FC2ブログ

ボクらの 棲む街 (3の1)

 世に言います『平成バブル』は、1991年3月に《弾けた!》訳ですが、

    181101aa.jpg


あくまで《公式的文書では》1993年(平成5年)までの 長期景気停滞期を指すとされていますが。

京都は 丹後半島の宮津市に暮らしてましたリクめの感慨としては、92年 高1だった 秋頃よりが、

【 地方都市に於ける傷跡が具体性を帯びたものとなった 】ように感じていたのでした はい。
     181101aa1.jpg
   観てヨ!このドコに? 活気あるヒトの「息吹」を感じる?

セコいなりにも、観光で成り立ってます都市、意外にも…観光来訪者の数そのものに さしたる変化は無かった。

ですが、ぶっちゃけ・・・『豪勢に お金を落としてくれる お大尽客がパタっと…《消え失せた》』それで。
          181101aa2.jpg

颯爽とロールスロイスやベントレーで丹後まで乗り付けては、芸者やホステス、バブリーなねえちゃんら十数名はべらせては、

『カネならナンボでも払うよって、ありったけのウマいモン並べたらんかいかにも!』って、昼夜問わずのドンチャン騒ぎで、飽きがくるまでの 長逗留って、

いかにもバブル景気を絵に描いたよな《太いお客》がスッカリと激減したのでした。

        181101aa3.jpg
     海産物だけはバツグンに美味い(イチバンにウマいのはジツはイワシ)

そうなりますと当然 宮津の街も 影響をモロに受け、街はドンドン 元気を無くし、晩秋の風がより冷たく感じられてきましてネ。


ただ 今にして思うには、金看板って程でもアリませんが、日本三景 天橋立を軸に、観光地としての歴史と実績があります 地元の 観光面としてのそれは まだ恵まれていたのかも知れません。

バブル景気が華やかなりしトキにも、地元が さして景気に舞い踊ってたって記憶もナイのでありますが、不本意にも、バブルが弾けたことによる余波は、モロに訪れてきた。
        181101aa4.jpg
     ギュラーメンバーにあがった頃のリクちゃま


まずもって・・・京都中心部 大阪 あるいは神戸の拠点を置く《旅行社 バス観光会社がヘタった》。。。おそらくは瀕死の状況だったのだろうって思う。
     
バブル期には豪華な造りのラグジュアリーバスが数えきれないぐらい 丹後の国道を走っていたのが…夏のお盆が過ぎたころから 急に・・・
    181101aa5.jpg

それまでに比べるなら、いかにも『セコい』…Bodyも小さければ、設備もワルそうな、マイクロバスに毛が生えたよな《ちびバス》ばかりが目立つようになってきて。

経営苦しい観光会社と、やはり苦しい丹後地元の 旅館業組合、その両者による談合により、ウチとこ丹後半島の観光そのものは、
           181001aa6.jpg
      リクがバイトさせて貰ってた老舗旅館も時代の波に逆らえず

今も有ります『お手頃 格安観光バスツアー』の代表的観光地に姿を変えていったのでした はい。

それによって わたいらの地元は、《来訪人数》は、かえって以前よりも増加を見せてました。 ですが・・・【 儲からない 】。。。
         181101aa7.jpg
       忙しい…のだけど『儲からない』。。。

採算ライン ギリギリで受けた仕事ですからネ、大量の観光客らは、単に わたいらの土地に一泊して【 通り抜けていくダケ 】・・・

         181101bb.jpg

それでも 旅館やホテルはまだイイ・・・本当に 大打撃を受けたのは、宮津の 夕方から夜の商売 【 花街(かがい) 】でした。


『歌謡スナック』『ガールズサロン』『カラオケPUBラウンジ●●』『歌って踊れるPLAYスポット』って(笑)ド田舎マル出しの、都市部ではありえないネーミングですが、

       181101bb1.jpg

『かえって それがイイのだ♪』って、この地に訪れた観光客のオジサンたちが、旅行の晩の記念に 気まぐれに立ち寄る、案外と それによる地元に落ちるお金はバカに出来なかったのでして。

それがご存知のバブル崩壊で…まず最初に 致命的打撃を受けたのが この手のショーバイで。。。
     181101bb2.jpg
    長い景気低迷により『エロ』っていう活力が削がれて・・・

観光とお客が落とすおカネによって成り立つ歓楽に従事する オンナ達も、次第次第に 首筋のサムさを身をもって感じるのでした。




「クラスの遠藤、ミナコやけど、さんか最近サッパリ、学校来とらんとチャウか?」

ラグビー部の練習の帰り道、やはり 美術部で遅くなった 風街に語り掛けましたなら、風街は 声を潜めるようにして・・・

   181101bb3.jpg

「リク…知らへんのか?? 遠藤ん家…4日前、家族全員 身ぃひとつで《夜逃げ》したのやデ…」 「えっ!? ウソ!」

ミナコの家は、3代続く、地元の飲み屋。ばあさん 母さんともに男運ワルいってのか、

くっつくオトコは皆、半島の港町に多いともいえます《勤労意欲の乏しい 怠け者》で。

で その分 オンナが逞しく、夜の花街で 大衆飲み屋、スナックを開いて、その家に生まれたのが ミナコでした。

ばあさん 母さん共に、どこか尻軽っていうか、よからぬウワサ、地元では幾度も 浮名があがるって存在の店で、
           181101bb4.jpg

事実 何回かは、地元の警察署による 手入れが入り、ばあさんか 母さんのドッチかが、数日間家を留守(拘留ってこと)になるという・・・。

読書好きで無口、マジメなミナコも、『あれも あの家の娘やけん、母親と同じ人生辿るデ』って、兎角 街ウワサは酷薄なもので。
        181101bb5.jpg



正直・・・ボクらの街は、本当の意味で《賞味期限》が切れかかり始めていたように思います ええ。

          181101bb6.jpg
 
江戸時代の、日本海の廻船交易による繁栄の時代から ご維新から明治、大正昭和と、幾度もの苦難を ず太く乗りきた観光地ですが、

でも、クチには出さずとも、みんな…ココロの奥底では判ってました。【 時代が 】・・・今やもう、この街など 必要としては居ないのだって事に。

日本三景の 1つである 天橋立は、この先もズっと残りでしょう。でも、それは単なるシグナルPOINT 定点に過ぎず、

高速の観光バスで乗り付けては、添乗員は至極冷徹に『見ましたネ? さあでは次の場所に出発します』って、通過するダケの街へと。。。

     181101cc.jpg
    丹後半島全体の道路移動に革命が起きたのです ええ

「京都縦貫道」という 国交省肝入りの自動車専用道路の完成が、従来 JR京都駅から、同じ府内だというのに およそ半日もかかる、辺鄙な丹後半島とのアクセスを劇的に変えました。

『たしかに便利にはなった』メリットも多大だとは思います。 が・・・その公共事業は、ボクが育ってきた街を スッカリと変えてしまったのでした。


リク「・・・なんか、スッカリ…《つまらんカタチで》…この街も変わってまったわなぁ・・・」

風街「そやナ・・・。ワシらガキから観ても、いっちゃんアカンのは、宮津の街の抜本的な開発では無くてサ、《自動車専用道路開発の為ダケの開発》・・・役人さんってのは、風情ってもの…チっとは考えへんのかねえ…」
        181101cc1.jpg
       片田舎の街に こんな道路が果たして 要るか??…

リク「新道路の《宮津出口》付近を、トラックがすれ違えない程の狭いエリア、乱暴に…1ブロック分の街そのものを潰して だだっ広い南北道路とした。致命的シッパイだよなぁ ありゃあ」

風街「ああ でも、その計画だって 何度も何度も、計画の地図が書き換えられて…ドコの通りを潰すかについては、多分に《政治がらみ》だったってウワサやしナ」

           181101cc2.jpg
   細身ながらも 今ヨカ」ズっと 逞しくオトコらしかったあの頃…

リク「結果、国や府から 多額の 立ち退き料を貰えたのは、現市長支持派が多く住む通り…街の住民の殆どに訪れたのは、ムダな信号の増加と ありえなかった交通渋滞それダケやん・・・」

風街「ヒトの通りが減ったよナ…リクが住んでる 新浜の通りなんか その最たるモノやろ?乱暴なことしやがル…規模は違うが、奈良や鎌倉の中心地に 周囲の風景と地形を無視した道路をデーン!と造ったのと変わらんやんケ」


・・・確かに ヒト通りは減っている。静かな夜には、50m先に歩くヒトの履いているサンダルの音が聞こえるぐらいに【 人通りは減った… 】
         181101cc3.jpg

幸いというか…我が家は その 新浜の通りですが、そこの場所で商売はしてませんから、ただ住んでいる分には、より静かになって御の字って意見も。

ですが、この通りで 商売を開いているところはタイヘンです・・・朝になり 店のシャッターは開けるも、夜になり またシャッターを閉めるまで、1度もレジスターを動かすことが無いなんて日が常態化し・・・
         181101cc4.jpg

シャッター商店街とは こういう風に出来上がっていくのかが、身をもって理解出来ましたネ。


風街と別れて、我が家までアト300mってところで、…ぶっちゃけ、《会いたくないヒト》に出会ってしまいました。。。
      181101cc6.jpg

ドコの街にも在る、地元のヒトのみが利用する、流行ってもない美容院、そこの女性店主、《キヌコさん》って、40がらみのおばさんで。

二十歳ぐらいの頃は そこそこキレイだったンだろナって思わせるヒトですが、ガキゆえに感じる、なんか そのキヌコさんって、《険がある》のです ええ。

典型的な《目が笑ってないヒト》それでス。キヌコさんと話してますと、コッチが なんか ヘビに睨まれたカエルのような気分に陥って・・・
           181101cc5.jpg
        正直…この三白眼の目つきがイヤで・・・


・・・おまけに…事もワルいことに、そのキヌコさんこそが、ウチとこの 困った父親の《浮気相手》で。。。

           181101dd.jpg

ウチとこの両親は、一見は 順風満帆な関係の様にも見えてました。ってゆ~か、そう見えるように《振舞っていた》というのが正解かも。

昔のような 物が飛び交う派手な夫婦喧嘩はアリません、ってか、お母ンはとっくに、オヤジの浮気癖についてはアキラメてて・・・

もはやドコでダレと、オヤジがくっつこうとも歯牙にもかけない・・・『あたしゃ知らへん』って態度。

オヤジの毒牙にかかった(笑)女性は 街だけでも複数名居るのですが、キヌコさんとは イチバンに長い関係っていうか、

おおよそにおいて、オヤジが 我が家に滞在してますのは、月のうち半分程度でした。

テメエの書籍や楽器、レコード CDとかは我が家に置いてありますので、地元の大手紡績会社の宮津工場のボイラー主任に過ぎませんが、ナマイキにもココロはってえと《ワシはミュージシャン 芸術家》

仕事のオファーなどはサッパリなんですが、ごくタマに、ミュージシャンとしてより、音楽のイベント その主催者が知合いですので、運営として出かけたり、

       181101dd1.jpg
     最大の仕事は、米国ブルースの巨匠『マディ・ウォータース』
     その来日公演実現の業務に携わったって事ぐらいかなあ。。。

零細な《呼び屋》から、米国とかからの ブルースマン来日の業務にかかわるって、いずれにせよ、儲かりもせず…お母ンいわく『ありゃ 息してるダケでカネかかるワ』って(笑)困った父親でした ええ。

宮津の地元で 唯一の楽器屋 そこの音楽講師もしてました関係で、里心ついてってより、楽器やCDとかの準備で 家へと帰って来る、
    
でもって 用事が済んだならば またフラフラ 愛人宅へ出かけてしま  うって有様・・・。そんなていたらくでした当時の 我が家の状況は。。。


キヌコさんの家は 火宅のヒトであるオヤジにとっての《側室が住んでる 第2の家》って感じで、オヤジに急な用が発生したトキなんかは、キヌコ邸にオヤジが居るの判ってても、お母ンは嫌って 行きませんから、

使者として、ガキであるリクめが出かける役目で。もぉいい加減 キヌコさん家の 細かな造作までドタマに入っているのに、何度行っても、キヌコさん自身も、そこの家もけっして くつろげない、リクめにとっては苦行でした はい。
           181101dd2.jpg
 いっぺんこのタイミングで「こんちわ」しちゃって バツがワルいのナンのって(--;

『チョっと、ウチとこ寄ってきヤ 時間アルやろ?』ってキヌコさん。…時間はアルけど ぶっちゃけ・・・行きたくねぇ~~(ーー;

仕方なく お邪魔します。・・・何度訪れても落ち着かない家だなあココは・・・息苦しぃンだワ ココに居てルこと自体がわたいには。。。

「あんころ餅こさえたんヤ 食べてき」って、ヤマザキパンまつりの景品の皿に盛られた あんころ餅を出されて。

          181101dd3.jpg
     部活帰りで空腹だけども 『喰いたくない…』

・・・ダメやワ。。緊張ってか、気分的にゼンゼンくつろげないから、胃が受つけへん…噛んでもウマく呑み込めない・・・

オトコのくせに神経質過ぎかとも思いますが、キヌコさんが、日中 サンザン、ヒトの髪の毛に触れた《手で》…この あんころ餅をこねたって思うと、生理的にも嫌悪感のようなモノが湧いてきて、マルで 美味しいって感覚が湧いてきません。
           181101dd4.jpg

わたい自身が こういうかたくなな態度だから当然 会話も弾まない、沈黙すらが より苦痛な気分で。


「アンタとこの おとうはん、今 家に居るのん?」って聞かれて。

「一昨日から、大阪の天王寺の方に、なんか冬の 音楽イベントの打ち合わせに出かけてます。帰りは明日の夕方かと」 「そっか」


玄関の方で《じゃあねバイバイ♪》って声が。キヌコさんと 離婚した前の亭主との間のひとり娘 ヒサエの声、友達が帰って行くようで。

キヌコ「リクちゃんアンタ賢くてエエねぇ。宮津高やん、ウチのヒサエなんかアホやから、片道1時間かけてアホの私立女子公やからたまらんワ」

そのヒサエってのが、因果にもリクとは同級生で。キヌコさんが苦手なのと同様に、やはり そのヒサエとも わたいは出会いたくない1人で。

       181101dd5.jpg
     このコも、母親と同様に 苦手で…
   
「うるさいなあ…ダレがアホやねんって?」っと、せんべいをバリバリ齧りながら ヒサエが不機嫌そうな表情で現れました。コッチに挨拶はナイ。

元々からして、ズっと昔から 愛想が無いコ。手先が器用でも、会話で成り立つ 街の美容室を受け継ぐのはムリだって思ってました はい。

しかし・・・ぶっちゃけ ダブルでもって 天敵が増えた・・・たまらん 逃げよう!って、ムリに あんころ餅を呑み込み、「ご馳走様でした! 帰ります」って腰を上げました。


歩いて2分の我が家へと向かう道、足は 随分と重く・・・
         181101dd6.jpg
      数年前までの 不夜城の雰囲気はどこへやら…


・・・なんかさぁ…すべてが パっとしねぇよなぁ。。。今のボクが置かれてる状況、ドコに高揚できる要素がある??

家もしょ~もないし、街だって 希望ってのが てんで見当たらないやん。。。

いかん・・・また起きそうヤ…小・学生の時分から 繰り返したプチ家出、医学的には《拘禁反応》って言うらしい。

       181101ee.jpg

そうだ ココの土地は ユルい《牢獄》なんだ。。。この土地で一生を過ごし 死んでくのか?…ヤだなぁ…どっか行ってしまいたい。。。

       181101ee1.jpg
     悩み多き少年リク…やがて『こぉなる』ってか(^^;

    ☆☆ 以下 3の2 へ続きます ☆☆





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

港のリク

Author:港のリク
FC2ブログへようこそ!
港で働く ジツはとっても気の荒い(?)アンちゃん・・・ですが、産まれついてのホルモン分解異常の関係で♂なのにEカップの胸の持ち主 という混沌としているわたしです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR