想ってたら、今になってようやくそう云うことだったのかと合点がゆきました

ティアック、オンキョー、パイオニアとくれば何もオーディオ通じゃなくとも何れも名のしれたトラディッショナルオーデォメーカー
でもいつの間にかギブソンの傘下に入っていたんだね

以前のように音楽シーンでロックが流行らなくなったり、それまで熱帯雨林をそれこそ湯水のように伐採してきたあのローズウッド種すべてがワシントン条約で入手アウトになったり、
後、オーディオ業界も、iPhone がそれまでの裕福層からカジュアル層へと裾野を広げ、ヘッドフォンやBT、それに手頃でクオリティの高くなってきた中華アンプへと流れを一気に変えたことで、一層サバイバル競争に拍車をかける事になったことは判るけど・・・
折角、日本のオーディオメーカーとのストラタジーが本腰入れだしたというのに、惜しいですネ

ボクラが高校生の頃、英単語の中でとりわけ格調高く美しいスペリングと、辞書の定義以上の生きた意味を持っていたのが 'Gibson' と 'Fender' だったことは間違いなく(^^)、それは’Marnze’や’McIntosh’や’JBL’などの単語を遥かに凌駕するものだった
・・・・
さて、
読者の皆さんはとっくにご存じの通り、苦学生だったリクさんが女装で稼いでいたのは何もバンドだけとは限らず、バーや中華街での例にあることはこれまでのBlogから明らかなので、LGBTの人たちに対してことさらエクスキューズするようなことは何もないとおもいます
LGBTの人たちは、敢えてマイノリティのコミュニティで生きてゆこうと決意された方だろうから、特別視する必要などは何処にもないと想うし、コリアンのような妙ちきりんな被害者意識を持っているようなら、さっさとそのグループから出てゆけばいいでしょう

リクさんはお書きになる物語は、一見それがどれほどハードボイルド風であったとしても、どれも人ととしての優しさに満ち溢れているから、必ず「救い」がある
人に優しさがなくなったら、ただの鬼畜に堕ちてしまうのが人の性
だからこそ、今失われつつある、おせっかいとも言えるくらいの優しさを持つことが、この荒んだ世の中を救う唯一の方法でしょうね

先日何気なく読んでて心惹かれたのが以下の記事で、これはどことなくリクさんの決然とした生き方に通じるものがあるような気がしてなりません

大井海岸で「まつ乃家」を引っ張る男芸者の榮太郎さんの記事(https://news.yahoo.co.jp/feature/945

栄枯盛衰と需要と供給

もっと、シンプルに考えれば”必要とされるか、否か”ではないでしょうかね。

お客さんの満足度を上げるための、手持ちの”資源”を最大限に活用するのは間違っちゃいませんよ。

企業活動でも盛ってる機械や人員を最大限に活用しようとしますし、足りなければ新に調達しますよね。
同じ商品だってリニューアルしたり、突拍子も無い宣伝をぶちかまして注目を浴びようとするんですからネ。
(炎上商法)

必要が無くなって、衰退するのも時代の流れなんでしょうね。
昔ほど「作られた流行」に乗る人が少なくなって、分散してすまいましたからね。

接触型アイドルとしての「AKB型」から、今では非接触型としての「地下アイドル」も出てきてますよね。
報酬はAmazonの欲しいものリストからの貢ぎ物だったり、広告収入だったりします。
(自宅警備員でも可能!)

まあ、女装が様になるだけでも「めっけもん」ですやん!
ウチなんかがやろうもんなら、”キモイおっさん”の出来上がりですわ!

この間、アプリで自画撮りを加工したら・・・とんでもなくスゴイことになって、自分で爆笑したもんねっ!
ヾ(:3ノシヾ)ノシwwwww

あのギブソンがかぁ。。。って感じ

 小生が以前に勤めていました会社のいち業務で、
ランダムに選出した地域で 中学校の教師らへ質問。
いくつか項目があり、その1つに「教職に就いた当時と今とであきらかに違うと感じる事とは?」それの回答のいくつかに、

『修学旅行に ギターを持ってくる生徒が居なくなった』っていうのがありましてネ、
これなんか、今の中学生の諸君なんかが見たならば、「なんで修学旅行にギター持ってくんの??」って疑問抱くのでしょうね。。。

それぐらいに、60年代の後期から70年代にかけて ギターは男子若者の 欠かせぬアイテムであり、たしなみみたいな部分がありました。
『まさか あの ギブソンが・・・』時代の変化を肌で感じさせられる出来事ですよね。。。
親戚から貰い受けた グレコやアリアのレスポールのコピーモデル抱えて いつかは本物が欲しい!って強く思っていた過去。

リクさんのバンド時代の女装について 小生思いますには・・・
「苦肉の策で産まれたアイデアが 運よく当たった」それだけなのでは? っと。
ちょうど今なら、なにやってもウケない お笑いコンビとかが、舞台上でとっさに発した1フレーズが大ウケして 人気が一挙にブレイクしたのと変わらない。
こういったのを指して「化ける」っていうのだと思います。そういう「あざとさ」や「フェイク」それも『芸能』ってジャンルの中の 魅力のひとつなのだと。

でも その過去を 青春の懺悔として思い続ける、それもそれで「いかにもリクさん♪」男気あふれた 生き方だと思います♪

中学、高校の時分、ギター演奏には、興味ありました。
ギターを抱え、拓郎やアリスを歌う。文化祭でやれば、まぁそれなりにモテる!と、思ってました。
が、指は動かない。リズムが、取れない。
ギター弾けなくても、ギブソン、米国会社更生法適用のニュースは、それなりにショックでした。なんか、一時代が終わった感じがしちゃって。

「ランナウェイズ」ご存知でしょうか?女性だけのロックバンド。
ステージ衣装は、下着姿。
PVしか見たことないですが。
「チェリーボム」一曲で消えちゃいましたね。

リクさんの懺悔?ですが。

目的の為の手段が、目的達成の前に頓挫したため、手段だけが後々クローズアップされてしまったのじゃないかな。

リクさん。貴方は、やっぱり優しい人です。
両手に抱えきれない人達を抱えて、それぞれに精一杯向き合ってる。
そう感じております。

Re: JJさまへ

> おおっと!!なんとも 懐かしいお写真の数々が♪ たまに大掃除はするものですわネ リク様(笑)

バンド活動での写真とか、ずいぶんと散逸しちまってまっからねえ うむうむ。
あの当時の コアなファンとかの方が、当たってみれば多く所持なさってるのかもねー。

> 葬儀 出棺の際に、棺の中に、今から思えば 遺しておくべき貴重な資料や写真とかめっちゃ入れちゃって・・・
> 肝心の多くの部分が、記憶の中のみだっていうのも ある意味で寂しいし 惜しいですよね。

ってかサ、あの マネジャー兼愛人(笑)が、なんたる暴挙!!貴重な MD音源までカンオケに入れやがって1@@;
あとで聞いて「うそっっ!!」って、ワシらメンバーみな焦ったもんだよ
一時の感情でナンでも棺に入れちまうのはあぶないデ うむうむ。

> あの路線は誉められないにせよ、手持ちのコンテンツ、それをフル有効に使った、

まぁ絵に描いた「苦肉の策」だったからネ(^^;
バンドのホームタウンだった 横スタ脇のライブ活動の「ハコ」ありましたやん?
あっこへの貸し切り料金、ひでぇトキなんか 半年分滞ってたんやから マジで経済的にも切羽詰まった上での「悪あがき」ナ(笑)

Re: 冬忍草さんへ

 冬忍草さん いつもありがとうございます♪

> 女性ギタリスト、それを「演じきれる」ってのは リクさんが持つ 才能の一環なのだから。

まぁ当時は、一瞬的な「ブーム」?までではなかった気がしますが、
「シャズナ」とかって、お化粧バンドも 神奈川県下にもいくつもアリましたからネ。抵抗ないってゆ~か、イチイチ深く考えずに「やっちまった」とも(^^;

> すべてのギミックやフェイクそれら全部を否定するならば、芸能っていうジャンルは成立するしないじゃん?
> 「真剣に《演じた》からこそ 周囲も信じた」

『ヤルってからには、テレたり ニヤニヤ笑いながらではなく、キチっとフェイクに徹しようゼ』とはバンド内でも話し合いましたけどネ。
良く云うならば『音楽SHOWの中における虚構性の追求』だけんど実態は・・・『チチ見せて チケットが1枚でも売れるのなら!』って(笑)
哀しいかな・・・そこには芸術性のカケラも存在してはいなかったって気がして いひいひ♪(^^;

Re: トラ子ちゃまへ

 トラ子ちゃま いつもありがとうございます♪

> リクさんは ワタシのグチにも けっして突き放さず考えた上でのお答えを下さいます。

いえいえ…『答え』なんかは ボクちんは一向に 持ち合わせてはおりませんので はい。
ただネ…『我こととして置き換え 真剣に共に悩み考える』それだけは 出来るかもしれないナって、その想いがアルだけなんですよん ええ。

> そういうことは些細に観えて とっても、枯れかけていた心に お水がさされるかのように響き なによりうれしく 勇気が出る

よければ この先も、ワシのことは ガード下の傾いたよな コ汚い 飲み屋の女将だと思っておくんない♪
グチをこぼしたところで 物事はさして変化もしないし 解決には直結しません。が・・「吐き出す事で」それまで観えてなかった一筋の光 その方向性に気付く事も少なくないから。
西欧の社会に比べて 日本にはメンタル・ドクターの数が少なくても なんとかヤっていけてる理由はサ、
そういった コ汚い 飲み屋の女将の存在、「頼りにゃならんが受け止めて聞いてくれる」って意味合いは案外バカに出来ないかもヨ♪

Re: タキさんへ

 タキさん いつもありがとうございます♪

>  楽器が出来る人は本当 ウラましい限りです。

たとえ トライアングルでもカスタネットでも それ打てるならば、リッパに『パーカッション・プレイヤー』なのですよん♪
けっして 特異的技能なんかではありません ええ。音楽というものが 人類の生活の中で誕生したって背景は、
けっして 理論や技能とかがサイショではなくて、仲間とかとイッショに 高揚した気持ちをなんらかのカタチで「表現したくなった」って、
それを発揮 表現したものが やがては「音楽」という定型的なモノへと昇華した それなんですよ ええ。
>
> やはりお父さんの影響 手ほどきでギター覚えたのですか?
> 過去のJJさんのコメでは、入ったばかりのJJさんに ブギウギとかの演奏方法を教えたのはリクさんだったとも。
> 音楽の教室とかにも通わず 独学である程度以上 楽器こなせるっていうのも才能。

物心ついてより、いっちゃん身近にありましたのが「楽器」でしたからねぇ 父親の。
教えられたってのは、簡単なコード「和音構成」でしたネ。独学ですもんで、正式に教育を受けたヒトには所詮適いません。
ピアノも、まぁアレは 叩けば音出ますから(^^;「あのレコードの曲と同じ音だと ドコ叩けばいいのか」ってので基本形おさえてただけで。
JJはんのよな 正統クラシック出身のヒトは、わたいが得意としてたブギウギとかって、「汚れたピアノ奏法」は、
バイオリンでいうなら 「ジプシーバイオリン」みたいなモンで、ロック特有の「後ノリ」が理解出来てないケースが多いのですネ。

Re: pierrot le fou さまへ

 Pierrot le fouさん いつもありがとうございます♪

> そういや昨年12月に閉館した八重洲のティアック、オンキョー、ギブソンのコラボショールーム
> 「Gibson Brands Showroom TOKYO」は、水曜の昼ころによくライブをやってて、かなり人気はあったのに、何故って?想ってたら、今になってようやくそう云うことだったのかと合点がゆきました

オンキョーにギブソン側が資本出資したのは ありがたい・・とも呼べるのですが・・・

正直・・当の オンキョー側としては、自社の株式を押さえられたダケって、2社の意思に齟齬があったダケだったのがナンとも残念で。。。
ギブソンは これまでにも、何度も何度も『企業としての迷走行為』をしてますナ。でも、それは「価値のあるシッパイ』とも呼べるのですが。。。
やっぱ・・ギター産業って それ自体が 世の中に影響を与える、それの比率も減少したって、寂しき思いがします ええ。

> 以前のように音楽シーンでロックが流行らなくなったり、それまで熱帯雨林をそれこそ湯水のように伐採してきたあのローズウッド種すべてがワシントン条約で入手アウトになったり、
> 折角、日本のオーディオメーカーとのストラタジーが本腰入れだしたというのに、惜しいですネ

ぼやきにしかなりませんが・・最近の若い衆は『 耳が肥えてない 』・・・(--;
音楽素材の入手方法も 配信が主流ですからネ~、アレの「音質」たるや、【 8Bit 】・・
要は CD再生を【 カセットで録音しただけの音質 】それで若いのは満足してやがりますのだ うむうむ。。。
すべての音楽ファンが、最高レベルのオーディオ環境をゲットするのは難しいってより不可能 それは判るのですが・・・
でも やっぱ、「最高の音質の追求」があってこそ、それぞれでの音楽ジャンルは、その質も向上すると思いません??

> 読者の皆さんはとっくにご存じの通り、苦学生だったリクさんが女装で稼いでいたのは何もバンドだけとは限らず、バーや中華街での例にあることはこれまでのBlogから明らかなので、LGBTの人たちに対してことさらエクスキューズするようなことは何もないとおもいます
> LGBTの人たちは、敢えてマイノリティのコ 特別視する必要などは何処にもない

まぁ それとしても・・それでも「どこか」・・・
当時のボクなんぞは、「どこか」・・・LGBTのかれらを 一段 下に観る、上から目線オンリーな部分が存在していた気がして。。
丹後時代のカノジョ マミコの家の 部落問題については あんなにも矛盾を感じて 真剣に憤っていたボクちんがでス・・・
そう ボクはマッタク以て『木を観て 森を観てなかった』・・・若さゆえの配慮の足りなさってよりも、視界の幅が あまりに「他しなさ過ぎてた」と、反省するのでして はい。

> リクさんはお書きになる物語は、一見それがどれほどハードボイルド風であったとしても、どれも人ととしての優しさに満ち溢れているから、必ず「救い」がある
> 人に優しさがなくなったら、ただの鬼畜に堕ちてしまうのが人の性
> だからこそ、今失われつつある、おせっかいとも言えるくらいの優しさを持つことが、この荒んだ世の中を救う唯一の方法でしょうね

昔教えられた言葉で、『幸福の神は 鬼の仮面をつけて訪れる』
「ワシはイイ人 やさしい人間やゾ~♪」なんて、とてもぢゃござんせんが こっ恥ずかしくて言えません・・・
具体的なチカラにも欠けてますしネ。いままで生きてきたうえで、『本当にやさしかったヒト』は皆 共通する事で
その いかにも ぶっきら棒で、一見 酷薄とも思える その奥の内面に、【 無常の慈しみのココロが存在していた 】
上辺のみが優しい ンな偽善者にはなりたくもありません。敬遠されようが 嫌われようが それは構わない、感謝も要らない。
でも その「かれら」の事、ボクは本気で「愛し 慈しみたい」その気持ちダケは本当で。

Re: 菊川鈴音さまへ

 菊川鈴音さん いつもありがとうございます♪

> もっと、シンプルに考えれば”必要とされるか、否か”ではないでしょうかね。
> お客さんの満足度を上げるための、手持ちの”資源”を最大限に活用するのは間違っちゃいませんよ。

でもでも 考えますとネ・・・『20年前だから』通用したギミックだったよナ~~って ええ。
僅か20年前なんでおますが、当時の とくに「ロックファンの♂」ってのは、今よりも純情ってゆ~か「騙されやすくて」・・・
要は わたいrのよに「胸アル」ってダケで、自動的に♀扱いをすることに ナンも疑問も持たなかったってか(^^;
今ならば 女子高生ですら『あの♀ギタリスト、アレ…チョ~怪しくね?』『ど~せ、バンドのアングルでの《つくり》っしょ』って見抜かれること請け合い!


> 必要が無くなって、衰退するのも時代の流れなんでしょうね。
> 昔ほど「作られた流行」に乗る人が少なくなって、分散してすまいましたからね。

でも、モノの「流行を創り送り出す側」も、ドライっつ~のか、愛情の概念が薄いですよねぇ。
己で考え出したアイデアにも 命賭ける気などはナイようで ええ。

> 接触型アイドルとしての「AKB型」から、今では非接触型としての「地下アイドル」も出てきてますよね。
> 報酬はAmazonの欲しいものリストからの貢ぎ物だったり、広告収入だったりします。

地下アイドルの ライブ現場で、例の『オタ芸』で踊ってる にいちゃん&おっさん 居てますやんか?
細かな形態は違いますが、ぶっちゃけ アレなんかは、『よりロックのニリに とても近しい』だろうって思います ええ。
チビっと宗教チックででも(笑)ああいう 一見、非生産的に観えて エネルギッシュなのがロックとかの「参加型文化&興行形式」の原点だって思われ。

> まあ、女装が様になるだけでも「めっけもん」ですやん!
> ウチなんかがやろうもんなら、”キモイおっさん”の出来上がりですわ!

それがネ・・・実際の生活現場の折々では『そうでもないから』・・・菊川さんも ある意味で ご注意してくらはいナ ええ。
たとえば・・・デパ地下の食料品等の売り場でトートバッグ片手に、お惣菜とか 買い物してごらんなって・・・
ドッチが「空気の馴染んでるか??」ってなら、おそらくはわたいなんぞよりも、菊川さんの方が 場の空気に しっくりくるだろうって思えますから ええ。
わたくしなんぞですと、要は『ワル目立ち』なんですネ。思いますが 逆に 菊川さんの方がより しっくりと「公共の場に馴染んで♀っぽく映る」って思います ええ。

Re: 長生きの秘訣さんへ

 長生きの秘訣さん いつもありがとうございます♪

> 『修学旅行に ギターを持ってくる生徒が居なくなった』っていうのがありましてネ、
> これなんか、今の中学生の諸君なんかが見たならば、「なんで修学旅行にギター持ってくんの??」って疑問抱くのでしょうね。。。

今の風潮ですと、 i-fhon持ってくのと変わらないのでしょうネ。

> 親戚から貰い受けた グレコやアリアのレスポールのコピーモデル抱えて いつかは本物が欲しい!って強く思っていた過去。

エレキギターなんかはとくに、アレって「テクノロジー」からすんなら、ぶっちゃけ かなり低劣なモノなんですよネ。
だもんで・・ギブソンやフェンダーの本家からすれば コピーモデルって名の「ばったもの」に過ぎなかった 日本製のエレキが・・・
70年代の半ばには『むしろ本家よりも質が良いじゃん!』って、グレコやトーカイ、イバニーズのギターが欧州とかで引っ張りだこになったのですと。
ヤマハも40年を要して解決されないでいた 「フレットの音の狂い」を ヤマハは僅か十数年で解決しちゃったりもして。。。
今も そのコピーモデル有りますのならば それ、超貴重でますだヨ。。なんせが 最近製のとは『木が違う』。。。

> リクさんのバンド時代の女装について 小生思いますには・・・
> 「苦肉の策で産まれたアイデアが 運よく当たった」それだけなのでは? っと。
> ちょうど今なら、なにやってもウケない お笑いコンビとかが、舞台上でとっさに発した1フレーズが大ウケして 人気が一挙にブレイクしたのと変わらない。

ま~~実際問題・・解散しようにも、借金・・・『みんなして サラ金行く?』って、真剣に討議したぐらいですから(^^;
苦肉の策どころか、追い込まれた挙句の 窮鼠猫を噛むだったのかも(笑)

Re: アツシさんへ

 アツシさん いつもありがとうございます♪

> ギターを抱え、拓郎やアリスを歌う。文化祭でやれば、まぁそれなりにモテる!と、思ってました。が、指は動かない。リズムが、取れない。

ギター初心者あるある・・『 Fの壁 』ですよね。アレなんかは、ギター弦を「コンパウンド」に張り替えれば壁はクリア出来るのですが、情報がネ~当時ですと。

> ギター弾けなくても、ギブソン、米国会社更生法適用のニュースは、それなりにショックでした。なんか、一時代が終わった感じがしちゃって。

ギターそのものの製造と販売は継続される雰囲気のようですがギブソン社。でも、今後は・・・製造工場がヒョっとするなら、「ミャンマー」とかってのもアリえるかも うむうむ(--;


> 「ランナウェイズ」ご存知でしょうか?女性だけのロックバンド。ステージ衣装は、下着姿。
> PVしか見たことないですが。「チェリーボム」一曲で消えちゃいましたね。

それなのでありますが・・・あの洋物イッパツ屋(One Hit Wonder)ラナウェイズって・・・
ウチとこのロクデナシおやじ、そのダチの「呼び屋」が・・・それなりの宣伝費も使って、当時の日本に仕掛けました『日本インリーの人気』に市議ませんで これホント。。。

本国のアメリカでは、ヒットもナンもしてない、アマチュアに過ぎない、アッチの不良娘バンド拾って、プロモ仕掛けたってカラクリ(--;
でも、そのラナウェイズ解散後、ギターの リタ・フォードは女性ギタリスt第一人者となり♪ ジョーン・ジェットも全米ヒット曲を連発。
ラナウェイズそのものはシッパイだった企画ですが、その後のサクセスの為の おおいなる実験であったと♪

> リクさんの懺悔?ですが。
> 目的の為の手段が、目的達成の前に頓挫したため、手段だけが後々クローズアップされてしまったのじゃないかな。

ヴォーカルでリーダーが 突如「頓死」しまして ええ。
でも、良く言えば「方向性の違い」・・・ぶっちゃけ・・メジャーデヴューってハナシにトチくるったヤツが、勝手にハナシ進めましてネ・・
デヴュー条件として、も~完全に我々『イロモノバンド』・・米米クラブを もっとお笑いにしたよな、『フザけんなっ!!』ってコンセプト
それを推し進めてたのが発覚して、ボクちんらは完全に空中分解してたんですネ ええ。

だって、ボクちんなんか・・『性転換までとは云わないから、せめて《タマ》抜いてくれ』なんて!@@;言われたんですからアナタ!!
プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR