FC2ブログ

リクちゃま 帰りまスて まず・・・

どもども いやぁ 長い留守をばいたしまスた 港のリク 帰還いたしました m(__)m
           180723aa.jpg
           チャンと 足はアルぞおお 

ノッケに申しますのですが・・・今回の 大雨災害で 現地に出向き 目にしては体験した事象とかを ココにてダラダラと書く気はございませんので悪しからず。

つまらんわたくしの想いなんぞは、お読みの みなちゃま方にとっては、メイワクそのものでしかナイ事はあきらかですしネ。
              180723aa1.jpg
       被災地『行ったからって』ナンも出来ないモンでありまスて…


ただネぇ~~・・・【 TV画面ではない《実物映像》 】それをサンザン見せつけられました こちととらとしてはだ・・・

             180723aa2.jpg
       「NO プライス」の 白タク行為ヤってまスた いひいひ♪

主要な 大新聞や テレビ局での この一連の大雨災害報道、それの《在り方》ってのに、どうにも…疑問が生じっぱなしで・・・

ドコも ある意味での【 様式美 】・・・住民が避難してます地域の体育館とかでの うだる暑さの模様であったり、
              180723aa4.jpg
         「わかりやすさ」と「一元的」はもろ刃の刃でス…

大水に浸かったあとの 家屋とかでの 後片付けに汗を流す ボランティアのみなさんの模様だったりって。。。


うん それも事実なんだ 間違いなどござんせん ええ。が・・・率直に思いますのは、『報道の《視点が》あまりにも固定化・概念化させておらんか??』って思いで。

だって、TV画面とかで、テロップを抜きにして 流したならばサ…映っている《その光景は》…今回の災害なのか?それとも過去のフィルムなのか? 区別つかんでショ?


不幸にも 今回 発生しました《大雨自然災害》それの【 特異性 】・・・まず!それについて触れなければ、被害を受けずに済んだ 多くの地域の人々は 具体的には ナンも学習できません ええ。。。

被害受けて ひたすら可哀そうで不憫な地域の人々 それだけが浮き出されるダケであって。。。


リクちゃまは「思った」・・・今回の 大雨災害、地震・津波・台風・竜巻 とかってのと 完全に一線を画するのは・・・

      180723aa3.jpg
       ハマの悪党も 思わず言葉失う 現地の「光景」。。。

・・・ぶっちゃけ、降ったのは あくまでも、『単なる雨』なんだワ うむうむ・・・問題は、その《量》ってのが、常識をはるかに超えた量だったってことで。

その あまりもの量の雨によって、【 住んでる地域の《地形そのものが》 】ズタズタに壊れちまった・・・って事で。。。

お子ちゃまかて判る、ナンで?家々が壊れて傾いてる??、雨が屋根の瓦とか突き抜ける訳があらへんやんか。じゃどぼちて??

 ・・・傾いてるのは…【 家屋そのものでは無く《地べた》なんだ!! 】って事実。。。

それは、あまりにもの短期の 時間集中の大雨によって、【 地べたの保水能力 】それが完全にワヤになっちゃって・・・

いいきゃナ?、【 地形そのものが崩れた結果 家屋・建築物もが傾いちゃった 】って事なんだワ うむうむ。。。

家屋ダケではござんせん・・・昨日まではごく平坦な隣家へと続く《道路が》・・・雨があがった後には急な 下り坂が発生しちゃって、一面が ため池状態になったままって・・・
          180723aa5.jpg
       それぞれの『記憶にある故郷』が壊れちゃったンだ…


それなりに河川整備もされてた 地域の《川》それが・・・堤防なんかがぶっ壊れて増水した挙句、その 増水した《水路が》1つの【 新たな水脈になっちゃってる 】。

デジタル的な説明するならば・・・【 グーグルMap が意味ないモンに化しちゃってル 】ってことで。。。

マッタクもって皮肉でス、人間が時間と財力投入して、なんとか築いた都市整備ってのが、僅か1日かそこいらの大雨によって、事の根っこから覆されるって。。。


・・・しっかしまぁ~~・・・今回のよな大自然が牙を剥いた 規模の大きな災害に、わたくし如きが ナニが出来るか??
         180721aa6.jpg
       求められるは…ひたすらの徒労に打ち勝つ反復作業のみなのだ

出来ません そんなン 出来ません・・・ナニひとつ ダレひとり 救済なんかは【 無理っっ!! (><)
           
              180723bb.jpg
         『マジ迷惑だから そのカッコで昼寝ヤメて!』って・・・
        被災地の消防団に叱られまスたわたくしで(^^;

ンなわたくしが 現地へと出向きました意味合いは・・・『地方支局と その周辺の被害ぶりを つぶさに把握してこい』って使命で ええ。。。

どうしかしようって考えるよりも、ぶっちゃけ・・・少しでも多くの《被害現場》見て回るのが お仕事の使命、案外コレが 辛ろぉおましてナ。。。
            180723bb1.jpg
    あまりにもの肩凝りで 現地のマッサージにかかる
     (コレがトンだ ヘッタクソ!!でよぉ~(怒))

微力にして無力ですが、現地の被害現場とかで 汗かいて なんらか作業してるって方のが『 よっぽど気楽!! 』それの瞬間のみ ココロのストレス忘れられて。

          180723bb2.jpg
        さすがに体重も 激落ちクン で。。。

立法に行政 そして報道は・・・出来ます限りにおいて、そのストレスに打ち勝ち、事の全容を 正確に把握してくれる事を希望したいです はい。
             180723bb3.jpg
       だのにナンでか?? バストサイズは減らないって…女性化の謎?

冷酷な 経済至上主義も、ある意味で安易な お涙頂戴的報道も良くないって思う。なにより必須なのは 正鵠な被害の状況をキチっと捉える 泣くのは その後でイイ。


しかし・・・あきらかに…ぶっちゃけ この【 惑星は 】タガがクルいはじめたようです ええ。。。

            180723bb4.jpg
    ナメんといてナ?ショげて泣いてル 港のリクやあらしまへん♪

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

まあ 休めや な?

どことなく文章全体に疲労感が満ちてるよに感じられます。

リクとて人間なんだから(笑)休息は十分とらねば 倒れるゾ!

いうまでもなく、自然災害ってものから 逃げる手立てはないのだよなあってけっこう強烈に思う。。。

No title

お帰りになるまで コメントはあえて控えておりましたが。

今回も相当のご苦労がありましたようですわねえ。。。v-13

こんな時 本気で妄想したり…「どこでもドア」が本当にあるなら、
日本中から ボランティア 救済の手が集まり問題の多くはすぐにでも解決の道が開けるのでは?って。。。v-417

No title

リクさん 無事のお帰り なによりです 陰ながら心配してました。

おっしゃる通り、日本の災害報道には 1つの固定されたスタイルと形式が存在しているようです。
正直 テレビ観てて「またこの 切り口かよ!」って 迫るものを感じないままで。。。

英雄の帰還と 胸を張って欲しいです

 リクさん的には ココロ複雑なものが おありになったようですが・・・

でも小生は思います、「被災地の全容を 正しく把握すること」それも とても大事な役割なのだと。
人情肌でも、冷静・冷徹な観察眼を持つ リクさんだからこそ、会社も リクさんに白羽の矢を立てたのでしょう きっと。

しかし、たしか前々回の記事でも書いておられたように 今回の大雨災害は、
起きた場所は 偶然あのベルト地帯だったに過ぎないと。
それが 大都市圏に襲来したなら また別の意味で とんでもない惨状が広がっていたのだと思うと なんとも。。。

さすがなものですネ♪

 いかにもの激務、過酷な状況だったでしょうに・・・

それでも…バストサイズがてんで減らないって(笑)思わず『ケンカ売ってる??』って気になりますが(^^;

キツい 辛い状況、いえ だからこそ・・・おとぼけ的に 笑いととれるリクさんとは、『真に 強い人』って思うのですね。
どんな形であれ リーダーという立場の人に 求められるのは、そういう気概なんだと 改めて思います♪

お久しぶりです。

リクさん、こんばんわ♪

こっち方面(北九州)に来てたんですね。

お会いしたかったなぁ〜。

また、いつか何処かで逢えるかもしれないですから、またコメしますね。

熱中症に気をつけて、水分補給と塩分補給を十分にして、お仕事頑張ってください。

それでは、また(^^)v

海の怖さ

なんだか普段よりも、画像が多い見たいで、それだけ読者へのサービス精神を感じないではいられませんね
きっと現地での悲惨さはその裏返しなんだろうなと想像を巡らせてしまいます
ツナミにしても物凄い勢いで人、物を問わず押し流してしまうのに、ここは土石流ですからその凄まじさや酷さ加減は、人の無力さを思い知らされる事でしょうね囧rz

9年ほど前、まだサーフィン始めたばかりの頃、無謀にも台風の日にいつもの鎌高前へ、のこのこ出かけたことごあります
サイズはダブルオーバーヘッド、そして波のパワーは半端ないどころか、一つ間違えたら、大怪我もしくは、死んでもおかしくない

普段の湘南おきまりの、膝・腿サイズからは考えられないほどの変容ぶり(・_・;
正に悪魔と言うのか、いやこれが自然の本来の御姿
必死になってパドルして、沖へと来たものの、自分だけじゃなく、周りの猛者を見回しても
誰もチャレンジしょうとはしない

あの時の恐怖というか、孤独感は未だにハッキリ海馬に残っています
わざわざ自らを身の危険にさらす阿保な経験ですが、自然への認識を根本的に変えてくれました(・_・;

お疲れ様です。
文章に出来ない、沢山の思いがココロの中に渦巻いているのだと、思います。

現地の事は、何らかのフィルターを通した話ばかり。なかなか、真実、現状は、正確に伝わりませんね。

連続して発生する豪雨。確かに変です。が
45億歳の地球からしたら
「たまにゃ、大泣きする事だってある。」
のかもしれません。
人生100年程度の人間には、大問題ですが。

Re: エロし会長へ

 おぉ 休みたいヨ マジで。。。

ところが そぉもイってられんでナ。。。例のアホ大の 夏季補講講座(泣けてくル)(TT)

Re: JJさまへ

> お帰りになるまで コメントはあえて控えておりましたが。

ま~ そないに 気イ遣う必要はござらぬヨ♪♪

ワシひとりの苦労なんて 多寡がしれてますがナ。
しっかし・・被災しました 地方のヒトとか どないしはりますのやら。。。

都市部でなら ヤリ直すのはワリに簡単とも呼べます ええ。
が・・・今の日本の世の中で あえて 地方に暮らしているって それの背景には、
「そうなった」理由ってのか? ご先祖からの その土地にかかわる 地縁が少なからず絡んでいるわけわけヨ。
そういったヒトらに 安易に『都市部に移りなさいよ』って、なっかなか言えないと思うしね うむうむ。

Re: No title

> リクさん 無事のお帰り なによりです 陰ながら心配してました。

どもどもありがとネ♪♪因果と(笑)こちとら元気でおますだヨ(^^;

> おっしゃる通り、日本の災害報道には 1つの固定されたスタイルと形式が存在しているようです。
> 正直 テレビ観てて「またこの 切り口かよ!」って 迫るものを感じないままで。。。

かつての自然災害とは異なって 今現在ですと、ぶっちゃけ 気象被害では そんなには視聴率が稼げなくなってきている現状がアルようです ええ。
ゲンチ取材の 貧乏クジみたいですし、報道する側の熱気が乏しい。。。
それゆえ決まりきったアングルでの放映になっちゃうのでしょうね ええ。

Re: 長生きの秘訣さんへ

 長生きのお秘訣さん いつもありがとうございます♪

>  リクさん的には ココロ複雑なものが おありになったようですが・・・

アルってなら それは当然有るのでありますが・・・
でも、それはテメエが 惨状を目にして悲嘆にくれる賢者の視点みたいで なんか…イヤなんですネ ええ。。。
『同じ視点 視野に立っている』その気持ちこそが 被災地を通り抜けるしかない者としての せめてもの作法ではないかって。

> でも小生は思います、「被災地の全容を 正しく把握すること」それも とても大事な役割なのだと。

それなのですが、ぶっちゃけ ツラいっすねぇ・・・
要は 死者のはわらたをエグって 傷を確認するに等しい作業ですから はい。。。

> 起きた場所は 偶然あのベルト地帯だったに過ぎないと。
> それが 大都市圏に襲来したなら また別の意味で とんでもない惨状が広がっていたのだと思うと なんとも。。。

今回 改めて思ったのですが・・・
同じ 大雨という 気象災害にも、「都市型」と「郊外型」って2つのパターンが存在してた。

それが…今回のは、『ハイブリッド型』なんですよねえ うむうむ。。。
半世紀前なら 畑や田圃しかなった地域が 都市型へと変化した そこへ・・・
今回のような思わぬ大雨が降り注いだ結果、地盤そのものが無残に崩壊して 元の木阿弥になっちまってルって なんともな結果で。。。

Re: ちゃー子さんへ

 ちゃー子さん いつもありがとうございます♪

> それでも…バストサイズがてんで減らないって(笑)思わず『ケンカ売ってる??』って気になりますが(^^;

不思議だよねぇ・・・おっぱいってのは(^^;
やっぱ元が♂だから 筋肉成分が多いのきゃナ??
アンダーバストが減ったもんで、余計に 巨乳に見えるって なんともな皮肉(^^;

> キツい 辛い状況、いえ だからこそ・・・おとぼけ的に 笑いととれるリクさんとは、『真に 強い人』って思うのですね。

気分がネ 奈落の底まで落ちに落ちますと、不思議なモンで ヒトってのは『笑い(それも土着的な)』を求めてしまうのですね ええ。
貰い泣き なんつ~のはかえってNG! 泣いて…笑う そのたんぼに ヒトはどこかしら「強くなる」

Re: 極イrタの金太郎さんへ

 極イタの金太郎さん お久しぶりです♪

> こっち方面(北九州)に来てたんですね。
> お会いしたかったなぁ〜。

小倉の支局に 同期の伊集院モンドって 野人(笑)がおりましてネ、
いつかヤツも交えて 一献いきましょう♪(同じペースだと 命の保証ござんせんが いひいひ♪)

金太郎さんならば おわかりだとも思うのですが、
大雨では 港関係には直接的被害はあまり無い、問題は…大雨で冠水した地域に『物資の倉庫』それが有るわけで・・・
反対意見を押し切り それでも倉庫の「底上げ」断行しといてラッキーでした はい。

Re: Pierrot le fou さまへ

 Pierrot le fouさん いつもありがとうございます♪

しっかし 甲府も ハンパなく お暑いことでしょうネ、ヒョっとしたら お盆頃は 火事ですべぃ(笑)

> なんだか普段よりも、画像が多い見たいで、それだけ読者へのサービス精神を感じないではいられませんね

なかなかに鋭いご指摘で(^^;
なんかイヤになるんですネ、クラいハナシに終始するのも。しょむない気分は伝染させるべきではないって思うのが信条で。


> ツナミにしても物凄い勢いで人、物を問わず押し流してしまうのに、ここは土石流ですからその凄まじさや酷さ加減は、人の無力さを思い知らされる事でしょうね囧rz

やっぱ 今回で現代人それの全員が自覚すべきことは、ボクちんらはこの「自然」それに 生きているのではなく、『生かされている』ってことですネ。
やっぱ 港のリクなんて呼ばれても わたいは 根性ナシの 都会の子・・・
泥の中から 突き出された 人間の 肘から先、目撃すっと 気分凹みます。。。

> 普段の湘南おきまりの、膝・腿サイズからは考えられないほどの変容ぶり(・_・;
> 正に悪魔と言うのか、いやこれが自然の本来の御姿
> あの時の恐怖というか、孤独感は未だにハッキリ海馬に残っています

テクノロジーではゼッタイに「立ち向かえない」それが 自然の本当の怖さと真の姿だと思います はい。
わたいのよな稼業の者も、お空はピーカンだのに、大波が立って 荷下ろし作業が出来ないで見ているしかない って、
ンな状況を 数えきれなく経験してます はい。

Re: アツシさんへ

 アツシさん いつもありがとうございます♪

> 文章に出来ない、沢山の思いがココロの中に渦巻いているのだと、思います。

お気遣い 痛み入りますm(__)m

なんか 露悪的になっちまうダケだって思うのですネ ええ。
見聞きしたことを 詳しくココの場で展開しても。

> 現地の事は、何らかのフィルターを通した話ばかり。なかなか、真実、現状は、正確に伝わりませんね。

わからない事だらけです ええ。それは現地に入っても同じことで、数えきれない 流言飛語が飛び交いますし
ぶっちゃけ・・・(ボランティア装った)泥棒の多さったら アナタ・・・(--;
日本人と ほとんど同じ顔をしてる「外国人」・・・
で…それを声高に言い出すなら スグに「レイシストだ!」って言われる。。。あきらかに 今の報道の姿勢はゆがんでます ええ、

> 45億歳の地球からしたら
> 「たまにゃ、大泣きする事だってある。」
> のかもしれません。
> 人生100年程度の人間には、大問題ですが。

我々人類のご先祖らは 少なくとも 3度の 小氷河期を耐え抜いてきたからこそ 今があります はい。
『クタバらずにガキ残してやる!』それこそが 最大サイコーの リベンジだっての♪
プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR